草食系男子が増えていることと比例して、なんと、女性になりたいと思う男性も増えています。

これはなぜかと言いますと、男性と女性を比べた場合に女性の方が得する割合が増えてきているからだと言われています。

特に映画館やカラオケなどのアミューズメント施設では、レディースデーをつけるなどして、女性が来やすいような環境を設置するなど、女性に対してのサービスを設置するところが増えてきています。

経済が潤っていた時はそんなのことを気にする男性は少なかったのですが、近年の状況から男女差別だと、口にする男性も増えてきています。

故に女性に憧れを持つ男性が増えてきていると言えます。

これは、別の観点から見ると、実はとんでもなく恐ろしいことなのです。

草食系男子が増えることや、結婚に対して表向きに取れない男性が増えること、女性になりたいと思う男性が増えていることは、実は、経済が衰退している国に起きている現象なのです。

つまり、今の日本の現状は経済が衰退している証拠でもあるのです。

GDPを高く見せて、経済大国のように見せてはいますが、実はそんなことはなく、経済がとんでもないことになっているのが今の日本の現状です。

いくら働いても優雅な生活ができない。

そんなのならいろいろとお得な部分が多い女性になった方がいいのではないかと思ってしまうのです。

そこで、今回こちらの記事では、なぜ、男性が女になりたいと思うのかの情報をいろいろとまとめてみました。

ぜひ、参考にしてくださいませ!ただ、男性であってもお得な部分はいっぱいあります。

️女になりたいって男性はよく思うらしい…

男性の皆さんで女性になりたいと思ったことはありますか?

最近の男性に聞くと女性になりたいと思う男性が多いそうです。

理由はいろいろとありますが、これだけ増えていることに何だか危機感を感じます。

なぜなら、数年前のアンケートでは、女性が男性になりたいと思う割合の方が大きく、男性の方が優位に立っていたというような環境でした。

しかし、数には勝てないのか、年々人口比率で言うと、女性の方が増えてきていて、また、社会進出も活発なので、男性の居場所がなくなってきている影響もあってか、女性の方が良いと思う環境になってしまっているようです。

昔は、企業の採用などは男性が圧倒的に優位と言われていたのですが、最近では女性の方が有利になっているとも言われています。

これは、男性よりも女性はコツコツ派なので、雇用するにはもってこいと言った感じで、根は真面目な人が多いので、変に強く自分の考えを持っている男性よりも扱いやすいと言った考えもあります。

