社会の中でよく聞く言葉の中には不思議な響きを持っているものがたくさんありますよね。

当たり前のように使っているから気づかないけれど、よく考えてみると由来の分からない言葉もあります。

もちろん、その場で調べればすぐに分かることなのですが、意外と調べる気にはならずにすぐに忘れてしまい、次にまた聞いたときに何となくモヤモヤするという経験をしたことがある人は少なくないはずです。

自分の生活の中でそれほど多く使うわけでもなければ、由来や「どうしてそんな言葉を使うようになったのか」という理由を分かっていなくても問題がないからです。

多くの言葉は、その意味さえ知っていれば間違って使うことはありませんが、そういった言葉というのは、実は意味も分からずに使ってしまうということもあるので少し注意が必要だとも言えるでしょう。

由来を知っていれば間違うことがない意味でも、由来が分からなければ、使い続けているうちに何となく間違った方向で使い始めてしまってそれが自分の中で定着してしまったということも珍しくはないからです。

それでは、そんな「日常生活の中では当たり前のように使われているけれど、実は考え始めると『どうしてそうなった…!』というような言葉」の一つである「目白押し」について見てみることにしましょう。

「目白押し」の解説をします

ここでは「目白押し」と言う言葉について見てみることにしましょう。

今までは気になっていなかったとしても、ここで「目白押し」と言う言葉についての解説、という字を見ただけで「そう言えばどうして目白なんだ?」と不思議な気分になってくるでしょう。

目白押しと言う言葉を聞くこと自体は珍しくないですが、考え始めると色々な疑問の湧いてくる不思議な言葉のように思えてきますよね。

テレビでよく聞く目白押し

目白押しと言う言葉はどこでよく聞くでしょうか。

多くはテレビのように思われます。

または車内広告などでも見ることがあるかもしれませんね。

インターネットの広告などでもポップな文字が躍っていることを見るのが珍しくありません。

それは例えばセールの時期などに特に多くなるのではないでしょうか。

「今回のセールでは目玉商品が目白押し!」というように購買意欲を煽る言葉の一つとして使われているでしょう。

ここでは目玉商品と言う言葉の目玉も気になってしまうところですが、取り敢えずは目白押しと言う言葉について考えてみましょう。

自分自身で使うことはあまりなかったとしても、それを耳にすることは珍しくない言葉なのです。

ところが、この言葉の由来を本当に知っている人はいるでしょうか。

改めて考えると不思議な言葉


改めて目白押しという言葉をじっと見てみてください。

たくさんの商品が並んでいるということは分かっても、なぜその表現をしているのでしょうか。

慣用句的に使われているというのは分かりますよね。

ですが、その言葉になぜ「目白押し」という表現をしているのかは分からないはずです。

目白押しと言う言葉を使っている場合には、その言葉を使って広告を作っている人も目白押しの状態を知らないのではないでしょうか。

あまりにもその言葉での表現が当たり前になりすぎていて、深い意味を考える必要もないものだからです。

目白を押す…?由来が気になる

目白押しの不思議なところは、その言葉を分解して見たときの印象です。

目を奪うという意味にしては「目白」ですから違いますよね。

目白というと鳥が思い浮かびますが、それにしては、その鳥を推すという状況と「色々なものが並んでいること」というのはシチュエーションに合っていないような印象があります。

目白というのが本当にとりであったとしても、どうしてその鳥が選ばれたのか、カラスや雀ではいけなかったのか、たくさんいるのなら鳩も同じではないか、などと色々考えてしまうのではないでしょうか。

由来がどんどんと気になってくる言葉ですよね。

意味と由来を合わせてチェック

不思議な言葉、目白押しを知るためには、きちんと意味と由来をチェックしておけば、間違って使うことも、不意に由来が気になってモヤモヤするということもなくなるはずです。

