あなたはどんな時に「かしこまりました」という言葉を使いますか?会社の上司や目上の人から何かを頼まれた際に使う人がほとんどだと思います。

しかし、当たり前に使っているこの言葉について、あなたはきちんと本来の意味や正しい使い方まで把握していると自信をもって言えるでしょうか?

「そういえばちゃんと辞書を引いて調べたことがなかった」という人は、この機会にぜひ「かしこまりました」本来の意味や正しい使い方について再確認しておきましょう。

「かしこまりました」とは?

ビジネスシーンや目上の人に対して、しばしば「かしこまりました」という言葉を用いることがありますよね。

「分かりました」という言葉をより丁寧にしたものだと認識して使っている人がほとんどですが、当たり前に使われているからこそ、「かしこまりました」の本来の意味や使い方について、わざわざ調べたり学び直したりする人はいないと思います。

しかし、社会に出ると頻繁に使う機会があるからこそ、その言葉の本来の意味や正しい使い方をきちんと理解しておかないと、うっかり誤用してしまうことがあるかもしれません。

そしてまた、学生の頃ならば誤用したらそれを指摘してくれる教師や親の存在がありますが、社会人になるといちいち間違いを指摘してくれる人はいません。

つまり、誤用して恥をかいたままの人生を送ることになってしまうということです。

自分で間違いに気づかないままで一生を終えるのならばまだしも、もし自分よりもいくつも年若い人から「『かしこまりました』の使い方、間違っていますよ」などと指摘をされたら・・・想像しただけでも顔から火を噴いてしまいそうですよね。

そんなことにはならないように、ここで改めて「かしこまりました」という言葉について知識と理解を深めておきましょう。

「かしこまりました」の意味

あなたはどんな意味合いとして、「かしこまりました」という言葉を使っていますか?

恐らくは「分かりました」を丁寧に表現するための言葉と認識して使っていることでしょう。

その認識はおおよそ間違いではありません。

しかし、本当はもっと具体的な意味や理由があって、この言葉は成り立っています。

とはいえ、「かしこまりました」という言葉は、例えば「こんにちは」や「ありがとう」などの言葉のように、あまりにも当たり前に使っているからこそ、これまでいちいち言葉の意味など調べてはこなかったでしょう。

また、「なんとなく」のニュアンスが合っていて、他の人も同じように使っている言葉であれば、よりいちいち具体的な意味など普通は調べないものです。

ですが知っていて損はありませんし、場合によっては知らないと恥をかいてしまうこともありますので、この機会に「かしこまりました」の詳しい意味についても知っておきましょう。

辞書的な意味

「かしこまりました」という言葉は、辞書的には「相手の言った言葉に対してきちんと理解して、その言葉に従います」という意味があります。

相手に何かを言われて、それを適当に聞き流して答える言葉ではなくて、まず相手の言葉をきちんと自分が理解しているということが重要なポイントです。

その上で、相手の希望や願いのままに自分が従って行動するということですので、相手の言葉を理解して口では承知しても、実際にそれを行動に移さないような場合には「かしこまりました」と使ってはいけません。

例えば上司から、「この書類は来週の月曜日に資料として使うから、30部コピーしてくれ」と頼まれたら、上司の指示を理解して自分が行動する際には「かしこまりました」と答えます。