最近では女性社長も珍しくなくなりましたし、上司が女性と言うこともよく見る光景になりました。

つまり、女性が活躍しやすい社会環境が整いつつあると言えます。

しかし、それは裏を返せば、男性に覇気がないだけで、男性がしっかり働こうと思えば、女性には負けないと言われています。

どうしても自分であーだ、こーだ進めたいという意志が強いのが男性なのです。

故に経済が回復すると、またバブルの頃のようにイキイキとした男性が増えるのではないでしょうか。

ただ、それは経済の側面であって、実際にどんなところから女性になりたいと思うのかここから説明していきます。

女性ならではの特権が多い

実は女性ならでは特権が多い世の中になっているのです。

特にいろいろな施設でレディースデーを設けるなどして、女性が利用しやすいような環境を作っている企業が多くなってきています。

このように女性だからという理由でサービスが向上している部分がいっぱいあるのです。

おそらく女性の方でもこのことに気づいていない人は多いのではないでしょうか。

また、近年増え続けている痴漢なども、男性は例えしていなくても疑われたら認めざるを得ない状況になっています。

つまり、女性から罠にはめられる危険性もあるのです。

最近では痴漢の示談に応じる代わりに自分たちの企業の製品を購入させるようなこともしてくる輩もいるので、非常に厄介です。

このように女性が持っている特権に対して羨ましく思うようになっている男性が多いことから、女性になりたいという男性が増えてきているのです。

しかし、これは実は昔からあったことで、それに気づいていなかっただけです。

経済が潤っていた時にその部分に目が行く男性が少なかっただけで、経済の衰退とともにその部分に目が行ってしまう男性が増えただけです。

このように経済状況が男性の意識に大きく影響しているようです。

女性自身も気づかない女であることの得

最近は、女性は得だ得だと言われている世の中ですが、当の女性からすると実はそんなにお得なことに気づいていないのです。

むしろ、経済が潤っていた頃は、女性から男性が得だ得だと言われていました。

お金を稼いで好き放題使う。

家事はほぼしないなど、女性からすれば羨ましい部分がいっぱいあったのです。

しかし、近年では共働きをしないといけない家族環境が増えているので、男性も女性も同等の立場のようなもの、また、家のお金もほとんどが女性が管理しているような感じなので、男性の立場どんどん危うくなってきています。

数年後には専業主婦という職業がなくなるのではないかととも言われている世の中です。

女性にとってすれば当たり前にしていることが、実は男性からすると得に見えてしまっているような感じでもあるのです。

時代とともに経済状況が変わりつつありますが、女性は今まで通りのことにプラスアルファーをしているだけです。

一方、男性はバブルの時に比べるといろいろと失ったものが大きいようです。

特に今の会社の上司の人たちがバブルの夢から覚めていない人たちが多いので、大変なのです。

ことあるごとに、バブルの頃は良かったと言って、先を見ていないのです。

再びあの時の活気を取り戻そうとは思っていないらしく、覇気がないので、先へ進めていない状況です。

そんなのだから草食系男子は増えて、女性がイキイキできる環境になっているのです。

仮にこの状態で経済が回復すれば怖いものはありませんね。

️男がうらやむ女性の特権22個


女性の方が得だ得だ言われている世の中ですが、ではいったいどんな所が得だと思われているのでしょうか?

そう聞かれると、女性の方からは具体的にはそんなに出てこないのですが、男性はと言うと、ごまんと出てくるのです。

それだけ女性であることのメリットの部分に憧れを抱いているみたいです。

では、それはどのような特権なのかここからは説明していきたいと思います。

大きくピックアップして22個ありますので、まずは身近に感じるもの、もしくは、読んでいてビビット来たものなどを中心に理解していきましょう。

女性の方で、ご自身でこれはあるなと感じたものがあれば、もしかしたらパートナーや周囲の男性はそれに憧れを抱いているかもしれませんよ。

実は女性の知らないところでいろいろな部分に男性が憧れを持っていたことがわかります。

しかし、何度も言いますが、経済が潤っていた時にもこのようなメリットはありましたが、男性がその部分を気にしなかっただけです。

つまりは、中には当然のこともあります。

女性の方は男性ってこんな感じで女性を見ているのかと言った感じで読んでいただけましたら幸いです。

レディーファースト精神

所謂、席を譲ったり、優先させたりする行為です。

最近では何かと騒がれるようになったこの行為ですが、経済が潤っていた時にも実は結構活発に行われていました。

それも普通のことのように、つまり、そんなにお得なことでもないのです。

むしろ、当たり前のことなのですが、なぜ、この部分が注目されるようになったのかと言いますと、まず、女性の方からレディーファースト精神を持つのが男性としては当たり前と言った感じに見るようになったのです。

つまり、レディファースト精神がない男性はいまいちだと言う感じになってしまったのです。

また、レディファーストの行為を受ける女性を見て、男性もなんで女性ばかりと思ってしまう心があるらしいのです。

しかし、昔はやって当たり前、女性からすればこちらから相手に望まなくてもしていただけた行為なので、わざわざ男性をそのように見ることもありませんでした。

経済がよかった時代は男性はどんなことをしても喜ばれたのです。

このように経済の衰退とともに男性にとってはサービスを受ける割合がなくなったので、心が貧しくなって行ったのかもしれません。

レディースデイ・レディースプラン

主にこの部分を気にされる男性が最近は多いのではないでしょうか?

