ビジネスシーンやテレビなどで時々、「失念しておりました」という言葉を耳にする機会があると思います。

念を失うと書いて「失念」と読むこの言葉の意味や正しい使い方を、あなたはしっかりと理解出来ていますか?

理解出来ていれば必要な場面で正しく使うことが出来るため、これから社会人になるという人や、すでに社会人の人はきちんと「失念」の意味や使い方をマスターしておきましょう!

️「失念」を間違って使っていませんか?

「失念」という言葉を、あなたはどんな場面で使っていますか?きちんとその言葉の意味を理解している人は、もちろんその言葉がふさわしい場面で「失念した」と使っていることでしょう。

しかし、「失念」の意味を勘違いしている人は、ひょっとしたら見当違いな場面で使ってしまっているかもしれません。

例えば上司の話をきちんと聞いておらず、それを怒られた時に、うっかりぼんやりしていたことに対して「申し訳ありません、失念していました。」と使っている人がいるかもしれません。

また、例えば誰かが忘れ物をした時に、「◯◯さん、失念しちゃいましたね。」と使っているかもしれません。

これら「失念」の使い方は、いずれも間違っています。

どう間違っているのかは、これからご紹介していく「失念」の意味や正しい使い方を理解出来れば、自然と間違いの理由が納得出来ることでしょう。

子どもや学生ならばまだしも、社会人になってからも間違った言葉の使い方をしていると、周りからは教養がないと思われたり、評価に悪影響が出て自分で自分の立場を悪くしてしまったりする可能性があります。

自分自身のためにも、誤った使い方をすることがないように、この機会に「失念」の意味や正しい使い方について確認しておきましょう。

️「失念」の意味

「失念」には、どのような意味があるのでしょうか?漢字だけを見ていくと、「失」は失うことや損失を意味します。

また、「念」はおもうことですので、思念や怨念、信念など、自身の強い感情や気持ちを表しています。

この2つの漢字を組み合わせると、シンプルに「思いを失うこと」という意味に考えられます。

では、思いを失うとは一体どういうことなのでしょうか?気持ちを失くしてしまうことなのか、何かの対する思いを失くしてしまうことなのか、詳しい意味を以下にご紹介していきます。

うっかり忘れること


「失念」には、「うっかり忘れること」という意味があります。

先ほど「思いを失う」と漢字を組み合わせた意味をご紹介しましたが、この思いを失うということは、すなわち自分にとって必要な情報や物の存在に対する思いを失ってしまうことです。

そこから、必要な情報や物の存在を忘れることに繋がり、最終的には「うっかり忘れること」となります。

うっかり忘れてしまうことって、誰にでも起こりうることですよね。

忘れものが多い人は普段からこうした「うっかり忘れ」が頻繁ですし、気を付けているつもりでも、何かの拍子にうっかりその存在を忘れてしまうこともあります。

自分が忘れやすいことを自覚している人や、注意深い人では、大事なことを常にメモに取っておき、忘れそうになったらそれを読み返して確認するという作業を行っています。

不思議なもので、一生懸命に記憶に留めておこうとするといつの間にか忘れてしまっていることでも、一度メモに書いておき、忘れても思い出す手段を得ていると、忘れっぽい人でもメモを見ることなく、その存在を覚えたままでいることが出来ます。

何かに直接書くという行為が、それだけ重要なのかもしれませんが、重症な人では忘れないようにと記したメモの存在を、どこへやったのかとうっかり忘れてしまうこともあります。

ど忘れすること

「ど忘れ」は「うっかり忘れ」とは違います。

うっかり忘れは一般的なもの忘れの言い方を変えたもので、自分が忘れたことや物について直ぐに思い出すことが出来ます。

一方でど忘れは「よく知っているはずのことをふと忘れてしまって、どうしても思い出せないこと」です。

例えば芸能人の名前やいつも食べている料理の名前、財布に入っている金額や体の一部分の名称など、普段はよく知っていて、忘れないようなことをふとした瞬間に忘れてしまうことがど忘れなのです。

