平服は何を着れば良い?パターン別のおすすめスタイル。男性編・女性編のイメージ写真
皆さんは友人などの結婚式の招待状で「平服にてお越し下さい。」などの招待状を貰った経験はありませんか?

また、平服とはどういったものなのかわからず、服装選びに迷ってしまった経験のある人もいるのではないでしょうか?

友人といっても、結婚式は晴れの舞台でもあり、招待された方も失礼のないようにしなければいけません。

友人の為にもきちんとした服装を選びたいという気持ちにもなってきます。

日本語はこういった難しくて普段は使わないような言葉が時々出てきます。

もう少し簡単に書いてくれれば…と思った方もいるでしょう。

そこで今回のテーマになりますが、平服とはどういった服装を指すのかということについてお話しをしていきたいと思います。

招待状等に書かれている平服の文字

「平服でお越しください。」とは、相手への気遣いなどもあり、普段通りの格好で来て下さいといった意味が含まれています。

しかし、この普段着というものが大きな問題になってきます。

自分の服でどれを選んだらいいのかと迷いってしまうでしょう。

ネット検索しても、「日常の衣服」や「普段着」などと記されているものが多くあるので、戸惑ってしまった人もいると思います。

まさかパーティーなどの会場に、ジーンズなどを履いていくという事も考えさせられます。

それに、それなりの服装でなければいけないという事は想像がつくのではないでしょうか。

それを言葉の意味のままに受け取ってしまうと、本当に恥をかいてしまうことになりますね。

誰かの面子を潰してしまうような事態もあり得ます。

普段着の意味なのに普段着じゃない!

ネットなどでは普通の格好などと書かれていますが、普段着のことを指しているのではありません。

これだけを見ると普段着ではないのならきちんと表してほしいと思う人もいますよね?

平服という言葉に関しては多くの方が苦い経験もしてきましたし、これからもするであろう人が沢山でてきます。

自分はそのような事にならないようにしっかりと意味を理解していくようにして下さい。

それでは平服とはどのような服装を選ぶのかについてお話ししていきますので、確実に理解をしていくようにしましょう。

平服は『その場に適した服装』の事

その場に適した平服の女性
招待状などに書かれている平服の意味ですが、これは『その場に適した服装』と考えましょう。

例えば、ダンスパーティーなどが開かれることになり自分が招待されたとして、ダンスが出きないような服装で出席をすれば恥をかくことになります。

また、法事などの席でも平服という言葉を使うことがありますが、この場合でも同じです。

冠婚葬祭の席に出席をする場合にはそれなりの服装というものがあります。

法事で一人だけパーカーを着ている人物がいたら、周りからの視線も冷たいものになりますよね。

そして、自分としても早くこの場から去りたいと思うはずです。

礼服ほど正装じゃない

その場に合ったといっても法事などでは礼服が一般的です。

基本となってくるものはあくまでも礼服であり、そこから少しだけ肩の力を抜いたような服装にすれば、それほど間違ったことにもなりません。

自分がそのような招待状をもらった時には、礼服を基本にしたものを選ぶようにして下さいね。

とは言っても、ここで説明が終わってしまえば結局はどんな服なのかがわかりませんよね?