そして答えた通りに、必要な部数をコピーして揃えたら上司へ渡します。

ごく当たり前のことに思えますが、言葉には「言霊がある」と言われているように、口に出したからには必ずその言葉通りに行動する誠意が求められるのです。

とくに「かしこまりました」という言葉は、自分の意志によって使われるものではありません。

誰かに何かを頼まれて初めてその言葉を口にする機会があります。

自分に何かを頼んだ相手に対して使う言葉だからこそ、誠意や実際の行動が求められるのです。

敬語表現

「かしこまりました」という言葉は敬語表現です。

正しくは、「分かりました」という言葉を敬語表現にしたものになります。

「分かりました」という言葉も、「かしこまりました」同様に、相手の言葉を理解して、それを承知したり、従ったりするという意味があります。

それをさらにへりくだった表現が、「かしこまりました」となるのです。

「分かりました」は敬語ですが、対等な立場の相手や親しい相手、もしくは目下の人に対して使う言葉です。

そのため、目上の相手に対して「分かりました」と使うことはあまりありません。

例えば上司と部下の関係が親しく、距離が近い場合には上司の言葉に対して「分かりました」と返すことがありますが、基本的には目上の相手に対しては「分かりました」ではなく、「かしこまりました」を用います。

上司や目上の相手に対しては、一般的な丁寧語や敬語よりも、へりくだった表現方法の方が好ましいとされています。

そのため、ビジネスシーンほど「かしこまりました」を使う機会が多いのです。

また、ビジネスシーンではない場合にも、年配の人や明らかに目上の雰囲気がある相手に対しては、丁寧語よりもへりくだった敬語表現をしておけばまず悪い反応が返ってくることはないでしょう。

「かしこまりました」の類義語も覚えよう!


「かしこまりました」という言葉には、いくつかの類義語があります。

そのどれもが似たような意味を持ちますので、その場の雰囲気やシーンによっては言葉を使い分ける必要があるでしょう。

そうでなければ、敬語表現としては正しい言葉使いをしているのに、その場の雰囲気が微妙なものになってしまうこともあります。

「これが一番丁寧で正しい言葉使いだから」とこだわり過ぎずに、その場の雰囲気に合わせて類義語も使っていきましょう。

また、これからご紹介していく類義語はどれも「かしこまりました」と似た意味を持ちますが、敬語表現の中では「かしこまりました」が最上級の丁寧な敬語表現だということを前提に見ていきましょう。

承知しました

「承知しました」または「承知いたしました」は、「かしこまりました」とほぼ同じ意味の言葉です。

そのため、この言葉を用いる対象は会社の上司など、目上の相手です。

目下の人に対しては、普通は用いません。

絶対に目下の人に使ってはだめと決まっているわけではありませんが、常識的に目下の立場に用いるのは良しとされておらず、またもし目下の人に「承知しました」と使ったら、目下の人が困惑してしまうでしょう。

相手に対する気遣いの点からも、目下の人には使わない方が良い言葉です。

「承知しました」「承知いたしました」という言葉は、場合によっては「かしこまりました」よりもビジネスシーンで多く使われることがあります。

意味はほとんど同じですので、上司や目上の相手に対して積極的に使っていける言葉です。

ですが、もし社長や会長など、かなりの目上の相手に対して同じ意味の言葉を用いる場合には、「承知しました」よりも「かしこまりました」の方が良いでしょう。

直属の上司に対して使うのか、それとももっと役職の高い上司に使うのかなど、場合によって「承知しました」と「かしこまりました」を使い分けるようにしましょう。

わかりました


「わかりました」をより丁寧にへりくだった敬語表現にしたものが「かしこまりました」ですので、意味はまったく同じといっても良いでしょう。

相手の言葉を理解して、相手の希望や願い通りにする際に用いる言葉です。

「かしこまりました」は社会に出てから一気に使う機会が増える言葉ですが、「わかりました」は子どもの内から事あるごとに使う言葉ですので、当たり前すぎてこれまでに意識してこなかったという人もいるでしょう。

自分が理解出来た時に「わかりました」と使う言葉ではありますが、そこにはさらに相手の希望や願いに沿って行動するという意味も含まれています。

そのため、相手の言葉を理解していないのに「わかりました」と言ったり、相手の言葉に従う意思がないのに言ったりするのは本来の使い方としては良くないでしょう。

また、本心からでない「わかりました」という言葉は、意外と相手にはそれが適当に返事をしているだけだということが伝わってしまっていることが多いです。

そのため、時々「分かりましたか?」と聞かれて適当に「はい、分かりました」と返した後で、さらに相手から「ではあなたなりに今のことを要約して下さい」と言われてあたふたしてしまう人もいます。