忘れてしまって思い出せない状態というのは、非常にもやもやとして頭の中が気持ち悪い状態です。

そのため、単なる物忘れであれば直ぐに思い出せるためそれだけ早く頭の中も切り替えられますが、ど忘れの場合には忘れたままの状態でいることが苦痛に感じられます。

会話の中で何かをど忘れしてしまった人がいた場合、その場の会話が別の話題に移っても一人だけ「あれって何だったっけ・・・!」といつまでももやもやと考え続けてしまいます。

その分忘れていたことを思い出せた時には、何とも言えないスッキリ感や満足感で心が満たされます。

一説によると、脳は何かを考える時に、その答えが出るまで延々と思考をし続けるそうです。

そのため、ど忘れたした内容が思い出せないままで何時間も、何日も経ち、本人でさえそれについて考えることを止めた後でも、脳はそのことについて答えを探し続けるそうです。

そして脳が答えを導き出した時に、本人も唐突に忘れていたことを思い出すのです。

ど忘れてしてしまったことを、後になって急に思い出すことがあるのは、そうした脳の作用によるものだとする説があります。

正念を失うこと

「正念」とは仏教用語で、「物事の本質をあるがままに心にとどめ、常に心理を求める心を忘れないこと」といった意味があります。

この心理を求める心を忘れてしまうことが失念ですので、もし正念を失ってしまったら、物事の本質を見る目が曇り、常に心理を求め続けることを止めてしまって自分自身が成長出来なくなってしまいます。

正念とは正しい思いや信念のことでもあります。

これがあるから私たちは常に心を成長させ続け、よりよい人間性を育んでいくことが出来るのです。

それを失念してしまうことは大変なことです。

散漫した心のこと

「失念」には、うっかり忘れやど忘れ以外にも、「散漫した心の状態」という意味もあります。

これもどちらかと言えば仏語の意味に近いかもしれませんね。

よく「注意力が散漫だ」などという言葉を聞いたり見たりする機会がありますが、散漫には「ちらばり広がること」「まとまりのないさま」「集中力のかけるさま」などの意味があります。

