ビジネスの場面などでよく耳にする機会のある「精進」という言葉。

その言葉の正しい意味や使い方をあなたはきちんと理解出来ていますか?

うっかり間違った使い方をしてしまうと、場合によっては大変な恥をかいてしまうかもしれません。

社会人であれば誰でも常識としてマスターしておきたい「精進」の正しい意味や使い方について、細かくご紹介していきます。

当たり前に使っているけれど、実は意味や使い方があやふやだという人は、ぜひこの機会に改めて「精進」について再確認しておきましょう!

「精進します」は合っている?使い方や意味は?

あなたは日頃、「精進します」という言葉を使うことがありますか?この言葉は主にビジネスの場面で用いられることが多いです。

そのため、会社の取引先や上司などに対して、「精進します」という言葉を使う機会があるかもしれません。

こうした敬語は、学生の頃に何度も使う練習をしたわけではないのに、気付けばいつの間にか自分でも使うようになっていたという人は少なくないでしょう。

周りの人たちが使っているのを耳にして、「そうか、こういう場面ではこう言うのだな」と学んで自らも使うようになったという人は多いです。

しかし、そうした人の場合、「精進」という言葉を何となくのニュアンスとして使っていることが多いため、改めて言葉の本来の意味や、正しい使い方についてわざわざ学ぼうとすることはあまりありません。

私たち日本人は、時にそうして日本語を曖昧なニュアンスとして用いていることがあるのです。

もちろんニュアンスが近ければ、普段は細かい意味や使い方の指摘を人から指摘されることはそうありません。

しかし、何かの拍子で言葉の本来の意味を聞かれたり、その場に相応しくない使い方をしてしまったりした時には、思わぬ恥をかいてしまうことがあるかもしれません。

若い内であればまだしも、いい大人、社会人になってからその間違いを人から指摘されることがあると、「教養がない」と言われているかのようで、とても恥ずかしく、嫌な思いをしてしまいますよね。

そんな不必要な恥をかかないためにも、「精進」の正しい意味や使い方を学んでおいた方が良いでしょう。

「精進」とは?

「精進」という言葉は、あちこちで耳にする機会があります。

ビジネスなどで「精進致します」という言葉を使う機会もありますが、それ以外にもこの言葉を聞くことは少なくないでしょう。

例えば「精進料理」や「精進落とし」「精進明け」といった言葉を聞いたことがありますか?少なくとも、親族や身内の葬儀に参列したことのある人なら、一度は耳にしたことがあるでしょう。

「精進」という言葉は、ビジネスのような場面以外では、宗教的な場面で耳にすることが多いです。

それも仏教に関する話や場面においてよく用いられます。

そうなると、「精進」という言葉自体が、元々は仏語であることが分かりますよね。

では、その具体的な意味についてご紹介していきます。

辞書的な意味


「精進」は元々、大乗仏教における用語で、求道者が修行のためにするひたむきな努力のことを指しています。

このことから、精進は「ひたすら努力すること」といった意味があります。

また、「雑念を払い、仏道修行に専念すること」「一定の期間行いを慎み、身を清めること」「肉食を断って菜食をすること」などの意味も持ちます。

元々仏語ですので、宗教的な意味と、そこから分かりやすく一般的な意味に変化したものとがあります。

私たちが日頃用いることの多い「精進」は、「一生懸命に努力すること」という意味であることが多いです。

また、葬祭の時には仏語としての意味で用いるのが一般的です。

同義語

「精進」の同義語はたくさんあります。

「熱中する」「本気になる」「全力をあげる」「必死になる」「熱心になる」「懸命になる」「総力を出す」「力を入れる」「身を入れる」などいくつもありますが、どれも一生懸命に頑張るといった意味合いでは同じです。

「精進」はそれらの同義語の中でもとくに丁寧で、聞きようによっては堅苦しい言葉でもありますので、用いる機会はビジネスやフォーマルの場面であることが多いです。

同じ意味をプライベートの場面や、カジュアルな場面で用いる際には、「精進」と口にすると堅苦しくなってしまいますので、同義語で別の言い方を用いることが多いです。

もし上下関係はあっても、堅苦しい言い回しを好まないような上司に対して毎回のように「精進致します」と言っていると、本人は丁寧に発言しているつもりでも、受け取る側には慇懃無礼に聞こえてしまうこともありますので、場面に合わせて言葉の選択が必要とされます。