「わかりました」は、あくまでも相手の言葉をきちんと理解した上でのみ使う言葉ですので、適当に何でもかんでも「わかりました」を連発していると、周りからの信用を失ってしまうことになるでしょう。

了解しました

「了解しました」は、さまざまな場面で用いられる言葉です。

言葉の意味自体は「かしこまりました」と同義語ですので、ほぼ同じ意味になります。

この言葉は目上・目下のどちらに対して使うのかをあまりよく理解していないという人もいるかもしれません。

「了解しました」は、目下の相手に対して使うのが正しい使い方です。

または、親しい人や同僚など、同じような立場の人にも使うことがあります。

「しました」という言い方をしていると、それがニュアンス的に目上の人に対しても用いることが出来ると思えてしまいがちですが、正しくは目下・同等の人に対してのみ用いる言葉で、目上の人に対しては用いません。

うっかり間違えて「了解しました!」と目上の人に返事をすると、失礼に思われたり、怒られたりしてしまう可能性もありますので十分に注意して使うようにしましょう。

この間違いは知らずに使われていることが少なくありません。

時々テレビやマンガなどの中で目上の相手に対して「了解しました」と誤用されていることがあるため、それが世間に広まってしまい、目上の人にも使えると勘違いされていることも少なくはないのです。

畏まりました

「畏まりました」は、「かしこまりました」を漢字表記にしたものですので、意味はまったく同じです。

「畏まる」という言葉は元々、「身分の高い人や目上の人の前などで慎んだ態度をとる」という意味があります。

また、「命令や依頼などを謹んで承る意を示す」という意味もありますので、「かしこまりました」と用いる際には後者の意味として用いることになります。

漢字表記にするとさらに堅苦しい雰囲気になりますが、メールや手紙で目上の人に対して用いる際にはあえて漢字表記で伝えることも少なくはありません。

一方で、小説のような読み物の場合にはひらがなの「かしこまりました」で表記することが多いです。

この言葉は、目上の人からの依頼や希望を謹んで「承った」という前提で使う言葉ですので、「かしこまります」ではなく「畏まりました」と用いるのが一般的です。

御意

「御意」は、「貴人や目上の人などを敬って、その考えや意向をいう語」という意味があります。

また「目上の人に対して同意や肯定を示す返事の言葉」という意味もあり、どちらも相手の言う事に理解を示す「かしこまりました」と同じような意味になります。

「御意」はその一言で、目上の人に対する同意や肯定の意を示しながら、同時にその願いや希望、依頼などに沿う意志を表わす言葉でもあります。

言葉の表現方法はかなり古風ですので、現在では一般的に用いられることはほとんどありません。

よく時代劇や昔の映画を観ている時に、従者が主に対して「御意」と返すシーンがありますが、それも同じ意味として用いられています。

時代劇のような作品で耳にする機会が多いため、「御意」と聞くと自然と侍や忍者といったものを想像する人もいるかもしれませんね。

現在ではほとんど使われていない言葉ですので、もし目上の人やビジネスシーンで口にすると、相手は違和感を覚えてしまうかもしれません。

「かしこまりました」は目上の人に使用しよう

これまでにご紹介したように、「かしこまりました」は目上の人に使う言葉です。

もし目上の人に対して「了解しました」や「わかりました」と言ったら、言葉使いに厳しい人であれば怒り心頭でこっぴどく説教をされてしまうでしょう。

それだけならばまだしも、それがもし取引の場や打ち合わせの場だった場合には、最悪自分の会社との取引や今後の付き合いを失くされてしまうかもしれません。

そうなった場合の会社の損害を考えると、一社員でも下手なことや誤った言葉使いは早々に出来ないものです。