「注意力が散漫」ということは、注意をするという行為や意志にまとまりがなく、いまいち集中出来ていない状態を指します。

もし運動をしていて注意力が散漫なら、それが怪我の発生に繋がるおそれがあります。

また、もし仕事をしていて注意力が散漫なら、それがミスの発生に繋がる恐れもあります。

常に注意や集中をし続ける行為というのはとても大変で、そう長く保てるわけではありません。

しかし、だからといって散漫な状態でいると、大失敗や大事故に繋がってしまうこともあるのです。

注意力が散漫になる原因は、人によって違います。

その日の体調や悩み事の有無など、何か原因となる要素がある時には、いくら注意しているつもりでも、実際には散漫になっていることが多いのです。

️「失念」を使うとき

「失念」の意味についてはおおよそ理解出来たことと思います。

では、「失念」とはどのような場面で使うことが多いのでしょうか?プライベートで「失念した~」と口にする人はあまりいないでしょう。

大抵は、「うっかり忘れた」や「ど忘れしちゃった!」などのように、気さくで分かりやすい言い方をします。

また、後述しますが「失念」は敬語ですので、敬語で会話をする場面で使われることが多いです。

何をしたら「失念」になるのでしょうか?以下に例をご紹介します。

約束を忘れていたとき

誰かと約束をしていて、それをうっかり忘れてしまった時。

プライベートでもビジネスシーンでも、やってしまう人はついやってしまう失敗です。

もしプライベートで友達と遊びの約束をしていて、当日それを忘れてしまった時、大抵は約束をした友達からの催促の連絡で「あっ!」と気付きますよね。

その場合多少の信用は失いますが、一生懸命に謝れば、許してくれる友達は多いです。

一方で、もし取引先の関係者と打ち合わせをする約束をしていて、うっかりその予定をメモせずに当日まで忘れてしまった時、こんな場合は最悪です。

待ち合わせ時間には確定で遅刻ですし、相手の時間や都合を台無しにしてしまいます。

相手によっては打ち合わせ忘れのミスに激怒して、取引関係がご破算になってしまうかもしれません。

また、度量のある相手の場合には笑って「次は頼むよ」と許してくれるかもしれませんが、確実にその相手のこちらに対する信頼は激減してしまったことでしょう。

連絡するのを忘れていたとき


「連絡します」と言っておきながらいつまでも連絡するのを忘れてしまった時。

もしあなたが相手の立場だったらどう思うでしょうか?社交辞令の挨拶でもない限りは、「連絡する」と言った以上は、どれだけ間が空こうが必ず連絡をしなければなりません。

口約束とはいえ、相手はそれを信じてこちらからの連絡を待っているのです。

また、特に重要でない案件であればまだしも、相手が急いでいる時や、期限の限られた仕事をしている時には、相手は「今かまだか」とこちらからの連絡を待ちわびています。

それに痺れを切らすと相手から連絡をしてくることが多いですが、もしその時に「あっ!」と忘れていたという態度を取ってしまったのなら、きっとどんな言い訳をしても相手は聞く耳を持たずに不愉快な気分になってしまうことでしょう。

やるべきことを忘れていたとき

誰しもやるべきことがあります。

プライベートであれば家事洗濯や出かける用事、必要な買い物や連絡などです。

ビジネスであれば取引先との連絡のやりとりや事務手続き、上司への報告や作業内容など、毎日たくさんのやるべきことがあります。

忙しければ忙しいほど、うっかりやるべきことのリストから零れ落ちて、忘れてしまうことがあります。

その忘れてしまったことが重大な内容であるのなら、取り返しのつかないミスになってしまうかもしれません。

また、ささいなことでもいつまでも忘れていると、後になってそれが大きなミスになってしまう可能性は十分にあります。

だからこそ、基本は忙しい時にこそやることリストを作成し、それに優先順位をつけてその通りに行動をすることが大切です。

しかしそれが出来ない人が、うっかり自分のやるべきことを忘れてしまうことがあるのです。

そして思い出した時には後悔していることが多いです。

️「失念」はビジネスで使用していい?

