私たちは色々な言葉というものを使いながら人との会話をしなくてはいけませんが、意味のわからないものであったりと難しい日本語というものがたくさんあると感じたことはないでしょうか?

意味を知っているようでもあり不安な言葉ってたくさんありますよね?

その中の一つに老婆心という言葉も含まれています。

これは人に対する気遣いなどに使われる言葉となっていますが初めて聞いたことのある人もいるかもしれませんよね?

今ではそれほど多く使われることが少なくなった言葉でもありますし普段の生活にもあまり出てこないかもしれません。

ただし、それは学生までの話であって社会人となってからでは通用しない場合も出てきます。

このような言葉を使う年代の方たちとも今後は会話をしなくてはいけませんしこういった言葉の意味や使い方などを知っておくことはとても大事なことになります。

昔から使われている言葉というものは色々な便利な意味あいを持っていることが多く会話の中の表現力を高めてくれる効果も出てきますが、使い方を間違えてしまえば意味はなくなってしまい自分の価値や評価を落としてしまうだけのものになります。

社会人となれば仕事はもちろんですが取引先の相手との会話・自分の上司との会話など色々な年上の人と接していかなければいけませんよね?

そういった状況になった時、自分の知らない言葉が出てきた場合にどう対処していけば良いでしょうか?

素直に聞くことも大切ですが自分で調べていく姿勢というものも大事ですよね?

今まで使ってこなかった言葉というものは自分が想像していたよりも多くのものが出てくると予想されますがそれを一つ一つ人に聞いていくようでは自分の信用を得ることは難しくなっていきます。

社会人とは日々の努力の積み重ねが大事なことであり聞くということは最終手段でもあり、自分で調べるということが重要なのです。

そこで今回のテーマですが老婆心という言葉の意味などについて見ていきたいと思います。

若い世代であれば聞いたことがない人もいるかもしれませんし、言葉は知っていたとしても使い方がわからない・意味がわからないという人がたくさんいるのではないでしょうか?

この言葉も社会人になれば使う機会も出てきますし覚えておくことは決して無駄な知識とはなりません。

むしろこういった言葉を知っておくことによって自分の評価が上がる可能性もあるのです。

年功序列というような社会ですから昔の言葉を多用する方もいますし、そういった人との会話を合わせていくためには老婆心などの言葉も自分の知識にしておくことが大切になってきます。

まずはこの老婆心についてですが、どういった意味を持っているのかを見ていきましょう。

老婆心の意味は?

まずは文字だけを見てみると老いた女性のようなイメージを持ってしまいますよね?

老婆の心と書いて「ろうばしん」と読みますがこれは女性に限った言葉の意味ではありません。

この言葉の元となるのものが仏教になり、元々の言葉は「老婆親切」という教えからきているものになります。

この意味をわかりやすく言うと「お婆さんのような愛のある親切をしていきなさい」という意味を持っています。

お婆さんのイメージで一番強いものがニコニコとしていて誰にでも親切な印象ですが皆さんの場合はどうでしょうか?

また、お婆さんは自分の身内などではなくとも他人に対しても親切な接し方をしますよね?

こういった行動自体を見習うべきであり、それは自分の事にも繋がるということから老婆親切という教えが生まれたとされています。

そして老婆心の意味ですが、現代の解釈では度を越した自分の気遣いや考えという事で使われることが多くなります。

あちこちと気遣うことの多いお婆さんの例えを言っているものでもあり簡単に言ってしまうと「お節介」という意味で覚えておいてもよいかと思います。

またこの言葉ですが自分がへりくだった言い方になっているのですが、それに対しての反論は認めないというような言葉でもあり多くの場合は年配者が使う言葉となっています。

それではこの老婆心ですがもう少し詳しく見ていくことにします。

まずは気遣いということではこういった意味をもつことになっています。

度を越した気遣い


度を越しているという言葉は今でもよく耳にする機会がありますが、これは必要以上という意味を持っていますので、度を超した気遣いというものは、あれこれと必要以上な気遣いをする様子などを表すことになります。

例えば自分が会社の上司の場合で考えていくと新入社員が間違ったことをしていたとしまう。

こういった事を正す時に「老婆心ながら一言アドバイスしてもいいかな?」などの使い方があります。

本来であれば新人の教育は先輩社員の役目でもあり上司である人間が行うべきではありません。

ですが、あまりにも目に余るような行動を新人社員がしていた場合などは口にも出して言いたくなりますよね?

