誰でも経験をしたことがある運動というものがありますよね。

例えばサッカーであったりバスケットボールであったり野球であったり、中学校に行けばテニスなどをしたりするなんていう事もあります。

スポーツというのはどれもその特色がありますが共通する部分というものがありますよね。

まずはボールを使うという事です。

ボールというのは丸いものであり様々な用途に使います。

バスケットボールではドリブルなどを使いボールを人から人へとパスをしてそれをゴールにシュートするというような競技です。

それを体育館などで行い範囲はとても狭いです。

ですが野球はとてつもなく広いですよね。

打ったボールを遠くに飛ばせばホームラン、打ったボールを防衛側が取ることができなければヒットというような競技です。

テニスではラケットを使い相手陣地にボールを打ち込み取らせないというような競技ですが、このボールを使うというようなほとんどのスポーツに共通するものですよね。

ですがもう1つあると思います。

それは何か解りますか?ボールなどではなく「走る」という事です。

「走る」というのはこの様なスポーツに限らず、マラソンであったり短距離走であったりと様々な所で使いますよね。

歩いてするスポーツというのは早々にないと思います。

走るという事があるからこそスポーツなどでは多くの持久力が試されるのです。

例えばバスケットボールは試合が終わるまで常に走っていますよね。

オフェンスの際にドリブルで抜いたり、ディフェンスがオフェンスを止める際にも全力で走ると思います。

ではマラソンでの走るというのはどの様なものでしょうか?何かを止めたりするという用途ではなく、マラソンというのはいかに早くペースを保ちながら走ってゴールをするかという競技です。

よく24.195kmというような数字を見たことがありますよね。

年末ではマラソン大会などが多くあると思います。

その時に走る姿は皆カッコイイと思いますよね。

ちゃんと腕などを振ったり足を踏み込んでいたりとしていると思います。

今回はそんな「走る」際の姿に注目をしてお話しをしたいと思います。

よく学生の頃に走る格好が不自然な人はいませんでしたか?何故あの様な走りになるのか、今回は走る格好が不格好な人の原因と治し方についてお話をします。

小学生の頃はまだ走り方というものを覚えていなかったので、皆様々な格好の走り方をしていたのではないでしょうか?ですがその走り方がずっと身についているという人もいますよね。

そんな人に走る格好がおかしいと言うと癖になっているという人もいるのではないかと思います。

今回はそんな人のためにも治し方などをお教えします。

現に走り方が不格好だと思う人は必見です!

周りに走り方がカッコ悪い人いますか?

あなたの周りに走り方がカッコ悪い人っていますか?その人はどんな走り方をしているのでしょうか?

そもそもカッコイイ走り方というのはどの様なことを言うのでしょう?

本人が走りやすい格好で良いのではないかと思う人もいるかもしれません。

ですがちゃんとしたフォームなどがあり、走り方というのは決まっているのです!本人が走りやすい格好でも、フォームを治して走ると早く走れるようになったり、また持久力などもついたりと様々な利点があります。

パッと見て走り方がカッコ悪い人というのは必ずその特徴があるはずです。

その特徴をいかにして治すのかがポイントになるでしょう。

よくマラソン選手などの人は早いですが、走り方も手本となるような走り方をしていますよね。

独特な走り方を持っている人というのは少ないはずです。

周りに走り方がカッコ悪いという人がいるのであれば、それをまずはちゃんと注意することから始めるのが良いでしょう。

ではカッコ悪い走り方というのはどの様なことを言うのか詳しく見てみたいと思います。

不格好な走り方ってどんな走り方?


不格好な走り方ってどんな走り方を言うのでしょうか?

例えば手が振れていなかったりすると少し固く感じませんか?また足を上げる方向と手をあげる方向が一緒だという人も不格好ですよね。

基本的に走る際のフォームとしては右足を前に出すのであれば左手を前に出して振るというような事をして、左足を前に出すのであれば右手を前に出すというようなことを交互にして走ります。

その時によく右足と右手を同時に振ってしまうという人はいませんか?その様な走りが不格好な走りに繋がるのです。

不格好な走りというのは基本的に何か特徴が必ずあるはずです。

マラソン選手達が皆同じような走り方に見えるというのはそのフォームがちゃんとしているからです。

学生の頃から不格好な走り方がついてしまっていてそれがずっと直されていないという状況になった時は今でもその走り方になってしまっているのではないでしょうか?