分かって使っているようで実は全然分かっているわけではない「目白押し」という言葉の由来や意味を合わせてチェックしてみましょう。

何の役に立つわけでもない知識ですが、それを知っていることで、一つかしこくなれたような気になることができるのではないでしょうか。

目白押しの意味

ここではまず目白押しと言う言葉の意味について見てみることにしましょう。

「多くの商品が並んでいる状態のとき」に使われる言葉ということは知っていても、この言葉の定義はご存知でしょうか。

知っているようで意外と説明できない単語が目白押しであり、皆さまの知っている意味以外にも目白押しには意味があります。

あまり使われることのないシチュエーションでも目白押しという単語が使われることがありますから、ここで一気に目白押しのただし意味を全て学んでしまうことにしましょう。

多くの人や物が込み合って並ぶこと

目白押しというのは、そもそもは多くの人や物が込み合って並んでいるという状態のことを言います。

者だけではなく人に対しても使われる言葉だというのが意外なように感じている人もいるのではないでしょうか。

確かに、普段の生活の中では人に対して使われることはありません。

ですが、実際には人がたくさん並んで込み合っているように見える状態のことは目白押しという表現にするのです。

この「並んでいる」という状態に関しても、必ず綺麗に一列でなければいけないと言うわけではなくとにかく込み合っているように多いことが、目白押しの状態です。

物事が集中してあること

物事が集中してあることも目白押しの一つの意味になりますね。

この意味はスケジュールが詰まっているときの表現に使われます。

モノや人だけではなくイベントに対しても使われることが多くあるということになります。

ある一定の期間に置いてたくさんの物事が集中的に行われるのであれば、それは目白押しという単語で表現することができるのです。

多くのものが隙間なく並ぶこと

多くのものが隙間なく並んでいることも目白押しという表現をすることができるものの一つです。

込み合っているというだけではなく、整然と並んでいるけれどぴたりと隙間のない状態などは目白押しという表現になるでしょう。

隙間なく並んでいるように見えるほどに物が多いような状態のことも目白押しといえるかもしれませんね。

一列ではないとしても、間合いを取らないようにして並んでいるような様子は目白押しの状態であると言います。

目白押しの意味まとめ

「注目商品が」「大型展示が」などという表現と一緒に使われることが多い言葉なので、どこか目白押しにもそういった意味が込められているのではないかと思われる人がいるようです。

ですが、それとは異なり、大きかろうが小さかろうが、注目度があろうがなかろうが関係ありません。

目白押しというのは、そこに物や人がたくさんいて押し合うように並んでいるような様子のことを言うのです。

スカスカになっているのではなく、とにかく隙間なく並んでいるような様子のことを言うので、問題は中身よりその数や並んでいる状態だということですね。

目白押しの類語

目白押しの類語には「すし詰め状態」などの表現があります。

すし詰めというのも表現が面白いですが、こちらは想像するのが容易ですよね。

また「ぎゅうぎゅう詰めになっている」という表現も目白押しの類語に当たるようなので、こちらの言葉と類語だと言われると目白押しのイメージが分かりやすいかもしれません。

他にも「過密状態」などという表現をすることもできます。

とにかく並んでぎゅうぎゅうになっているような状態と言えば、大体の目白押しの意味は間違っていませんね。

もちろん、ぎゅうぎゅう状態と言うのは物理的な意味でもそうですし、イベントが息つく暇がないほどに詰まっているというような抽象的な意味の方でも使われます。

目白押しという遊びもある

目白押しは言葉の表現としても使われますが、そういった名前の遊びもあることはご存知でしたか?

目白押しという名前の遊びは、現在の子どもたちが行うのかは分かりませんが、昔の遊びとしては行われてきました。

簡単なルールですぐにできるので、子どもに教えてあげても良いかもしれません。

幼いころにやったことがあるという方は、目白押しという言葉の意味を聞かれたときにこの遊びのことが思い出されたということもあるのではないでしょうか。

もちろん、この遊びをしているときにも、どうして目白押しという名前なのかを知らないという人は多いでしょう。

子供が大勢集まって押し合う遊び


目白押しで遊ぶためには、子どもがたくさんああ詰まっていなければいけません。

に三人でしていても面白くはないので、小学校や幼稚園のクラス単位で行うと良いかもしれませんね。

それほど危険な遊びではありませんが、やはり熱中すると怪我をすることもモデルかもしれませんので、大人がきちんと見てあげなければいけないでしょう。

一列に並んで押し合い、外に押し出されたらまた端に行き押す

目白押しの遊び方はとても簡単です。

目白押しと言う言葉通りに、全員で一列に並んで押し合うのです。

そして、そのままぎゅうぎゅうに推し合って、外に出されたらまた端に行って押し合うようにするのです。

外からの圧力がかかるので、一列のままでいようとすると必ず押し出されてしまう子供が出てくるでしょう。

そのため、勝ち負けはありませんが、ずっと遊び続けられる楽しい遊びです。

押し出されるときに転んでけがをしないかというところだけは気を付けなければいけませんが、単純なルールですぐにできるのが楽しいですね。

子どものころによくこれで遊んだという方もいるのではないでしょうか。

目白押しの意外とかわいい由来

ここからは目白押しの意外とかわいい由来にてついて見てみることにしましょう。

目白押しと言う言葉の意味は分かっても、やはり、その言葉の由来が分からなければ、何となくモヤモヤしたままになってしまいますよね。

どうして目白という表現をしているのか、その目白には意味があるのかということなどが気になっているのではないでしょうか。

目白とはどこから来たのか?