礼服を基本としろなどと言っても、最終的に平服にはこういったものがあるという事がわからないと意味のないことになってきます。

そういった事もあり、今回は男女別で平服でのおすすめスタイルについてもご説明していきます。

平服で何を着れば良い?パターン別おすすめスタイル【男性編】

それでは勘違いをしやすい平服についてですが、男性の場合におけるおすすめのスタイルを紹介していきたいと思います。

色々な招待状なども考えられるために、今回は「面接時」と「結婚式」、そして「葬式」の場合の3つのパターンで紹介していきます。

自分が平服を選ぶ際の参考にして頂けたらと思います。

それでは最初に男性が面接に行く場合のおすすめスタイルになります。

面接の場合

これから就職活動などをする方も「面接時には平服でお越し下さい。」などと書かれた案内状が届くかもしれません。

この場合に、何も調べないままに普段着で面接に望めば散々な結果になることは目に見えてわかってしまいます。

この場合での平服ですが、最初に考えていかなければいけない事は『清潔感のある爽やかな服装』ということになります。

面接官の印象が悪くなってしまえば、合格する可能性もかなり低いものとなってしまいます。

ラフすぎる格好では、もしかしたらその場で帰されるかもしれません。

これから面接を受ける方は、平服という言葉を理解してきちんとその場に合った服で臨むようにして下さい。

それでは最初のおすすめスタイルですが、定番とも言える服装で望みましょう。

リクルートスーツ

面接する企業への就職を心から希望する場合ですと、平服でお越しくださいと書かれていても、きちんとした服装をすることが無難です。

業界によってもふさわしい服装は変わりますが、一般企業の面接ではリクルートスーツで臨む人が多いです。

色は、無地の黒や濃紺、濃い目のグレーなどを選ぶといいでしょう。

落ち着いた色のネクタイ、襟付きの白シャツが無難です。

靴や小物はスーツに合わせて派手になりすぎないものを選びます。

企業としてもどういった服装でくるのかを見ている場合もあります。

面接で個性的な服装を選ぶ人もいますが、これはほとんどの場合はあまり良い印象を持たれずに協調性がない人物として認識されてしまいかねません。

会社というものはいかなる企業であっても組織というものを大切にしますので、入社してくる人物も協調性のある人間を求めている場合が多いでしょう。

こういったことを考えていくと特に目立つ服装を選ぶ必要はありませんし、平服と書かれた場合でも、就活に使っているリクルートスーツが最適なのだということがわかるはずです。

