CoCoSiA(ココシア)

落ち着く方法にはどんなのがある?17個の手軽に出来るやり方を紹介


落ち着いている人はミステリアスで大人の雰囲気が溢れていて、羨ましいですよね。

特に自分は「落ち着きがない」と思っている人はそうでしょう。

もういい大人ななのに、落ち着きがなくて本気で悩んでいる人は多いはず。

落ち着くことを忘れてしまい、慌ててしまい大きなミスをしてしまい自己嫌悪に陥ってしまう。

最悪な事にそのミスをいつまでも引きずってしまい、落ち着くことが出来ずにさらに新しいミスを起こしてしまう。

なんて経験があるのではないでしょうか。

こうなってしまうと、自分は本当に「ダメな奴!」と悲しくなりますよね。

いつもいつも、「落ち着きのある人間になりたい」と切に願っている人に今日は誰にでも出来る「落ち着く方法」についてお伝えします

爆発する前に対処!落ち着く方法を伝授!

「落ち着く」の反対語は「慌てる」です。

いつも何かの拍子に慌ててしまう人は、「慌て」に火が付くとなかなかその火が消えなかったりします。

誰かに「落ち着いて、落ち着いて」と言われても、今度はその言葉に過剰反応をしてしてしまい、「え?私いま落ち着いてないの?どうしよう!」とさらに慌ててしまいます。

そう、落ち着けない人というのは何に対しても焦って慌ててしまうのです。

落ち着かない時の行動は、慌てることだけではありあません。

イライラしたり、はしゃぎすぎてしまったりもあります。

後でどうしてあんな態度を取ってしまったのだろうと悩むことありませんか。

これも「落ち着き」がなかったからと言えるでしょう。

落ち着きがあれば、その時々で正しい気持の出し方と、正しい対応ができるはずです。

落ち着きたい時の特効薬ってないの?

飲み薬や塗り薬でこの「慌てんぼう」が治るなら!と思いますよね。

実際に飲むような薬はありませんが、気持を落ち着かせる方法ならたくさんあります。

焦っている時は、焦っていることに集中しているので、何故自分が焦っているのか理由が良く分かっていません。

でも今この瞬間、落ち着かせる方法を知りたいとこの記事を読んでいる時は慌ててはいないでしょうから、今のうちに落ち着かない原因や、落ち着かせる方法について考えましょう。

落ち着きたいけど落ち着けない理由は?

出来ることなら自分だって落ち着きたい!でもちょっとしたきっかけで落ち着きがなくなってしまう。

落ち着きがなくなることで、転んだり、頭をぶつけたり。

自分だけに負担がかかるなら何ともおもわないけど、周りの人を巻き込んでしまったから本当に悲しいし、もう消えてなくなりたい!と思いますよね。

心を落ち着かせる方法がいつくかあるように、心が落ち着かない理由もいくつかあります。

原因を探れば克服するのも早いですし、この際自分の弱みと正面切って見つめ直してみてはどうでしょうか。

イライラする

イライラも心が「落ち着かない」部類に入ります。

何かあったら慌ててしまうように、イライラしてしまう人もふとしたことでイライラしてしまう事があります。

また、普段はイライラすることなんて滅多にないのに、ふとしたことでその人の心の中にあるイライラのスイッチがオンになりイライラが止まらないこともあります。

このイライラはストレスから来ます。

例えば時間内で終わらせなければならない仕事があって、どう考えても終わらせられない時に人はイライラしてしまいます。

結果、イライラすることで仕事に集中できなくて落ち着かないことになってしまうのです。

しかし、この仕事をしている人がもともとおっとりした性格だったらイライラもしないでしょう。

極論になりますが、イライラしないために大らかな性格になればいいのです。

普段からストレスを溜めないなど、積極的に自分でイライラの原因を消すように努力しましょう。

予期せぬことが起こった

慌てたり、焦ってしまう人は予期せぬ出来事に弱いです。

悪く言えば応用力が利かないのです。

例えば、自分のついた嘘がバレないだろうと思っていたのに、バレそうな時などは落ち着きませんよね。

嘘がバレたらどうしようと、ソワソワしてしまうものです。

その他にも、落ち着きのない人は「突然」のことにも弱いです。

順調に進んでいた仕事が終わりそうな時に突然、横から別な仕事が入ってきた…そうなるとイライラしてしまったり、急に頭の周りが悪くなってきてさらには焦りが出てくる場合もあります。

前者も後者も、臨機応変に振舞えないことが弱点と言えるでしょう。

良く言えば嘘の付けない正直な人間が焦ってしまう場合が多いでしょう。

嘘をつけという訳ではないのですが、物事を円滑に進めるためには多少のウソや誰かに頼って仕事を任せて自分の負担を少なくするようにするのも大事な事です。