「すべからく」は「子どもはすべからく勉強するものである」や「大人はすべからく社会の常識を知っているものだ」などと使われることが多いです。

しかし、このような使い方は本来のすべからくの意味とは間違った使い方をしています。

では本来の意味とはどのようなものなのか、あなたは知っていますか?

「すべからく」の正しい意味や使い方、その使いどころなどについてご紹介していきます。

すべからくって何?正しい使い方を学ぼう!

「すべからく」という言葉を使った文章を見聞きしたことはありますか?

新聞や雑誌、小説などを読んでいると、時々その言葉を使った文章を目にすることがあると思います。

例えば「それはすべからくすべての人に訪れるべきチャンスである」や「すべからく勉学を身に付けるべきである」など、ややかしこまった文体で書かれているのを目にしたことがあるという人もいるでしょう。

「すべからく」という言葉の響きからも、堅苦しい印象に思えるかもしれませんが、実際にはそこまでかしこまった言葉ではありません。

そのため、人によっては普段使いとして「すべからく」という言葉を使っている人もいます。

しかし、普段使いをしているのに実際の意味とは異なる使い方をしてしまっている人も少なくはありません。

本来とは誤った使い方をしていると、それを誰かに指摘された時には恥を掻いてしまうかもしれませんし、誤った意味として誰かに伝えてしまうと、そこからさらに間違った認識や使われ方が広がってしまうかもしれません。

また、「すべからく」の意味や使い方自体を知らないと、誰かがその言葉を使った時に意図することを理解出来ずに、誤解が生じてしまうかもしれません。

そのため、本来の意味や正しい使い方について知っておくことは大切なのです。

「すべからく」とは?


「すべからく」とはどのような場面で使われることがあるのでしょうか?

プライベートで世間話のように軽い話題の時には、あまり使うことはないでしょう。

プライベートでも小難しい話をしていたり、真剣にお互いの価値観をぶつけ合って話をしたりする時には、時々使われることはあります。

また、ビジネスシーンではそれなりに使われる頻度が多いですが、シチュエーションによってはビジネスシーンでもまったく使われないこともあります。

要するに、「すべからく」という言葉は幅広い場面で使われています。

何か主義や主張がある時に使うことも少なくはありません。

また、正しい使い方と誤った使い方とで、その言葉が用いられるシチュエーションも変わってきます。

そのため、「すべからく」の本来の意味についてまずは理解しておかなければ、正しい使い方をすることも出来ません。

本来の意味はどのようなものなのか、次にご紹介していきます。

辞書的な意味

「すべからく」は漢字で書くと「須く」となります。

意味は「当然」や「ぜひとも」ですので、当然ある物事についてやるべきだと主張する際や、ぜひともやるべきだと主張する際には用いられることが多いです。

また、「すべからく」を使う時にはその後に「~すべし」という言葉を付けるのが一般的です。

「当然~すべし」「ぜひとも~すべし」といった使い方になりますので、自分が思う意見や主張を堂々と他者に対して告げる際に使われることが多いです。

かなり強気な表現ですので、自分の意見に自信がない人はまず使うことはないでしょう。

また、目下の人から目上の人に向けて使われることもあまりないでしょう。

自分が「絶対にこうだ」「こうであるべきだ」と思うことがある時には、好んで「すべからく」の言い方を使う人も多いです。

同義語

「すべからく」には「当然」や「ぜひとも」などの意味がありますので、同義語もそれに近い言葉が当てはまります。

例えば「必ず」や「為すべき」「当為」などが同義語として挙げられます。

「必ず」には「一つの例外もなく、ある物事が起こるさま」や「常に」「間違いなく、きっと」などの意味があり、ある物事が起こるべくして起こるということの表現でもあります。

そのため「当然」と近い意味があると言えるでしょう。

また、「為すべき」は「あるまとまったものを作り上げること」や「ある行為をすること」といった意味がありますので、やはり似た意味を持っています。

「当為」とは「(存在が)現にあること」や「(自然的必然に対して)まさにあるべきこと」「まさになすべきこと」などの意味がありますので、「当然」と近い意味を持っています。

