CoCoSiA(ココシア)

好き避けはわかりやすい!女性の視線で見分ける方法を解説


みなさんは「好き避け」という行動をご存知ですか?

「好き避け」とは文字通り、恋愛感情の好意を持っているのにも関わらず、好きな相手を避けてしまう事です。

以前まではフレンドリーに接してくれたのに、ある時期を境に妙によそよそしくなったり、自分に対してのみ不自然な態度を取ったりする異性が、みなさんの周りにもいませんか?

もしかしたらそれは、好き避けサインかも!

今回はそんな「好き避け」に注目し、”好き避けサイン7個”や”好き避けの視線の見分け方”、”好き避けをしてしまう理由”に加え、”好き避けをする相手へのアプローチ方法”などをドドーンとご紹介しちゃいます!

これを見れば、好き避けについて詳しく理解する事が出来るはずですよ。

好き避けは視線でわかる?!

「目は口ほどに物を言う」ということわざがある様に、人の気持ちは目顔(めがお:目つきや目の表情の事)によく現れます。

特に恋愛感情を抱いているかを知るには、その人の目を見れば大体分かるでしょう。

人間は誰でも、興味のある物や好きな人が視界に入ると、多くの情報を得ようとして瞳孔が開きます。

すると、瞳孔に入る光の量が増えるので目がキラキラと光り輝くのです。

子供を観察すると分かりやすいのですが、好きなオモチャやお菓子を前にした時に子供の目がキラキラになるのもこれと同じ仕組みですね。

前置きが長くなりましたが、「好き避け」も態度を見るより、相手の視線をチェックした方が好意があるかが分かりやすいと言えます!

あの人の視線をチェック!

「この前までは仲が良かったはずなのに、急に相手の態度がよそよそしくなった…」こんな風にいきなり相手の態度が変わると、避けられた方は「何か相手の気に障る事でもしてしまっただろうか…?」と不安になってしまいますよね?

避けられる原因の心当たりも特にない、かと言って嫌われている感じでもない…だけど何故か避けられる。

それは、相手に「好き避け」されているのかもしれません。

気持ちを隠すのが上手い人相手だと、態度からその人の気持ちを読み取るのは難しいですが、視線は別です。

いくら本人が気持ちを隠していたとしても、好きな人に向ける視線と嫌いな人に向ける視線は全く違います。

という訳で好き避けかどうかを見抜くには、相手の態度よりも視線をチェックするのがポイントなのです!

視線でわかる好き避けサイン7個

「好き避けかは相手の視線から見抜く!」という話をしましたが、どんな視線を好きサインと判断して良いか分からない人もいるでしょう。

何となく目が合っただけで「この人、もしかして自分の事が好きなのかな…?」と勘違いしてしまう人もいるくらいですから、ここは慎重に見抜かなくてはなりません。

仮に好き避けされてると思って自分から「自分も好き!」と告白してみたら、相手はこちらの事を何とも想ってなくて振られてしまった…なんて事になれば恥ずかしいどころの話ではありませんよね?

好き避けかを正確に判断するには、好きな人へ送る(無意識も含め)視線パターンを把握しておく必要があるでしょう。

そこで、”視線で分かる好き避けサイン7個”をご紹介したいと思います!

以下の視線パターンを参考に、相手が好き避けをしてるのか観察してみて下さい。

1.よく目が合う


「最近、あの人とよく目が合うな…」と感じる事はありませんか?

偶然同じタイミングで目が合っている可能性もないとは言い切れませんが、あまりにも頻繁に目が合うと「偶然にしては目が合い過ぎじゃない?」と不思議に思いますよね。

よく目が合うのはズバリ、相手がこちらを見ているからです!

相手がこちらをずっと見ていれば、自分が相手を見た時にお互いに目が合うのは当たり前ですよね?

そして何故こちらをずっと見ているのか?と言えば、単純にこちらの事が気になっているからでしょう。

意識していなくも、好きな人の事は目で追ってしまうものです。

ただし、好意とは別の意味で気になる場合もあります。

例えば、服にゴミが付いていたり頭に変な寝癖が付いていたりすれば、気になって思わずチラチラと見てしまうかもしれません。

また、誰かから自分(こちら)に関する噂を聞いて、「その噂は本当なのか…?」と気になって見ている可能性も捨て切れません。

1日や数日では判断が難しいので長いスパンで観察し、他の視線パターンも考慮しながら見抜くのが良いでしょう。

2.目が合うとすぐにそらす

目が合った瞬間に慌てて視線を逸らすのも、好き避けサインの1つと捉えられる場合があります。

頻繁に目が合うのに不意に視線を逸らされると、こちらは「何かしただろうか?」と不安になってしまうかもしれませんね。

ですがこれは、緊張や恥ずかしさから思わず視線を逸らしてしまったとも考えられます。

誰だって好きな人と目が合えばドキドキするものです。

視線を逸らさずにそのまま見つめ合うのも、片想いをしている側にとってはかなり勇気が要る事でしょう。

(本当は見つめ合っていたいと思いますが…)

ただし、視線をサッと素早く真横に逸らすのは「興味ありません」「怖い!」のサインなのだとか。

逆にゆっくりと真横に逸らした場合は「仲良くなりたい」という気持ちの表れで、斜め上or斜め下にサッと逸らした場合は好意を持っている可能性大です!

視線を逸らした後、相手の顔が赤かったり顔を見られない様にうつむく仕草を見せたりしたら、好き避けサインだと思って良いかもしれませんね。

3.逸らされるというより背けられた感じがする

視線を”逸らされる”というより”背けられた”感じがした場合、あまりにもあからさまな態度に「すごく嫌われてる!?」と勘違いしてしまう事もあるかもしれませんが、実はその逆の可能性もあります。