他にも様々な不格好な走り方というものがあります。

どの様な走り方があるのか詳しく見てみたいと思います。

手が振れてない

手が振れていないという事があるでしょう。

例えば走るときに腰に手を当てますよね。

その時に手を全く振っていないという人はいませんか?

手を振ることで勢いなどをつけることができますが、その時に余計な体力を使わないような手の振り方をするのです。

手も動かすことで走ることができるのですが、その手を全く動かさないという状況になった時は余計な体力を更に消費してしまいます。

よく手を振って走らないと不格好に見えるので、今一度自分の走り方の確認などをすると良いでしょう。

逆に手を振りすぎて不自然

手を振れてないならば手を振れば良いというものでもありません。

手を振りすぎることでも不格好な走りと思われてしまうのです。

手を振るというのは基本的に腰に手をあてて軽く振るというような形です。

逆に手を振りすぎているという人はいませんか?手を振りすぎるというのも周りから見るととても不自然に感じることでしょう。

不格好な走りというのは基本的にその動作に問題があります。

手をちゃんと振っているとなっても振りすぎていては周りから見ると少し変な印象を与えてしまうのです。

仮にその走り方に慣れてしまっている場合は、じょじょに手を振る動作を抑えてみてはいかがでしょうか?軽く振るというのを意識するとちゃんとした走りをする事ができるでしょう。

また腕を振る際には縦に振ることもコツです。

勢いよく走る際にはよくマラソン選手の人も縦に振っていますよね。

短距離走などをイメージすると解りやすいでしょう。

ですがマラソンなどの様な走りの際にも短距離と同じような腕の振り方をするのではなく、軽く振るという意識をして、走ってみてはいかがでしょうか?

そうする事で不格好な走りも普通になってくることでしょう。

膝が上がってない

走り方は腕を振ったりするだけではありません。

下半身の動きも重要になりますよね。

膝が上がっていない走りというのも不格好な走りに見えてしまいます。

膝をあげることで人というのは走ったり歩いたりすることができるのですが、走る際にも歩きのような膝の上がり方をしているのであれば、不格好になってしまうのも当然です。

常に膝をあげる、地面を蹴るというようなイメージで走らなければ走るという事は不可能です。

基本的に膝が上がらないという人は地面をコスって走っている感覚になっています。

よく足を引きずって歩くというような事もありますが、それと似ているのです。

その様に走るのではなく、地面をちゃんと蹴るように膝も上げてみてはいかがでしょうか?

これも膝を上げすぎるという事に注意をすることが必要ですが、地面を蹴るというイメージで膝をあげてみてはいかがでしょう?

顎が上がっている

体勢も重要になりますが、その中でも顔というのは特に重要です。

例えば顔を横に向きながら走るととても走り辛いですよね。

横を見ながら走るという行為は滅多にないと思います。

危ないので絶対にしないようにしましょう!ですがその顔というのは向きにより不格好な走りをしてしまうのもあるのです。

例えば顎が上がっている状態で走るとどの様になりますか?

顔が少し反っている状態になり、変な格好だと思いませんか?

基本的に顔の向きも重要で身体を張るのは良いのですが、顎が上がってしまうというような人もいるでしょう。

顎は上げずに顔を真直ぐ向けることでよりカッコイイ走りになるのではないかと思います。

重心が後ろになっている

走り方というのに癖をついてしまうと大人になっても取れないものです。

走る際は重心というのは基本的に前屈みだと勢いよく前に出れますよね。

ですがその重心が後ろになっている場合はどの様になるのでしょうか?感覚的には常に風の抵抗を受けて体が反っているという状態をイメージしてみてください。

重心が後ろになるという事はそのような事をも指すのです。

基本的に重心が後ろになる原因というのは走る際に状態を起こそうとしてそれが後ろに意識しすぎているからです。

基本的には前かがみを意識することで改善はされますが、小さい頃から重心が後ろの状態のまま大人になってしまうと早々直すことは難しいです。

よくあるのが猫背の人は常に前屈みの状態になって肩幅も前へといってしまいますよね。

その後ろの状態に常になっていると考えてみてください。

それが癖ずいてしまうと日頃の生活にも影響をしてくるので、いざ直すと思っていても一番難しく感じるのではないかと思います。

ですが直せないものではないので、どの様に意識をして重心をかけるのかが重要になるでしょう。

走り方が不格好な原因とは?


では走り方が不格好な原因とはどの様なものがあるのでしょうか?