対義語

「精進」が「一生懸命に努力すること」という意味を持つのなら、それに対義する言葉もあるでしょう。

明確に定義はされていませんが、精進が一切の甘えを禁じるのだとすれば、人間にとって甘く、安らかな状態を意味する言葉が精進の対義語になると考えられます。

すなわち、「一息」「休息」「怠惰」などの言葉が「精進」の対義語になると考えられます。

また、精進することが、一点に集中して前に突き進んでいる状態だとすれば、「妄想」「錯乱」「呆然」などの、少なくとも目の前のことや目的に集中出来ていないような状態を示す言葉もまた、精進の対義語であると言えるでしょう。

もっと簡単に表現すれば、「頑張っていない」「努力していない」「怠けている」「甘えている」「休んでいる」「寛いでいる」といった言葉も精進の対義語になるでしょう。

「精進」という言葉自体は、対義語とセットで生み出されたわけではありません。

そのためハッキリとした対義語は定義されていませんが、精進の同義語から対義語を探ることは出来ます。

「精進」の意味は色々!

先にもご紹介したように、精進にはさまざまな意味があります。

仏語としての意味や、一般的に用いられる意味までありますが、私たちが普段使う機会の多い意味は一般的な意味としての「精進」でしょう。

しかし、一般的な意味は仏語の意味から変化したものであるため、仏語としての意味も知っておいた上で一般的な意味を理解する方が良いでしょう。

「精進」だけでなく、世の中にたくさんある言葉の多くが、その言葉の中に複数の意味を持っています。

同じ言葉でも別の意味があると知っていれば、場面によって正しく言葉を活用することが出来ます。

「精進」もまたそれと同じように、複数の意味をきちんと理解しておくことで、どんな場面でどんな意味としてその言葉を用いているのかを自分で確実に把握することが出来るでしょう。

「精進」が持つさまざまな意味を具体的に以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

雑念を払い、仏教の修行に励む

仏語としての「精進」本来の意味は、「雑念を払い、仏教の修行に励む」ことです。

キリスト教であれ仏教であれ、その道を極めようと思ったら、大変な努力が必要とされます。

一切の甘えや妥協は許されず、限界まで己の心身を削り、磨くことによって神様へ近づくことが出来るのです。

剃髪や出家(現在では肉親と縁を切ることはありません)、早寝早起き、粗食、質素倹約、作務(清掃)はもちろんのこと、宗派によっては滝行や川行などの水行、山岳修行、瞑想やお百度参り、お遍路、断食、托鉢などの厳しい修行も行います。

仏教の修行は自らの肉体や精神を極限にまで鍛え上げることで、ようやく悟りの境地に至れるとされています。

煩悩が全てなくなり、ある意味人間らしさを失った状態になることで、御仏の元へ至れるというのです。

仏教では、毎日の何気ない生活が全て修行と考えられています。

どんな時でも、何をする時でも常に雑念や煩悩を振り払いながら生活していく必要があります。

そこには甘えや怠惰は一切不要とされ、それらの雑念を払うために一生懸命に修行に励むことが、本来の「精進」なのです。

一定の期間、身を清め、行いを慎む

仏教では日々の生活も全て修行と考えられています。

そのためどんな時でも雑念を振り払い、一心に集中して励むことが求められています。

しかしそれ以外にも、一定期間身を清めて、行いを慎む行動もまた、「精進」だとされています。

例えば神社で祭儀がある際には、祭儀を行う神主や巫女たちは禊(みそぎ)を行います。

現在では祭儀の前にのみ身を清める形が多いですが、ひと昔前までは、祭儀の時期が近くなると、祭儀を行う者たちは予め禊をするために周りからは隔離され、一人ひっそりと祭儀に向けて祝詞を唱えたり身を清めたりしていました。