「失念」の意味が分かり、どんなことに対して使うのかが分かっても、どんな場面でその言葉を使えばいいのかが分からないという人もいるでしょう。

「失念」はその言葉の響きからも、プライベートの場面ではそう使われることがないということが窺えます。

その反面、堅くるしい場面やかしこまったものの言い方をする時には用いる印象が強いでしょう。

「失念」はビジネスシーンにおいて、使われることが多いです。

仕事中にうっかり忘れてしまい、それがミスになってしまった時には上司に報告をする必要があります。

その際に、「失念」という言葉を使うことがとても多いのです。

「失念」は忘れるの謙譲語

「失念」は元々、「忘れる」の謙譲語です。

謙譲語とは、目上の人に対して自分がへりくだった物の言い方をする敬語の一種です。

そのため、「失念しました」と言葉を使う時には、必ず相手が自分よりも目上の人である必要があります。

例えば上司に対して仕事のミスをした原因を伝える際に、「わたくしが失念したためにミスを犯してしまいました。」と報告するのは正解です。

一方で、同僚や部下に対して「自分が失念したせいでミスが出た。」とは表現しません。

同僚や部下が対象の場合には、「うっかり忘れ」や「つい忘れしまった」という表現方法を用いるのが普通です。

また、もしも不特定多数を相手にする場合には、対象の立場はさまざまですので「失念しました」の言い方をするのが望ましいです。

始末書や謝罪文での使用もOK

「失念」は要するに「うっかり忘れ」です。

自分が忘れてしまったことが原因で何か悪いことが起きてしまったのなら、当然それを反省する必要があります。

そのため始末書や謝罪文を書く際には、「失念」という言葉を用いて文書を作成します。

始末書や謝罪文を提出する相手はほとんどの場合自分よりも目上の立場の人ですので、謙譲語である「失念」を使う必要があるのです。

また、提出した先でさらに目上の立場の人間が目にすることもありますので、十分に敬語に注意した文書を書く必要があります。

【始末書の書き方については、こちらの記事もチェック!】

ただし失念を使うような状況を作らないのが一番

「失念」とは「もの忘れ」のことです。

誰でも必ず一度はうっかり忘れやど忘れをしてしまったことがあるでしょう。

うっかり忘れをしないために、日頃から予防に努めることは出来ますし、そうして予防に努めている人は、簡単に自分がやるべきことや覚えておくべきことを忘れることはありません。

しかし、どんなに注意をしていても、やってしまう時はやってしまいます。

誰でもうっかり忘れはしますし、忘れないようにそのことだけを注意した結果、別のことを忘れてしまうことも珍しくはありません。

とはいえ、もの忘れはするものだと理解は出来ても、なるべくならばそれがないようにした方が賢明ですし、「失念」という言葉を使うような状況を作らないように努めるのが一番です。

「人は誰でも忘れることがある」と開き直らずに、きちんと日頃から忘れない努力を怠らないようにしましょう。

️「失念」の例文

「失念」してしまう場面についてご紹介しましたが、ここからは実際に「失念」という言葉を用いた例文についてご紹介していきます。

普段あまり使う機会がない人は、例文を参考にしたり、自分でもオリジナルの例文を考えたりして、いざという時にはスマートに言葉を使いこなせるようにしておきましょう。

もちろん一番はそんな例文を使わないことに限りますが、いざという時の備えのために使えるようになっておきましょう。

私の不注意で、お約束の時間を失念しておりました

この例文では、取引先との打ち合わせの約束の時間を忘れたり、顧客と会うことを忘れたりなど、元々誰かと会う約束を取り付けており、それをうっかり忘れてしまった際に使うことが多いです。

約束があったこと自体を忘れてしまったにせよ、約束があることは覚えていても、その時間を忘れてしまったもしくは勘違いしていたにせよ、相手に対して大変失礼な行為をしてしまったことには変わりありません。

そのため、例えどんな事情で忘れてしまったとしても、それをいちいち言い訳したところで、余計に相手を怒らせてしまうだけでしょう。

もし相手との約束の時間を忘れた場合には、素直に言い訳をせず誠心誠意謝罪をすることが需要です。

その際に、「この度は◯◯様に多大なご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。私の不注意で、お約束の時間を失念しておりました。」などと謝罪の言葉として用いられます。

日本人はネガティブなことに対しては、事細かに事情を説明したがる傾向が見られます。

例えば体調不良で会社を休む際に、いつから調子が悪く、経過はどのようなものか、病院へは行ったかなど、長々と相手に対して説明をしようとします。

その事情説明は、相手が求めていない場合には長々と話されても鬱陶しいと思われてしまうだけですので、出来るだけ要点を短くまとめて、かつ誠意を込めた謝罪をするように努めましょう。

パスワードを失念してしまったため、再発行をお願いします

仕事で必要なパスワードをうっかり忘れてしまった際には、当然パスワードを再発行する必要があります。

パソコンのさまざまなサイトのアカウントのように、パスワードを忘れてしまっても自分一人だけで再発行が可能な場合には、手間暇はかかっても、誰かに迷惑をかけることはそうないでしょう。

しかしそれが誰かの手を借りなければならない場合には、自分のせいで相手に時間や手間暇を使わせることになり、迷惑をかけてしまいます。

その際に、「パスワードを失念してしまったため、再発行をお願いします。」と用件を述べた後で、必ず一言「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」や「お手数をおかけして申し訳ありません」などと謝罪を付け加えておくと、相手の不愉快な気持ちを落ち着かせることが出来ます。

