皆さんは友人などの結婚式などの招待状で「平服にてお越し下さい。」などの招待状を貰った経験などはありませんか?

また、平服とはどういったものなのかわからず、服装選びに迷ってしまった経験のある人もいるのではないでしょうか?

友人といっても、結婚式は晴れの舞台でもあり、招待された方も失礼のないようにしなければいけませんよね?

普段着であるカジュアルな格好であれば、結婚する両家の関係者からは白い目で見られるでしょう。

それに、どこまでの気軽さで服を選んでいけばよいのか迷ってしまうこともでてきます。

そもそも平服という言葉ですが、日常で使われるということはあまりありませんよね?

礼服などは知っていても平服と書かれていると悩みを持ってしまった人も多いと思います。

新郎新婦としても平服という意味を知らずに招待状を送っている場合もあります。

ですが、式場関係の招待状のパターンから選べばそういった言葉が含まれてくることも、仕方のないことになります。

身内であればしっかりとした正装を心掛けるのが当り前となりますが、友人などの場合はどこまで許されるかが大きな問題となってきます。

両方の家に対しての礼儀というものもありますよね?

どちらかの家で不快に思ってしまえば結婚する友達の立場というものをなくしてしまい、大きな問題を残すことにもなるのです。

結婚式は心から嬉しく思える瞬間でもあり、自分の友人であれば絶対に恥をかかせたくないという気持ちにもなりますよね?

平服という文字は書かれているけれど、友人の為にもきちんとした服装を選びたいという気持ちにもなってきます。

日本語はこういった難しくて普段は使わないような言葉が時々でてきますよね?

もう少し簡単に書いてくれれば…と思った方もいるでしょう。

普段使うような言葉で表現してくれてもいいじゃないか、といった不満も出るでしょう。

そこで今回のテーマになりますが、平服とはどういった服装を指すのかということについてお話しをしていきたいと思います。

結婚式ではなくても招待状を貰う機会というのは、社会人になると増えてくるものです。

そういった時にきちんとした意味を理解していなければ自分が恥をかくことにもなってしまいます。

それが親友などの結婚式の場合だとしたら、結果は最悪なことにもなりそうです。

会社の大事なパーティーなどであれば上司の面子を潰すことにもなるのです。

どういったものであれ、社会人となればしっかりとした服装を選ばなければいけないことにもなってきます。

今回は、そういったことも含めながら、平服で恥をかかないように色々なことについてお話しをしていきたいと思います。

それでは最初のことになりますが、そもそも平服とはどういった服のことを指しているかですよね?

言葉の意味をいうものを理解すれば何かヒントが見つかるかもしれません。

ご自分でも招待された気持ちになって読み進めていくようにして下さいね。

招待状等に書かれている平服の文字

誰かから招待状をもらった場合に、「平服でお越しください。」などの文字が書かれている場合があります。

これは相手への気遣いなどもあり普段通りの格好で来て下さいといった意味が含まれています。

しかし、この普段着というものが大きな問題にもなってきます。

そもそも招待状を送られるような日常を過ごしている方は多くはありませんよね?

友人などの気兼ねのない集まりであれば数えきれないほど過ごしているとは思います。

ですが、色々な人がくるようなパーティーであったり友人などの結婚式というものは、今までの人生の中で経験が少ない人のほうが多いはずです。

そうした生活をしていれば、平服という文字を見た時に疑問も沸いてきますよね。

自分の服でどれを選んだらいいのかという迷いなども出てくることになります。

ネット検索というものが簡単な時代ですから、調べようと思えばすぐに平服の意味はわかることになります。

しかし、「日常の衣服」や「普段着」などと記されているものが多くあるので、戸惑ってしまった人もいるでしょう。

普段着といってもそれはそれで困ってしまいませんか?

まさかパーティーなどの会場に、ジーンズなどを履いていくという事も考えさせられます。

それに、それなりの服装でなければいけないという事は誰にでも想像がつきますよね?

それを言葉の意味のままに受け取ってしまうと、本当に恥をかいてしまうことになりますね。

誰かの面子を潰してしまうような事態もあり得ます。

それでは本題に入っていきますが、そもそも平服とはどのような服を指しているのかという事を見ていきます。

平服と言われてもどんな服装なのか分からない


例えば、友人から結婚の案内がきた場合で平服という文字が出てきた場合には、かなりの確率でネットを使った平服の意味などを調べる人が出てくると思います。

そこに書かれている内容は「普段着」という事になります。

これ以上調べ上げない方であればその言葉を信じてしまうことになるのですが自分の立場であればどうでしょうか?

