柔和な人には、自分の居場所が見つからない、ということは、まずあり得ないのではないか、と思います。

柔和な人ばかり集まっている組織や集団というのは、まず見たことがありません。

ちょっとしたきっかけで、すぐに感情的になり、ギスギスしてしまう集団の方が普通でしょう。

そうした中においては、柔和な人の存在は重みを増します。

成員同士の接着剤、集団の精神安定剤となり得るからです。

筆者がこういうケースの典型として頭に浮かぶのは、ビートルズのドラマー、リンゴ・スターです。

ジョン・レノンとポールマッカートニーは、最強のコンポーザーコンビでした。

第三の男ジョージ・ハリスンも2人に触発され、努力を重ね、名曲を発表するようになります。

この3人は曲作りのライバルでした。

また3人とも身長180cm以上、堂々とした押し出しです。

これに対し、リンゴ・スターは第4の男ではありませんでした。

別の位相空間にいたからです。

3人より10cm低い伸長と大きな鼻、味のある言語センスによって、柔和な癒し系として独自の存在となっていました。

見てくれでも作曲でも、他のメンバーにとってライバルではなく、メンバー間の対立を解消へ向かわせる緩衝材の役割を果たしていたのです。

柔和な人の象徴のような存在ではないでしょうか。

柔和は人の16個の特徴

柔和な人は、一定の人数をかかえる人間集団にとって、欠かせない人材ともいってよいでしょう。

その存在によって、集団をまとめるばかりか、集団の在り方さえ変えていくことができます。

それではこうした重要な役割を担う、柔和な人たちには、どのような特徴が見られるのでしょうか。

共通項といってもよい点は、果たしてどれくらいあるのでしょうか。

以下探っていきましょう。

親も柔和であることが多い

柔和な人は、どのような共通の背景を持っているのでしょうか。

何よりもまず、家庭環境の影響が考えたいところです。

誰もが育ちの良さを想像することでしょう。

これは極めて重要な要素に違いありません。

両親の夫婦仲がよく、怒りやうらみつらみなど負の感情に覆われたことが、ほとんどない家庭で育っていると考えられます。

とくに父親の出来の良さはカギになります。

それは、よくも悪くも存在感を放っているかどうかにかかっています。

父親の腰が据わっていない、やたら細かい、疑り深いなどの傾向は、家庭全体の落ち着きを、なくしてしまいます。

これは子どもの精神に、大きく影響を与えていきます。

引きこもりなど問題も出やすくなります。

柔和な性格の人は、こういうことには無縁の、柔和な家庭に育った人が多いのは、間違いなさそうです。

性格は遺伝する

男の子は母親に似る、女の子は父親に似る、などと言われますが、それはおそらくそうあって欲しい、と考えている両親が多いために、世間に流布されるようになったのでしょう。

実際はどちらに似るかはわかりませんし、どちらかの祖父母に似るという、隔世遺伝もあります。

筆者には男の子は、声が父親に似るという印象を強く持っています。

風貌は似ていなくても声だけ似ているのです。

電話の声がどちらの発したものかわからず、何回も友人とその父親を間違える失敗したことがあります。

ジョン・レノンの息子は声がそっくりなのところが非常に印象的で、郷愁を誘います。

遺伝に起因する部分は、外面、内面を問わず、かなり大きなものがありそうです。

柔和な雰囲気で育てば柔和さをまとう

柔和なリラックスした雰囲気は、精神的な安定感のある家庭にしか存在しません。

それを身にまとうことができた人は、幸せな人と断定しても間違いありません。

ギスギスした家庭の作品でないことは、あきらかです。

他人との距離と取り方に優れていて、感情が非常に安定しています。

他人の目を気にしているようには見えません。

さらに集中力にも恵まれている印象もあります。

言動がスローペース

柔和な家庭は非常に優れた孵化器ですが、あまりに緊張感のない環境で育ったケースでは、ゆるキャラに育ってしまうかも知れません。

反応に時間を要する、のんびりゆったりした性格となりやすいと思います。

へたをすると、鈍感、鈍い人とさえ評されてしまいます。

動作やしゃべりが、ひどくスローになっている可能性があります。

これは、自分では気付きにくいものです。

人との対比において、おそい、のろい、と判断される相対的な基準だからです。

筆者は東京の大学を卒業して、故郷の会社に就職しました。

たまに東京へ出て、学生時代の友人たちに会うと、「XXさん、歩くのが遅くなりましたよね。」などと、よくからかわれたものです。

東京はやはりせかせかしているのを、改めて実感しました。

スローとクイックの基準が、地方とはまったく異なっているのです。

急いでいる場面は貴重!

