CoCoSiA(ココシア)

フットワークが軽い人が仕事も恋愛も成功する6個の理由


いつでも身軽に行動している人ってうらやましいですよね!

だって、何も悩みもないようにみえるし、それに自分が取り組むことになったら絶対にいやなことでも楽しそうに取り組んでいるからです。

そんな人に対して、うらやましいという気持ちだけではなく”自分もフットワークが軽かったらなぁ”と感じている方もいるのではないでしょうか?

はっきりとお伝えしますとフットワークが軽いということは、人生においてもプラスにしかなりません。

悪くなるということはほぼありえないんですよね。

それに次から次へとやらなくてはいけないことと同じくらいにやらねばならないこともクリアできるので、人として多いに成長できる可能性を含んでいる素質になります。

そんな”フットワークの軽さ”というのは、今はフットワークが重い人でもなることができちゃうんです!

この記事では、まずはフットワークの軽い人に共通してみられる点をお伝えします。

そして、そのフットワークの軽い人たちがどうして成功しやすいのか、またフットワークが軽い人になるにはどうすればいいのかをお伝えしいます!

この記事を読めば、フットワークが軽い人のヒミツを知れちゃうこと間違いなし☆

フットワークが軽い人って成功する?

あなたは、フットワークが軽いほうですか?

それとも何かひとつのことをやり遂げるのにたくさんの時間をとってしまうようなタイプでしょうか。

後者の場合、なんでもサクサクと物事を進めたり、色々なところに出かけたりしているフットワークの軽い人をみて「あまり理解できない」と感じているかもしれないですね。

しかし、夢をかなえたり、仕事を成功させるためには”フットワークが軽い”ほうが断然よいとされているのです!

それはなぜだと思いますか?

フットワークが軽いってことは、ちゃんと判断していないのではないか?

だから、そもそも運でその人の成功は決まっていたのではないか・・・なんて考えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そういうことではありません。

フットワークが軽いということは、色々なことに”気軽に”チャレンジしたり、場所に足を踏み入れることが出来るので失敗も成功も、フットワークが軽くない人よりは多く経験しているんですよね。

でもそれが表に表れていないだけ。

人って相手の”いいなぁ”と憧れてしまうようなところにばかり目線がいってしまうものだからです。

あなたもそのような傾向があるのではありませんか?

そして、失敗を多く経験すればするほど、次に同じことにチャレンジするときに”何に気をつければいいのか””今の自分に足りないところはどこなのか”というところまでも知ることが出来るんです。

そのことを知っているか知らないかによっては、その後の成長の度合いは変わってきます。

成長の度合いが変わってくるということは、成功するスピードもおおいに違うものになるということになります。

だからこそ、世の中のフットワークの軽い人たちのほうが成功しやすいといわれているんですよね。

とはいっても、フットワークがいくら軽くたって”反省する気持ち”そして”その反省を次に活かす気持ち”がなければ、成功することは出来ません。

いきあたりばったりで成功することもありますが、やはり色々な反省点や失敗から学べることのほうがとてもおおきいといわれているんです。

それにフットワークが軽いと判断力も自然と身につくようになります。

何も考えずに進む方ももちろんいますが、一度失敗してしまえば誰もがそんな失敗を二度とあじわいたくないですよね。

だからこそ、「次どうすればいいのか」というのを走りながら考える思考に変わっていくわけです。

あなたは成功したいですか?今は、あまり成功した人生を送っていないように感じられているかもしれません。

でもそこで諦めるのでしょうか。

だったら、あなたもフットワークの軽い人を見習っていつもは「重い腰を上げている」という状況から、フットワークを軽くしていつでも人生の成功に向かっている人になろうじゃありませんか!

フットワークが軽い人が成功する6個の理由

これまでにフットワークの軽い人の特長や共通してみられる点をお伝えしてきました。

一見「成功する」人とは思えないような共通点もありましたよね。

でもどうしてそんなフットワークの軽い人が成功することが出来るのでしょうか?

ちょっとずるいですよね!

ここでは、フットワークが軽い人が成功する理由をいくつかお伝えしています。

1、物質的軽さ

フットワークが軽い人というのは、物理的な軽さをもっています。

精神面ではなく”モノ”に対して、執着心が低いんですね。

というのも、いつも新しいことに心うばわれ、そして新しいことに向かって歩んでいるので物理的に重い状態を好みません。

それどころかシンプルライフと呼ばれるものを心がけている、もしくは自然とそうなっているためにいつも身軽でいることが多いです。

その人の家にいくときっと驚かれるはずです。

だって、モノがすくないのですから。