定期的にお部屋の片付けってしていますか?

片付けって体力と気力がいるし、結構大変ですよね。

今やる!っていう気持ちがないと続かないものです。

1日の休みの時にする人も多いですが、片付けする時間があるなら寝てたいという気持ちの方が強いかもしれません。

しかし片付けはやっておいた方がよいですよ!

特に断捨離が苦手な人は定期的にやっておかないと、将来的にゴミ屋敷になってしまうかもしれません。

片付けが苦手だという人へ、片付けの極意を伝授いたしましょう。

片付けを1日で終わらせる3つのテクニック

手っ取り早く1日で終わらせるという人へ、定期的に床掃除をしている人ならともかく、よくテレビで見るような汚部屋の人っていますよね。

さすがにあそこまでではないかもしれませんが、片付けって一言でいうよりも大変なのです。

あれやこれやとしないいけないものがあったり、ちょっとした小物があれば収納に便利になるので買い物に行ったりしないといけません。

普段片付け慣れていない人だと大雑把に片付けをしてしまう人も多いので、結局片付いているのかわからないというケースもあります。

気力がいるのはわかりますが、なるべく計画的に片付けを行いましょう。

ルールを決めて全てしまい込む

片付けは計画的に行った方が良いです。

自分的にこれならいけるというルールを作っておくと、上手く片付けがしやすいですよ。

外に出ている物を全て収納したり、種類別にまとめるのも良い手です。

時期的に着ないものもたくさんあるので、衣替えもしておいた方が良いでしょう。

初めに捨てて良いものといけないものの区別を付けておかないと、片付けは上手くいきませんよ。

外に出ているものを全て収納する

あまり良いやり方ではありませんが、外に出ているものを全て収納するという手もあります。

ただ収納するにしても、全て乱雑に詰め込めば良いという訳ではないです。

そんな事をしても外側が綺麗になりますが、タンスの中身がぐしゃぐしゃになってしまうので失敗してしまいます。

外に出ているものというのは服や下着などですね。

これらはさすがに他の人が見ても良い気はしませんので、なるべく中に収納しておいた方が良いです。

ただ収納するにしてもタンスなどが必要になってくるので、それを踏まえて事前にホームセンターなどで購入しておいた方が便利ですよ。

種類毎に分別して同じ場所にまとめてしまう

種類別に分類して同じ場所にまとめるのはありです。

下着なら下着、トップスやスカートなど衣類関係はまとめて収納しておくのが楽ですね。

学生の内は学校で使うプリントや教科書などもあるので、それらをまとめておく必要があります。

片付けの時によく重要なプリントなどの書類をどこへやったか分からないという人って多いですよね。

やっかいなのはそういう時に限ってどこにやったか分からないというものほど、重要な書類だったりします。

重要であるかそうでないかの書類分けもしておくと、保管場所をどこへやったかなど困る事もなくなるでしょう。

余裕があれば同じ場所ではなく、もう少し別の場所に映すのもありですね。

付け焼刃ではあるが見た目は一気にスッキリする

これらはあくまでも応急処置程度だと思って下さい。

あくまでも簡易にしか過ぎませんが、誰かが突然部屋に来る時などには良い手です。

ただ無理やり押し込んだ感はあるので、決して片付けではありません。

見た目には綺麗にしてありますが所詮付け焼き刃なので、隠してある部分を見られない限りは大丈夫でしょう。

要らないものを片っ端から捨てる


世の中には断捨離が出来ない人はたくさんいます。

断捨離とはものへの執着を捨てて、不要になった物をなくすというものです。

結構ものへの執着心を捨てられない人は男女共に多く、断捨離が出来ないために部屋が汚れている事を意味しています。

要らないものって自分では分からないかもしれませんが、本当にただコレクションしてあるようなものは全て処分すべきですね。

せっかく集めたのにもったいないや、何かに使えるから取っておこうという気持ちは正直無駄でしかありません。

コレクションとして集めているものって、何かに使えますか?

実際問題使えないものの方がほとんどでしょうね。

要らないなと思ったらそのままにせず、片っ端から捨てておきましょう。

要らないものって本当にありますよ!