「失念」はあくまでも「うっかり忘れ」という言葉を敬語に言い換えているだけですので、それで誰かに迷惑をかけてしまったのなら、必ずそこには謝罪の言葉も付け加えるべきでしょう。

「忘れてしまったから◯◯をお願いします。」と言うよりも、「失念してしまったので◯◯をお願いします。ご迷惑おかけしてすみません。」と伝えた方が、反省しているという気持ちと、相手への気遣いを感じさせます。

確認事項を失念しており、大変申し訳ありませんでした

この例文は、仕事で何かの書類を作成する際や、提出物がある場合に、それに対して必要な確認事項をうっかり忘れて怠ってしまい、ミスに繋がった時などに用いる謝罪文です。

どんな仕事でも、確認事項というものは存在します。

明確に「◯◯をしなさい」と記載されていなくても、仕事をする上で暗黙のルールというものはあります。

例えば書類の作成一つとっても、誤字脱字がないか、内容に誤りがないか、書類の部数は合っているかなど、さまざまなことを提出前には確認します。

さらに明確な確認事項が記載されている場合には、必ずその確認事項の全てをクリアしていなければなりません。

もしその確認事項をうっかり忘れてしまえば、また一から書類を作成し直す必要があったり、周りの人に迷惑をかけてしまったりするでしょう。

そうしたミスが実際に起きた場合には、あれこれと言い訳をせずに、「私が確認事項を失念しており、大変申し訳ありませんでした。」と正直に謝罪をする方がまだ上司の溜飲が下がりやすく、また原因解明から次の行動への時間を短縮させることが出来ます。

️「失念」を使うときの注意点

「失念」が「うっかり忘れ」の謙譲語であり、自分がうっかり何かを忘れてしまった時に使う言葉だということは理解出来たと思います。

また、それをどのような場面で使うのか、また使う際にはどういった文章になるのかも例文を用いてご紹介してきました。

それらを踏まえた上で、さらに「失念」を使う際の注意点をいくつかまとめましたので、こちらもポイントを押さえておきましょう。

謝罪とともに使う

先にも少しご紹介しましたが、「失念」という言葉を使う際には、必ず謝罪の言葉も付け加えるようにしましょう。

日本人は昔から、他者に対する気遣いや思い遣りを大切にする民族ですので、ささいなことでも「すみません」「恐れ入ります」「ありがとうございます」などの気遣いの言葉を口にする癖があります。

そうした謝罪や感謝の言葉を口にするのが私たち日本人にとってはごく当たり前のことですので、反対にそれらの言葉を口にしない人は、「感じが悪い」「態度が悪い」など悪印象に思われることが多いです。

とくにその人のミスによって周りに迷惑をかけた場合には、気遣い以前の問題で「申し訳ありません」と謝罪をするのが当たり前でしょう。

悪いことをしたのだから謝るというのは、子どもでも分かるような常識です。

「失念」は「うっかり忘れ」という言葉の入れ替えです。

つまりは「忘れました」ということですので、忘れたことに対する謝罪の言葉もあるのが普通です。

「失念しました」と言えばそれだけで済むと考えている人は大きな間違いですので、「失念」を使うタイミングがあれば、必ず謝罪の言葉も付け加えるようにしましょう。

使うのは基本的に文面のみ

「失念」は基本的に文面で用いることが多いです。

もちろん会話の中でも「失念しました」と使うことはありますし、使ってはいけないというわけではありません。

しかし、普段からあまり使う機会がない言葉ですので、もし口頭で「◯◯の件で失念していました。」と口にしたら、その言葉をそのまま聞き手が受け取ってくれる可能性はあまり高くありません。

とくに相手が激怒している場合には、こちらの話をまともに聞いてくれるとは限りませんので、「失念」という言葉をきちんと理解出来なかったら、「何をわけの分からないことを言っている!」と余計に怒りを煽ってしまうことになりかねません。

