いつでも身軽に行動している人ってうらやましいですよね!

だって、何も悩みもないようにみえるし、それに自分が取り組むことになったら絶対にいやなことでも楽しそうに取り組んでいるからです。

そんな人に対して、うらやましいという気持ちだけではなく”自分もフットワークが軽かったらなぁ”と感じている方もいるのではないでしょうか?

はっきりとお伝えしますとフットワークが軽いということは、人生においてもプラスにしかなりません。

悪くなるということはほぼありえないんですよね。

それに次から次へとやらなくてはいけないことと同じくらいにやらねばならないこともクリアできるので、人として多いに成長できる可能性を含んでいる素質になります。

そんな”フットワークの軽さ”というのは、今はフットワークが重い人でもなることができちゃうんです!

この記事では、まずはフットワークの軽い人に共通してみられる点をお伝えします。

そして、そのフットワークの軽い人たちがどうして成功しやすいのか、またフットワークが軽い人になるにはどうすればいいのかをお伝えしいます!

この記事を読めば、フットワークが軽い人のヒミツを知れちゃうこと間違いなし☆

フットワークが軽い人って成功する?

あなたは、フットワークが軽いほうですか?

それとも何かひとつのことをやり遂げるのにたくさんの時間をとってしまうようなタイプでしょうか。

後者の場合、なんでもサクサクと物事を進めたり、色々なところに出かけたりしているフットワークの軽い人をみて「あまり理解できない」と感じているかもしれないですね。

しかし、夢をかなえたり、仕事を成功させるためには”フットワークが軽い”ほうが断然よいとされているのです!

それはなぜだと思いますか?

フットワークが軽いってことは、ちゃんと判断していないのではないか?

だから、そもそも運でその人の成功は決まっていたのではないか・・・なんて考えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そういうことではありません。

フットワークが軽いということは、色々なことに”気軽に”チャレンジしたり、場所に足を踏み入れることが出来るので失敗も成功も、フットワークが軽くない人よりは多く経験しているんですよね。

でもそれが表に表れていないだけ。

人って相手の”いいなぁ”と憧れてしまうようなところにばかり目線がいってしまうものだからです。

あなたもそのような傾向があるのではありませんか?

そして、失敗を多く経験すればするほど、次に同じことにチャレンジするときに”何に気をつければいいのか””今の自分に足りないところはどこなのか”というところまでも知ることが出来るんです。

そのことを知っているか知らないかによっては、その後の成長の度合いは変わってきます。

成長の度合いが変わってくるということは、成功するスピードもおおいに違うものになるということになります。

だからこそ、世の中のフットワークの軽い人たちのほうが成功しやすいといわれているんですよね。

とはいっても、フットワークがいくら軽くたって”反省する気持ち”そして”その反省を次に活かす気持ち”がなければ、成功することは出来ません。

いきあたりばったりで成功することもありますが、やはり色々な反省点や失敗から学べることのほうがとてもおおきいといわれているんです。

それにフットワークが軽いと判断力も自然と身につくようになります。

何も考えずに進む方ももちろんいますが、一度失敗してしまえば誰もがそんな失敗を二度とあじわいたくないですよね。

だからこそ、「次どうすればいいのか」というのを走りながら考える思考に変わっていくわけです。

あなたは成功したいですか?今は、あまり成功した人生を送っていないように感じられているかもしれません。

でもそこで諦めるのでしょうか。

だったら、あなたもフットワークの軽い人を見習っていつもは「重い腰を上げている」という状況から、フットワークを軽くしていつでも人生の成功に向かっている人になろうじゃありませんか!

フットワークが軽いとはどういうこと?

今回、記事のテーマになっている”フットワークの軽さ”というのは、実際にどのようなものだと考えていますか?