周囲の人たちがみなが急いでいる場面は、スローペースを矯正するのにはもってこいです。

積極的に、手足と口を動かすように心がけましょう。

大変役に立つトレーニングになります。

性格が柔和な上、かつ動作がテキパキしているというのは、現代人の理想ともいえる姿です。

その姿を目指して行動していきましょう。

いつも笑顔でいる


柔和な人は、深刻に考え込んでいる姿を見かけることがありません。

表情が険しくならないように、訓練されているようさえ見えます。

シリアスな状況におかれても、周囲の感情には流されません。

その場かぎりの正義感を発揮して、人につっかっていくようなこともありません。

きわめて感情が安定しているのです。

温和な笑顔はその象徴のようなものです。

しかも媚びるような営業スマイルではありません。

周囲を和ませてくれる暖かい笑顔です。

怒っている顔や泣いている顔をあまり見ない

柔和な人は、怒ったり、泣いたりの感情の起伏を、他人には見せません。

起伏自体が、実になだらかだかです。

急坂やがけはなく、末広がりの富士のすそ野のようです。

これを後天的に努力して身につけるのは、大変なことなのです。

それを苦も無くできている人は、恵まれた家庭環境だけではなく、生まれつき高い能力を備えている、といっても過言ではないでしょう。

才能というべきものです。

周囲の人への気遣いが立派

性格が安定している柔和な人は、意図しているわけではなくても、自然に周囲への気使いができています。

普通にしているだけですから、肩の力は抜けています。

したがって相手も警戒心を呼び起こすということがありません。

いきり立った相手も簡単にリラックスさせることができます。

とりまく空気は、すぐに和やかなものに変わります。

周囲の人のことをよく見ている

柔和な人は、他人にあまり関心がないように見えて、意外に周囲をよく見ているものです。

これも性格が安定し、澄みきった心境によるとことが大きそうです。

ただしその裏にある、他人の抱える心理的な傷にまでは、思いいたらないことが多いようです。

不幸とは無縁に過ごしてきたため、性格が良すぎるのです。

人の気持ちの葛藤に対し、敏感というには、あたりません。

その反対の鈍感の方に近そうです。

しかし、だれにもわかる心の傷くらいなら、その柔和さを十分に生かせます。

人をリラックスさせることが、苦も無くできるからです。

あまり物事に熱中しない

柔和な人は、のんびりしていて、あまり物事に熱中しないイメージがある一方で、やるときには人の目を気にせず集中しているイメージもあります。

サラリーマンとしては最も向いているタイプかも知れません。

いちいち感情的になることが少なく、こびへつらいなども少なく、とにかく安定しています。

周囲と軋轢を生むようなことがありません。

その姿は、たいていの人にとって、好ましく、頼もしくも見えるものです。

感謝の気持ちを忘れない


金を貸したことは忘れても、借りたことは忘れてはならない、という言い方があります。

たしか田中角栄の関連本に載っていました。

ここで話は少し変わりますが、1950年トヨタ自動車は、経営危機に見舞われました。

創業家の豊田喜一郎社長が辞任に追い込まれ、創業以来初の人員整理も行っています。

このとき地元の東海銀行と三井銀行が中心となって融資団を組みました。

その融資のおかげで、トヨタ自動車は会社史上最大の危機を乗り越えることができました。

一方、このとき融資団に参加しなかったどころか、融資を引き上げた住友銀行を、トヨタは決して許しませんでした。

その後50年間、住友銀行はさくら銀行と合併して新銀行に衣替えするまで、トヨタとは一切の取引ができなかったのです。

これに対しては、トヨタはあまりに意固地にすぎる、という意見もあるでしょう。

しかし支援をしてくれた他の銀行に、感謝の気持ちを表している、と解釈することも可能なのではないでしょうか。

自分よりも人のことを大事にする

トヨタ自動車は法人、それも日本最大の営利法人ですが、これが個人事業の場合ならどうなのでしょうか。

砂をかけてさっていった銀行が、金持ちになったからといって、へこへこ頭を下げて取引を求めてきても、ほとんどの人は、蹴とばして追い返すのではないでしょうか。

苦しいとき支援してくれた銀行を大事にするに違いありません。

逆に銀行が困ったときは、協力してあげるといったスタンスは、ごく普通のことではないでしょうか。

倒産するかどうかという、極限の経験をした後では、とくに人とのつながりを大事に考えられるようになります。