これらの同義語は、「すべからく」の代わりとして使うことはそこまでないでしょう。

なぜなら、別の言葉に置き換える場合には、本来の意味である「当然」や「ぜひとも」といった言葉で表現することが多いからです。

とはいえ知っておいて損はないため、「すべからく」の同義語として覚えておきましょう。

「すべからく」の間違った認識

「すべからく」は時々使われることのある言葉ですが、実は間違った使われ方をしていることが少なくはありません。

文化庁が平成24年に調べたところ、約4割の人が「すべからく」の意味や使い方を間違っていたことが判明しています。

4割という数字は決して低くはありません。

そのため、あなたの周りでも「すべからく」を誤用している人がいるかもしれません。

また、あなた自身、本来の意味を知るまで誤って認識し、使っていたかもしれませんね。

とはいえ、この機会に誤りに気付いてそれを正すことが出来るのであれば、決して落ち込む必要はないでしょう。

ある意味で、同じように間違って使っている人が少なくないのですから、もしかしたらあなたのこれまでの誤用に誰も気づかなかったかもしれません。

けれどもやはり誤用したままではいずれ恥を掻いてしまうことになりますので、今この時から正しい意味や使い方を身に付けておきましょう。

では、「すべからく」はどのような間違った認識をされているのでしょうか?誤用や何故そのような誤用が起きているのかについてご紹介していきます。

全て

「すべからく」は本来「当然」や「ぜひとも」といった意味がありますが、文化庁によれば約4割の人がその意味を間違って認識しています。

その間違った認識と言うのが「全て」という意味です。

「すべからく」の意味を「全て」だと間違って認識してしまっている人たちが、その意味として言葉を使っているため、本来は「当然~であるべきだ」という使い方を、「全て~であるべきだ」と間違って使ってしまっているのです。

例えば「全ての学生は勉強に励むべきだろう」というところで「すべからく学生は勉強に励むべきだろう」と使っていたり、また「全ての人は平等であるべきだ」というところで「すべからく人は平等であるべきだ」と使っていたりします。

次で詳しく説明しますが、この間違った認識や使われ方は、一見間違いだとはとても気付きにくいです。

そのため間違った認識のままで社会人になってからも「すべからく」を使っている人は実は少なくはないのです。

誤ってしまうのはなぜ?


「すべからく」が本来の意味とは異なり、「全て」という意味で誤用されているのはなぜなのでしょうか?理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、「すべからく」の「すべ」の部分が、「全て」と響きが似ているため意味を間違って認識してしまうことです。

2つ目は、誤用しても意味が通じてしまうため、意味や使い方が間違っていると認識され難いことです。

1つ目の理由は、何となくのイメージが定着してしまっていると言えます。

確かに「すべからく」の「すべ」の部分と、「全て」という言葉は響きが似ていますので、「すべからく=全て」だと勘違いをしてしまうのも無理はないかもしれません。

しかし、本来の意味とは違いますので、例え言葉の響きが似ているからと、間違った意味で認識してしまうのは良くないでしょう。

また、2つ目の理由については、言葉にした時にそれが誤用かどうか判断しにくいという難点が挙げられます。

先に挙げた「すべからく学生は勉強に励むべきだろう」の例から見ると、本来は「当然のように学生は勉強に励むべきだろう」という意味になります。

しかし、誤用の意味である「全ての学生は勉強に励むべきだろう」という文章でも、それ自体は何らおかしくも違和感もない文ですので、一見間違った使い方をしているとは気づきにくいのです。

そのため、「すべからく」の本来の意味を知っている人から見ても、間違った使い方をしている人の文章や言葉が本当に間違っているのかを見極めるのは難しいでしょう。

安倍総理も誤って使用していた

この「すべからく」の誤用は、実は安倍総理大臣も度々間違って使っています。

例えば第三次安倍内閣発足時の記者会見において、安倍総理大臣は次のような発言をしています。

「デフレ脱却、社会保障改革、外交・安全保障の立て直し。

どれも困難な道のりであります。

私は全身全霊を傾けて、戦後以来の大改革を進めています。

すべからく新たな挑戦であります。

当然、賛否は大きく分かれ、激しい抵抗もあります。

」ここで使われている「すべからく」は、本来の意味を当てはめるとおかしな文章になってしまうため、「全て」という誤った認識の使われ方をしていることがうかがえます。

他にも衆・参議院予算委員会の答弁でも「すべからく」の誤用がされており、総理大臣ですらも間違った認識をしていることが分かります。

さらに言えば、安倍総理大臣の会見や答弁を予めチェックしていたであろう官僚や、実際に答弁を聞いていた国会議員でさえも安倍総理大臣の言葉の誤用には一切触れていませんので、安倍総理大臣と同じく「すべからく」という言葉については間違った認識をしていているのではないかということが予想されます。