普段着と書かれているのだからいつの格好で行けばよいと考えますか?

それとも普段着とは書かれているけれど、何か違った意味もあるかもしれないと考えるでしょうか?

こういった問題はその時になってみなければわからない事でもあるのですが、平服という文字を見た場合に多くの方が頭を悩ませる事態となっているようです。

日本語というものは本当に難しいと感じる時がありますが、平服の意味するものは普段着といっても違ったことを指している為に多くの方が誤解をしてしまう事になってきます。

普段着を着ていくと大恥をかく

ネットでは普段着と書いてあったからと言って、本当にいつもの服で出かけていけば大恥をかくことになりますのでご注意下さい。

平服の平という文字が平社員だったりとあまり良いイメージがない為、普段着ということにも納得してしまう人がいますが、この場合は少し違った意味合いが持たれています。

ここからは平服の本来の意味をいう事についてのお話しとなりますが、社会に出るようになれば色々な行事などにも参加しなければいけません。

きちんと平服の意味を理解するようにして、出席した時に恥をかかないようにしていきましょう。

普段着の意味なのに普段着じゃない!

平服は普段着だという事に疑問を持ったことがある方は、とても正しい判断をした事になります。

ネットなどでは普通の格好などと書かれていますが普段着のことを指しているのではありません。

これだけを見ると普段着ではないのならきちんと表してほしいと思う人もいますよね?

言葉の意味がわからなくて調べているのに迷わせるような事を書いても悩むだけだという考えも持ってしまいますよね?

平服という言葉に関しては多くの方が苦い経験もしてきましたしこれからもするであろう人が沢山でてきます。

自分はそのような事にならないようにしっかりと意味を理解していくようにして下さい。

それでは平服とはどのような服装を選ぶのかについてお話ししていきますので確実に理解をしていくようにしましょう。

平服は『その場に適した服装』の事


招待状などに書かれてくる平服の文字が意味するものですが、これはその場に適した服装と考えることが大切になってきます。

例えばダンスパーティーなどが開かれることになり自分が招待されたとして、ダンスが出きないような服装で出席をすれば恥をかくことになりますよね?

また、法事などの席でも平服という言葉を使うことがありますがこの場合でも同じようなことになっていきます。

冠婚葬祭の席に出席をする場合にはそれなりの服装というものがあります。

平服が普段着と書かれているからといって、本当にその服装を選ぶ人も少ないのではないでしょうか?

法事で一人だけパーカーを着ている人物がいたら、周りからの視線も冷たいものになりますよね。

そして、自分としても早くこの場から去りたいと思うはずです。

こういった失敗は最後まで調べ上げないから起ることでもあり、わかっていたら恥をかくようなことにはならなかったのではないでしょうか?

確かに平服は普段着という言葉に騙されそうにはなりますが、常識的に考えていった場合にはそういった服装は選ぶことは少ないと言えます。

きちんとした意味を表記しないことも原因の一つにはなってきますが大切なのは自分で納得するまで調べ上げるということなのです。

ネットには色々な情報が載っていて、私たちの生活というものは格段に便利さというものを感じてはいますが、その中に書かれていることが全てではありませんよね?

何かしら足りないという部分も出てきますし間違ったことが書かれているかもしれません。

ネットで何かを調べる際には最低でも3サイト程度の確認をすることが大事ですし情報を疑ってみることも大切なのです。

それでは平服についてですが、その場にあった服装というものについても掘り下げていくことにしましょう。

礼服ほど正装じゃない

その場に合ったといっても法事などでは礼服が普通ですし悩みの種がまた一つ増えてしまったようにも感じますよね?

この場合に考えていくことは礼服などを基準とした場合に、この服装でもおかしくないものを選ぶようにして下さい。

基本となってくるものはあくまでも礼服であり、そこから少しだけ肩の力を抜いたような服装にすれば、それほど間違ったことにもなりません。

自分がそのような招待状などをもらった時には、礼服を基本にしたものを選ぶようにして下さいね。

とは言っても、ここで説明が終わってしまえば結局はどんな服なのかがわかりませんよね?

礼服を基本としろなどと言っても、最終的に平服にはこういったものがあるという事がわからないと意味のないことになってきます。

そういった事もあり、今回は男女別で平服でのおすすめスタイルについてもご説明していきます。

平服で何を着れば良い?パターン別おすすめスタイル【男性編】

それでは勘違いをしやすい平服についてですが、男性の場合におけるおすすめのスタイルを紹介していきたいと思います。

色々な招待状なども考えられるために、今回は「面接時」と「結婚式」、そして「葬式」の場合の3つのパターンで紹介していきます。

自分が平服を選ぶ際の参考にして頂けたらと思います。

それでは最初に男性が面接に行く場合のおすすめスタイルになります。

面接の場合

これから就職活動などをする方なども「面接時には平服でお越し下さい。」などと書かれた案内状が届くかもしれませんよね?

