CoCoSiA(ココシア)

不要なモノかを見極める9個の方法!


「不要なものが捨てられない」「不要なものかどうかが判断できない」…そんな人はたくさんいることかと思います。

なんだかんだで理由をつけて使っていないものをいつまでも大事に保管していたり、「ただ何となく」で物を捨てることをためらったりしていると、そのうち部屋が「ゴミ屋敷」と化してしまいますよ。

そんなことになってしまっては、どんどん片づける機会を失い続ける一方です。

そうならないためには、不要なものを不要であるとちゃんと認識し、どんどん「断捨離」をしていく必要があります。

今回は、不要なものを見極める方法についてをご紹介していきたいと思います!

不要なものが捨てられない!そんな人に見極め方を伝授♩

気が付くと部屋が物であふれていて、片づけようとしても「どれも捨てることができない!」と頭を悩ませているなんてことはありませんか?

部屋の収納にも限界があるので使わないもの、不要なものからどんどん捨てていかないといけないのにそれが出来ない人って結構多いのです。

そんな人のために、不要なものをどうやって見極めるのかについてをご紹介していきたいと思います!

不要なものを見極める9個の方法

「コレは、最近使ってないけどいつか使うときが来るかもしれない…」

「アレは古くなっているけど、壊れているわけじゃないから…」

「いつか捨てようかとは思っているけど、それなりに思い出がある」

「別に捨ててもいいんだけど、ゴミの日のタイミングが合わないから…別にあっても構わないし置きっぱなしにしている」

など、色んな理由をつけて物が捨てられないというアナタ。

「不要なもの」に対する基準がかなり甘くなってはいませんか?

明確な「不要なもの」「捨てるもの」の基準の線引きがないと、不要物をどんどん溜め込む体質になってしまいますよ。

今はまだ部屋に置くスペースがあって油断しているかもしれませんが、捨てられないでいるとゆくゆくはスゴイ汚部屋になってしまいますよ…!

不要なものを見極める方法を身につけて、すっきりとした生活が送れるように心がけましょう!

期限切れかどうか

冷蔵庫のなかにある食べ物や飲み物はもちろん、棚に保管してある乾物やレトルト食品、た食べ物のほかにも化粧品や薬などにも「使用(消費)するに適した期限」というものがあります。

期限が切れているものはバッサリと捨てるチャンスです。

特に食べ物系ならば期限か切れているのに食べたら健康に悪いですよね。

物によっては「1週間程度なら…」「まだ変色してないし、火を通せばいける!」と思うかもしれませんが、その精神でいたからこれまで捨てることが出来なかったのです。

また、市販の薬なども使用期限はあります。

体調が悪いから飲む薬なのに、期限切れの薬を飲んで更に体調を崩すようなことになったら意味がありませよね(汗)

もったいないかもしれませんが、ここまで放置してしまった自分が悪いと諦めて期限切れのものはどんどん捨てていきましょう!

絶対手放せないものを選ぶ

不要なものを捨てられない人は「どれも必要に感じてしまって捨てることができない」という考えの人が多いです。

その結果、必要かもしれないから捨てずに置いておこうということになるのですがそれでは部屋は物であふれっぱなしになってしまいます。

不要なものを整理したいのであれば、最初に「絶対に手放せないもの」をいくつか選ぶようにしましょう。

人によって手放せないものはそれぞれですが、きっとスマホや財布、お気に入りの服、通勤や通学でよく使っているバッグ、恋人からもらったアクセサリーなどがあることでしょう。

このように絶対に手放せないものを選んだあとは、そのほかのものはその手放せないものほどの価値があるのか考えてみるようにしましょう。

そうしたらどんどん不要なもの判定されるものが出てきますよ。

今の自分に必要か確認

いつまでも捨てることが出来ず置きっぱなしになっているものは「いつか使うかも」という気持ちで置いてあるものが多数でしょう。

しかし、そのいつはいつ来るのか自分自身でもわかりませんよね?

少なくとも、今は必要としていないものばかりです。

今の自分にどうしても必要なものかどうかをよく確認してみましょう。

そうすると多くのものが今は必要ないというものばかりなはずです。

「いつか」を待ち続けているもので部屋のスペースを使っていると思うと「無駄だなぁ」と感じませんか?

「いつか」使うときが来たらその時用意すれば問題なさそうなものは思い切って捨てて、今の自分に必要なものだけを残すようにしてみましょう。

ふさわしくないものは捨てる

今の自分に必要かどうか確認していく中で、不要なもののほかにも「今の自分にはふさわしいかどうか」ということも一緒に確認していくようにすると、更に断捨離が上手くいきますよ。

例えば、学生時代に使い倒したバッグ、デザインも学生っぽいしボロボロなので社会人になったあとは使うことはありませんよね。

今の自分にはふさわしくない持ち物と言えます。

他にも、学生時代の服なども同様です。

「あの時、気に入っていたし、思い出がたくさんあるので捨てられない!」なんて人もいるかもしれませんがそんなことを言っていたら大半のものは捨てることができません。