そのような時は本来であれば度と越した気遣いなのですが会社の為にも教える必要が出てきます。

このように男性などがこの言葉を使っても全く問題はありませんので女性しか使えないと思っていた方は確認するようにして下さい。

また、もっとわかりやすく言えばこういったことでも表すことが出来ます。

必要以上に世話を焼こうとする気持ち

どの職場やグループの中でも必要以上に世話を焼こうとする人はいますよね?

グループの年長者などは新人の面倒をよく見たりと色々と世話を焼いてくれることになります。

老婆心という言葉の意味もこれと同じとして捉えるようにして下さい。

本来であれば必要ではないかもしれないが、あえて世話を焼くという行為が老婆心となっています。

それではこの老婆心ですが色々と使い方にも注意すべき点が出てきます。

男性でも使えますし誰でもこの言葉を活用することは出来ますが、使う相手であったり知らなければいけない事も出てきますので今後の参考にして下さい。

老婆心の使い方

まず始めに、老婆心という言葉の意味をお伝えしたことからわかるようにこの言葉の使い方は年上が年下へ向けて言う言葉になります。

この事を知らずに使ってしまうと自分の評価を落とすことになってきますので十分に注意するようにして下さい。

目上の人に使うのは失礼

老婆心という言葉は年上の人から年下の人へ向ける言葉として理解するようにして下さい。

したがって目上の人に使うことは大変に失礼にあたり、自分の評価を下げることになっていきます。

老婆心ながらなどと、色々と意見するような機会があった場合であっても自分の立場よりも上の人間であったり年上の人に向けての言葉ではないということに注意して下さい。

言葉の使い方ですが、その人の勤勉さというものを表していきます。

老婆心など今ではあまり聞くことのないような言葉を正しく理解しているかだけで、その人に対する評価というものが決まってしまうことがあると考えてもよいくらいです。

これは、色々な言葉を使う中でいかに自分の発するものが正しいのかを見極めるものとしても効果があるということになります。

言葉を正しく使えるという事はある意味では仕事を任せられることにもなり、自分を大きく成長させることにもなっていきます。

このことを怠慢にしてしまえばいつか痛い目を見るかもしれませんし、自分の成長というものも望めません。

今の自分よりも幸福を願うようであれば、言葉の勉強というものはいつの年齢になっても必要になるのです。

それでは、年上や目上の人に老婆心という言葉が使えないとすればどういった言葉を使用すればよいのかをご説明します。

目上の人には僭越を使う

皆さんもテレビなどで時代劇などを見る機会があると思いますが、家臣が殿様に向ける言葉で「僭越ながら」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

これは主に自分の意見を聞いてもらう時に使われる言葉となってきますが、目上の人に対する言葉としては適切なものとなります。

この僭越という言葉の意味ですが、自分の立場がありそれよりも上の立場の人へ向けて出過ぎたことをするというような意味も持っています。

家臣たるものは殿様の言うことは絶対のはずですが、その立場を超えて意見を言うのですから完全に出過ぎた行為になりますよね?