先ほど言った重心が後ろになってしまうのもありますが、その逆で前に進もうと意識をしすぎるとバランスなども崩れてしまい不格好になってしまいます。

前屈みすぎてしまうと常に身体が曲がっている状態で走ってしまいますよね。

他にも客観的に自分の走りが見えていないというのもあるでしょう。

基本的に自分の走っている姿というのは周りから言われない限りは気付かないものですよね。

自分でどの様に走っているのか一度見てみると良いかもしれません。

今では誰でもスマートフォンなどを持っているのでカメラで確認などもすると良いでしょう。

他にも様々な原因となるものが多くあります。

今回はその5つを紹介をしますが、当てはまる人がもしかしたらいるかもしれません。

不格好な走りというのは自分が意識していないというのが一番の問題になってしまいます。

仮に自分の走りはおかしいと気付くのであれば直ぐにそれを直すようにすれば良いだけなのです。

ではどの様な原因で不格好な走り方になってしまうのか詳しく見てみたいと思います。

1.前に進もうと意識しすぎている

走るということは誰もが思うことですが早く走りたいと思いますよね。

様々な人も一緒に走るマラソンでは誰かのペースについていったり、自分のペースより少し早い人についていくというような事があると思います。

ですがその人を抜かそうとして更に前へと進もうと意識をしすぎるという様なことはありませんか?

その際にフォームなどを崩してでも前へと行くというような事が原因となっているのではないかと思います。

先ほど言った早く行こうとして前屈みになってしまうというような事がその例です。

前に進む、もっと早く走りたいと意識をすると、どんどん身体も前へと行きたくなりますよね。

ですがその時にフォームを崩してまで前へと進もうとすると、逆に体力などを消費して結果的に自分自身に疲れがどんどん貯めていってしまうのです。

つい意識をして走るというような事はあるかもしれません。

ですが意識をしすぎないことも重要だという事を忘れないようにしましょう。

バランスが崩れてしまう

バランスが崩れてしまうというような事もあると思います。

基本的に前屈みになるという事や違うフォームになるという事はその時点でいつもとは違う動きになってしまいますよね。

例えば腕を振っているペースを早くしてしまうと足も早く動かさなくてはいけません。

そのペースを崩すという事は身体全体に影響が出てしまうので、走るバランスというものが崩れてしまうのです。

よく足で地面を蹴る際に蹴る方向が横になってしまうという人がいますよね。

女性などで見かけることがあると思います。

その様になってしまうと今までバランスを取れていたものが他の走り方の影響で崩れてしまう可能性が出てくるのです。

バランスというのはとても大事なものであり、走る際にも必ずフォームというものがあり、それが一番早いとも言われています。

なのでそのバランスを崩してしまわないように気をつけることが大切になるでしょう。

2.客観的に自分の走りが見えていない

客観的に自分の走りが見えていないという事も原因の1つです。

自分の走りというのは自分が見ている景色がどれだけのスピードで流れて見えているかだけであり、自分自身を客観的に見るという事は滅多にないですよね。

周りから指摘などをされて始めてどの様に走っているのかが解るようになっています。

またカメラなどを見て自分はどの様になっているのかを見るというような方法もあるので、もし注意をされるという事であれば是非一度撮って貰うという事や誰か付き添いの人を呼んで見てもらってはどうでしょうか?

その際に様々なアドバイスやどの様にすれば良いのかと見つけることができるかもしれません。

自分のフォームを客観的に見れない

自分のフォームを客観的に見れないという所が原因にもなっています。

自分はそのつもりではないのに、走り方がおかしいと言われると思ったことはありませんか?それは癖というものでなっているのです。

よく「猫背になっている」と注意されるまで無意識にしてしまうという様なことがあるのではないでしょうか?自分のフォームというのは客観的に見るからこそどの様な走りをしているのか理解することができます。

それを見る環境を作るというのも大事ですし、直そうとする心も大事になります。

自分自身が自分のフォームを見れないという場合には何時までたっても直すことができなくなるでしょう。

まずは自分のフォームを一度見てみてはいかがでしょうか?

3.足をあげるだけで綺麗な走り方になると思っている

足をあげるだけで綺麗な走り方になると思っているというのが原因で走り方が不格好になってしまうというような事もあるのです。

よく膝をあげるというような事があると思いますが、その足をあげる際にどの様にあげていますか?

意識をしすぎて縦に思いっきり足が上がっているというような事になっていませんか?