フットワークの軽い人というと、いつでもどこでも気軽に行動しているように見えますよね。

普通であれば、自分であれば「えーめんどくさい」といってしまうようなことでもサクサクと取り組み、そして風のごとく達成してしまっているからです。

そのため、フットワークの軽い人というのは気軽に行動できる人、そしてそれは多くの人がやりたがらないことであることが多いです。

また、誰もが出し惜しみしてしまうようなことでも自分自身を出し切り、そして後悔するどころか最終的には必ず何かを勝ち取っている人、とかんじている方もいるかもしれません。

自分のまわりにいるフットワークの軽い人の性格によっては、その”フットワークが軽い”ことに対して持っているイメージが違うものです。

でも大丈夫!この記事では、フットワークが軽い人全員に共通する性格や行動の姿勢についてもご紹介しています♪

今はフットワークが軽いということに関して、なにも知識がなくてもかまわないんです。

それにあなた自身が本当は”フットワークの軽い人”なのかもしれませんし。

そうだったら少し嬉しいですよね♪

また自分自身はいつも”重い腰が上がらない”から何も取り組めない、いつもスタートが遅くなる、そのため完成も遅くなってしまう人であれば、これからの行動の参考になること間違いないでしょう。

すぐにフットワークの軽い人になることができなくても、少しずつそれをマネしていくことによってフットワークの軽いあなたに変身することができるからです。

では、この記事では誰もが知りたいとおもっている”フットワークの軽い人のヒミツ”についてあらゆる面からのぞいていきましょう。

フットワークが軽い人に共通すること

あなたの周りには、フットワークが軽いなぁとかんじるような人はいますか?ちなみに筆者の周りには、ひとりいるんですよねぇ。

いつも行動していて、何かを思いついたらすぐに行動していて次にあったときにはもうその資格を取得していると聞かされたり。

そのスピードには驚くものがあります。

そんな友人をみて、筆者もよく「自分もあのようにサクサクと行動できて、なんでもすぐに終わらせることが出来たら、この限られた人生のなかで色々な体験ができるのになぁ」「いろんな気持ちがあじわえるんだろうな」なんて感じていたものです。

また、社会にでると学生時代よりもより多くのフットワークの軽い人に出会う機会がありました。

そのようにフットワークの軽い人たちというのには、共通していることがあると判明したんです。

そんな筆者の出会った人だけでは情報に偏りが出てしまうため、他にもあらゆる手段を使って多くの人が感じている”フットワークの軽い人”の特長を今回は調べてみました!

きっとあなたも「ああ、こんな人いるよなぁ」「たしかにこういう人っていつも爽やかに行動している気がする」なーんて感じるはずです!

そんな”フットワークの軽い人に共通すること”をここではお伝えしていきます。

あなたの周りの人を参考にして考えるのもいいですし、あなた自身にはいくつあてはまるのかを考えてみても楽しいかもしれません!

なんでもすぐに実行したがる


フットワークの軽い人というのは「思い立ったら吉日」という言葉がとても似合う人です。

頭に思いついたこと、話し合ってやることになったこと・・・などすぐにでも実行したがるんですよね。

いや、”したがる”のではなく、実行します。

「まだ早いよ」なんていう人もいるのですが、どうしても今やりたくて仕方がないんですよね。

また、すぐに実行できない状態(他の仕事でいっぱいいっぱいになっている状態など)の場合は、そのすぐに取り掛かることの出来ない原因をすぐにでもなくします。

忙しいのであればその忙しさを一刻も早く終わらせますし、なにかをする隙間時間をつかって取り組んでしまうなんていうことも。

とにかくその”実行する”という姿勢が他の人にくらべて際立っているんです。

あなたは、小学生や中学生のころの夏休みの宿題をいつごろ終わらせるタイプでしたか?筆者は、最初には気合をいれてとりくむタイプでした。

なかには、夏休み最終日に焦って家族にまで手伝ってもらって終わらせる・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、フットワークの軽い人というのはそういうことはしません。

「なんでも早く終わらせたい」「ふれたい」「さっさと取り組みたい」という気持ちを持っているんですね。

それも”義務感”からきているのではなく”興味心”からきていることが多いです。

そのため、普通の人であればいやいややるようなことであっても楽しみながらやっているので、すぐに終わらせることが出来ちゃうんです。

要するにフットワークの軽い人が子供の頃には、夏休みの宿題は本当はバランスよく毎日取り組むものだとわかっているけれどもやりたくて仕方ないので夏休みの最初の1日目で終わらせてしまう、なんてことも。

すぐに実行したがるので計画性がないようにみえてしまうんですが、ちゃんと考えているんですよね。

スゴイ!