人の悪口や噂話をしないこと

柔和な人は人の悪口や噂話をほとんど言わない印象です。

回りまわって自分に跳ね返ってくるということを、社会経験上、学んでいるというわけではありません。

性格が安定していて、人のことで目くじらを立てることがないのです。

性格が安定していれば、やってはいけないことは自然に学び、身につくようになります。

人を疑うことも少なくてすみ、周囲の好感度は上がります。

わざとらしさはほとんどありません。

信頼できる人々に囲まれて過ごした時間が長かったということでしょう。

生活リズムが安定している

柔和で性格が安定している人は、生活のリズムも安定しています。

しかし、多少面白みに欠ける印象は否めません。

周囲にほとんど波風が立っていないからです。

ゴシップの対象となるようなトラブルはなく、ドラマ性は確かに不足しています。

しかし、それは欠点というにはあたりません。

周囲を明るくするという柔和な人ならではも長所は、それを補ってあまりあるものだからです。

冷静にじっくり考える

柔和な人は、じっくりと冷静に考えてから、やっと行動を起こす印象があります。

機敏という表現を使うのには、かなり無理があります。

むしろ腰の重い印象です。

じっくり考えますが、物事を深刻に考えすぎるようなところはありません。

理屈が先に立つという、うっとうしさもなく、安心できます。

こういうところにも、育ちのよい人の特徴が、とてもよく表れています。

人を疑わない

柔和な人は、人を疑ってかかることがありません。

いかにも人の好さが全開、といった風情です。

しかしこれは一方で、他人に対する慎重さを欠いているともいえます。

付け込まれるスキだらけかもしれません。

他人へのシンパシーの強さは、特に危険です。

他人に対しては、もっと冷静になり、じっくり吟味すべきでしょう。

あまり積極性はない

一般的に柔和な人は、ハングリー精神とは遠いところにいます。

切迫感や危機感といった感覚には疎く、物事への鋭いレスポンスは、欠けているほうです。

その結果、他人に対する働きかけは、ワンテンポ遅れがちとなります。

そうしているうちに、チャンスを逃すこともしばしばあったことでしょう。

積極果敢に人に働きかける印象はありません。

平和なときには、安心できる人ですが、ピンチのときは、周回遅れになる可能性もありそうです。

そのため頼りになる人ではあっても、組織内の出世のラインにのるかどうかは、はっきりしません。

また通常は、ギラギラした出世欲があるようにも見えません。

積極性を欠くと評価する人もいることでしょう。

異性にモテる

柔和な人には、おかしな反応が返ってこない、という安心感を周囲に与えています。

そのため非常に話しかけやすい存在となっています。

正直で裏表のなさを感じさせるため、高い好感度があります。

その代わり危険で野性的な匂いはどこにもなく、恋愛のスリルは求めても出てきません。

しかし結婚相手としてなら、ランクは非常に高い人でしょう。

いわゆる正統派のモテ男、モテ女といえます。

ポジティブ

柔和な人は、物事にを悲観的に見るということがまずありません。

悪意の存在を感知するレーダーは、あまり性能が高くないように見えます。

人間の本性は「善」であるとする、性善説に立っているといってよさそうです。

人を疑わない楽観主義は、周囲を明るくしてくれます。

ポジティブな人間として、歓迎されていることでしょう。

ただしワキの甘さには、注意しなければなりません。

あまりいい人も度が過ぎると、かえって悪意を呼び込んでしまうこともあり得ます。

注意しなければなりません。

イライラしない

柔和な人は、イライラをあからさまに人に見せるようなことはありません。

喜怒哀楽は他人にアピールするものではない、と決意を固めているわけではなさそうです。

ごく自然に、ほとんど先天的に、身に付けているのです。

家庭の雰囲気がよい、いわゆる育ちの良い人だからできることです。

これもごく普通の人が、後天的に身に付けるのは大変です。

鈍いと思われることも

柔和な人は、おっとりしている分、積極性には欠けているようにも見えます。

少し腰が重たい印象を与えています。

その部分だけが強調されれば、鈍重な人と思われてしまうでしょう。

これを避けるためには、何事もできるだけテキパキと反応することです。

ただし当人には、そういう必要を感じているようには見えません。