社会に出ると正しい言葉使いや敬語を求められるのは、その人自身の評価もありますが、その人を通して会社自体の損得に繋がる可能性が十分に考えられるからです。

そのため大手の会社や他会社との付き合いを大事にしている会社では、新人に対する教育や研修がしっかりしているところが多いです。

では、目上の人とは、具体的にどのような人たちを指すのでしょうか?以下にご紹介していきます。

上司

「かしこまりました」を始めとして、あらゆる敬語を最も多く使う対象が会社の上司です。

新入社員であれば自分と同期以外はすべて先輩、上司に当たります。

そのため、新人の頃はもっとも敬語が速く身に付きやすい時期でもあります。

この時期に正しい敬語を身に付けておくと、その後数十年と当たり前のように正しい敬語を使えるようになります。

反対に、新人時代に適当な敬語や誤った敬語を覚えてしまうと、自分が年配になった時やそれなりの役職に就いた時に、敬語の誤用で大恥をかいてしまうことになります。

ですから新入社員の頃には、先輩や上司に言葉使いを教えてもらうだけでなく、自分でも積極的に正しい敬語の使い方を学ぶ姿勢が必要になります。

新入社員であれば、上司に対して「了解しました」「わかりました」と言ってしまうこともあるでしょう。

新人だからと軽く注意をされる程度で済むことも多いです。

一方で、入社して数年が経過するのに未だに「了解しました」や「わかりました」と言っていると、上司から厳しいお叱りを受けてしまうかもしれません。

また、部下からは「この人は教養がないのだな」と内心で見下されてしまうかもしれませんね。

取引先

どんなに仲の良い取引先の相手であっても、公式の場や周りにたくさん人がいる場では、互いに敬語で話し合うことが求められます。

年齢や立場が近くて仲が良く、2人きりで食事や飲みに行った際には無礼講も良いでしょう。

しかし、そうでない場合にはある程度の線引きは必要です。

また、取引先の会社とは一定の距離をとっている場合や、新たに契約関係を結んだばかりの会社、もしくはこれから新しく契約を結ぼうと思っている会社に対しては、しっかりと敬語を使う必要があります。

大手会社とその下請けの会社の場合には、下請け会社は当たり前にへりくだった敬語を使うことが多いです。

一方で大手会社によっては、相手が下請け会社の場合、へりくだった敬語ではなく一般的な丁寧語で接するところもありますし、またきちんと人間性も出来ている人であれば相手が例え下請けであっても、へりくだった敬語を使うこともあるでしょう。

互いに対等な取引関係の場合には、互いに「かしこまりました」とへりくだった敬語を用いるのが一般的です。

お客様

お客様を相手にする場合、会社や企業側は通常へりくだった敬語を用います。

それは会社や企業の「お客様があってこそ自分たちの仕事が成り立っている」という感謝の気持ちの表れからです。

だからこそ、「お客様は神様です」といった会社の考えも生まれるのでしょう。

とはいえお客の側から「自分は客だから神だ」と求めたり、無理難題やクレームを付けたりすることがあれば、それは会社や企業にとっての「お客様」ではなくなります。

会社や企業にとってのお客様に対しては、当然丁寧な言葉使いが求められますので、もしお客様から何かご要望があれば、その際には「わかりました」や「了解しました」ではなく、「かしこまりました」と答えるべきでしょう。

もしお客様に対してタメ口や誤った敬語で受け答えをすると、年配のお客様や言葉遣いに厳しいお客様からはお叱りの声をもらってしまうかもしれません。

しかしもし敬語の間違いでお叱りを受けたなら、それは誤りを正すきっかけになったと前向きに考えましょう。

「かしこまりました」の正しい使い方

「かしこまりました」という言葉は、どのように使えば正しい使い方になるのでしょうか?