この場合に何も調べないままに普段着の格好で面接に望めば散々な結果になることは目に見えてわかってしまいます。

言葉というものは複雑なものでもあり平服という文字を一般的に使われる場合もあります。

自分でも注意して調べることも必要です。

面接という大事な機会だれば、尚更に失敗などしないように心がけていきましょう。

この場合での平服ですが、最初に考えていかなければいけない事は清潔感のある爽やかな服装ということになります。

面接官の印象が悪くなってしまえば、合格する可能性もかなり低いものとなっていきます。

ラフすぎる格好ではその場で帰されるかもしれません。

これから面接などを受けることが必要となる方などは、平服という言葉に騙されることなくきちんとその場に合った服で臨むようにして下さい。

それでは最初のおすすめスタイルですが、定番とも言える服装で望みましょう。

リクルートスーツ

面接する企業への就職を心から希望する場合ですと平服でお越しくださいと書かれていても、きちんとした服装をすることが無難です。

リクルートスーツはそういった事から考えてみてもその場に合ったものでもありますし、自分を魅せることにも繋がってくるのです。

これがだらしのないジャケットなどで面接を受けるようであれば、面接官の印象も最悪のものとなり不合格の確率がかなり高くなると言えますよね?

企業としてもどういった服装でくるのかを見ている場合もありますし、きちんとした社会人になれるかという見極めにもなってきます。

ここでなぜリクルートスーツなのかをご説明しますが、一般的に売られているものは無地のものがほとんどですよね?

新入社員として迎え入れる場合にも、その人物が素直さを持っているかなどという事も関わってくる場合があるのです。

面接などで個性的な服装を選ぶ人もいますが、これはほとんどの場合は悪い印象しか持たれずに協調性もない人物として認識されてしまいます。

会社というものはいかなる企業体であっても組織というものを大切にしますので、入社してくる人物も協調性のある人間でなければいけません。

勝手に判断するような人は会社にとって好ましいとは言えませんし、何かしらの問題を起こす可能性もあります。

面接では自分のやる気なども重要な合格要素となりますが、きちんとリクルートスーツを着て周りとの調和を図れるかどうかを判断する場でもあるのです。

こういった意味などを考えていくと特に目立つ服装を選ぶ必要はありませんし、平服と書かれた場合でも就活に使っているリクルートスーツが最適なのだということがわかるはずです。

大事なことはいかに自分が会社に入りたいかというやる気の問題にもなってきますので、面接をこれからされる方などは服装も大事ですがハッキリと自分の考えなどを伝えられるようにして下さい。

また、リクルートスーツは生地が薄いものが多くなり面接の時には着られる状態ではない場合も出てきます。

こういった時には自分の持っているもので選んでも良いことになりますが服の色には十分に注意するようにして下さい。

襟付きの白シャツ

先ほどもお伝えしましたが面接時にはとにかく清潔感のある服装でなければいけません。

その為に選ぶ色は白のシャツというものが基本となってきます。

この場合にはヨレヨレになったものではなくきちんとクリーニングに出したものを着たいですし、襟付きであるという事も大切になります。

シャツだけを着る場合でも、襟付きであればネクタイも着用できます。

襟がないものであったり、色つきのシャツなどは目立ちはしますが、良い印象にはなってきませんのでおすすめしません。

きちんと真っ白のシャツとネクタイで臨むことが大切になります。

その場にあった服装を考えるとすれば、こういったスタイルが望ましいので参考にして下さい。

次の平服についてですが、結婚式も迷うことが多くなります。

こういった時には主役となる人物より目立たないような服を選んでいくことになります。

結婚式の場合

結婚式に出る場合ですが男性の場合ですと、派手すぎない服できちんとしたものであればそれほど悩むことにはなってきません。

ただし、色に関しては気をつけるようにしたいですよね?