いろいろなお店でレディースデーやレディースプランなどと謳って女性に対するサービスが増えています。

しかし、これも、実は昔からあることで、最近やたらと注目され始めてしまっただけです。

なぜなら、少しでもお得にお金を使いたいと思う男性が増えているからです。

そのため、お得にお買い物ができる女性を羨ましく見てしまう男性も多いのです。

これこそが、経済状況に大きく影響された部分でもあると思います。

昔からあったのに、昔はそれほど気にしませんでした。

なぜなら、気にするほどのものでもなかったのです。

働けば働くほど儲かって、お金に苦労する時代でもなかったのですから、しかし、今は働いても働いてもお金を稼ぐことができない世の中です。

そんな状況だから、サービスを受けたい。

お得にお金を使いたいと考える男性が増えていったのです。

今では簡単に手に入るようになったクーポン券などもそのようなことを如実に表すものと言えるのではないでしょうか。

女性専用車両


痴漢を防ぐためや女性が安心して公共交通機関を利用していただくために作った車両ですが、男性からすると満員の車両を増やす結果になっていると言われています。

また、女性専用車両があるのに、そこを利用しない女性もいて、ある意味があるのかと問われている部分でもあります。

何よりも男性が迷惑というか困惑しているのが朝の通勤ラッシュ時間にその車両が設定されているため、満員電車を避けられない状況になっているのです。

ゆったりとした環境になっていたいいなと思ってしまうらしいです。

また、朝急いでいて、飛び込んで乗ってしまったら女性専用車両だったという恥ずかしい思いをする男性もいらっしゃるほどです。

痴漢などの被害に合わない、疑われないなどのメリットもありますが、何よりも優先されていると言った観点が最も男性に対して嫉妬を生んでしまっているらしいです。

【女性専用車両の賛否両論の意見は、こちらの記事もチェック!】

ファッションの幅広さ

女性のいろいろとファッションのコーディネートができるのでどの年代になってもいろいろと見せ方ができることに男性は羨ましがっているようです。

要は、いつまでも若々しくいられる。

もしくは、輝いていられることができるのです。

また、サイズもミニサイズが多いので、何でも揃えることができるのも魅力の1つとも言えます。

ファッションで幅を広げることができるので、いろいろと遊べることもできます。

一方の男性はと言うと、ファッションに関してはそんなにバリエーションが多くなく、一度しみついたファッションから別のファッションに移ると違和感を感じる方もいらっしゃるほどです。

特に社会人になるとスーツしか着ないと言う方もいらっしゃるので、なかなかファッションの部分を活かすことができる環境にないのです。

本音を言えば、ファッションでカッコよく見せたいと思っているのが男性なのです。

そのため、ファッションでいろいろなバリエーションがある女性を羨ましく思ってしまうのです。

ロングヘアが許される

さらっとしたロングヘアやぼさぼさしていてもしっかり決まっているロングヘアなど、女性はロングヘアが似合うし、していても誰からも文句は言われません。

一方の男性はと言いますと、ロングヘアにしているとチャラ男の印象や、汚い感じのイメージがついて清潔感が見えなくなってしまうのでよく思われることはありません。

そのため、ロングヘアが許されている女性を羨ましく思ってしまうらしいです。

しかし、それは他人のからの印象を気にしてしまっているからです。

経済が潤っていた時期はどんなカッコでも仕事ができれば問題はありませんでした。

カッコよりも仕事ができるかどうかだったので、しかし、近年は印象を気にする会社は増えてきていることもあって、ヘアースタイルなどにもうるさく言う会社が増えてきています。