このように、とても高い地位にある人でさえも誤用してしまうくらいに、「すべからく」は誤用されやすい言葉であると言えるでしょう。

すべからくの類語

「すべからく」の同義語についてはすでにご紹介しましたので、ここからは「すべからく」の類語についてご紹介していきます。

「すべからく」は誤用されやすい上に、かしこまった印象の強い言葉でもあります。

そのため、普段使いをされることは少なく、公式な場やビジネスシーンなど、真面目な場面で使われることの方が多いです。

もし日常生活の中で「すべからく」の意味の言葉を使おうと思ったなら、類語を使うことでその場に合わせた言葉を用いることが出来ます。

類語の種類をいくつも知っておけば、それだけ言葉のバリエーションが豊富になりますので、この機会に「すべからく」の類語についても身に付けておくと良いでしょう。

宜しく

「宜しく」と聞くと、「どうぞ宜しく」や「宜しくお願いします」といった言葉を思い浮かべる人は多いでしょう。

「宜しく」という言葉にはいくつかの意味があり、「ちょうどよい具合に」や「人に好意を示したり何かを頼んだりする際に用いる言葉」という意味の他に、「当然・ぜひとも」という意味もあります。

この意味の場合には「よろしく・・・べし」の形で使われるのが一般的です。

例えば「当然学生は勉学に励むべきだろう」という言葉を、「宜しく学生は勉学に励むべし」という言葉で表すことが出来ます。

「宜しく」の意味としては「すべからく」とまったく同じですが、「すべからく」同様に少々堅苦しい言葉遣いになってしまうのは否めないでしょう。

そのため、あまり普段使いをされることはなく、それ故に「宜しく」の使い方についてもよく知らないという人がいるかもしれません。

知っていても実際に使う機会は滅多にないかもしれませんが、年配の人が時折「すべからく」の類語として用いることがありますので、知っておくと意味を理解しやすいでしょう。

真理としてある

「真理」とは、「いつ何時も変わることのない、正しい物事の筋道や、真実の道理」という意味です。

また、仏語として「真実で永遠不変の理法」という意味もあります。

すなわち真理とは、いつどのような場面、状況においても決して変わることのないものであり、物事の正しい筋道を示すものです。

そのため正しくないものや、状況や時間によって変化するものは真理とはみなされません。

「真理としてある」とは、そのようにいつでも変わることのない、物事の正しい筋道が存在しているという意味でもあります。

一見「すべからく」とは意味がまったく違っているように思えるかもしれません。

しかし、「すべからく」の意味である「当然」とは、当たり前にそうあってしかるべきものを指していますので、それが真理と繋がっている場合もあります。

「宜しく」と同様に、「すべからく」の類語の中でも比較的使う機会は少ないですが、知っておくといざという時に使えるかもしれませんので、こちらも覚えておくと良いでしょう。

明らかな

「明らかな」とは、「はっきりとしていて疑う余地がないさま」や「明白なさま」「道理に通じているさま」などの意味があります。

「すべからく」の意味である「当然」と意味が近しい部分がありますので、場合によっては「すべからく」を「明らかな」という言葉で表現することが出来ます。

例えば「すべからく(当然)大人の方が子どもよりも人生経験が豊富である。」という言葉を、「明らかに大人の方が子どもよりも人生経験が豊富である。」と表現することが出来ます。

この「明らかな」という言葉は日常生活の中でも頻繁に使われており、またその意味や使い方も正しく知っている人がほとんどです。

そのため「すべからく」を使うと誤用と間違えてしまいそうなややこしい場合には、「明らかな」という表現をした方がいい場合もあるでしょう。

とくに不特定多数の前で使う場合や子どもに対して使う際には、「すべからく」という言葉自体を知らないこともありますので、誰にでも分かるような言葉を使う必要がある時には「明らかな」と使うと良いでしょう。

一般的な

「一般的な」という言葉も、「すべからく」の類語として使われることがあります。

「すべからく」の意味である「当然」は、実際にはその場の状況や時代によって、「当然」の内容が変化するものでもあります。

例えばひと昔前までは、男性は仕事をして家事には触らず、女性は専業主婦として家庭を守るのが「当然」だと考えられてきました。

しかしそれは、現代では男性も家事を行い、女性も外に働きに出ているのが「当然」とされる時代になっています。

また、少し前までは調べものをする時には、紙の辞書を用いるのが「当然」のことでしたが、最近ではインターネットで調べるのが「当然」になっている人たちも多いです。

このように、「当然」とは時代の流れに沿って変化するものであり、その時代における一般的な常識や考え方を表わしています。

そのため「すべからく」は場合によって「一般的な」という言葉で言い換えることが出来ます。

「すべからく」という表現をすると、それが世の中で当然のことのように強い主張に感じられます。

しかし、「一般的な」という言い方をすることで、あくまでも世間一般ではといった柔らかい印象に代わりますので、こちらの言い方を用いた方が良い場合も少なくはないでしょう。

