CoCoSiA(ココシア)

結婚を考えてる彼氏の言動12選!生...(続き6)

1日に3度もある食事の場面。

アピールのチャンスが多いと思えば女性も頑張れるのではないでしょうか。

食の好みが合う

食事を共にするなかで、お互いの好き嫌いがだんだんと分かってくるはずです。

あまりにも好みが合わないと、どちらかが我慢することが多くなってしまって辛いのではないでしょうか。

これ旨いな、美味しいねという会話が出来ると場も和みますよね。

外食でも、店の雰囲気や価格帯など、行きたいと思える場所が同じだとお互いに気持ちも楽に過ごせます。

休日にはこれを食べに行こう、なんて計画も楽しく出来るのではないでしょうか。

お酒を飲む飲まないも、やや影響があるかもしれません。

お酒があってもなくても、一緒に食事を楽しめるかどうかもポイントです。

3.子供が好き

保育士さんはモテる、というイメージはありませんか?やはりそれは子供という小さく守るべき存在に対して、温かく優しい態度で、こまごまとしたお世話をしているところが好印象だからです。

自分に対しても、同じように接してくれることを期待する気持ちがあるかもしれません。

いずれ子供ができたとしたら、あなたがどのような母親になるか、彼氏は無意識で想像していることでしょう。

たまに会う親戚の子供と仲が良かったり、外で知らない子供へも優しく接している姿を見ると、彼氏も将来のことをふっと考えたりします。

もし本当はあなたが子供が苦手だったとして、あからさまにそのような気持ちを見せられたとしたら、彼氏も気分が悪いですよね。

大人として、その場の対応ができなかったと思われてしまいます。

子供が大好き!というアピールが絶対に必要なのではありません。

守るべきものを大切にできるか、優しく接することができるかが大事です。

4.自然体でいられる

結婚を考えるとなると、着飾ってデートするような気持ちで日々を過ごせる訳ではありません。

特別気を使ったり、張ったりしていては疲れてしまいます。

恋をしているときはお互いに気持ちが盛りがっていますし、おしゃれも苦ではありませんが、そう毎日は続かないものです。

服装もそうですが、考え方やライフスタイルなどもありのままでいられるでしょうか。

どちらかがどちらかに合わせ続ける、それすらできなくて衝突してしまう、となってしまえば、その先も一緒にいることが辛くなってしまいます。

お互いに一緒にいて気楽な関係性は、男女ともに相手に求めているものであり、結婚の条件のひとつでもあります。

もちろんすべてが最初からぴったりと合う二人、というのも稀だと思います。

一緒に時を過ごす中で、お互いの短所を埋め合ったり、長所を伸ばすように努力することも必要です。

その上で、二人の関係に良い変化があったのであれば、努力も苦とは感じず、それこそ自然体にいられるのではないでしょうか。

自然体でいること=何もしないこと、とは違います。

相手の持ち味を引き出し、認めながらお互いに良い関係性を保てることが理想ですね。

5.結婚後の生活が想像できる

いつも綺麗だけど化粧を落としたところを見たことがない、料理や掃除洗濯の話をほとんどしないなど、相手に生活感が感じられないと二人での生活を想像しにくく、壁となってしまいます。

一緒に住んでいるカップルにとってはイメージも楽かもしれませんが、まだ同居していないカップルにとっては想像させることも大切です。

今日は洗濯日和だね、次の休みは片付けしたら出かけるんだ、など会話のなかでもあなたの行動を描けるようなアピールが効果的でしょう。