そのため、自由にヘアースタイルを決めることができる女性に対して、嫉妬を持ってしまっているのです。

色々ヘアアレンジができる

これは前文のロングヘアにも通じる部分ではありますが、女性の場合ヘアースタイルを変えてもそんなに文句は言われません。

しかし、男性はと言うと、何かにつけて指摘をされるので、溜まった物ではありません。

ショートが一番だとか、坊主がいいのだと言った感じに考えを押し付けられるので厄介なのです。

例え染めても、パーマをかけても、何も言われない女性に対してはいいなといった眼差しで見てしまうのです。

男性だってオシャレがしたいのは本音ですが、どこか今の上司に位置にいる人たちはオシャレをする男性をプラスに見ることはありません。

染めたりすれば、チャラチャラしたや色気づいたなどの指摘をされて嫌な思いをし、パーマなどをかけてもいいような感じで見られることはありません。

髪をいじることができる女性に対してどうしても嫉妬を生んでしまうらしいです。

メイクで顔がもれる

メイクをすることで女性はさらに美しさを演出できるのです。

これがなんとも男性からすると、羨ましいことか…男性はメイクなどするにも対して効果がないからです。

また、男性がメイクをすると色づきやがって、もしくはオカマと勘違いされると言ったこともあります。

つまり、自分を盛ろうとしてメイクをしても男性は損をするだけなのです。

それに引き換え、女性はメイクをすることで魅力がアップして周囲からもちやほやされたりするので、良いことしかありません。

ある意味、メイクをすることで変身ができるので、どんな状態の時でも美しく見せることができるし、心が不安定でもメイクをすることで、若干の気持ちの変化をさせることもできるのでいいことしかないのです。