無理からぬところ

「無理からぬ」とは、「無理ではない」「道理である」「当然である」などの意味があります。

そのため「無理からぬところ」と言うのは、「道理であるところ」といった意味になるでしょう。

「無理からぬ」と聞くと、「○○なのも無理はないだろう」といった意味で捉える人は多いです。

実際にそうした捉え方でも間違いではありません。

「無理からぬところ」というのは、本来の意味をやや小難しい言い方にしたものです。

例えば「そう考えるのも無理からぬところだろう」という文章であれば、「そう考えるのも無理はないことだろう」や「そう考えるのも当たり前だろう」などと表現をした方が分かりやすいでしょう。

しかし場合によっては、このようにやや小難しい表現をした方が良い時もあります。

あまり普段使いで「無理からぬところだ」と言う人はいないかもしれません。

ビジネスシーンのようにかしこまった場面においては、使われる機会が多い言葉です。

ぜひとも

「ぜひとも」は、「ぜひ」を強めた表現にした言葉です。

「どうしても」や「必ず」「絶対に」などの意味があり、強い意志を感じさせます。

「ぜひとも」は、自分に対して用いるよりも、相手に対して用いることの方が多い言葉です。

例えば誰かに自分が好きな絵画展をおすすめする時に、「○○の絵画展は本当に素晴らしいから、ぜひとも観に行ってみてほしい」と勧めることがあります。

また、それがゲームやマンガ、小説や映画などであっても同じように「ぜひとも」と相手に強く勧めることがあります。

あなた自身、これまでに一度は「ぜひ」や「ぜひとも」という言葉を使った経験があることでしょう。

言葉自体は気軽に使っている人も多いですが、「ぜひとも」という言葉を使うことで、それだけ自分の気持ちに熱意が込められていることになります。

そして、「すべからく」も「ぜひとも」という意味を持っています。

例えば「ぜひとも○○の作品を読んで欲しい!」と言う時に、「すべからく○○の作品を読んで欲しい!」と表現出来ますが、実際にわざわざ「すべからく」という言葉を使っている人はそうはいないでしょう。

何かを人に強く勧めたい気持ちがある時には、誰にでも分かりやすい言葉である「ぜひとも」を使う人が大半です。

間違いない

「間違いない」は、「すべからく」の中でも「当然」に意味が近い言葉です。

「当然」はその時代やその場面において、当たり前のように考えられ、定められていることであり、それを柔らかい言葉で表現したものが「一般的に」です。

これに対して「間違いない」という言い方はかなり強く物事を断定したり定めたりした表現方法ですので、「当然」と同程度の言葉の響きの強さがあります。

そのため、「間違いない」という言葉を誰かに対して使う場合には、それだけ相手の言動や行動を認めていることにもなります。

例えば誰かが「道端にゴミを捨てるのは良くないことだ。」と主張して、それに「間違いない」と返したのなら、その人はゴミ捨てに関する相手の意見を強い意志で認めたことになります。

もし「すべからく」の類語として用いるのであれば、例えば「すべからくゴミはゴミ箱に捨てるべきだ」という言葉を、「間違いなくゴミはゴミ箱に捨てるべきだ」と表現することが出来ます。