足をあげるだけで綺麗な走りというのは絶対にありえません。

必ず足などにも原因となってしまって、走り方が不格好になっている可能性が高いです。

普段歩いている時と同じように、それを早くした形と覚えればまずは不自然な事はなくなるのではないかと思います。

自然に足が上がるのが理想

走る際には地面を蹴ります。

その地面を蹴った時に自然に足が上がるはずなのです。

その自然に足が上がるのが一番の理想と言われています。

地面を蹴った際に思いっきりあげる意識をするのではなく、自然に足が上がるような状態で地面を蹴ることができるのであれば、足を上げすぎるというような事がなくなり、自然な走り方に見えるのではないかと思います。

4.膝の力を入れすぎている

足を上げることで綺麗にはなりませんが、力を入れすぎていても問題になってしまいます。

例えば膝の力を入れすぎているとどの様なことになるのでしょうか?地面などは強く蹴れるかと思いますが、その際に強張ってしまい、足を突っ張ってしまうなんていう事もあるのです。

簡単に言うと筋肉が張っている状態です。

これはスポーツをしている人であれば何度か経験などがあるのではないかと思いますが、足をつるというのはとても痛いです。

変に力を入れてしまい膝の力を入れすぎているなんていう事もあるので十分に注意をする事が必要になるでしょう。

膝に力を入れると足が突っ張ってしまう

膝に力を入れてみてください。

とても足がつりそうな感じになりませんか?マラソンなどをしている際には地面を蹴るという行為をするのでつい足に力を入れてしまいます。

ですが膝に力を入れてしまうと足がつってしまうのでこの様なことがないように気をつける事が大事になるでしょう。

また、他の原因として不格好な走り方をしているという人は基本的に皆と違うところに力を入れていたり負担にかかることが多いです。

例えばお腹であったり、指であったりと、力をかける場所が皆と違うことで、走る際に不格好になってしまうというような事もあります。

基本的に力を入れる部分、どこまで力を入れるのかというのを把握した上で走ってみてはいかがでしょうか?

5.連動する動作ができていない

連動する動作ができていないというのもよくある原因の1つです。

連動する動作というのはどの様なことを言うのでしょうか?例えば走る時の動作というのは、まず片腕を上げると反対の足も上がるというような事をしますよね。

それを早くすることで走るというものが始めてできるのです。

これは普段の歩きでも同じような事が言えますよね。

走るというのは歩く動作を早くしただけです。

動作ではそうですが、その動作が連動していないとどうなるのでしょうか?

例えば片腕を上げた時にその上げた腕の方の足をあげてみるとどうなるでしょうか?

ぎこちなく感じたりこけそうになりませんか?

その様な連動する動作ができていないと自然と走ることもできなくなり、不格好になってしまうのです。

走るための一連のフォーム

走るための一連のフォームというもの、つまり格好はとても重要になるのです。

走るためのフォームというのは自然と身につくものですが、間違った走り方をしてしまうと癖で残ってしまいます。

先ほど言った歩く動作の延長線の様にまずは走ってみて、そこからじょじょに少し腕を振ったり、地面を蹴ったりとして走ってみてはどうでしょうか?

何事もフォームが重要になるのが「走り」です。

走るというのはそれ以外のものは必要なく、マラソンなども重要になってきますよね。

一連のフォームをまずは覚えてみてはいかがでしょうか?

不格好な走り方を治す方法は?

ではそんな不格好な走り方を治す方法というのはあるのでしょうか?もちろんあります!それも直ぐにできる様なものばかりです。

一番時間がかかるものとしては癖ずいてしまっているとそれを治すのには時間がかかってしまうでしょう。

ですが誰でも自然なフォームで走れるようになるので、今不格好だという人は諦めずにちゃんとしたフォームで走ってみるように努力しましょう!

ではどの様な方法があるのか詳しく診て見たいと思います。

普段の姿勢から

まずは普段の姿勢から治してみてはいかがでしょうか?

普段から前屈みになっている、重心が後ろになっているという状態であれば、走る際にも影響が出てきます。

肩なども真直ぐにする事ができなくなり、どちらかに重心がかかってしまうので、その姿勢を先ずは真直ぐに意識をしてみてはいかがでしょうか?これは走っていない時でも出来ることであり、直ぐに実践できますよね。

まっすぐな姿勢が保てるように普段から意識する

真直ぐな姿勢が保てるように普段から意識をする必要があります。

例えば食事中などもそうですが、極端な猫背になるという人はよく注意をされたりしたのではないでしょうか?