大事なことは、いかに自分が会社に入りたいかというやる気の問題にもなってきます。

面接をこれから受ける方は服装も大事ですが、ハッキリと自分の考えなどを伝えられるようにして下さい。

襟付きの白シャツ

面接時にはとにかく清潔感のある服装を心がけましょう。

その為、シャツの色は白を選ぶと印象が良いです。

この場合、ヨレヨレになったものではなく、きちんとクリーニングに出したもので、襟付きであるという事も大切になります。

迷った場合は白が無難ですが、業界によっては淡い色のシャツを着用してもいいでしょう。

例えば、マスコミやアパレル、広告、ITなどの場合、明るすぎない淡い色でセンスの良さやフットワークの軽さをイメージ付けることもできます。

結婚式の場合

結婚式での平服は男性の場合、会場の雰囲気や参加者の顔ぶれなどによって変わりますが、派手すぎないスーツが一般的です。

会場の雰囲気やゲストに合わせて服装を選ぶようにするといいでしょう。

それでは男性の場合の結婚式でおすすめの平服をご紹介します。

スーツ

目上の方や年配の方、親族が多い場合、また、高級な会場やフォーマル寄りな場合、失礼のないようにスーツを選ぶのが無難です。

ブラックスーツやダークスーツに、少し流行や遊び心を取り入れてもいいでしょう。

例えば、ネイビーのスーツにピンクのタイとチーフを合わせたり、カラーシャツを着用したり、蝶ネクタイにするなど、少し華やかさを出してもいいかもしれません。

派手すぎなければ問題ないですし、お祝いの席なので多少明るい感じの色を使ってもOKです。

全体的にフォーマル感を演出しましょう。

しかし、ここでも注意したいことがあります。

結婚式では新郎は白いタキシードを着ることが多いので、それと同じような色や新郎より目立つ色、柄のスーツは避けるようにして下さい。

また、インナーはカジュアルになるすぎる黒いシャツはNGなので気を付けてください。

自分が出席をする場合の参考にしてくださいね。

また、スーツを着るのは嫌という方にはこういったスタイルがおすすめになります。

ジャケット+シャツ+ネクタイ+パンツ

友人や同世代が多い場合や、カジュアルな会場の場合、ジャケットとパンツなどの少しくだけた恰好でも良い場合があります。

きれいめのカジュアルなコーディネートを心がけましょう。

しかし、スーツの時のようにシャツやジャケットの色には気をつけるようにして下さい。

また、ジャケットは薄いストライプなど模様が入っていても目立たないようなものであればOKとなります。

あくまでも結婚式なので、ラフになりすぎないように気を付けましょう。

葬式の場合

葬式で平服と聞くとあまりないように思われますが、無宗教などの場合は案内に「平服でお越しください」と書かれていることもあります。

この場合ですが結婚式のように祝い事ではありませんので、平服の意味することは準喪服ということになります。

喪服

喪服を持っているのであれば平服と案内がきても喪服を選ぶようにして下さい。

葬式とは故人とのお別れの場であり、喪服を着て参列することがマナーとなります。

黒・濃いグレー等のダークスーツ+白ワイシャツ

冠婚葬祭の場にふさわしい黒や濃いグレーなどの落ち着いた色のスーツを選ぶといいでしょう。

ワイシャツは白に統一するようにしましょう。

また、靴下も明るい色はNGとなりますので黒いものを選んで下さい。

ネクタイは黒や濃いグレーなどの落ち着いた色にします。

葬式の場合は、黒っぽい服装を心掛けて、失礼のないようにすることが大切です。

平服で何を着れば良い?パターン別おすすめスタイル【女性編】

女性の場合は、基本的な事さえ気をつけていけば、それほど不安になったり悩むことは少ないかもしれません。

それでは最初に面接時に選ぶ平服をご紹介します。

面接の場合

基本的に面接で選ぶ服は、『清潔感のある服』に統一することが大切です。

その中でも一番のおすすめとなるのがリクルートスーツです。

リクルートスーツ

業界にもよりますが、一派企業の面接で平可と言われた場合、リクルートスーツを着用する人が多いです。

襟付きの白いブラウスに膝が隠れるくらいのタイトスカートが良いでしょう。

基本的に面接では、服の選び方ということも合否に関係してくる場合があるので、その場に合った装いでなければいけません。

平服という事でカジュアルすぎる服を選び、大失敗をしてしまうことがないようにきちんとしたスーツを選ぶようにしましょう。

そして、派手なメイクやアクセサリーは印象が悪くなるのでNGです。

髪は顔にかからないように、一つに結ぶなどして清潔感のある髪型にしましょう。

オフィスカジュアル

平服でリクルートスーツ以外を着用する場合、清潔感のあるオフィスカジュアルでも良いでしょう。

この場合、面接先の社風に合わせて選ぶようにしましょう。

例えば、ジャケットにパンツ、インナーは白や淡い色のブラウスやシャツを合わせて、きちっと感を出します。

紺やグレーのジャケットを羽織れば、知的な印象を与えることができるでしょう。

上品な雰囲気ならブラウスにカーディガンを羽織り、スカートを合わせても良いですね。

カーディガンはロング丈ではなく、ノーマル丈を選ぶと清潔感を出すことができます。

アクセサリーは基本付けない方がいいですが、腕時計や結婚指輪は問題ない場合もあります。

また、意外と忘れがちですが、パンプスは前日に磨いてきれいにしておきましょう。

結婚式の場合

結婚式に招待された時はお祝いの席となりますから、平服と言ってもカジュアルになりすぎないようにしましょう。

また、会場の雰囲気やゲストの顔ぶれに合わせて服装を考えるといいかもしれませんね。

色にも気をつけることが大事です。

派手でもいけませんし、新婦よりも目立ってはいけません。

結婚式においては、白で統一された服選びは絶対にNGですので選ばないようにして下さい。

そして、アクセサリーなどの身につけるものにも、マナー違反となってしまうものもあるので事前に確認しておきましょう。

【結婚式の服装については、こちらの記事もチェック!】

スーツ

スーツは大人な雰囲気で品もあるので、結婚式にスーツスタイルで参列する女性も多いかもしれません。

スーツといってもビジネススーツではなく、結婚式にふさわしいフォーマルスーツを選びましょう。

例えば、レースのワンピーススーツや、光沢感のある素材のセットアップスーツ、フレアスカートなどの女性らしい品のあるデザインがおすすめです。

さらに、パンツスタイルのスーツでもOKです。

また、新婦はウェディングドレスを着る場合がほとんどですので、白いスーツや華やかすぎるスーツはNGです。

スーツ自体はネイビーなどのベーシックな色にし、コサージュやアクセサリーで華やかさを出すのもいいかもしれません。

ワンピース

結婚式ではドレススタイルで参加する女性が大半です。

もし招待状に平服でと書かれていた際、上品なデザインのワンピースで出席するのが無難でしょう。

ワンピースの場合も色はスーツを同じで、白や黒といったものはNGなので、明るい色のワンピースを選ぶと華やかになって良いです。

またこの場合、スカートが短すぎたり肌の露出の多い服は避けるようにしましょう。

また、ファーや毛皮のバッグやボレロを一緒にコーディネートする方がいますが、結婚式の場合は動物の殺生という印象がついてしまうためにNGとなります。

アクセサリーも派手系のきらびやかなものではなく、パールなどのシックなものでまとめるようにするといいですね。

足元は素足や黒いストッキングはNGとされているので、ベージュのストッキングを着用します。

葬式の場合

葬式での平服とは「略喪服」となります。

基本的に黒を中心としたものを選んでいきましょう。

喪服

喪服があるのであれば、これを着て出席をすることが一番望ましいと言えます。

場にそぐわない服装は故人や遺族に対しても失礼となります。

喪服を持っているのであれば、平服と案内があっても喪服を着用しましょう。

黒・濃いグレー等のワンピース

喪服を持っていない時には黒や濃いグレー、紺など地味な色のワンピースやスーツ、アンサンブルを選ぶようにします。

ワンピースは露出は控え、チェックやストライプ柄でも派手ではなければOKとされています。

また、インナーも黒を着るようにして下さい。

肌が少し透ける黒のストッキングを履く

女性の場合はストッキングにも気をつける必要があります。

葬儀では、無地の黒のものを選んで下さい。

また、色の濃すぎるものはNGとなります。

肌が少し透けるようなものを着用しましょう。

夏場でどれだけ暑くても、素足はマナー違反になるので薄手のストッキングを用意しておくといいでしょう。

マナーを知った上で失礼がないようにしましょう

今回は、「平服」というあまり聞きなれない事についてのお話しとなりました。

平服が普段着という意味から間違ったまま覚えている方や、どういった服なのか悩む人も多いと思います。

覚えておきたいのは、その場所で失礼のない服装を考えていけば良いということです。

色々な場所へ参加する際には基本的なことを調べてみて、本当に大丈夫かどうかをチェックするクセもつけていくようにして下さいね。