そうして一定期間、穢れや煩悩から離れて行いを慎み、身を清めてから祭儀を行っていたのです。

神様とは神聖な存在ですので、神様をお祭りする際にはそれだけ神主や巫女たちも穢れを払い、清らかな状態で祭りを執り行う必要があったのです。

仏教の修行でも、時々修行僧が一人で山籠もりをして、一定期間行いを慎み、身を清め、ひたすらに修行に励むことがあります。

俗世間から離れて一人集中して瞑想を行うことで、神経をより研ぎ澄ませ、御仏の言葉を聞こうと懸命に耳を傾けるのです。

そうした修行を何度も繰り返している内に、次第に俗世間の煩悩からは離れていくことが出来るとされています。

このように、一定期間身を清め、行いを慎むこともまた、「精進」なのです。

肉食を断つ


「精進料理」という言葉を聞いたことがある人や、また実際に食べたことがある人もいるでしょう。

「精進」には「肉食を断つ」という意味もありますので、精進料理は「肉類の入っていない料理」のことを指します。

肉食とは生きとし生ける獣を殺し、その肉を食べることであるため、仏教で禁止されている殺生をしない教えに反する行為です。

そのため、仏教を学ぶ修行僧は、皆食事は精進料理を食べています。

精進料理は粗食であり、食事量も少なく、おかずも限られています。

動物性由来のものは一切摂らないため、精進料理を食べることで穢れを払うという意味もあります。

葬儀の際に精進料理を食べるのも、死の穢れを払う行為だとされています。

現在は葬儀の際の精進料理も、名前だけで実際には肉類が入っていることも少なくはありません。

しかし、仏教の教えが厳格なところや昔からのやり方をそのまま引き継いでいるところでは、精進料理には一切動物性のものは入ってはいないです。

集中して1つのことに努力する

これまでに挙げてきた「精進」の意味は、あくまでも仏教の教えとしてのものばかりでした。

しかし「集中して1つのことに努力する」という意味は、一般的にもよく使われています。

仏教の道を極めるには、その1つにのみ集中して、他のことに関する雑念や煩悩は一切振り払わなければなりません。

そうした集中力を高めて懸命に努力するという部分だけに注目した意味として、「精進」という言葉が用いられることは少なくはありません。

「精進」という言葉は、言葉の響きからも堅苦しく、重々しいイメージを連想させます。

そのため、日常会話の中で使われることはあまりないでしょう。

どちらかと言えば、ビジネスの場や、フォーマルな場といった、やや畏まった場面において用いられることが多いです。

「一生懸命に努力する」という自分の決意の表れを、難しい言葉で表現する際に「精進致します」と使うことがほとんどです。

もちろん「一生懸命に努力致します」という言葉の表現でも間違いではありません。

しかし、フォーマルな場面では、「精進致します」という畏まった言い方の方が、よりその場に相応しい言葉使いだと言えるでしょう。

「精進致します」という言葉は、単に努力するという意味だけでなく、言葉の響きを通してさらに相手にこちらの誠意を伝えることも出来るのです。

「精進」の使い方

「精進」は、ビジネスの場やフォーマルな場で使うことの多い言葉だということはすでにご紹介しました。

では、そのような中でも、どんな場面やどんなタイミングで使うのが望ましいのでしょうか?

せっかく精進の正しい意味を理解しても、その使い方を分かっていなければ、自分では上手く言葉を使ったつもりであっても実際には場違いになってしまったり、恥をかいてしまったりすることがあります。

「上手に言葉を活用出来ているつもり」の話し方ほど危うく、そして恥ずかしいものはありませんので、精進の意味を理解した次は、正しい言葉の使い方についても学んでおきましょう。

「精進」は、一言でいえば「一生懸命に努力する」という意味の言葉です。

そのため、言葉を使うのに特別な制限はなく、自由に用いることが出来ます。

例えば謝罪をする時でも、またお礼を言う時でも、どのような場面でも活用することが可能です。

後は二重敬語になったり、文法がおかしくなったりしないように注意して使うようにしましょう。

また、「精進」は元々丁寧語ですので、タメ口と合わせて使うことはまずありませんし、もし合わせれば違和感を覚えてしまいますので、必ず敬語や丁寧語を話す際に使いましょう。

社内外用の謝罪のメール

これまでにご紹介したように、「精進」は主にビジネスやフォールの場において使うことの多い言葉です。

それを直接言葉にして相手に伝えても良いですし、メールや手紙にして伝えても良いでしょう。

例えば仕事でミスをしてしまい、取引先の会社に迷惑をかけてしまったとします。

もちろんまずは直接会うなり電話をするなりして謝罪をしますが、事が落ち着いてから改めてメールにて謝罪をすることになりました。

このような場合には、「この度は大変なご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。今後はこのようなことがないように、日々精進してまいりますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。」といった内容の謝罪メールを送ることが多いです。

謝罪で「精進」という言葉を用いる際には、まず相手に迷惑をかけてしまったことを謝罪し、その上で自分の決意を新たにするという意味で「精進致します」という言葉を用いると、相手には「ちゃんと反省しているのだな」と誠意が伝わりやすいでしょう。

また、「精進致します」と伝えたからには、今後は同じミスは絶対に起こさないように細心の注意を払わなければなりません。

きちんと謝罪をし、その上で「精進する」と宣言したにも関わらず、また同じようなミスを繰り返していると、取引先の会社も「口だけか」と呆れてしまいます。

これ以上取引先を失望させないように、迷惑をかけてしまった分も宣言通り精進していかなければなりません。

その決意をしてから「精進致します」という表現をするようにしましょう。

上辺だけの謝罪と決意は、いずれ相手にバレてしまうでしょう。

社外用あてのお礼のシーンで

日頃自分の会社と取引関係にある会社や、お世話になっている会社に対してお礼の言葉を述べる機会があると思います。

例えば取引関係のある会社同士での飲み会や打ち合わせなどで、日々の感謝を伝えつつ、さらに今後も頑張っていく旨を相手に伝えることがあるでしょう。

その際には、「いつも○○社の皆様には大変お世話になっており、心より感謝申し上げます。今後も我々は日々精進を重ねていく次第でありますので、今後ともより良い関係を築いていけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。」といった内容のお礼を伝えることが多いです。

