ビジネスシーンや法律においてよく使われる「事由」という言葉。

「理由」と混同されることも多く、具体的な意味の違いや使い方まできちんと把握できていない人は意外と多いと思います。

事由とはどんな意味があるのか、どんな場面でどんな風に使うのかを詳しく解説していきます!

「事由」ってなに?敬語?

あなたは「事由」という言葉についてどこまで知っていますか?何となく「理由」と似ているからといって、同じような意味として使っていると、うっかり使い方を間違えてしまうことがあります。

「事由」をよく知らない人は、その言葉の響きから、「敬語の一種かな?」と思っているかもしれません。

しかし、「事由」は敬語ではありません。

そのため、目上の人に対して使う場合にも「ご事由」という言い方をすることはまずありません。

もし間違えて「ご事由」と使っていたのなら、きっと話を聞く相手は「ご自由」と言葉を聞き間違えてしまうことでしょう。

正しい意味や使い方を理解していない人は、遅かれ早かれその使い間違えを指摘されるか、もしくは恥をかいてしまうことになるでしょう。

「事由」はよく使用される言葉

「事由」は、普段は使う機会がなければあまり耳慣れない言葉でしょう。

会社が比較的上下関係が緩く、言葉使いも気さくな場合にはより「事由」とかしこまった言い方をすることはないかもしれません。

しかし、一般的に「事由」は社会人になれば使う機会が自然と増える言葉です。

そのため、上司や役職のある立場の人では、新社会人でも当たり前に「事由」の意味や使い方を知っているはずだと考えている人も多いです。

それなのにいざという場で使えなかったり、間違った使い方をしてしまったりすると、上司からの評価が下がる原因になってしまうかもしれません。

また、職種によって「事由」は頻繁に利用されます。

例えば法律関係の仕事の場合、毎日当たり前のように「事由」という言葉を使いますので、使い方をマスターしているのが普通です。

もし法律関係の仕事をしているのに「事由」の意味をよく知らなければ、まともに仕事にはならないでしょう。

それほど職種によっては頻繁に使われる言葉ですので、意味や正しい使い方を知っておくことは大切なのです。

辞書的な意味


「事由」を辞書で引くと、「事柄の起こった理由や、出来事のわけ」「直接の、理由または原因となる事実」という意味があります。

要するに、何か出来事が起きた際に、その理由や原因となるものを指します。

例えば「朝出かけようとして、慌てて転んで怪我をしてしまった」のなら、怪我をした事由は「転んだ」ことになります。

また、「忘れっぽい性格のせいで、財布のチャックが空いたままになっていてカバンの中に小銭をぶちまけてしまった」のなら、小銭をぶちまけた事由は「財布のチャックが空いていたこと」になります。

このように、直接的にその出来事が起こった原因や理由を「事由」と言います。

この「事由」は、「理由」とよく似ています。

そのため混同されやすいですが、両者にはある明確な違いがあります。

この両者の違いを理解している人は場面によって正しく言葉を使い分けることが出来ますが、一方でよく理解出来ていない人は、間違った使い方をしてしまうことがあります。

「事由」と「理由」の違い

「事由」とは「ある出来事が起こった直接的な原因や理由」のことです。

一方の「理由」は、「物事がそうなった、また物事をそのように判断した根拠」「何故そうなったのかという筋道」という意味があります。

このことから、「事由」は直接的な原因で、「理由」は「そうなった根拠」と意味が違っていることが分かります。

そのため、例えば先に挙げた「朝出かけようとして、慌てて転んで怪我をしてしまった」という文の場合、怪我をした事由は「転んだ」ことで、怪我をした理由は「慌てていたこと」になります。

また、もう一つの「忘れっぽい性格のせいで、財布のチャックが空いたままになっていてカバンの中に小銭をぶちまけてしまった」の例で言えば、小銭をぶちまけた事由は「財布のチャックが空いたままになっていたこと」ですが、ぶちまけた理由は「忘れっぽい性格のせい」となります。

