CoCoSiA(ココシア)

柔和な人の16個の特徴。こういう人は好かれます!


柔和な人には、自分の居場所が見つからない、ということは、まずあり得ないのではないか、と思います。

柔和な人ばかり集まっている組織や集団というのは、まず見たことがありません。

ちょっとしたきっかけで、すぐに感情的になり、ギスギスしてしまう集団の方が普通でしょう。

そうした中においては、柔和な人の存在は重みを増します。

成員同士の接着剤、集団の精神安定剤となり得るからです。

筆者がこういうケースの典型として頭に浮かぶのは、ビートルズのドラマー、リンゴ・スターです。

ジョン・レノンとポールマッカートニーは、最強のコンポーザーコンビでした。

第三の男ジョージ・ハリスンも2人に触発され、努力を重ね、名曲を発表するようになります。

この3人は曲作りのライバルでした。

また3人とも身長180cm以上、堂々とした押し出しです。

これに対し、リンゴ・スターは第4の男ではありませんでした。

別の位相空間にいたからです。

3人より10cm低い伸長と大きな鼻、味のある言語センスによって、柔和な癒し系として独自の存在となっていました。

見てくれでも作曲でも、他のメンバーにとってライバルではなく、メンバー間の対立を解消へ向かわせる緩衝材の役割を果たしていたのです。

柔和な人の象徴のような存在ではないでしょうか。

柔和な人の16個の特徴

柔和な人は、一定の人数をかかえる人間集団にとって、欠かせない人材ともいってよいでしょう。

その存在によって、集団をまとめるばかりか、集団の在り方さえ変えていくことができます。

それではこうした重要な役割を担う、柔和な人たちには、どのような特徴が見られるのでしょうか。

共通項といってもよい点は、果たしてどれくらいあるのでしょうか。

以下探っていきましょう。

親も柔和であることが多い

柔和な人は、どのような共通の背景を持っているのでしょうか。

何よりもまず、家庭環境の影響が考えたいところです。

誰もが育ちの良さを想像することでしょう。

これは極めて重要な要素に違いありません。

両親の夫婦仲がよく、怒りやうらみつらみなど負の感情に覆われたことが、ほとんどない家庭で育っていると考えられます。

とくに父親の出来の良さはカギになります。

それは、よくも悪くも存在感を放っているかどうかにかかっています。

父親の腰が据わっていない、やたら細かい、疑り深いなどの傾向は、家庭全体の落ち着きを、なくしてしまいます。

これは子どもの精神に、大きく影響を与えていきます。

引きこもりなど問題も出やすくなります。

柔和な性格の人は、こういうことには無縁の、柔和な家庭に育った人が多いのは、間違いなさそうです。

性格は遺伝する

男の子は母親に似る、女の子は父親に似る、などと言われますが、それはおそらくそうあって欲しい、と考えている両親が多いために、世間に流布されるようになったのでしょう。

実際はどちらに似るかはわかりませんし、どちらかの祖父母に似るという、隔世遺伝もあります。

筆者には男の子は、声が父親に似るという印象を強く持っています。

風貌は似ていなくても声だけ似ているのです。

電話の声がどちらの発したものかわからず、何回も友人とその父親を間違える失敗したことがあります。

ジョン・レノンの息子は声がそっくりなのところが非常に印象的で、郷愁を誘います。

遺伝に起因する部分は、外面、内面を問わず、かなり大きなものがありそうです。

柔和な雰囲気で育てば柔和さをまとう

柔和なリラックスした雰囲気は、精神的な安定感のある家庭にしか存在しません。

それを身にまとうことができた人は、幸せな人と断定しても間違いありません。

ギスギスした家庭の作品でないことは、あきらかです。

他人との距離と取り方に優れていて、感情が非常に安定しています。

他人の目を気にしているようには見えません。

さらに集中力にも恵まれている印象もあります。

言動がスローペース