黄色や赤・ピンクなどの原色などでは招いた方もドン引きしてしまいますし、迷惑をかけることにもなってきます。

きちんとした色を選ぶようにして、気持ちよく祝ってあげることが大切になります。

それでは男性の場合の結婚式でおすすめの平服をご紹介します。

スーツ

まずはこちらも失礼のないようにスーツを選ぶことが大切になってきます。

色に関しては派手なものでなければ大丈夫ですし、お祝いの席ですので多少明るい感じの色でもOKとなります。

しかし、ここでも注意したいことがあります。

結婚式などでは新郎は白いタキシードなどを着ることが多くなりますので、それと同じような色は避けるようにして下さい。

また、インナーで気をつけたいものは黒のシャツはNGになります。

これらの事に注意すれば男性の場合はほとんどの場合が大丈夫となってきます。

自分が出席をする場合の参考にしてくださいね。

また、スーツを着るのは嫌という方にはこういったスタイルがおすすめになります。

ジャケット+シャツ+ネクタイ+パンツ

揃いのスーツがない場合や着るのが嫌という人は、このようなコーディネートでも構いません。

しかし、スーツの時のようにシャツやジャケットの色には十分に気をつけるようにして下さい。

また、ジャケットの場合は模様が入っていたりと服によって様々となりますが、目立たないようなものであればOKとなります。

男性の場合は色的にもさほど問題になることはありませんので、上着やシャツの色が本当に適しているかという点に注意を払うようにして服選びを行うようにして下さい。

そして男性の平服で最後のにご紹介するのが葬式の場合になります。

葬式の場合

葬式で平服と聞くとあまりないように思われますが無宗教などの家庭の場合は案内などで「平服」での来場を伝えることも出てきます。

この場合ですが結婚式のように祝い事ではありませんので、平服の意味することは準喪服ということになってきます。

この点は勘違いをしやすい所となってきますのできちんと理解をするようにして下さい。

結婚式のように考えてちょっと明るめの色などを選んでしまうと失礼にあたりますのでご注意下さい。

それでは葬式の場合には何を着たらいいのかということですが、最初に選びたいものは平服と案内された場合でも喪服となります。

喪服

自分で喪服を持っているのであれば平服と案内がきても喪服を選ぶようにして下さい。

葬式とは故人とのお別れの場でもあり、決してふざけた態度は許されません。

きちんと喪服を所持しているのであればそれを選ぶことが当たり前ですし常識にもなってきます。

ただし、喪服がないような場合も考えられますよね?

最初から持っていなかったり以前の服が着られなくなってしまったなどの理由も考えられます。

そういった場合には以下のようなスタイルでも大丈夫となりますので参考にして下さい。

黒・濃いグレー等のダークスーツ+白ワイシャツ

この場合に選ぶ色ですが黒っぽいスーツなどを選ぶようにして下さい。

出来れば黒が望ましいですが濃い紺色でも大丈夫ですがワイシャツは白に統一するようにしましょう。

また、靴下も明るい色はNGとなりますので黒いものを選んで下さい。

葬式の場合はとにかく黒っぽい服装を心掛けるようにして失礼のないようにすることが大切になってきます。

男性の平服に関しては以上となりますがそれほど面倒なものはありませんよね?

一般的なことを考えていけばほとんどの服が大丈夫ということになりますのでそれほど悩むことはないのではないかと思います。

それでは次に女性の場合の平服についてのお話しをしていきます。

ここでも男性と同じように面接・結婚式・葬式の3パターンでご紹介しますので参考にしてみて下さい。

平服で何を着れば良い?パターン別おすすめスタイル【女性編】

女性の場合は基本的には男性と同じようなパターンとなります。

基本的な事さえ気をつけていけば大丈夫となりますので、それほど不安になったり悩むことは少ないと言えます。

それでは最初のおすすめですが面接時に選ぶ平服となります。

面接の場合

男性の場合にもおすすめをしていますが基本的に面接で選ぶ服は清潔感のある服に統一することが大事となります。

自分でもシックな服などは持っていると思いますが面接ではそのような服装は求められていませんので注意が必要となります。

その中でも一番のおすすめとなるのがリクルートスーツです。

リクルートスーツ

面接においてリクルートスーツを選ぶことには理由というものもあります。

基本的に面接ではきちんと服の選び方ということも合格かどうかを見る場所でもあり、その場に合った装いでなければいけません。

平服という事で勘違いをした人はカジュアル的な服を選び大失敗をしてしまうのできちんとスーツを選ぶようにして下さい。

また、スーツがない場合などにはこのような服装を選ぶことになります。

襟付きの白シャツ

ここでも襟付きの白いのシャツということで基本的には男性と同じ服装選びとなってきます。

面接ですからどちらかが特別という訳ではありませんし、面接官に不快な思いをさせないような服装をすることが大切になります。

次に考えていきたいのは結婚式となります。

ここで女性が選ぶ平服に関しては派手すぎる色は絶対に避けるようにして下さい。

結婚式の場合

結婚式に招待された時はお祝いの席となりますから色々な点で注意が必要となります。

色にも気をつけることが大事です。

そして、アクセサリーなどの身につけるものにも、選んではいけないものがありますよ。

これからお伝えすることを確認するようにして下さい。

まず最初に選びたいものとしては無難でもあるスーツになります。

【結婚式の服装については、こちらの記事もチェック!】

スーツ

女性ですと結婚式での服選びという事にも気をつかいますよね?