「理由」は出来事が起きた根拠ですので、広い範囲で原因を見つけることが出来ます。

一方で「事由」はあくまでも起こった出来事の直接的な原因を指しますので、「理由」よりも使える範囲が限定されています。

この両者の意味の違いをきちんと理解出来ていれば、場面に応じて言葉を使い分けることが出来ます。

最初の内はどちらか悩むことも多いですが、紙に書いてしっかりと文面から推察することで、徐々に使い分けに慣れていきます。

「事由」を使用するシーン

「事由」の意味や「理由」との違いが分かったところで、今度はどのような場面で「事由」を使用するのかについてご紹介します。

「事由」は敬語ではありません。

そのため、丁寧語や尊敬語、謙譲語などのように、相手や場面を限定して使い分ける必要はありません。

かしこまった場面でも、日常会話の中でも気軽に使うことが出来る言葉です。

とはいえ、普段使いとしてはあまり使われることはないでしょう。

何故なら普段使いとしては、「事由」よりも「理由」の方が日常的に使われているからです。

先ほども解説したように、「理由」は出来事が起きた根拠ですので、広く原因に対して用いることが出来ます。

そのため「事由」もまた、「理由」の内に含まれているのです。

だからこそ限定された直接的な原因である「事由」ではなく、「理由」の方が日常的に用いられています。

では、直接的な原因である「事由」を用いるのは、どんな場面なのでしょうか?

ビジネス

ビジネスの場面では、常に明確で的確にまとめられた言葉や文章が求められます。

報告書や書類をまとめるのも、無駄な言葉は省き、必要な言葉だけを書きながら、同時に相手に対する敬意も払う必要があります。

そうした言葉使いや文章が出来るようになるまでにはある程度時間がかかりますし、元々国語や文章をまとめるのが苦手な人にとっては、「起承転結を分かりやすくまとめる」というのは中々に難しいことでしょう。

そのため、言葉をまとめるのが苦手な人は、例えば仕事を体調不良で休む場合にも、回りくどい言い訳じみた言い方をしてしまうことが多いです。

上司も忙しく仕事をしているため、用件は出来るだけ分かりやすく、短くまとめることが求められます。

それが出来なければ、「結局何を言いたいんだ」と上司をいらつかせてしまうことになりますし、あれこれと根拠となる理由を並べ立てても、「そんなことは聞いていない。何があったか事実だけを知りたいんだ。」と指摘されてしまうでしょう。

そのため、ビジネスにおいては理由よりも事由の方が求められる傾向にあります。

体調不良で休みたいという話しを上司にする際には、あれこれと体調が悪い理由を並べる必要はなく、ただ「先日より体調が優れないため、誠に勝手ながら会社をお休みさせていただきたいです。」と一言事由を述べる方が上司からの印象は良くなります。

もしそれでもっと説明が必要な場合には、上司の方から詳しく内容を尋ねてきますので、聞かれてもいないのにあれこれとしゃべり過ぎるのは止めた方が賢明でしょう。

退職


「事由」は退職事由として書くことがあります。

会社に正規雇用されている正社員の場合、会社を辞める時には必ず前もって退職届けを提出することが求められます。

その際に退職事由として、「何故会社を辞めることになったのか」もしくは「会社を辞めたいと思ったのか」という内容を退職届に記載します。

退職届を出す場合、事由についてはとくに明確化しなければならないということはありません。

人間関係での悩みやセクハラ、上司との関係の悪化など、人によっては誰かに知られたくないと思う理由もあるでしょう。

そのため、もし退職事由を明確化させたくなければ、「一身上の都合」を用いれば良いとされています。

会社によっては「必ず退職事由を記載すること」と言ってくるところもありますが、労働法上退職事由を申告する義務はありませんので、「労働法では義務になっていないため、自分は一身上の都合にいたしました。」と言い通せばそれで問題はないはずです。

もしそれが原因で退職させてもらえなければ、労働相談センターへ相談してみる方法があります。

いずれにせよ、「事由」は退職の際に多く用いられています。

有給休暇

有給休暇の使い方は、人によって実にさまざまです。

1日のんびりと家で寛ぎたいという人もいれば、家族で旅行に何拍か出かけたいという人もいるでしょう。

また、イベント参加や通院などたくさんの理由がありますが、それら有給休暇を申請する場合にも、「申請事由」として上司に「何故有給が欲しいのか」「有給を何に使うのか」を申告する必要があります。