ゴミにしないまでもリサイクルショップに売って現金化

私は断捨離どころか、簡単に物を捨ててしまう事が多く、そのせいで必要だったものまで捨ててしまった事もあります。

後々になって置いておけば良かったなと思うものなので、断捨離出来ないのも微妙なところではありますが、私のように捨て過ぎも問題ですね。

明らか使えなさそううな物であれば処分しても構わないかもしれませんが、新品同様の使えそうなものであれば、リサイクルショップなどに売って現金化する手もあ良いかもしれません。

最近ではCM放送されているメルカリというアプリで、使用しなくなった服や靴などを取り扱っているものも存在しています。

私自身は一時わらしべ長者のような事をやっていました。

アニメのおそ松さんの一番くじにハマり、1万円分くらい浪費してしまった事があります。

その月は鍋や小鉢など使えそうな物が当たりやすい月だったので調子に乗ってくじを引いていたのですが、目当ての物以外も結構当たってしまったので処理に困ったくらいです。

推しキャラ以外やラバーストラップなど私個人的にはどうでも良かったので、友達に物々交換を持ちかけたりしていました。

他にもtwitterなどで物々交換を求めている人もたくさんいたので、使えそうなグッズと交換してもらえましたよ。

ただ物々交換でも限界があるので、多少なり損をする覚悟はいるかもしれません。

実際私自身確実に交換をしてもらいたかったので、2つくらいグッズをおまけしてつけたという事もしました。

そのおかげで上手くキャッチしてもらえましたが、損はしています。

ただ残っていてもゴミにしかならないので、それなら誰かに活用してもらう方が良いと考えました。

アニメのキャラクターなどのグッズはコアなファンも多く、特に一番くじなどは運によって左右されるので結構高値で買い取ってもらえるものもありますので、お金にはなります。

実は眠っているお宝があるかもしれませんね。

捨てるものよりも残すものにフォーカスした方がはかどる

逆転の発想をしてみましょう。

捨てるものではなく、残すものという風に視点を変えてみると上手く断捨離が出来ますよ。

残すものという風に考えたら悩みはすると思いますけど、捨てるものよりも遥かにスムーズに考えやすいはずです。

捨てるものはいるかどうか曖昧なものが含まれていますが、残すものは自分が絶対に必要としているものですからね。

便利屋や掃除業者に掃除を依頼するのも手

バラエティ番組などで芸能人や一般人の最強に汚い部屋を、便利屋さんや掃除業者さんに依頼して片付けてもらうというのってありますよね。

そこまで部屋が汚くなければよいかとは思いますが、あまりにも汚部屋気味であれば業者さんに依頼するのも1つの手かもしれません。

業者さんなら一般人の付け焼き刃の知識とは違い、その場所や部分にあった掃除方法で綺麗にしてくれますよ。

普段掃除しない人って、掃除の仕方をちゃんと理解していないので、自分では綺麗にしたつもりでも結果的に汚れたままというのもよくあるケースです。

エアコンや電化製品、排水口など簡単に掃除出来ない部分もあるので、本気で面倒くさいというのであれば、1度位業者さんに依頼してみましょう。

高い勉強代としてこれを期に汚部屋にしないよう気を付ける

自分でするよりも当然値段はかかってしまうため、コストパフォーマンスはあまり良いとは言えません。

大体の費用は1LDKの部屋5万弱はかかると思っておいて下さい。

値段はそんなに安くはないですね。

単純にお部屋の掃除をするのではなく、ワックス込みであったり洗濯機の除菌クリーニングもしてもらえるサービスもあります。

ただ小さい子供さんがいるお家であれば、掃除業者さんに依頼するのも有りだとは思いますよ。

私の姉が姪っ子を産んだ時、掃除業者さんに依頼して実家の全室のエアコンを除菌+掃除してもらいました。

子供がいるとちょっとした菌で弱ってしまうケースもあるので、掃除はしっかりしてもらった方が良いです。

エアコンだけであれば大体1万円前後でしてもらえますし、効果も2年くらい続きますのでコスパはそこまで悪く無いですよ。

自分でするには結構限界のある部分もあるので、エアコンだけとか自分では難しい所には掃除を依頼するのも良いと思います。

部屋が綺麗になることの喜びを痛感できる

業者さんにやってもらうと当然自分で掃除するよりも部屋が綺麗になりますので、喜びは大きいでしょう。

自分でやるよりも贅沢なので、文句の付け所もありません。

ただ業者さんに頼むとなると、それなりにお金はかかってしまうので結構懐は痛くなってしまうのは覚悟しておいて下さい。

高い授業料を払ったと思って、次からは自分で掃除しようとも思えるでしょうしね。

片付け上手は人生上手!