そもそも目白と言う言葉がどこから来たのかというところがポイントですが、これは、鳥のメジロが元になっています。

目白という鳥が押し合っている様子を表現しているのが、目白押しと言う言葉の由来なのです。

可愛らしい由来だという印象がある一方で、それでもまだ、鳥について詳しくない方は、何となくピンと来ていないというのが本当のところでしょう。

それでは、メジロという鳥はいったいどのような特徴を持っているのでしょうか。

目白とは”鳥のメジロ”

メジロはスズメ科に属している鳥で、非常に小さめの鳥であることが分かっています。

スズメよりも小さいというと、その小ささにびっくりするかもしれませんね。

とてもきれいなウグイス色をしており、目元が白く円形に囲まれているので、とても可愛らしい印象がある鳥です。

目元が白く囲まれているというところがメジロという鳥の名前の由来となっています。

また、メジロ自体はカタカナ表記されることが多いですが、「目白押し」と言う言葉にしたときには目が白いという意味の幹事を宛てるようになりました。

ウグイスと混同されることが多いようですが、ウグイス色でも警戒心が低いために簡単に見つけることができるのはメジロの方のようですね。

日本でも良く見られますし、よく観察していると公園などにもいることが分かるのではないでしょうか。

メジロは主に花の蜜を食していますので、南から北に移動することもあります。

一羽だけで行動するというよりも群れになって行動することが多く、集団でいるところを見かけることもあるでしょう。

この、集団でいるというところが、目白押しの由来になっていますよ。

メジロが木に止まるとき横一列に並んで押し合う性質がある

メジロは夜になって眠るときには、横一列に並んで押し合うようにして眠る性質があります。

ただ横一列に並ぶというだけではなく、中には割り込むようにして着に止まっているものもいれば、外から推しているように見えるものもいるなど、かなり無礼講といった様相でぎゅうぎゅうになって止まっているところが特徴です。

また、眠るときだけではなく、そもそもメジロには普通に木に止まるときにでも固まって止まる傾向があり、二羽だけでもぴたりとくっついて止まっていますし、集団で一緒にいるときには、やはり押し合うようにして隙間なく泊まっている様子がうかがえます。

その様子を人間で表したもの

木に止まって集団で並んで押し合っているように見える、その様子を人に例えたところが「目白押し」の由来となりました。

もちろん、現在では人以外に物に対しても使われる表現であり、必ずしもメジロのように横一列に並んでいる必要はありません。

集中的に固まっている様子、押し合っている様子という様子を表現したい時には「目白押し」という表現がぴったりなのではないでしょうか。

木に止まるメジロの可愛さはこちら

ここまでくると、木に止まるメジロの画像も見てみたくなりますよね。

意外と「メジロ」だけで検索してみても出てこないので、「目白押し」という表現で画像検索して見ると良いですよ。

二羽だけでぴったり止まっている様子を見ることもできますし、集団で押し合うようにして着の枝に止まっている様子も見ることができます。

また、動画なども検索して見ると、ぴったりと止まっているだけではなく、押し合うようにして止まりに行っている様子や、和いこもうとしている様子なども見ることができるでしょう。

自然の中で見ることができると良いですが、そう簡単に肉眼では見つけることができなさそうなので、ぜひ、動画サイト等で確認してみてくださいね。

可愛くて、ちょっと為になる由来

普段使っている目白押しという単語の由来がこのような可愛らしいものだったとは驚きですよね。

目白押しという表現からは、何となく圧迫感がある様子があったり、何かが大量に出てきて人が溢れるような殺伐とした感覚があったりしますから、由来がこれほどまでに可愛らしいものだったとは思わないのではないでしょうか。

これからは目白押しという表現を聞くたびに、何となく押し合っている様子のメジロが目に浮かんでしまいそうですよね。

目白押しの使い方

ここまでは、目白押しという単語の意味や由来について見てきました。

可愛らしい由来の言葉であったとしても、普段慣用句として使うという意味では関係ありません。

何かが集中的にあったとき、大量のものが溢れているときなどに使われるのが目白押しですから、のどかな様子というよりはせわしない印象のある言葉というイメージになるのではないでしょうか。

