CoCoSiA(ココシア)

男女差別とは?よくある差別事例とあるべき平等の姿とは?


最近女性の活躍がめざましくなってきましたね。

結婚して共働きの女性も多いのではないのでしょうか?

昔は、女性はもう結婚したら家庭に入るのが普通でした。

子供が生まれる前だったら結婚後でも働くことができたのかもしれません。

ですが、子供が生まれたら、どうしてもやめざるを得ないような状況になるようなケースもあったのです。

実際に、今でもそのような折り合いがなかなかつかなくて退職してしまう女性も多数いますよね。

このような男女差別については、現在は大分軽減されているところがあります。

ですが、今は、いろいろな価値観が入り混じる次第です。

では、今回は男女差別についてです。

男女差別とは何なのか、よくある男女差別の事例とあるべき平等の姿について考えていきましょう。

男女差別を感じた経験はありますか?


皆さんは男女差別を感じたことありますか?

女性であれば、あると答える人も多いかもしれません。

男性であっても、最近は男女差別を感じる場面があるかもしれませんね。

女性は、昔とは違い仕事も男性と同じようにできる時代になりました。

ですが、いまだにレディースデーなどもありますし、女性特有の得をするようなこともあります。

これは男性である著者はそのサービスを受けることができません。

昔は、女性が不遇な立場に立たされ差別をされているというような事でしたが、最近は女性の方が男性を優位に感じてきているように思います。

例えば、昔は跡継ぎの都合で、子供は男の子が望まれる傾向にありました。

ですが、最近は逆に女の子がいいと言われているそうですね。

それは何故かと言うと、最近家制度が基本的に廃止されたことから、そこまで男性側の家庭に尽くさないといけないようなこともなくなりました。

それに、出産子育てがある女性は家庭に入ったり、家庭を優先できる環境にあります。

そこで、親御さんの介護問題が出ても、男の子より女の子の方が手厚く気にかけたりができるということから、そのように言われることもあるのです。

️男女差別とは

では、男女差別とは一体どのようなものでしょうか?

男女差別と言うと女性が不遇なイメージがありますが、男性も差別される事はあります。

ここでは、男女差別についてもっと掘り下げて見ていきましょう。

性別によって損益が生まれること

男女差別とは、「性別により差別され損益が生まれる状態のこと」をいいます。

男性であることも女性であることも、選んで生まれてきていません。

著者も皆さんと同じく、気がついたときにはもう男として生まれていました。

このように選ぶことができないことに関して差別されるのはとてつもなく辛いことです。

ですので、そのような性別だけで差別が生まれる状態は、基本的に好ましい状態とは言い難いものがあります。

性別によって特別扱いされること

そして、差別をされると言うととちらかと言うと不遇な扱いを受けると言うような状態のことを指しますよね。

ただ、何もこの差別と言うのは損をさせられることだけではありません。

特別扱いされることもまた差別である一面があります。

例えば最近はどちらかと言うと、女性が優遇されやすいところがありますよね。

男性としては、そのようなサービスが受けれないのは差別的に感じますよね。

性差別とも言われる

男女差別と言うような言い方もありますが、男性か女性かということで差別を受けるところがありますので、性差別とも言われることもあります。

️男女差別のよくある7個の具体例

では、こんなにも平等の世の中になってきたにもかかわらず、まだまだ続いている男女差別とは、現代ではどのようなものがあるのでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

1.女性専用車両

女性専用車両も男女差別といえるのかもしれません。

女性しか乗れないような車両があるというのは、男性からすると一見納得がいかないようにも見えます。

ですが、男性にもメリットがあります。

満員電車では痴漢と疑われないか不安があるため、常に神経を使う男性も多いでしょう。