片付けが苦手な人は仕事も私生活もぐちゃぐちゃになってしまっている事が多いです。

中々片付けしようにも上手くいかないというのはよくわかりますけどね。

私自身も日々の仕事に追われて、片付けが上手く行っていないです。

しかし片付けが出来ない人間は人生を損していると言っても過言ではありません。

明日からでも是非片付け上手になって頂きたいです。

片付けが大切な理由

何故片付けが大切なのか、プライベートならともかく仕事で片付けが出来ない人間はかなり支障が出ます。

片付けが出来ないと痛い目を見ますよ。

今回は私の実話を元に、何故片付けが大切なのかその理由についてお伝えしていきましょう。

片付けが出来ないととんでもない目に合いますからね。

大雑把な人だと思われて信用されなくなる

片付けが出来ない人=大雑把な人間だと思われてしまうという理由もあります。

何故大雑把な人間だと思われてしまうのか?

実際に私が昔医療事務をしていた時に先輩から注意を受けた事があり、使用した物はちゃんと元の位置に直すようにと厳しく言われていました。

個人でしている仕事ならともかく、医療事務という仕事はチームでしている仕事なので、重要ファイルやカルテなんかは全員で共有する事が多かったのです。

それゆえにちゃんと片付けていなかったら、何処へやったかわからなくなってしまうので、みんなで事務所内をひっくり返して探したなんて事もありました。

さすがに個人情報流出になってしまうものもあったので、かなり神経質になっていましたね。

人によって片付けが苦手だった人もいるので、とても女性の職場とは思えないような汚さが目立っていたと思います。

事務所内は患者さんの目からも見える所にあったので、出来る限り掃除はしていました。

あえて言いますが、病院なのにごちゃごちゃしている事務所ってちょっと嫌ですよね?
衛生的に綺麗でもありませんし、自分が患者さんだったら良い気は絶対にしないと思います。

実際問題患者さんから言われましたからね。

女性がいると片付けがちゃんとされている、ぐちゃぐちゃの病院で治療を受けたくないと言われましたよ。

女性だから片付けが出来て当然だというのは関係ありません。

しかし机の上がごちゃごちゃ、ファイルもぐちゃぐちゃだと周りの人から信頼される事はないと思って下さい。

要らないものが一生捨てられなくなる

捨てられない性分というのはよくあるものです。

物に愛着が湧いてしまうと、どんだけぼろぼろになったとしても捨てる事は難しいでしょう。

しかし断捨離というのは何も物だけではございません。

家族や友達、そして恋人などの人間関係を断捨離する必要が時にはあります。

要らないものが一生捨てられなくなってしまった場合、どうなると思いますか?

普通の人から見れば生ゴミなど要らない物同然なのに、捨てれなくなってしまったらお家は汚くなるどころか虫がたかるでしょうね。

最終形態としてはニュースなどでよく見るゴミ屋敷がイメージがしやすいと思います。

自分はああならないと思っていても、何がゴミかゴミでないかの区別が出来なくなってしまうのです。

そうなってしまうとゴミ屋敷の完成となります。

その他には人間関係が一番大きいですね。

物以上にやっかいなのは人間関係でしょう。

彼氏がヒモでドメスティックバイオレンスを振るうようなどうしようもないクズだとしても、愛情ではなく執着してしまうため簡単に別れる事が出来なくなってしまうのです。

私の母が物を捨てられない性分でしたので、父がどんなにクソ野郎であっても長い間離婚は出来ませんでした。

よく離婚を渋る人って子供にはお父さんが必要だなんていう訳の分からない言い訳じみた事を言いますが、結局の所は単純に別れたくないだけなんでしょうとしか思えません。

決して子供がどうだなんて言い訳を絶対にしないで下さい!

いらない物はきっぱり捨てるくらいの勢いで行きましょう。