飲み会の席のように、ややフランクな雰囲気になっている時や、会社同士が親しい間柄の場合にはもう少し親しみやすい柔らかな言い回しをすることも多いです。

とはいえ一般的には礼儀を尽くした言葉で伝えることが多く、またメールのような文面で相手に伝える場合には、より丁寧な言い回しで送ることが多いでしょう。

お礼を言われた相手側も、「精進する」と言われて悪い気はしません。

また、一方的に取引先の会社から「頼りにされる」のではなく、向こうも精進してくれるのであれば、お互いに今後も良好な取引関係を結んでいけることでしょう。

年賀状で

年賀状は、さまざまな人に送ります。

親戚や仲の良い友人であれば、そこまで気を遣った内容でメッセージを書く必要はありません。

「あけましておめでとう!今年もよろしくね」や、「今年もよろしくお願いします」といった簡単な挨拶でも十分でしょう。

一方で、会社関係者に対して送る年賀状は、友人に送るようにフランクな内容で書くことは出来ません。

本心はどうであれ、昨年はお世話になりましたというお礼と、今年も良好な関係を続けていきましょうといった内容を丁寧な文章で書く必要があります。

そのため、例えば上司に宛てた年賀状の場合、「明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。今年も一年間、会社に貢献出来るよう精進してまいりますので、何卒ご指導のほどよろしくお願い致します。」といった内容で送ることが多いです。

上司には普段からお世話になることが多いため、昨年お世話になったお礼をした上で、今年一年も自分が努力していくという決意を伝えるのには、「精進」という言葉を使うのがふさわしいでしょう。

また、上司から部下に宛てて返す年賀状の場合には、「今年も互いに精進していこう」といったように、「一緒に頑張っていこう」という励ましの内容になっていると、部下に対する期待や熱意などを伝えることが出来るでしょう。

社内での挨拶で

「精進」は、社内での挨拶として使うことも出来ます。

例えば新入社員が最初に自己紹介をする時に、「○○と申します。これからこの会社で精進を重ね、少しでも会社の売り上げに貢献出来るように精一杯勤めますので、何卒よろしくお願い致します。」と自分の決意を伝えるために「精進」という言葉を用いるのも良いでしょう。

また、上司から激励を受けた際に、それに答える形で「精進してまいります」と自らの決意を告げるのも良いですし、企画のリーダーなどに抜擢された際に、皆の前で一生懸命頑張っていく意思を伝えるために「精進」の言葉を用いても良いでしょう。

「精進」は、例え形式上口に出すだけであったとしても、言葉を使うタイミングが上手だと、周りの人には頼もしく映り、それだけで高評価に繋がる場合もあります。

そのため、もちろん本心から精進するつもりで言葉を使った方が良いですが、人心を掴むために効果的に言葉を用いるテクニックも磨いておくと便利でしょう。

仏道修行に専念する時

仏教の道を極めるために修行に入る際にも、「精進致します」と言葉にして決意を表わすことが多いです。

元々は修行に専念する際によく用いられている言葉ですので、ビジネスやフォーマルの場で用いるよりも、より確固たる決意の表れを感じさせます。

また、仏道を極めて悟りを開くことは中々出来ることではありません。

何十年かかっても、死ぬ間際まで悟りを開けない人もいますので、仏道修行に入った人は、文字通りかかる時間に関係なく、いつまでも「精進し続ける」ことになるのでしょう。

「精進」はどんなイメージ?

あなたは「精進」という言葉に対して、どのようなイメージを持っていますか?

葬儀に参列したことのある人や、仏教の方面に明るい人では、まず仏語としての意味を持つ「精進」をイメージすることでしょう。

しかしそうではなく、ビジネスやフォーマルな場面において用いられる「精進」に対するイメージとは、どのようなものがあるのでしょうか?