退職届と違い、有給休暇の場合にはそれなりの事由で申請しなければなりません。

例えば「家でのんびり過ごす」「友達と遊びに行く」などの個人的な事由の場合には、「心身の気分転換を図るため」など、適当にそれらしい事由で申請を提出する必要があるでしょう。

また、もし通院や家族の介護など、家庭の事情といった事由の場合には、きちんと自由内容をまとめて申告すれば会社によってはこちらの事情を汲んでくれやすくなります。

有給休暇はあくまでも個人的なものですので、どのような事由であっても構いませんが、適当な事由を作る場合には、もちろんそれが嘘だと職場の人に気付かれないように振舞わなければなりません。

「事由」の類語・同義語

「事由」とは、ある出来事が起こった直接的な原因や理由のことです。

そのため、最も言い換えやすいのは「理由」ですが、それ以外にもいくつかの類語や同義語があります。

どのようなものがあるのか、また場面によってどんな風に使い分けるのかなどを以下に挙げていきます。

「事由」を使えない場合には、以下の類語や同義語を使ってみましょう。

理屈

「理屈」とは、「物事の筋道や道理」「無理につじつまを合わせた論理」「こじつけの理論・へりくつ」などの意味があります。

前者の意味は物事の道理を正しく表しているように思えますが、後者では無理矢理にこじつけした論理という、強引で悪い印象の意味になっています。

そのため、理屈は使い方によって相手に与える印象が大きく変わります。

例えば誰かがある事柄について語っている時に、「理屈に合っているね」と言えばそれは相手を褒めていることになり、言われた相手も悪い気はしないでしょう。

一方で、語っている人に対して「何だか理屈っぽいね」と言うと、途端に相手にはこちらが悪口を言っているように思えるでしょう。

「理屈っぽい」「理屈じみている」「屁理屈」といった表現をすると、相手に与える印象はとても悪くなります。

そのため、「理屈」という表現をする時には「こう言ったら相手がどう感じるか」ということを考えながら言葉を選ぶ必要があります。

「物事の筋道や道理」という意味の部分では、「事由」と似ている部分はあるでしょう。

節理

「節理」は「物事の道理や筋道」「岩石に発達する割れ目」などの意味があります。

「事由」と似た意味は前者ですので、場面によっては「事由」を「節理」と表現することがあるかもしれません。

理屈と節理は似ていますが、理屈の方が普段からよく使われている表現です。

節理は普段はそこまで口にしたり、文章に書いたりする機会はないかもしれません。

けれども、理屈と節理は「物事の道理や筋道」という意味の部分でまったく同じですので、もし「理屈」という言葉を用いて相手に悪い印象を与えてしまいそうだと感じたら、その時には「節理」を使うことで、相手に与える印象を緩和させたり、良くさせたりすることが出来るかもしれません。

根拠

「根拠」とは、「存在の理由」といった意味があります。

何か出来事が起こった時に、何故それが起きたのかを存在するための理由となるものが根拠です。

そのため、「事由」のように、直接的な原因となったものだけに対してではなく、それが起こりうるあらゆる過程や事情を根拠として当てはめることが出来ます。

例えば「仕事の納期が迫っているため、一日中パソコンの前に座って作業をしていたら、体の節々が凝り固まって痛んでしまった」とします。

この時、体の節々が痛んだ直接的な事由は一日中パソコンの前に座っていたことですが、根拠としてはその他にも、仕事の納期が迫っていたことが挙げられます。

また、例えば「自分を振った恋人が憎くて、相手の家に夜中に何度もチャイムを鳴らしに行ったら警察を呼ばれた」場合、警察を呼ばれた直接的な原因は、夜中に何度もチャイムを鳴らしたことです。

しかし一方で、その行動の根拠となったのは恋人に振られたことでしょう。

行動の根拠となるものは、あらゆる人の感情や心情であることが多いです。

そしてその根拠も広い意味では「理由」になるため、「事由」と「理由」はよく似ていますが、具体的に何を指しているのかという部分で違いが表れています。