新社会人になったばかりで敬語を使うことに慣れていない人や、普段「かしこまりました」を使う機会の少ない人ほど、どんな場面で、どのようなタイミングで使えばいいのか分からないということもあるでしょう。

ここからは、どんな場面で正しく使うのかをご紹介していきます。

ビジネスシーンで

ビジネスシーンで「かしこまりました」を使う時、それは目上の人やお客様から何か要望を受けた時に用います。

「かしこまりました」という言葉には、「目上の人から指示や依頼を受けた際に、それに従う」という意味がありますので、言われた内容をきちんと理解して、その上で行動に移す際に「かしこまりました」と用いましょう。

「かしこまりました」という敬語は、普段使いはあまりしませんが、ビジネスシーンでは頻繁に使う言葉です。

それを踏まえて、以下のシチュエーションを見ていきましょう。

取引先で

例えば取引先の会社から「来週までにそちらの新商品を150個卸してほしい」と頼まれたとします。

その内容が無理のないものであれば、その場で相手の希望を理解し、その通りに用意するという意思表示をするために、「かしこまりました」と伝えます。

その一言で、相手は「こちらの希望通りにやってくれる」と思うでしょう。

一度「かしこまりました」と言ったからには、その通りに来週までに新商品を150個取引先の会社に卸します。

それが当然だと相手は思っていますので、もし受けた後で何かトラブルがあって卸す数が減ったり、期限が延びたりすれば、取引先はこちらに対する信用を失ったり、不信感を覚えたりするでしょう。

上司に

例えば上司から、「次のプレゼン用の資料を作成してくれ」と頼まれたら、部下であれば「かしこまりました」と答えますよね。

しかし、その時点で上司の意図を理解していないと、承知した後で上司に何度も仕事内容の確認を取らなければならなくなります。

そうなると上司に手間をかけさせてしまうことになるため、上司の意図を完全に理解出来ない場合には、「かしこまりました」といった後で、その場で直ぐに仕事内容の確認をしましょう。

この場合プレゼンを行うのは上司ですので、いつまでにそれを用意するのか、どのように作成していけばいいのかを具体的に質問します。

その上で理解出来れば再度「かしこまりました」と言って指示通りに仕事を行います。

初めから上司の意図を細かく理解出来ていれば、「かしこまりました」の一言だけで仕事が出来ますが、ほとんどの場合は上司が何を意図しているのかまでは理解出来ませんよね。

だからこそ、きちんと確認をして上司の意図を理解してから指示を受ける必要があるのです。

接客業で

接客業をしていると、お客様から何かしらの要望を受けることが多いです。

例えば飲食店であれば料理の注文を受けますし、アパレル店であれば衣類のサイズや種類に関して問い合わせを受けることもあるます。

それら何かの要望を受けた際には、「かしこまりました」と返事をするのが普通です。

お客様の意図を理解して、その上でお客様の求めるものを用意する、それが接客業の基本であり重要な仕事です。

もしお客様の要望に対して「了解しました」「わかりました」などと答えると、態度や言葉使いが悪いと感じられたり、クレームを受けたりすることがあります。

言葉使いに関してクレームを受けた場合には、これまでよりも言葉使いに関して気をつける必要があります。

メールの返信で

上司や取引先の会社とメールのやり取りをしている際に、あちらから何か頼まれごとをされたら「かしこまりました」と返信することが多いです。

使うタイミングとしては、返信の最初に「かしこまりました」と持ってくることで、相手の依頼に関する返信なのだということが相手にも伝わります。

例えば、取引先から「次回の打ち合わせは弊社でもよろしいでしょうか?」とメールが来たのなら、返信メールでは「かしこまりました。そのようにお願い致します。」と返信することで、次の打ち合わせについての話がついたのだということがどちらにも理解出来ます。