仕事が早い

フットワークの軽い人は、なんでも実行したがるだけではありません。

取り組み始めたら、周りの人がびっくりしてしまうような速度でそれを終わらせてしまいます。

学生さんでいえばレポートや課題、宿題などを1日もかからずに終わらせてしまうんです。

社会人であれば、取り組んでいる仕事をすぐに終わらせてしまいます。

そのように早くに終わらせると、なんだか不備が多いように感じてしまいますよね。

しかし、フットワークの軽い人の集中力というのは、信じられないくらいの能力をもっているものでそのような不備というのがほぼ見当たりません。

また、見直しをしっかりしているので不備を作らずに提出できてしまうんですよね。

そのため、フットワークの軽い人というのは周囲から「デキる人」と思われています。

いったいそんな時間どこにあったの!?

同じことをやってたけれど、そんな時間を作ることってできなかったよ!?

なんて驚いてしまうことでしょう。

あなたの周りにはそのような人はいませんか?

スタート地点は同じだったのに、相手がすぐに終わってしまう、それにしっかりとした完成度で・・・なんて人。

ずばりそのような人がフットワークが軽い人なんです。

仕事に対して「いや」とか「好き」とかそういう気持ち抜きにして取り組んでいるので、はやばやと終わらせることが出来るんですよね。

知らないところに飛び込む


あなたは、未知の世界にとびこむことができますか?

多くの方は、なかなか難しく感じてしまうことでしょう。

それは、人間であれば当たり前のことです。

私たちの脳は”いつもの場所”とか安定している場所を好む傾向があるからです。

そのため、なるべくなら未知の世界には飛び込みたくないと考えているもの。

しかし、フットワークの軽い人というのは、未知の世界にどんどん足を踏み入れていきます。

とびこみます。

むしろ、安定した場所よりも新しい場所を好む傾向が高いんですよね。

そのため、いつも落ち着きがないとか、なんだか拠点としているところが見当たらないなんて考えられていることも。

また、人というのはいつも同じ場所にいると刺激をうけることができずに成長できなくなってしまうものです。

しかし、フットワークの軽い人というのは常に新しい刺激を受け取ってるので、いつも成長しやすい環境や気持ちでいることに間違いはありません。

成長を楽しめるようになると、どんどん成長するための機会や成長できる場所へ足を運んでしまいたくなるもの。

その”すてきな循環”ができあがっていることになるんですよね。

あなたは、「怖いから」なんて理由で知らないところに飛び込むのを諦めていませんか?

それじゃあ成長するどころか、フットワークの軽い人になることはできないんです。

学生時代の新学期を思い出してみて。

あなたは、新しい環境が怖かったけれどそこで出会う人のおかげで何かしらの成長することが出来ていたのではありませんか?

大人になるとそのような機会ができにくくなるからこそ、自分自身で作り出さねばならないんです。

考えるよりも行動が先

フットワークの軽い人ってなんだか何も考えていないように見えますよね。

まさに「思い立ったが吉日」タイプの人なので、何も考えずにいきあたりばったりでいつも成功していてすごいなぁ、なんて感じている方もいらっしゃるはず。

しかし、そうではないんですよね。

あのスピードある行動のなかで、実はじっくりと「どうするべきか」「何をするべきか」ということを考えているんです。

物事を達成するためには逆算方式で考えるのが普通ですが、それを瞬時に頭の中で割り出しているんです。

こうするためにはこうする、ああするには、今のうちにこうしておく必要がある・・・なんて。

それも人と話しながらだったり、ちょっとした休憩でコーヒーを飲んでいる間にササッと考えているのですからそれまた驚きですよね。

とはいっても、これまたあなたにも必ず身につくスキルなのでご心配なく!