ここでは、そんな目白押しという単語の使い方についてご紹介したいと思います。

目白押しの使い方を例文とともにチェック

しっかりと意味が分かるようになったのなら、その使い方も一緒にチェックしておく必要があるでしょう。

目白押しという単語の使い方はそう難しく貼りませんが、聞くことは多くても自分で使うことは少ない単語となります。

そんな目白押しについて具体的に使い方をご紹介します。

目白押しの例文1「この祝日は楽しみが目白押しだ」

一つ目の例文には「この祝日は楽しみが目白押しだ」という使い方をあげることができます。

これは簡単ですし、よく使われるよう法なのではないでしょうか。

楽しみにしているようなイベントや心躍る出来事が集中的にあるということでしょう。

列に並ぶようにきっちりと整然として並んでいるわけではなく、とにかく短期間の間に集中して色々なことが起こるというところを表現するために「目白押し」という表現を使っているのです。

目白押しの例文2「マニア垂涎のイベントが目白押しになっている」

「マニア垂涎のイベントが目白押しになっている」という文章からも、イベントがたくさん集中的にあるのだという様子がうかがえますね。

こちらに関しても、ある期間中に集中して沢山のイベントが行われているのだというところが想像できる言い回しとなっています。

正確に言えばこれらのイベントは「隙間もないくらいに」押し合うようにしてあるわけではないのですが、普段はそれほど立て続けに開催されるはずではないものが、集中的にある気管に集まってあるということを表現するためには、こうして目白押しという表現を使うことになるのです。

目白押しの例文3「目玉商品目白押しの大セール」

こちらは最初に挙げた例文ですね。

「目玉商品」の大セールで、とにかく注目してほしい商品が大量に溢れていますというところを表現するために「目白押し」と言う言葉を使っているのです。

こちらの場合には「隙間なく並べられている」「とにかく量が多い」「商品が押し合っているように見えるほどたくさんある」という意味で目白押しが使われているのです。

目白押しの例文4「寒いのか子どもたちが目白押しの状態でいた」

「寒いのか子どもたちが目白押しの状態でいた」というのは、並んでいる子供たちの姿が思い浮かびますよね。

人間に対して使われるような場合には、どちらかというと由来になっている目白の様子に近いようなものが想像される傾向にあるようです。

もちろん、ぎゅうぎゅうになっている様子も目白押しといいますし、数人の子どもたちが押し合うようにして三人でくっついているように見えるのも目白押しといいます。

ただ、現代の目白押しの認識としては横一列にぴったりと並んでいる様子が伝わるかが分からないので、これを使って本当に相手に通じるのかというところは疑問が残ってしまいます。

ただ、小説の用言などで使われることもありますし、きちんとどのような状態なのかは分かるようにしておいた方が良いでしょう。

目白押しの例文5「棚に酒瓶が目白押しに並んでいるような状態だった」

「棚に酒瓶が目白押しに並んでいるような状態だった」というのも分かりやすく、メジロのように横一列にぎゅうぎゅうに隙間なく並べられている様子というのを表しています。

目白押しというと、普通に「きっちり並んでいた」「大量に並んでいた」というよりもインパクトのある様子を表現することができますから、あまりに大量のものがきちんと並んでいて驚いたときなどには「目白押し」という表現をすると良いでしょう。

もちろん、こちらも口語で普通に使われているところはあまり見かけませんが、意味が通じないということはありませんし、読んだ時に分かるようにしておくというのは便利かもしれませんね。

ほかによく分からずに使っている言葉とは?

目白押しのほかにも、日本語の中には由来が分からずに使っているおもしろい言葉というのはたくさんあります。

それらは普段は気にならずに使っていたとしても、ふとおかしさに気づいてしまったときに「どうしてこんな表現をするのか」と気になって仕方なくなってしまうでしょう。

ここでは目白押しのように、気になり始めると何だろうとモヤモヤしてしまう言葉をいくつか集めてみました。

中には同じように動物由来のものもたくさんありますから、今まで知らなかった単語の由来について調べてみると面白いということもあるのではないでしょうか。

牛耳る

「政界を牛耳る」などの使い方をされるのは「牛の耳」です。

何らかのグループで優位に力を持って支配していることを牛耳ると言いますが、どうして牛の耳というのも同士のようにして使って支配するという意味になるのでしょうか。

この由来は古代の中国の風習にあります。

いくつかのグループが同盟を組むようなときには、そのリーダーとなった人が牛の耳をちぎったのです。

そして、そこからあふれる血を啜ることで盟約を結んだというところから、集団の中で力を持って支配をすることを牛耳るという表現をするようになったのです。

牛の耳が同士代わりのようにして使われているのはとても不思議でしたが、実際に、牛の耳を引きちぎったというところから縮まって牛耳ると言う言葉が現在にも残っているということですね。