そのため、口頭の場合には「忘れた」という表現を「失念」ではなく、「◯◯し損ねた」や「◯◯し忘れて」「頭から抜けていました」などの表現をすることが多いです。

一方で文面にすれば、同じ社会人の場合「失念」の言葉を理解している人が大半ですので、こちらの意図が相手に伝わりやすくなります。

また、長々と無駄な表現をする必要もなく、「失念しました」と短く文章をまとめることが出来ます。

さらに、口頭の場合にはかしこまり過ぎない話し方をすることも多いですが、文面の場合にはきちんとかしこまった言葉の表現方法をする必要がありますので、「うっかり忘れ」ではなく「失念」と書く方がふさわしいのです。

他人には使えない

「失念」は謙譲語です。

謙譲語とは、自分が相手に対してへりくだる表現をすることですので、自分の行動に対してのみ用いることが出来ます。

「いただく」や「申し上げる」といった謙譲語も、自分の言動や行動をへりくだった言い方をしていますよね。

同様に、「失念」もまた、自分が忘れてしまったことに対してのみ用いる表現方法です。

そのため、他人に対して使うことは出来ません。

例えば誰かがうっかり忘れをした場合に、「◯◯さん、失念したね~」と使うことは当然出来ません。

また、例えば「◯◯さんにおかれましては失念することのないように願います」といった表現も、もちろんすることは出来ません。

あくまでも謙譲語ですので、相手に敬意を払う際に用いる「お」や「ご」の言葉を付けることもしません。

時々「丁寧な表現方法なので、誰に対して使ってもいい」と勘違いする人がいますが、誰かに対して「失念しましたね」と使ってしまうと、相手の立場を自分よりも下に置くことになりますので絶対に他人に対しては使わないように注意しましょう。

同じミスを再び繰り返さない

「失念」という言葉を使えば、何度でも同じミスを繰り返していいかというと、決してそんなことはありません。

仕事をする上で、ミスは誰にでも起こりうることです。

予想出来るミスの場合には自分の責任によるものが大きいですが、予測不可能なミスが起きてしまった場合には、今度は同じことを繰り返さないようにと誰でも十分に注意するでしょう。

そして大抵の場合、一度したミスは二度三度と繰り返すことはありません。

人間には学習能力が備わっていますので、よほど仕事に対して適当な態度や悪意を持って取り組んでいなければ、同じミスを繰り返すことは早々ありません。

しかし、もし「謝れば許してもらえる」という考え方をしている人がいたなら、その人はきっと同じようなミスを繰り返してしまうことでしょう。

そしてまた、「失念」と言っておけば許してもらえると勘違いをしているかもしれません。

「失念」はあくまでも「うっかり忘れ」の敬語です。

「忘れました、すみません。」と言っておけば何度も同じミスをして許されるわけはありません。

ミスを繰り返せばその分その人への周囲の信頼はなくなり、会社からの評価も下がります。

最悪の場合「使えない人材」として、適当な理由をつけてクビにされてしまうこともあるでしょう。

「失念」という言葉を使えば、確かに相手に丁寧な印象や誠意を感じさせることが出来るかもしれません。

しかし、その手が何度も通じることはないのです。

️「失念」の使い方をしっかり覚えておこう

いかがでしたでしょうか?

「失念」は、普段使いはほとんどされることはなく、ビジネスシーンでは時々用いられる言葉です。

しかし、ビジネスシーンにおいても、口頭で使われることは実はそこまで多くはありません。

「失念」という表現は、文面において大きな効果を発揮します。

短く内容がまとまっていること、相手に対して敬意を払っていること、そこにさらに謝罪を付け加えることで、相手に対して誠意を見せることが可能になります。

また文面の場合、耳で話を聞き流すよりもしっかりと内容が相手の頭に入りますので、その分理解もされやすく、例え相手が怒っていても、比較的溜飲を下げやすいでしょう。

もしも予期せぬミスを起こしてしまった時には、「失念」を使ってしっかりと相手に誠意のある態度を示すように心がけましょう。