一般的にイメージされやすいものを以下にご紹介していきます。

人間関係を円滑にする敬語

「精進」という言葉は、人間関係を円滑にする敬語というイメージを抱く人は多いです。

精進はあくまでも、「自分自身が一生懸命に努力する」という意味を持つ言葉です。

それは自分に対して発している言葉であり、自分に対してのみ厳しさを発揮するものでもあります。

相手に対しては何一つ強要しておらず、また求めているわけでもありません。

そのため、相手からすれば「あなたと今後も良い関係を続けていくために、私は一生懸命に努力しますね」と宣言されていることになりますので、悪い印象を抱くわけはないのです。

そうしたところからも、「精進」という言葉を用いることで、人間関係をより円滑にするといったイメージが強いのです。

丁寧な言い方なので相手に誠実さを伝えられる

「精進」という言葉には、自分が一生懸命に努力するという決意の表れを相手に感じさせる以外にも、畏まった言葉の響きで誠実さを伝えることが出来ます。

同じようなシチュエーションで、同じ人から「一生懸命努力します」と言われるのと、「精進してまいります」と言われるのとでは、どちらの方が誠実さを感じられるでしょうか?

大抵は後者の伝え方の方が、より誠実さを感じられることでしょう。

同じ意味を持っていても、場合によっては畏まった丁寧な言い方をする方が、相手に誠意を伝えやすくなるのです。

何でもかんでも「精進」を使うと軽く見られることも

「精進」は、礼儀正しく誠実な印象を相手に与えます。

しかし、時と場合、そして伝え方によっては、相手から信用を得ることが出来なくなることもあります。

例えば何度も失敗を繰り返しているのに、その度に「精進致します」と言われても、とてもその言葉を信用することは出来ないでしょう。

また、おどおどと落ち着きがなく、また自信がなさそうな表情や声色で「精進します」と言われたところで、「本当に大丈夫なのか・・?」と相手は不安に思ってしまうことでしょう。

「精進」には、強い覚悟や決意の意味が込められていますので、それを相手に伝える際には、堂々とした態度で伝える必要があります。

また一度伝えたのであれば、決して相手を失望させることのないように言葉通り全力で物事に取り組むべきでしょう。

「精進」を別の言い方で表現すると・・・?

「精進」という言葉を使いたくても、場面によってはその言葉がふさわしくないことがあります。

例えば友達や親しい間柄同士で話をしているのなら、堅苦しさを感じさせる「精進」という言葉を口にしても、反対に違和感を覚えさせてしまうでしょう。

また、親戚や知人に対して用いる際にも、もう少しフランクな言い方をした方が適している場合もあります。

プライベートな場面や気軽な場面で用いる際におすすめの、「精進」と同じ意味を持つ言葉をご紹介していきます。

熱中する

「熱中」とは、一つのことに夢中になることを意味します。

例えば読書やゲーム、おしゃべりなど、対象は何でも構いません。

とにかく自分が今集中していることの他には、まったく何も手につかないような状態を「熱中している」と言います。

「精進」は元々、仏教の道を極めようとする人が修行に専念する際に用いていた言葉です。

修行僧にとっては、仏教の道以外はまったく何も見えておらず、それだけにただひたすら突き進んでいくことになります。

これは言い換えれば、仏道に熱中している状態でもあります。

そのため、「一つのことだけに集中する」という意味では、「熱中する」という言葉も、「精進」と似ています。

懸命になる

「懸命」とは、「力の限り努めるさま」や「全力を尽くすさま」という意味があります。

物事に対して持てる限りの全ての力を注いで頑張るという意味ですので、一生懸命に努力するという意味の「精進」とよく似ています。

とはいえ、「懸命になる」という言葉は普段はあまり口にすることはありません。

同じ意味で「頑張る」「努力する」と口に出すことはあっても、「懸命になる」「懸命になります」と自ら口にする機会はそこまでないでしょう。

どちらかと言えば、客観的な意見として、「あの人は懸命になっている」などと口にすることの方が多いでしょう。

努力する

「精進」が元々仏教の道を極めるという目的のために、一生懸命に頑張るという意味ですので、どちらも意味がよく似ている言葉と言えるでしょう。

「精進」という言葉が堅苦しく感じられる場面においては、「努力する」という言葉で言い換えることが出来ます。

精進は正しい使い方で使うのがポイント!

「精進」の本来の意味や、正しい使い方についてご理解頂けたでしょうか?

ビジネスやフォーマルな場面においては、「精進」という畏まった言い方の方がふさわしいことがありますが、一方でプライベートやカジュアルな場面では、似た意味の別の言い回しをすることで、自分の意志や決意を相手に伝えることが出来ます。

どんな言葉でもそうですが、正しい使い方をふさわしい場面やタイミングで使うことが重要です。

正しく言葉を使えば、それだけ周囲からの評価が上がったり、信頼を得やすくなったりすることが出来ます。