派手でもいけませんし、新婦よりも目立ってはいけないことから平服に関しても色々な点で注意が必要となります。

まず初めに結婚式においては白で統一された服選びは絶対にNGですので選ばないようにして下さい。

新婦はウェディングドレスを着る場合がほとんどですので白いスーツなども選んではいけません。

色で選ぶとすれば白と黒以外であれば基本的には大丈夫となりますので暗めの色にならない点に気をつけていけば問題ありません。

次におすすめのスタイルがワンピースになるのですがここでは注意したい点がいくつか出てきますので気をつけるようにしましょう。

ワンピース

ワンピースの場合も色はスーツを同じで白や黒といったものは選ばないようにして下さい。

またこの場合で注意したい点ですが、肌の露出の多い服は避けるべきですので気をつけるようにして下さい。

また、ファーや毛皮といったものを一緒にコーディネートする方がいますが、結婚式の場合は動物の殺生という印象がついてしまうためにNGとなります。

これにはバッグも含まれてきますので皮のバッグなどを持っていたとしても選ばないことが大切になってきます。

また、アクセサリーも派手系のきらびやかなものはつけないようにして、パールなどのシックなものでまとめるようにして下さい。

結婚式においてはこれらの事に注意をすれば大丈夫となりますので派手な服装を避けるようにして選んでみて下さいね。

それでは最後に葬式におけるおすすめのスタイルとなりますが、ここでは基本的に黒が主体となってきます。

葬式の場合

葬式での服装になりますが基本的には黒を中心としたものを選んでいくことになります。

これは男性の場合も同じとなり明るい色などは決して選択しないようにして下さい。

まず最初に選びたい服は喪服となってきます。

喪服

男性の時もお話しをしましたが喪服があるのであればこれを着て出席をすることが一番望ましいと言えます。

あまり場にそぐわない色などは故人や遺族に対しても失礼となりますし自分の為にも良い結果となってきません。

喪服を持っているのであれば必ず着るようにして下さい。

また、喪服がないような場合には次のような服装にしましょう。

黒・濃いグレー等のワンピース

喪服を持っていない時には黒や濃いグレーのワンピースなどを選ぶようにします。

色はなるべく暗い色が適切になりますし決して明るめの色を着てはいけません。

また、インナーなどにも気をつけるようにして黒のものを着るようにして下さい。

葬式の場合は基本的に黒の服装選びとなってきますのでそれほど難しいわけではありませんよね?

きちんと故人とのお別れをする意味でも葬式における一般的なルールを守っていくようにして下さい。

出来るだけ薄手のストッキングを履く

女性の場合はストッキングなどにも気をつける必要があり、この場合の色も黒のものを選んで下さい。

また、色の濃すぎるものもNGとなります。

できるだけ薄手のストッキングで肌が透けるようなものを選ぶようにして下さい。

以上が女性の場合のおすすめのスタイルとなってきますので何かの時には参考にしてくださいね。

マナーを知った上で失礼がないようにしましょう

今回は、「平服」というあまり聞きなれない事についてのお話しとなりましたが、服選びはとても大切になってきますよね。

どういった場所であっても相応しい服があることから、招待をうけた場合には、それに似合うようなスタイルをしていくことが大切になってきます。

平服が普段着という意味から間違ったまま覚えている方や、どういった服なのか悩む人も多くなりますが基本的なことは、その場所で失礼のないものを考えていけば良いということとなってきます。

これらの事は今までの人生で得た知識であったり、一般的な常識からもわかることになるはずです。

自分の選んだ服は本当に大丈夫だろうか?とチェックしてみることも大事になってきます。

これから結婚式や葬式といった参加する機会が増えてくるという方は、平服という事についてもきちんとした理解が必要となってきます。

そのことをきちんとしなければ自分の恥として他の人に見えてしまいますし、大人であれば失礼のない服選びをしなくてはいけません。

今回のことで、平服がどういったものかはある程度は理解出来たと思います。

色々な場所へ参加する際には基本的なことを調べてみて、本当に大丈夫かどうかをチェックするクセもつけていくようにして下さいね。