またテレビなどを見ていたり、パソコンなどを見たり、ゲームをしたりしているという時もそうですし本を見る際にも同じような事が言えます。

まっすぐな姿勢が保てるように普段から意識をする事で走ることだけではなく、様々な事で改善ができるのではないでしょうか?

【姿勢を良くするためには、こちらの記事もチェック!】

重心を意識する

重心を意識するといった事でも走りの改善をする事ができます。

例えば先ほど言った前屈みになるというような事もあると思いますが、極端な前屈みになるというようなものではなく、重心を少し前にしながら走るという事をすることでカッコイイ走りもできるのではないかと思います。

これはあくまでその通りにするというのではなく意識をする事で治るものです。

意識をすると前へと自然に足が出たりしますよね。

ちゃんとしたフォームで走ることができるという人はそのフォームを変えずにスピードの調整ができます。

その様なこともできるようになるので重心をまずは意識してみてはいかがでしょうか?

前に進むための重心のコツ

前に進むための重心のコツというものがあります。

例えば重心を後ろにではなく気持ち前にする事で勢いなども増すことができるでしょう。

また前に身体は起こしている状態で天井に吊るされている感覚というのもあるのではないかと思います。

よく歌う時にはその様な感覚でという事を言われたりしたかもしれませんが、それと似ている様に重心をかけてみてはいかがでしょうか?羽が生えているという気持ちでもいいかもしれませんね。

その様な気持ちになれるような重心をかけてみると良いでしょう。

あくまでもフォームは崩さずが条件です。

是非見つけてみてください!

力の加え方を見直す

力の加え方を見直すという方法もあります。

先ほども言ったように力の加え方が間違ってしまうと変なところに力を入れてしまい走るフォームも不格好になってしまいます。

その場合はまずは力の加え方を見直すところから始めなければいけません。

例えばどこに力を加えるのかをまず確認をするところから始めましょう。

そうする事で自分はいつもどこに力を加えていたのかというのが実感できるのではないかと思います。

無理な加え方をしていないか

無理な加え方をしていないのか探すという方法もあります。

例えば力を加えている場所は良かったが、力をどれだけ加えているかという所にポイントがあります。

例えば力をあまり加えなくても良いようなところに力を加えたりしていませんか?

また、力を加えなければいけないところを加えていないという状態になっていませんか?
無理な加え方をしていないか、逆に力を入れていない場所はどこなのか、などを探すとより走り方を治すことができるでしょう。

走り出しを見直す

走るというのは走り出しも重要です。

例えばクラウチングスタートと言うような走り方もありますよね。

その走り出しはちゃんとしたフォームでできているのか考えてみましょう。

よくスタートダッシュをする際に変なフォームになっている人もいますよね。

例えばお尻が上がりすぎていたり、また極端に曲がっていたりといった違うようなフォームで待機をする人が多いです。

その様なことがないように、走り出しを見直すというような方法もあるのです。

スタートダッシュの考え方

スタートダッシュというのはとても重要です。

特に短距離走などではそのスタートダッシュをいかに早く抜けれるかでタイムが変わってくるでしょう。

そのスタートダッシュにもフォームというものがいくつもあります。

それぞれ何で走り始めるかは自由ですがスタートダッシュも走り方の1つなので覚えておくようにすると良いかもしれません。

力を入れるタイミングを覚える

力を入れるタイミングを覚えるというのも何より重要なことです。

不格好になってしまう原因として力を入れる場所もそうですがタイミングも違うと変な感覚になってしまいます。

例えば膝を落ろすタイミングで力を入れるというような事はないですよね。

また腕を振る際にも降ろした腕を思いっきり力を入れるというような事はないです。

基本的に上げたタイミングで力を入れることが多いので、そのタイミングを覚えてみてはいかがでしょうか?

膝を上げたタイミングで力を入れる

膝を上げたタイミングで力を入れることで走り方を治すこともできます。

膝を上げたタイミングというのはまさに良いタイミングです。

走り方などもその力を入れるタイミングで変わることが多いので、気をつけてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?走り方が不格好な人の原因や治し方についてお話をしました。

走り方というのは基本的に小さい頃、学生の頃から身に着けるものであり、癖というのは大人になるにつれて治りにくいものになってしまいます。

なのでよく子供達が走るのを早くなりたいと思っている際に間違った走り方を教えるのではなく、ちゃんとした走り方を教えてみてはいかがでしょうか?走るというのは誰でもすることです。

その格好がちゃんとした格好であればより早くカッコヨク走ることができるのではないかと思います。