一方で、もしも久しぶりに向こうからの連絡が来て、同時に何事かの依頼があった場合には、返信メールでは「ご無沙汰しております。

かしこまりました、○○でお願い致します」や「ご無沙汰しております。○○の件、承知致しました。」などと挨拶をした後で「かしこまりました」と使うようにしましょう。

「かしこまりました」の若者言葉

若者の間で一時的に流行る独特の言葉を、若者言葉といいます。

若者言葉には大抵それが作られる大元の言葉があり、それを若者が現代風にアレンジしたものが若者言葉として、文字通り若者の間で流行していきます。

ほとんどは一時的な流行ですので、直ぐに廃れてしまいますが、次々と新しい言葉が生まれ続けています。

あくまでも若者の間で流行っている言葉ですので、いい歳をした成人や年配の人が若者言葉を勉強して使っていると、感心されるよりも痛々しいと思われてしまうこともあります。

では、「かしこまりました」の若者言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?

かしこー

メールやLINEなどのやりとりで、「かしこまりました」と使わない代わりに「かしこー」と使うことがあります。

とてもフランクで親し気な言葉に変化していますので、本来は目上の人に対して使う言葉も、「かしこー」の場合にはあえて友人のように親しい関係の人に対して使うことがほとんどです。

間違っても目上の人に対して使うことはないでしょう。

りょ

「了解」をさらに短くした言葉が「りょ」です。

こちらもメールやLINE、SNSなどのさまざまな場面でやり取りとして使われています。

「了解」も十分に短い言葉ではありますが、わざわざ漢字に変換する必要もなく、パパッと打てるので好んで使っている若者は少なくありません。

若者言葉は敬語ではない!

「かしこー」「りょ」を始めとした若者言葉は、敬語とは違います。

元は敬語をアレンジしたものではありますが、その言葉を使う対象も使い方もバラバラです。

また、敬語とは相手を敬う気持ちから使う言葉です。

それをアレンジしたり略したりした言葉はもはや敬語ではなく、また「かしこー」や「りょ」と使われて自分が敬われていると感じる人はいないでしょう。

他の多くの流行り同様に、これらの若者言葉は一時的に言葉の形や使い方を変えて用いられています。

「かしこまりました」の注意点

「かしこまりました」は、相手を敬う気持ちから自分をへりくだって用いる敬語です。

それ自体は日本人の目上の人に対する敬いの気持ちをよく表していますので、美しくまた誠実な響きの感じられる言葉です。

しかし、それをそのまま相手に伝えるためには、いくつかのことに注意しなければなりません。

どのようなことに注意しなければならないのかを以下にご紹介していきます。

目下の人には使ってはいけない

これまでにもご紹介してきたように、「かしこまりました」という言葉は、目上の人に対して用いるべき敬語です。

そのため、例えどれだけ個人的には相手を敬っていたとしても、それが目下の人である場合には、「かしこまりました」と使うべきではありません。

そんなことをすれば敬語の誤用になるだけでなく、使われた相手に余計な気を遣わせてしまうことになります。

そのため、目下の人には使わないように注意しましょう。

了解しましたと混合しない

敬語を使い慣れていないと、「かしこまりました」と「了解しました」を混同してしまうことがあります。

しかしこの2つは似た意味を持っていても、言葉を使うべき対象がまったく違っています。

「かしこまりました」が目上の人に対して使う敬語なのに対し、「了解しました」は目下の人や同等の立場の人に対して使う丁寧語です。

この違いをきちんと理解して、正しい使い方をしましょう。

「かしこまりました」の意味と使い方を理解しよう

「かしこまりました」の意味や正しい使い方について、ご理解いただけたでしょうか?

類義語もたくさんありますが、シチュエーションによって使い分けたり、使う対象が違ったりしますので、混同しないように気をつけて敬語をつかっていきましょう。

普段敬語を使い慣れていない人では、「かしこまりました」と言葉にするのは違和感があったり、思わず噛んでしまいそうになったりするかもしれません。

しかし、何度も口にしていくことで徐々に使い慣れていきますので、しっかりと意味を理解しながら今後も使っていきましょう。