CoCoSiA(ココシア)

真摯に受け止めるの意味は?ビジネス...(続き2)

また、名詞に「真摯」をくっつけると、そのことに対する熱意や覚悟が加味されるので、重みのある言葉になります。

例えば、「真摯な態度」「真摯な意見」「真摯な行動」「真摯な姿勢」などとなります。

このような言葉を文章の中にはめ込むと、より熱心さや真剣さがプラスされるようです。

真摯に受け止めるの意味

「真摯に受け止める」の意味は、何かの物事に対して熱心に、そして真面目に取り組み、上手く行くように努力をするということです。

言い換えると、これまでは何か落度があったかも知れないが、これからはミスが無いようにしっかりと身体を張って頑張るということです。

もしも、上司から「この結果を真摯に受け止めろ」と注意されたとしたら、あなたは何か重大なミスをしてしまって、会社にも大きな損害を及ぼしてしまったのです。

そこで、この事態を充分認識して、あなたは責任を持って挽回できるように頑張れということなのです。

ただし、あなたは腹をくくって対応しないと、降格処分や給与カットを受けたりすることになると忠告しているのです。

「真摯に受け止める」という意味には、悲壮感を持って対応しろと命令しているのです。

あなたは重大な岐路に立っていると言っても過言では無いのです。

それほど重い言葉なのです。

あなたの責任ある行動を期待していることでもあります。

真摯の意味

「真摯」の漢字をそれぞれ調べてみました。

「真」という字は「まこと」という意味で、「真実」「真理」「真剣」などに使われるように、嘘偽りがなく真面目であるという状態なのです。

もう一方の「摯」は、「手」の上に「執」の字が乗っています。

「執」とは「執刀」や「執筆」などのように自分の手を使うという意味合いがあります。

また、「執務」「執行」などのように実行する、とり行うという行動も表します。

さらには、「執拗(しつよう)」「固執」などと取りついて離れない様を表すこともあります。

これらのことから、物事を深く思い込んで、それにとらわれることを意味している漢字なのです。

平たく言うと」、執念を持っていることです。

その「執」を下から「手」で支えている「摯」の漢字は、責任をもって自分の手で執行するという漢字なのです。

だから、「真摯」という言葉は、まことの心を持って執念を持って自分の手で執行するということでしょうか。

まじめでひたむきな様子

「真」という漢字が前についていることから、嘘偽りが無いことを宣言しています。

その後ろの「摯」は自分が責任を持って執行する意思を表すので、平たく言うと「真摯」は真面目でひたむきな様子であることは理解できるのです。

非常に熱心なこと

もういい加減なことはできないし、まじめに取り組むことを宣言する訳ですから、何をさておき、この案件については非常に熱心に、かつひた向きに努力するのです。

真摯に受け止めるの意味


大手のメーカーが、出荷した製品に欠陥があることが判明しました。

それを使用していたお客さんの方から、クレームが多く届くようになっていたのです。

それに気づいたメーカーは、その商品を回収して問題の部品を交換するというリコールに踏み切ったのです。

TVや新聞でのPRを開始して対応したのでしたが、それでもその欠陥商品での事故は無くなりませんでした。

それによって人命が失われることがあっては企業の存続にも関わると判断したようで、社長がマスコミを通じて謝罪会見を行うことになったのです。

その時の謝罪会見では、「この問題を真摯に受け止めて、早急に未回収の商品の確保と安全策を講じたい」と発表したのです。

このように、クレームがあったことを心から真剣に受け止めて、いい加減には考えていないということを表明したのです。

部下まかせにしたり、責任能力がない者に担当させるような片手間なことはしませんという決意なのです。

「真摯に受け止める」と宣言した時には、本当の意味でキチンと問題解決できなければ、企業であれば社長や執行部の退陣にまで発展するのです。

そして、真摯に受け止めた結果も公表する責任があるのです。

仲間同士で、「ああ、わかった、やっとくよ」という軽い気持ちではないのです。

真面目に受け止めるというニュアンス

何かの疑問や問題が発生した時には、当然何らかの対策が取られたはずです。

ある新入社員がたびたび遅刻するのです。

「あいつはよく遅刻する奴だ」という評判が立ってしまった時に、みんなからは「寝過ごさないように、目覚まし時計は枕元に2つぐらい置いておけ」などと注意されます。

それでも、目覚まし時計の時間をセットするのを間違えたとか、電池が切れていたとか言い訳ばかりなのです。

そこに登場したのが、誰もが恐れている大先輩です。

部下からあいつは遅刻常習犯だと聞くと呼びつけて「おまえは誰に飯を食わせてもらっているか分かっているのか!起きるのが嫌なら明日から来なくていいわ、代わりはいくらでもいる」と大声で一喝したのです。

これにはさすがにビビってしまい、小さな声で「真摯に受け止めます」と返答すると、「もっと大きな声で言え!」とまた一喝。

「真面目に出社しろよ!」と告げて部屋を出て行ったのです。