そういったことから目上の人へ意見をする場合に使用する言葉は「老婆心」ではなく「僭越」ということになりますので、このあたりの使いわけというものを忘れないようにして下さい。

こういった小さなことでも間違った言葉を向けられた人は不快に思うかもしれませんし、それがどのような大きな問題に発展するとも限りません。

正しい言葉の意味を知ることは自分の身を守ることでもあり、その上で正しい使い方というものも学んでいく事が大事なのだと理解するようにして下さい。

そして、老婆心にしろ僭越にしろこのような言葉に対しては次の事に注意するようにして下さい。

使い過ぎると嫌われる


この老婆心や僭越という言葉についてですが、二つとも誰かに意見をいう場合に使うことになりますのであまり多用するということは避けた方が良いと言えます。

どういった立場から使うとしてもこの言葉を使いすぎれば嫌われる原因となってしまいますし、自分が上司へ向けていうこともあまり良い結果にはなってきません。

また、老婆心を後輩などへ使う場合でも同じように嫌われます。

この言葉自体が意見と共に威圧的な意味も含まれていますので自分がアドバイスした通りにするようにといった言葉の意味にもなってしまうのです。

これではアドバイスではなくへりくだった言い方ではありますが命令のようなものになりますので、老婆心の言葉を使う場合には特に注意が必要となってきます。

このような言葉に含まれている意味をわからないままに多用することは自分の信頼も失ってしまいますし使い方を間違えてば誰からも支持されなくなるということを忘れないようにして下さい。

それでは次に老婆心という言葉は実際にどのように使っていけばいいのかについて見ていきまそう。

簡単な例文を挙げてみますので今後の参考にして下さいね。

老婆心の用法・例文

ここまで老婆心の意味などについてお話しをしてきましたが、この言葉を正しく使いこなすにはきちんとした用法などもわかっていなければいけません。

自分がこの言葉を覚えたからといっても正しく理解していなければ使っている意味もありませんし、相手にも自分の気持ちなどが伝わりません。

ここでは老婆心はこういった使い方をするということを見ることで自分が使う立場などになった場合の参考にしていただければと思います。

老婆心ながら~~

まずは一般的によく聞くパターンになりますが、老婆心ながら〇〇という言い方をする場合の例文になります。

「これは老婆心ながらいう事だけど、あの人は本当に口うるさくて確認することが大好きな人だからきちんとメモを取るようにした方がいいよ」

自分が先輩の場合に後輩へ向ける言葉となりますが、どういった人でもクセというものがありますよね?

会話をしていて前のことを確認する意味で問いかけてくるという人もいて、そういった場合にメモを取っていなければ即答が出来ません。

このような面倒な相手の情報を教えてあげることで後輩への気遣いが伺えるわけです。

後輩としても一人で接することが初めてであればどういった情報もありがたいことになりますし、その後のお互いの関係というものも良好になってきますよね?

老婆心という言葉の使い道というのはどういった場合でも相手の役に立つような事でなければ意味はありませんし、言い方によっては命令のようにとられてしまいます。

そこで大事になるのが理由となってきます。

この場合には「確認することが大好きだから」という理由もきちんと述べた上での忠告になりますので聞かされた相手も納得するのです。

この例文でも理由をなくしてしまうとこのような形になってきます。

「これは老婆心ながらいう事だけど、あの人の言うことはきちんとメモを取るようにした方がいいよ」

これですと何となく理由は知らなくても良いからメモを取れといった風にも感じることができますよね?