ここがまたじれったいところで、鈍い人の印象を増幅しかねません。

包容力がある

柔和な人には、包容力を感じます。

評価されている人は、すでにリーダー的存在として重きを成していることが多いと思います。

またどんなアンケートを見ても、女性が男性に求める要素の中には、必ず入っています。

その逆もまたしかりでしょう。

これがあると評されることは、最大級の賛辞といえます。

【包容力がある人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

よく人から相談を受ける

柔和な人は、妄言や駆け引きとは無縁なところにいるため、周囲からは厚い信頼を得ています。

常識からかけ離れた尖がったところはありません。

何かを持ちかけても、めんどくさそうな顔をされることもないだろう、という安心感を与えます。

したがって自然の勢いとして、何かと相談されることが多くなります。

柔和な人は皆に好かれる!

人は柔和な方がよいのでしょうか。

その答えはYesです。

人生は戦いの連続に違いありません。

インドの初代首相ネールは「愛は平和ではない。愛は戦いである。娘よ、そのことをよく覚えておきなさい。」という言葉を残しています。

しかし、その戦いは自分の内面における葛藤として、とどめておきたいものです。

あえて外面に出すものではないはずだからです。

表面上は、あくまで柔和にしていることこそ、人としての正しい姿ではないでしょうか。

柔和な人がいると周囲はどうなる?

柔和な人の持つ柔らかな空気は、周囲をふんわりと蔽います。

柔和な人の存在は、ビートルズのリンゴ・スターのように、雰囲気を和らげることが、圧倒的に多いものです。

集団をまとめるために欠かせない存在となっています。

話は変わりますが、ラグビーのチームでは、キャプテンとゲームキャプテンが異なっていることがあります。

キャプテンはチームをまとめていく中心として、大切な役割を担っています。

しかし実際の試合では、ゲームを組み立てるポジションの選手とは限りません。

そういうときにはゲームキャプテンを立て、試合の戦い方を任せるのです。

キャプテンは柔和な眼差しでメンバーをまとめる人、ゲームキャプテンは、切れ味鋭い戦略家、という感じでしょうか。

このシステムはなかなかの優れもので、一般の会社組織でも導入すればいい、と筆者は考えているのですが、みなさんはどう思われるでしょうか。

雰囲気が明るくなる

柔和な人の存在によって、集団内の雰囲気が和らげられれば、その集団ごとブラックホールに落ち込むような危険を避けることができます。

それどころか集団内では、次第に光が増していくことでしょう。

目的達成に向けてチームが勢い付きます。

柔和な人の存在は、集団の雰囲気を変化させる、触媒の役割を果たします。

ストレスが解消できる

柔和な人は、ストレスをため込むことがありません。

うまく発散しているというより、ストレスをストレスと感じとるセンサーの数が、もともと少ないように思えます。

からかわれたり、意に沿わないことがあったとしても、あまりストレスを感じないで済む体質なのです。

何かを始めるに当たっても、嫌だなあ、と思う警戒モードが、あまり働かないようなのです。

そのため、たいていのプロジェクトは、前向きにこなしていくことが可能となるのでしょう。

これはビジネス社会では、大きなアドバンテージになります。

優しい気持ちになれる

柔和な人は、目の前の現象に、いちいち目くじらを立てることはありません。

常に落ち着いて物事を見ているからです。

過剰反応することはなく、目先の利でちょこまかと動くこともありません。

何があっても泰然としているというわけではありませんが、温かい視線で物事を見つめているのがわかります。

すると周囲も一緒になって、自然に優しい気持ちになれるものです。

まとめ

本当に柔和な人というのは、とくにサラリーマン社会では、見かけなくなりました。

いつもニコニコしていて集団の精神安定剤となっているような人です。

最近の若い会社員がプレッシャーに弱いのは、こうした存在の不在が影響しているのかも、とも思えてきます。

相談相手が得られていないのかも知れません。

サラリーマン社会全体が、ドライになる方向へ動いているのは、間違いありません。

そういうことからも柔和な人は希少価値は、いやおうなく増しているといってよいでしょう。

こういう需要に応えることは、十分に可能だと思います。

ギスギスした自分とその所属集団を、和ませる人間に変身してみてはどうでしょうか。