CoCoSiA(ココシア)

手っ取り早く片付ける3個の方法。1日で片付けを終わらせよう


定期的にお部屋の片付けってしていますか?

片付けって体力と気力がいるし、結構大変ですよね。

今やる!っていう気持ちがないと続かないものです。

1日の休みの時にする人も多いですが、片付けする時間があるなら寝てたいという気持ちの方が強いかもしれません。

しかし片付けはやっておいた方がよいですよ!

特に断捨離が苦手な人は定期的にやっておかないと、将来的にゴミ屋敷になってしまうかもしれません。

片付けが苦手だという人へ、片付けの極意を伝授いたしましょう。

片付けを1日で終わらせる3つのテクニック

手っ取り早く1日で終わらせるという人へ、定期的に床掃除をしている人ならともかく、よくテレビで見るような汚部屋の人っていますよね。

さすがにあそこまでではないかもしれませんが、片付けって一言でいうよりも大変なのです。

あれやこれやとしないいけないものがあったり、ちょっとした小物があれば収納に便利になるので買い物に行ったりしないといけません。

普段片付け慣れていない人だと大雑把に片付けをしてしまう人も多いので、結局片付いているのかわからないというケースもあります。

気力がいるのはわかりますが、なるべく計画的に片付けを行いましょう。

ルールを決めて全てしまい込む

片付けは計画的に行った方が良いです。

自分的にこれならいけるというルールを作っておくと、上手く片付けがしやすいですよ。

外に出ている物を全て収納したり、種類別にまとめるのも良い手です。

時期的に着ないものもたくさんあるので、衣替えもしておいた方が良いでしょう。

初めに捨てて良いものといけないものの区別を付けておかないと、片付けは上手くいきませんよ。

外に出ているものを全て収納する

あまり良いやり方ではありませんが、外に出ているものを全て収納するという手もあります。

ただ収納するにしても、全て乱雑に詰め込めば良いという訳ではないです。

そんな事をしても外側が綺麗になりますが、タンスの中身がぐしゃぐしゃになってしまうので失敗してしまいます。

外に出ているものというのは服や下着などですね。

これらはさすがに他の人が見ても良い気はしませんので、なるべく中に収納しておいた方が良いです。

ただ収納するにしてもタンスなどが必要になってくるので、それを踏まえて事前にホームセンターなどで購入しておいた方が便利ですよ。

種類毎に分別して同じ場所にまとめてしまう

種類別に分類して同じ場所にまとめるのはありです。

下着なら下着、トップスやスカートなど衣類関係はまとめて収納しておくのが楽ですね。

学生の内は学校で使うプリントや教科書などもあるので、それらをまとめておく必要があります。

片付けの時によく重要なプリントなどの書類をどこへやったか分からないという人って多いですよね。

やっかいなのはそういう時に限ってどこにやったか分からないというものほど、重要な書類だったりします。

重要であるかそうでないかの書類分けもしておくと、保管場所をどこへやったかなど困る事もなくなるでしょう。

余裕があれば同じ場所ではなく、もう少し別の場所に映すのもありですね。

付け焼刃ではあるが見た目は一気にスッキリする

これらはあくまでも応急処置程度だと思って下さい。

あくまでも簡易にしか過ぎませんが、誰かが突然部屋に来る時などには良い手です。

ただ無理やり押し込んだ感はあるので、決して片付けではありません。

見た目には綺麗にしてありますが所詮付け焼き刃なので、隠してある部分を見られない限りは大丈夫でしょう。

要らないものを片っ端から捨てる


世の中には断捨離が出来ない人はたくさんいます。

断捨離とはものへの執着を捨てて、不要になった物をなくすというものです。

結構ものへの執着心を捨てられない人は男女共に多く、断捨離が出来ないために部屋が汚れている事を意味しています。

要らないものって自分では分からないかもしれませんが、本当にただコレクションしてあるようなものは全て処分すべきですね。

せっかく集めたのにもったいないや、何かに使えるから取っておこうという気持ちは正直無駄でしかありません。

コレクションとして集めているものって、何かに使えますか?

実際問題使えないものの方がほとんどでしょうね。

要らないなと思ったらそのままにせず、片っ端から捨てておきましょう。

要らないものって本当にありますよ!