人の受け取り方というものはそれぞれ違ってきますから、素直に聞く場合もあれば命令のように聞こえる場合も出てくるのです。

それを回避するために必要となるのが「理由」になります。

このことをきちんと相手に伝えれば「こういった事になるのだからこうした方がいい」という風に柔らかな感じに伝えることが出来るのです。

老婆心という言葉を無理に使う必要はありませんが、自分で使っていくような事があれば相手には理由も説明するようにして下さい。

こういった言葉を使う場合にはあくまでもアドバイス的なことを伝えるということが大切であり、やらせるという内容にしないことが大切になってきます。

強く言いすぎてしまえば相手への気遣いとは受け取ってもらえませんし嫌われる原因にもなってきます。

それでは次の例文に移っていきますのでこちらの内容も確認するようにして下さい。

これは老婆心からなんだけれど~~

先ほどは相手に対してきちんと理由も述べるということをお話ししましたので、今回もそのような形での例文を挙げることにします。

「これは老婆心からなんだけれど、発注する時はこの商品を余計に注文しておかないと週末が乗り切れないから多めに頼んでおくようにしてね」

これは新人が発注する際に向ける注意点ですが、前回同様にきちんとした理由を述べていることがわかります。

週末が乗り切れないという点を言うことによって相手の理解も得ることが出来ますし新人も一つ勉強することになりますよね。

老婆心の言葉を使って後輩などに意見を言う場合はこういった文になるような言い方をすればお互いが気持ちよく理解し合えることになってきますので実行するようにして下さい。

老婆心の言葉を使う場合には上記の二つの言い方を覚えていれば特に問題は出てきませんのでこれらから自分なりの言い方なりを考えてみるようにして下さい。

それでは老婆心と同じような意味をもつ言葉を覚えていれば後輩などにも言いやすいですしお互いのコミュニケーションでも役に立ってきますよね?

次は老婆心の同義語についても見ていきたいと思います。

老婆心の同義語

老婆心という言葉はあまり使いたくないという方もいますよね?

なるべくなら誰にでもわかるような言葉を選びたいという気持ちも当然出てきます。

後輩などに意見をする場合でもこういった気持ちは大切になってきます。

相手のことを考えた上でのアドバイスとなるのですから全ての言葉がきちんと伝わってこそ納得できるというものです。

それでは老婆心という言葉以外では代用することは出来ないのであろうか?と考えた場合、同じような意味を含む同義語というものにも注目していきたいと思います。

これらの言葉であれば老婆心よりは使われている頻度も高いですし聞いた相手も何を言っているのかがわかってします。

こういった意思疎通を大事にしていくことはお互いの為にもなりますし、信頼関係の構築にも作用してきますので自分なりの代用できる言葉というのも決めておけば何かの際には非常に役に立ってくるでしょう。

まず一つ目になりますが、老婆心の意味そのものを直接に言ってみるのもいいのではないでしょうか?

お節介ながら

老婆心の意味的なものは必要以上の世話を焼くなどの意味あいがありますので「お節介」という言葉は非常にわかりやすい言葉となってきます。

語尾の部分を「お節介だとは思うけど」など、自分なりのニュアンスに変えていけば相手も聞きやすくなりますよね?

老婆心という言葉は若者にとっては少し堅苦しいイメージもありますし、わかりやすい言葉で教えてあげるという事も大変に喜ばれます。

このことを行わずに意見を続けていけば聞くほうも嫌気がさしてしまい、せっかくのアドバイスも意味のないものへと変わってしまいます。

お節介という言葉は相手の気持ちに直接響く良い言葉でもあり、最初から自分の立場を弱くする効果も出てきます。

これが老婆心ながらという相手にもわかりずらい言葉を使ってしまうと言われた相手もどういった事を言っているのかがわからずに本気で聞こうとは思わない場合も出てくるのです。

新入社員など社会へ出て間もない人達にアドバイス的なものを言うのであれば、難しいことばよりもこういった優しい言葉に言い換えるという事も大事なことになってきますので参考にして下さい。

このような言い換えの言葉はいくつあっても困ることはありませんよね?

お節介のようにわかりやすい言葉を集めてみましたので今後に活用して頂くと幸いです。

口をはさむが

口をはさむという言葉も誰が聞いてもわかる言葉になり、フレンドリー的な言い方にも代えられます。

例えば「ちょっと口をはさんじゃうけどこうした場合は」など相手に伝わりやすい文にする事が出来ます。

どういった言い方でも良いのですし相手に伝わる文を考えるのも比較的楽になってきますよね?

