CoCoSiA(ココシア)

シナジー効果とはどういう意味?よくあるビジネス用語解説!


あなたは「シナジー効果」という言葉を聞いたことがありますか?

会社経営者や管理職、経営幹部候補生であれば当たり前に知っているビジネス用語の1つです。

普段仕事をしていてもあまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、自社を大きく成長させていくためには欠かせない事業戦略の1つですので、覚えておいた方が良いでしょう。

また、もし将来独立して会社を経営したいと考えているのなら、絶対に知っておくべきでしょう。

会社の経営戦略にとって必須なシナジー効果について解説していきます!

️シナジー効果を詳しく解説

どんな仕事でも、会社経営者であれば常に今よりももっと会社を大きく成長させたい、売上げを上げたいと考えています。

しかし、自社だけであれこれと戦略を練っても、やれることには限界があります。

また、もしも専門的な技術を有する会社の場合には、会社の専門分野には強いものの、他の分野にはめっきり弱いため、会社を縦に伸ばしていくことは出来ても、横に広げていくことは出来ません。

例えば飲食店を営む会社の場合、売上げを伸ばせば店舗数を増やしていくことは可能ですが、それはあくまでも飲食店業界の中だけの話になります。

そのため会社を大きく広げていくのにも限界があるでしょう。

一方で、片や飲食店業界の経営をしつつ、片や情報通信サービスの分野にも事業を拡大させている会社の場合、会社の売上げは飲食店と情報通信サービスのどちらからも得ることが出来ますので、業績を伸ばし、どんどん事業も横に広げていくことが出来ます。

しかし、通常は自社の専門分野でしか活躍出来ないところを、まったく畑違いの分野も取り込んで会社を経営することなど、普通は非常に困難なことです。

しかしそれを可能にするための秘訣がシナジー効果なのです。

では、シナジー効果とは一体どのようなものなのか、それをすることでどのような効果が得られるのかを以下にご紹介していきます。

ビジネス用語の1つ


ビジネス用語にはさまざまなものがあります。

例えば「アイドルタイム」というビジネス用語がありますが、これは作業中の手待ち時間や無作業時間のことを指しています。

また、例えば「青天井」というビジネス用語の場合には、株価や価格が際限なく上がり続けていくことを指します。

さらに「あごあしまくら」の場合には、「あご」は食費、「あし」は交通費、「まくら」は宿泊費のことで、食費や交通費、宿泊費などが付くことを指しています。

業界によってビジネス用語はたくさんあります。

飲食店業界の中での特有のビジネス用語もあれば、金融会社の中でのみ通じるビジネス用語というものもあります。

このような多くのビジネス用語は、社会人になってから知ることが多く、知ってしまえば誰でも当たり前のように使いこなしています。

一方で知らない人からすれば、「それって何のこと?」となりますので、業界特有のビジネス用語が少ないところが多いところと仕事の話をしていると、しばしばビジネス用語が通じないこともあります。

「シナジー効果」は、比較的どこの企業にも共通しているビジネス用語です。

とくに会社経営者や管理職の場合、知らなければ恥をかいてしまうこともあります。

それだけシナジー効果とは、会社経営に携わるものにとっては知っていて当たり前のビジネス用語なのです。

️シナジー効果とは

シナジー効果とは、一言でいえば「相乗作用による効果」です。

英語の「synergy」が「相乗効果」という意味がありますので、本来ならば「シナジー」だけでも通じますが、ビジネス用語では「シナジー効果」と言われています。

このシナジー効果によって、会社の売上げを上げたり、業績を上げたり、事業を拡大したりすることが可能になると言われています。

会社の経営者は自社を成長させて広げていきたいと考えている人がほとんどですので、シナジー効果の存在を知っておくことは必須なのです。

どんなに小さな会社であってもシナジー効果は知っていて当たり前とされていますので、もし会社経営者でこのビジネス用語を知らない人がいれば、周りの経営者からは「この経営者は能力がないのだな」と思われてしまいます。

日本語で相乗効果の意味


「相乗効果」は、「2つ以上の要因が同時に働いて、個々の要因がもたらす以上の結果を生じること」という意味があります。

例えばスーパーで苺を販売しているとします。

苺を販売しているスペースの横に、苺にかけて食べると美味しい練乳のコーナーも設置しておきます。

そうすると、苺を購入する人が、ついでに苺にかけるための練乳も購入することがあります。

本来であれば苺だけが売れるはずのところを、同時に練乳も購入するのでその分売上げが上がります。

もし練乳だけを別のコーナーで売っていたなら、わざわざ練乳だけを購入する人はいませんし、また苺を買うからといって練乳コーナーまでいちいちお客が探しに来ることもないでしょう。

苺売り場の直ぐ横に練乳のコーナーを設置したからこそ、「苺+練乳」の考えがお客の頭に浮かんで、結果どちらも購入することになるのです。

このように、関連する複数の事柄を同時に行うことで、本来以上の効果を発揮するのが相乗効果なのです。

別々のものが組み合わさり単体以上の効果を発揮する

相乗効果は、要因となる事柄を増やせば増やしただけ、効果を上げることも出来ます。

例えば先の苺の例の場合、もし苺売り場の側に練乳だけでなく、家で手軽に楽しめるチョコレートフォンデュのコーナーも設置したらどうなるでしょうか?チョコレートフォンデュをするのなら、その機械はもちろん、苺に挿すための串や、フォンデュ用のチョコレートも必要になります。

それらは単体では売上げはそう多くはないかもしれません。

しかし苺売り場にチョコレートフォンデュのセットが一式置いてあった場合には、普段は見向きもしない人がついその気になって、一式まるまる購入してくれるかもしれません。

苺の例だけでなく、スーパーの野菜売り場を見てみると、他にもたくさんの相乗効果を狙ったものが置いてあります。

例えばキャベツの売り場にキャベツ炒めの素が置かれていたら、買い物に来た人が「今夜はキャベツ炒めでいいか」と考えて、キャベツとキャベツ炒めの素のどちらも購入してくれる可能性があります。