そのため、メイクができる女性になりたいと思う男性は結構増えています。

昔より、オシャレに対して意識が強くなったのだと思います。

荷物を持ってもらえる

旅行している時や買い物をしている時などに女性は荷物を持っていただけると言った特典があります。

ある意味レディファースト精神ですが、荷物を持ってもらうことを羨ましいと思うほど、男性も非力になってしまったのかと思うと悲しいです。

昔はむしろ女性の荷物を持つことが当然であり、また、そのような行為をすることで男性としての株も上がっていました。

つまり、そんなに羨ましいと思う部分でもなかったのです。

それだけ男性が弱くなっているという証拠でもあります。

所謂、草食系男子が多いので、自分でそのようなことをする人もいなくて、また、非力な方も増えているので、荷物を持つことさえも嫌だと思ってしまうらしいです。

酷い場合は、自分の荷物を持つことも嫌がるらしいので、ある意味情けなく思ってしまいます。

荷物を持ってもらえるから女性になりたいと思うのは、少し考えが低いのではと思えてしまいます。

チヤホヤされる

とにかくいろいろな人からチヤホヤされる女性が多いです。

特にこの経験を社会人ですると男性は辛いと感じるのです。

中でも新卒で入った会社の同期に女性がいて同じ部署にいると、否応なしにそのことを喰らってしまいます。

失敗なども全部男性に来てしまうし、女性は失敗しても軽く受け流されてしまうし、男性としてこの上なく屈辱を感じてしまうのです。

いつもちやほやされて、一方自分は…蚊帳の外と言った感じのことになってしまうことがあるのです。

そのため、女性になりたいと思う男性が増えてきているのです。

多少のことでもきつく言われないし、ちやほやされて周囲とは良い感じになっているからです。

女性だからといった理由だけでそうなっているとは限りませんが、そのようなケースが多いのです。

奢ってもらえる

女性の場合おごってもらえる頻度が強いです。

ただ、実際に見てみると、女性に限ったことではありませんが、それでも社会的に見れば女性がおごってもらえる可能性が非常に高いです。

そのため、男性は自分も女性にはおごらないといけないのかと思ってしまうらしいのです。

一昔前ではおごることに関しては働いている人なら男性も女性もそんなに気にしませんでした。

むしろおごることがご自身の株を上げる行為でもあり、また、お互いにおごりあったりしているので、持ちつ持たれつの関係がしっかりできていたのです。

しかし、今は経済的に豊かでないためかおごることに抵抗を持つ人が増えています。

そのため、奢ってもらえる可能性の高い女性に対して憧れを持ってしまうので、女性になりたいと思うらしいです。

薄毛の心配がない

男性にとって薄毛になること、はげることは死活問題でもあるのです。

しかし、女性の場合は薄毛になったりはげる心配はありません。

なぜなら、この毛が多い少ないは女性ホルモンの多い少ないが影響しているからです。

実は男性にも女性ホルモンが少なからずあるのです。

しかし、量が少ないから薄毛になったりはげてしまうのです。

これは避けられませんが、しっかり栄養補給などをしてホルモンの分泌をしっかり行えば何も問題はありません。

よく、そのことを怠って遺伝のせいにする人はいますが、薄毛やはげは実は遺伝は全く関係ないらしいです。

要は自分がどう思うかが凄く影響するらしいです。

遺伝で薄毛になる、はげると心配しているからそうなるのであって、思わなければそうなる心配はありません。

女性の場合、そのことを考えることがないから薄毛になったりしないのです。

笑顔の破壊力

女性の笑顔は反則です。

女性の笑顔を見て嫌だと思う男性はいませんよね。

同じ女性でもそう思っていらっしゃる方は多いと思います。

つまり、困った時などに女性は笑顔を武器にすることができるのです。

一方の男性は笑顔を見せると、何へらへらしているんだよと言った感じで注意を受けることが多く、良いことがありません。

故に常に引きしまった顔をしていないといけないので、ストレスが溜まってしまうのです。

ある意味、男性の寿命が短いのもこのことが影響しているのではないでしょうか。

笑顔が一番の特効薬とも言われているので、笑顔を作る機会があるのは良いことです。

笑顔でさえ許されない男性はどうしたらいいのだと言った感じになってしまいますよね。

お酒を飲まされない

会社の飲み会などに行っても、「私、お酒が苦手なので」と言えば、女性の場合、無理に飲まされることはありませんが、男性の場合は「何バカなことを言っているんだ」という感じに苦手なのにも関わらず飲まされてしまう危険性が高いです。

近年はお酒を飲みたがらない男性が増えてきているので、なおさらこのような場面は多くなってきています。

しかし、上司がついだお酒を飲むことができないのかと言った感じに見てくる人もいて、非常に厄介です。

お酒が飲めないだけで、仕事を与えない、役職を上げないと言ったこともあってわけがわかりません。

一方の女性の場合は無理しなくていいなど、無理に飲ませようとしません。

このようにお酒1つ取っても女性が優位に立っているような感じがして、お酒が苦手な男性からすれば女性になりたいと思うのです。

おしゃれなランチ

ランチの時間などに上司などからオシャレな所に連れて行ってもらえたり、同僚同士でオシャレな場所に行ったりなど、ランチの時もいい感じな雰囲気を味わうことができるのが女性の特権です。