また、「間違いなく」と使う場合には文の始めや途中で使うことが多いですが、「間違いない」と言い切りの形で使う場合には、文の最後に使うことが多いです。

予想通り

「予想通り」は、「すべからく」の本来の意味とはやや意味合いは異なっていますが、類語に含まれています。

「当然」がその時代や場面において当たり前に考えられていることであるとするのなら、その物事は「予想通りに」考えられることでもあります。

そうした意味で「予想通り」という言葉も「すべからく」の類語の中に含まれています。

ただし、「すべからく」の本来の意味とは意味合いが少し違っているため、類語として使う際には注意が必要です。

例えば「すべからく子どもは早く就寝するべきだ」という文章の場合、本来の意味で見ると「当然子どもは早く就寝するべきだ」となりますよね。

これに「予想通り」という言葉を当てはめてしまうと、「予想通り子どもは早く就寝するべきだ」となってしまい、文章に違和感が生じてしまいます。

そのため、「すべからく」を「予想通り」の意味として用いる際には、前後の文章がおかしくならないように注意しなければなりません。

聞くまでもない

「聞くまでもない」とはそのままの意味です。

いちいち耳にするまでもない、自分にとっては必要のないものということです。

それはつまり当たり前のことでもあり、「当然」のことでもあります。

そうした意味合いとして「すべからく」の類語とされています。

例えば「当然子どもは学校に通うべきだ。」という文章の場合、「聞くまでもなく、子どもは学校に通うべきだ。」と表現することが出来ます。

この「聞くまでもない」という言葉は、「当然」と似た意味ですが、言葉の響きは素っ気なかったり、冷たかったりする印象があります。

また、上から目線に感じられてしまうこともあるため、使う相手によっては気分を害してしまう可能性もあります。

「聞くまでもない」という表現をする場合には、使う相手をよく見てからその言葉を使うようにしましょう。

常識的な

「すべからく」の意味である「当然」は、先にもご紹介したようにある時代や場所においての「当然」です。

それを柔らかい言い方で表現したものが「一般的な」ですが、それと同じように柔らかい表現として、「常識的な」という使い方があります。

「常識」というものも、あくまでもその時代や場所、人々によって定められるものであるため、時代や場所が変われば当然常識の内容も変わります。

そのため、例えばひと昔前の「女性は家庭に入るべきだ」とする考え方については、「女性はすべからく家庭に入るべきだ。」という言葉を「女性は常識的に(考えて)家庭に入るべきだ。」と言い換えることが出来ます。

もちろん現代ではこの考え方は変化していますので、そうした変化に合わせて「常識的な」という言葉も使っていくことが出来ます。

健全な

「健全」とは、「良心が正常に働き健康であること」「考え方や行動が偏らずに調和がとれていること」「物事が正常に機能して、しっかりした状態にあること」などの意味があります。

一見「すべからく」とは意味が違うように思えますが、これも突き詰めて見ていくと、「すべからく(当然)」の意味と繋がって考えることが出来ます。

物事が正常に機能していることを当然と考えるのなら、場合によっては「すべからく」ではなく「健全な」という表現の仕方があるでしょう。

是非

「是非」は、「すべからく」の意味である「ぜひとも」とほとんど意味が似ています。

「是非」という言葉には良いことも悪いことも全て含まれており、「正しいことも悪いことも」や「良くも悪くも」といった意味があります。

それをより強めたものが「是が非でも」や「ぜひとも」という言い方になります。

例えば「是非○○して欲しい」という言い方でも気持ちの強さは伝わりますが、「ぜひとも○○して欲しい」と言い換えると、よりその気持ちの強さが増します。

さらには「是非」よりも言葉の響きが丁寧になるため、敬語でも使われることが多いです。

「すべからく」の基本的な使い方

「すべからく」とは、「当然」や「ぜひとも」という意味です。

この言葉を用いる際には、文の後ろに「~べし」や「~べきだ」と付けるのが基本です。

そのため、「すべからく」を使って文章を作る際には、後の言葉にも注意して、自然な言葉になるように文章を考えていきましょう。

例えば「当然のように強者は弱者を守るべきだ。」という文章であれば、「すべからく強者は弱者を守るべきだ。」と表現出来ますし、また例えば「自分よりも立場の弱い相手には当然手を差し伸べるべきだろう。」という文章であれば、「自分よりも立場の弱い相手にはすべからく手を差し伸べるべきだろう。」と言い換えることが出来ます。

使い方がいまいち分からないという場合には、「当然」や「ぜひとも」といった言葉を使う場合に、それを「すべからく」と置き換えてみると良いでしょう。

置き換えをして改めて文章を見直してみて、文章に違和感やおかしな部分がなければそれで正しく「すべからく」を使えているはずです。

慣れない内は自分の使い方が正しいのかどうか不安に思うこともあるでしょう。

その場合は正しい使い方を知っている人に確認をするなり、ネットで確認するなりして、少しずつ使い慣れていきましょう。

「すべからく」の類語などを用いて正しく使おう!

いかがでしたでしょうか?「すべからく」の意味について、これまで間違った認識をしてきたという人は、この機会に正しい意味や使い方を身に付けることが出来たかと思います。

「すべからく」はあまり普段使いをされる言葉ではありません。

そのため、大抵の場合は類語を用いることが多いです。

「すべからく」の正しい意味を理解していれば、類語についても間違った言葉を選択してしまうことはないでしょう。

場面や相手に合わせて類語を使い分けることで、その場に最も相応しい言葉遣いをすることが出来ますので、この機会に出来るだけ類語についても身に付けて使えるようにしておきましょう!