老婆心ですと思いつかないような事であっても日頃から馴染みのある言葉に変わると文章も次々と思い浮かんでくるものです。

また、新人などがミスをした場合などは相手にもその事がやんわりと伝わるように次のような言葉を選んで下さい。

駄目だしするけど

駄目だしという言葉はテレビなどでも使っていますし誰が聞いてもある程度の人は理解できる言葉ですよね?

新人などがミスをしてその事を正そうとした場合でも「駄目だし」という言葉を用いれば自分が何かしらの失敗をしたと気づくことにも繋がってきます。

その上でアドバイスをしてあげればミスの原因や解決法がいっぺんにわかりますので非常に喜ばれる結果になり、自分への信頼も得られることになってきます。

仕事などで上司に何か言われた場合でも難しい言葉を並べられるよりもわかりやすく説明してもらったほうがいいと感じたことはないでしょうか?

どういったミスをしたのかを回りくどく言われても何が原因なのかは理解出来ませんし改善にも繋がっていきません。

そういった事を繰り返していても双方にメリットは生まれないのです。

それであればわかりやすい言葉できちんと説明をして相手の理解も得た方が時間の無駄にもなりませんよね?

次の言葉も同じような意味でもありそれほど出しゃばらない言葉として使ってみて下さい。

余計なお世話

この言葉は普段から色々と使われていますので知らない人はほとんどいないのではないでしょうか?

「余計なお世話かもしれなけど」などと言われれば後輩や新人も素直に聞いてくれますし、心配してくれているということを感じ取れる結果になります。

相手に対して注意を促したりする場合には自分が一歩下がった地点からの発言はかなりの効果を持ってきます。

この場合でもそうですが、相手の事も考えた上で自分のアドバイスを話すことになりますので言われた方もそれほど嫌な思いはしません。

むしろ自分のことを思ってくれたことに感謝されるかもしれませんし色々と嬉しいことへと変わっていきます。

そして、同義語では最後の言葉となりますがこの言葉が一番相手にとっては良い効果をもたらすものかもしれません。

心配だから言わせてもらうが

心配という言葉を言われて嫌な思いをする人はいませんよね?

相手は自分のことを思っていてくれていることが「心配」という言葉だけで伝わってきますしとても良い言葉でもあります。

意見をいう時は最終的に相手にきちんと理解をしてもらわなければアドバイスをした方もされた方も誰も得はしないということを理解しておいて下さい。

自分が言ったからそこで終わりになるのではなく、次の行動に結果を残してこそアドバイスした意味が出てくるのです。

そういったことを考えれば自分の言った言葉が相手に受け入れられなければ全く意味がないですよね?

新人に対して色々なことを言ったとしても相手が実行をしなければ言葉を言うことさえ無駄になってしまうのです。

老婆心という言葉が理解出来そうにない場合にはこのような同義語なども用いて説明をするのも一つの手となりますし、相手にも理解しやすい言葉としておすすめになります。

それでは目上の人に意見を言う場合の同義語としておすすめのものを紹介します。

出過ぎたこと・真似

目上の人に意見を言う時には「僭越ながら」という言葉と使っていきますが、こちらも少し堅苦しいといったイメージがありますよね?

実際の現場ではこのような言葉はあまり聞かれませんし現代風の言葉に直すとすればどういった言葉が出てくるでしょう?

まずは「出過ぎたこと」「出過ぎた真似」の二つは非常に使われる言葉となります。

二つともほとんどの方が聞いたことがあると思いますし、自分でも使ったことがある人もいるかもしれません。

上司に限らず取引先の相手などに意見などを言う場合にはこの言葉が非常に便利でもあり使いやすいのではないでしょうか?