一方の男性はというと、複数でランチに行くことが稀です。

また、1人でオシャレな感じのお店に行く勇気もないので、質素な感じでランチを済ませてしまいます。

また、上司から誘われるのも稀なので、オシャレなランチを満喫することなど年に数回あるかどうかです。

そのため、いつもランチの後にイキイキして戻ってくる女性を見ると羨ましくなってしまう男性が増えてきています。

また、最近は何かにつけて節約と思っている男性が多いので、ランチにお金を使っている女性を見るのが溜まらなく辛いと思ってしまうらしいです。

ある意味ココでも経済の状況が見え隠れしていますね。

女子会ができる

いつごろからかわかりませんが、女子会なるものが流行り出しました。

女性だけが集まって飲み会や食事をすることです。

もともと昔からありましたが、こんなに豪勢に行うようになったのはここ最近ではないでしょうか?それだけ、女性でも稼ぐことができる世の中になったと言えます。

一方の男性はと言うと、あまり仲間と集まることもなく、1人で飲んだりすることが多いので、複数で集まってキャーキャーしている姿を見ると羨ましく思ってしまうのです。

それだけさびしがり屋と言うことでもあります。

あとは、家庭を持っているとお小遣い制になっているところもあるので、飲みに行くこともできないのが現状ではあります。

バブルの時のように飲んで遊んでと言った感じのことが出来ないのです。

それが出来ている女性を見るとなりたいなと思うらしいです。

【女子会で話されてる内容は、こちらの記事もチェック!】

涙が武器になる

何かにつけて女性の涙は武器になります。

世界最強の武器と言えるかもしれません。

目の前で涙を流されたら誰も抵抗することなんてできません。

いくつになっても女性の涙は恐ろしいです。

一方の男性はと言うと、「男のくせに何泣いてんだよ」という感じで余計に舐められてしまうので意味がありません。

男性は涙も武器にできないのです。

そのため、泣いて許されるのはいいなと思ってしまうのです。

もともと、しっかり仕事をしていれば問題はないのですが、最近では仕事ができるできない関係なく、責めてくる人がいるので厄介です。

泣くことも許されないのならどうしたらいいのかと悩んでしまう男性が多いのです。

反抗しようにも草食系だからそこまでの行動に至らないと言った感じになってしまっています。

少しのわがままが許される

女性の場合、少しのわがままが許されることがあります。

最近この部分をいいなと思う男性が増えています。

つまり、男性もわがままになってきていると言うことです。

一昔前だとわがまま言う女性は可愛らしく見えましたが、最近は羨ましく見えてしまうらしいです。

それだけ時代が変わったとも言えます。

これも経済状況が大きく影響していると言えます。

肌がやわらかい

肌がきれいに見えてしまうので柔らかいような感じがします。

それが女性を可愛く見せている要因でもあります。

そのため、肌がきれいで柔らかい感じのする女性は柔軟で優しく見えるので好感度も高いのです。

一方の男性は、肌がかさつく割合が高く、肌荒れが顕著に見えてしまいます。

これには周囲を不快にさせているのですが、なかなかそこをケアしようとしません。

というかケアできないのです。

故に女性へ憧れを持ってしまうらしいです。

子供との時間が多い

子どもは小さい時は凄く可愛いのですが、なぜか母親になつくことが多いので男性として羨ましく思ってしまうらしいです。

とくに男性の場合、子どもと一緒に過ごしたいと思うことが多いので、会社を休んでまで子どもの相手をしたいと思うらしいです。

故に女性になって主婦になりたいと思うらしいのですが、主夫もありますので、この辺りは女性にならずとも解決できるはずです。

心配されやすい

何かに置いて心配されることが多いのが女性です。

いろいろと周囲から気にされていていいなと思ってしまうらしいです。

男性の場合、心配されることもなければ、来なくなっても気にされません。

それだけの存在なのです。

ただ、そのことを気にしても意味がありません。

逆に心配されると私生活なども観察されてしまうこともあるので、1人で落ち着く時間がありません。

心配されなくても生きて行けますよ。

暴力が暴力にならない

女性が男性に暴力を振っても特に問題になることはありませんが、男性が女性に暴力や暴言を奮うとかなり問題になります。

このようにここの部分において差別が激しいと見る人はいますが、そうなってしまう状況がヤバいと思います。

普通にしていれば暴力が起こることはありません。

産休や生理休暇がある

子どもを産むことで伴う休みがあって一時期ドロップアウトできることを羨ましく思う男性が多いそうです。

これはただ単に仕事が嫌いなだけと思える考え方です。

産休や生理休暇はただの休みではありません。

安易に考えるのはよしましょう。

️女性にはこんなにも特権があったのです

いかがでしたでしょうか?女性の皆さん、男性はこのような部分をいいなと思っているのです。

ただ、女性になりたいと思うよりもしっかりと意志を持って男性として生きるのが最適ではないでしょうか?おそらくこのような考えが生まれてしまったのも経済状況が左右していると思います。