はなむけ

これは漢字をよく間違ってしまうところがあるのではないでしょうか。

「花向け」と言う言葉で書いているところも見かけますが、実際には花を向けてあげるということではありません。

旅立つ人たちに対してのお祝いの言葉などを言う際に使われる言葉ではありますが、これは昔、旅人の足が馬であったというところから来ています。

必ず馬を使って利用しているので、旅の前に無事を祈って馬の鼻先を進むべき方向に向けてあげるような風習があったのです。

そのために、旅立ちの前には「はなむけ」という言葉ができました。

現在では馬を使うことはありませんから、どちらかというと確かに「花向け」という方が状況には即しているかもしれません。

ですが、それでは漢字を間違ってしまっているので気を付けてくださいね。

さばを読む

年齢などをごまかすことを「鯖を読む」といいますが、これは確かに魚の「鯖」で間違いありません。

サバというのはとても傷みやすい肴であると言われています。

早めに取引をしないと、商売の一番のかなめである鮮度が落ちてしまうので、商人たちも比較的サバの取引は急いで行っていました。

人間は急いでいるときにはミスをしやすいものですし、細かいことには気を遣わないものです。

新鮮さを保つために急いでサバが何匹分かを数える必要があったのですが、このときに、スピードが大事であることをいいことに数を誤魔化す承認もいました。

そのために、適当に数を誤魔化すことを「鯖を読む」という言葉で表現するようになったそうです。

はめを外す

理性をなくしてしまう、冷静に考えることをせずに調子に乗ることを「羽目を外す」という表現をすることがありました。

では、「羽目」とは何のことだ?というのが疑問になるでしょう。

この「羽目」は、馬の口に着けている縄のことを言います。

馬を制御するためには必要だったもので、その縄がなければ馬は言うことを聞きませんし、暴れて手が付けられなくなってしまうこともあるでしょう。

そのために「羽目を外す」という表現で、コントロールできなくなった人間のことを言うのです。

鶴の一声

これもかなり有名なことわざですね。

鳥はたくさんいるのに、どうして鶴で萎えればいけないのか、と疑問に思ったことはありませんか?この理由は簡単で、鶴の声はとても通るからです。

そして、かなり響く声でもあるからです。

そのため、この声が聞こえてくると、他の声が負けてしまう、全てをその声が決めてしまうということで「鶴の一声」という表現が使われるようになりました。

偉い人だから鶴、と言うわけではなくて、鶴の声が良く通っているからという、鶴の特徴をよく表現した言葉だということですね。

人に話したくなる目白押しの由来

いかがでしたか?

日本語には色々な表現がありますし、その中には由来がさっぱり分からないものもたくさんありますよね。

日本語は自分の母国語であるがゆえに、使い方に対しての疑問がわきにくいというところもたくさんあります。

改めて言語を習う場合には由来が気になって仕方がなくなるような言葉も、日本人にはそれを受け入れるのが当たり前になってしまっているので、それほどに気にならないのです。

ですが実は鳥が並んでいる姿を由来としていた「目白押し」など、日本語の表現にはたくさんの面白いものがありますよね。

知っていてもあまり役に立つということはないかもしれませんが、子どもの素朴な疑問に答えることもできますし、何となくモヤモヤするということもなくなるでしょう。

使い方に不安を覚えることもなくなりますし、一つかしこくなったような気がして、人の話したくなるのではないでしょうか。

日本語の中にはこれらの面白い表現がたくさんあります。

暇な時、不意に気になってしまったときなどはこれらの表現をきちんと調べてみると良いでしょう。

自分が今まで気にもしていなかった表現の世界を知るということは、その言葉に触れるたびに、新しい世界に接するということでもあります。

むしろ、何も知らずに使っているともったいないような気分になるおもしろい由来もあるのです。

表現の世界の深みに興味を持って見れば、より、楽しく言葉の世界の中で生きることができるでしょう。

ここでは目白押しについて詳しくご説明しましたので、次に気になる単語が出てきたときにもぜひ、色々調べてみてくださいね。