他にも「お言葉ですが」などがありますが、これは少し控えたい言葉にも感じます。

この場合は何かを言われたことに対しての反論ともとれてしまうので相手には良いイメージはつかないことが多く、自分にとっても良い結果とならない場合があります。

そうしたことから考えていくと目上や年上などに意見をいう場合には「出過ぎたこと」という言葉を応用しながら使っていくことが一番なのではと考えます。

同義語だから何を使っても良いというものではなく、相手の受け取り方ということを考えていくと一番ふさわしい言葉も見つけられますので僭越や老婆心以外の言葉で何かを見つけるときには、相手の気持ちに立った選択というのも大切になります。

また、僭越に変わる言葉としてこちらもおすすめとなってきます。

失礼を承知の上で

こちらは主に会社の上司などへ意見をする場合に使える言葉となってきます。

自分の部下にこのような言葉で何かを意見されたとすれば上司も一応は聞くしかありません。

部下の意思というものが伝わりますし、本気度の表れというものも相手には伝わります。

上司へ向けた言葉選びは何かしら面倒な部分もあり、第一にやる気などへ繋がる言葉を選んでいくことが大事です。

意見をいう時にも自分のやる気を感じてもらいたいのであれば「失礼を承知の上で」などを選ぶことが大事ですし相手にも伝わりやすい言葉となります。

また、この言葉は取引先の相手を説得する言葉としても優秀になってきます。

ここでもまた自分の意思を率直に述べようという気持ちが感じられますので相手も聞いてくれることへなってきます。

目上の人へ意見を言う場合は最終的に受け入れてもらえるかという事はわかりませんよね?

そうであれば自分のやる気などを直接に伝わる言葉を選んだ方が良い結果となることが多いですので、僭越に変わる同義語としてはこういった言葉を使うようにして下さい。

正しい使い方、出来ていましたか?

今回は老婆心という言葉について色々と意味などをお話ししてきましたが、皆さんは正しい使い方をしていたでしょうか?

何となく聞いたことがある言葉だから使っていた人や初めて聞いたという人もいるかもしれません。

仕事をしていると何かしら人に対しての意見をいう場面が出てきてしまいます。

それは自分の後輩であったり上司や目上の人であったりと色々になり、その都度言葉を使いわけていく必要が出てきます。

もしも、意味がわからない状態でも上司に老婆心ながらなどと言ってしまえば、その瞬間から信用というものをなくしてしまいますし自分の立場的なものにも影響します。

また、後輩に言う場合でも言葉が通じなければせっかくのアドバイスも無駄となり良い結果にはなってきません。

言葉を使いこなすことは私たちが考えるよりも難しい事でもあり、大事になってくるのはそれらの言葉の意味をきちんと理解した上で活用していくことになります。

社会人になると仕事で必要となる言葉というものがたくさん出てきてどれを使っていったらよいのか迷ってしまう時もありますよね?

また、自分が聞いたことのない言葉ですと間違った意味で覚えているという時も出てきます。

今回の老婆心にしてもそうですが、自分の先輩がこの言葉を自分へのアドバイス的なもので使っていたから、誰かに意見を言う時には老婆心という言葉を使えばいい!と思ってしまったら完全に間違った知識になってしまいます。

さらに間違った知識のままで上司に意見を言ったらちょっと大変な事態にもなりかねませんよね?

自分の将来的なものにも影響が出てきますし自分の先輩にも迷惑が掛かるかもしれません。

その為に必要になるのが勉強であり言葉の意味を調べるということになります。

老婆心という言葉を調べていけばどういった人に対しての意見かというものが理解できますよね?

一度覚えてしまえば使い道もわかってきますし、目上の人へ使おうなどとは考えません。

今まで老婆心を間違って覚えていた人はその知識を修正すると共に同義語についても考えてみて下さい。

老婆心は良い言葉でもありますが、他にも探せば良い言葉というものは見つかってきます。

意見を言う相手の年齢やキャリアなどを考えていけば自ずとピッタリの言葉というものが見つかりますし、それを言ったことによってお互いの中も良好となってきます。

今までは言葉の意味に興味がなかったとしてもこれからは勉強してみてはいかがでしょう?

色々な言い回しを覚えることは大変ではありますが、結果として自分を助けてくれるようにもなりあなたの将来を明るくしてくれるものにもなってきます。