やりたいことがあればすぐに行動する、そしてその行動をしながら次に何をすればいいのかと考えています。

考えてから行動してしまうと「できないかもしれない」という気持ちがジャマしますが、そのような気持ちにじゃまされることもないんですよね。

もう始めてしまったのですから、やるしかないんです。

フットワークの質が高い

フットワークが軽い人のなかには、その質が高い人とそうではない人がいます。

ずばり、フットワーク軽く行動しながら考えることができる人が”質のよい人”。

そして、そうではない人が質の悪い人になります。

さきほども少しふれたかもしれませんが、フットワークの軽い人のなかには2タイプいるんですよね。

行動しながらでも考えることができる人か、それとも考えることができない人か。

後者であると、きつもいきあたりばったりの行動になり成功するとは限りません。

しかし、前者であれば次にどうすれば目標に達成できるのかをしっかり考えているので達成することができるんです。

そして、反省点も次にいかすことができます。

だからこそ、フットワークの軽さで成功できるんです。

ただフットワークを軽くすればいいってもんじゃないってことなんですよね。

好奇心が高い

フットワークの軽い人は、何に対してもへだてなく興味を示します。

多くの人が「この年齢だから」なんて諦めるようなことでも自分の心が気になるといえば、気になるんです。

そこの道に一直線に進むことになるでしょう。

好奇心が旺盛なので、いつも新しいことを見ているはずです。

また、気になったことは自分の目で直接確かめなければだめだ、という気持ちをもっているのものですからいてもたってもいられなくなって行動するんですよね。

話題のお店、観光スポットなどなどあらゆるジャンルに対して興味を抱いているはず。

そのため、”多趣味な人だなぁ”なんて思われていることでしょう。

切り替えが早い

フットワークの軽い人は、切り替えもとても早いです。

どんな切り替えかといいますと、やりたいということが見つかればどんなにそのときの気分が重かったとしても、その気持ちをすぐに切り替えることが出来るということです。

人っていつでも楽観的にいることってなかなかできないですよね。

悲しいこともあるでしょう。

それはフットワークの軽い人でも同じことです。

しかし、そのようなことでいつまでもくよくよ悩んでいてはまったく解決することもできませんし、いつまでもウジウジ虫で終わってしまうことくらい理解しています。

だったら、次のステップに進むために新しいことを始めたほうがいいのではないか、なんて気持ちがあるんですよね。

それに今取り組んでいる仕事から新しい仕事へ切り替えもとても速いので、上司などから大切にされているはずです。

突然の誘いに応じることができる

あなたは、急なお誘いに乗ることは出来ますか?

本当は今晩は、家でまったりすごそうと思っていたけれども仲良しの友達からのお誘いが入ったとき。

フットワークの軽い人は、即座にOKします。

イエスマンでいることは、マイナスになってしまうこともあるのですがフットワークの軽い人の”イエス”というのは必ずよい方向へ持っていくという決心のもとに起きているイエスなので、そのようになることはありません。

そのように突然の誘いに応じることでこれまでになかったチャンスをつかむことが出来ますし、人からは大切にされますよね。

また、その折り合いとしてもしっかりとして自分に時間をプレゼントすることができるので”時間の使い方””人付き合い”が上手である、といってもよいのかもしれません。

「自分の時間をじゃまされてたまるか」と思うのももちろん人それぞれですが、もしもそこで参加すればあなたがずっと欲しいと願っていた情報を耳にすることができるかもしれないのです。

だったら、いったほうがいいと思いませんか?

多趣味

さきほども少し触れましたが、フットワークの軽い人は多趣味であることが多いです。

いろんなことに興味をもってしまいますし、それにチャレンジしないと気がすまない性分なのですぐにでも多趣味になってしまうんですよね。

最終的にはどれかひとつに絞ることができる方もいますが、そのまま継続して行い、年々趣味が増えて行くなんていう方も・・・。

そのため、多くの知り合いがいますし、感情表現も豊かな人が多いんです。

フットワークが軽い人が成功する理由

これまでにフットワークの軽い人の特長や共通してみられる点をお伝えしてきました。

一見「成功する」人とは思えないような共通点もありましたよね。

でもどうしてそんなフットワークの軽い人が成功することが出来るのでしょうか?

ちょっとずるいですよね!

ここでは、フットワークが軽い人が成功する理由をいくつかお伝えしています。

1、物質的軽さ

フットワークが軽い人というのは、物理的な軽さをもっています。

精神面ではなく”モノ”に対して、執着心が低いんですね。

というのも、いつも新しいことに心うばわれ、そして新しいことに向かって歩んでいるので物理的に重い状態を好みません。

それどころかシンプルライフと呼ばれるものを心がけている、もしくは自然とそうなっているためにいつも身軽でいることが多いです。

その人の家にいくときっと驚かれるはずです。

だって、モノがすくないのですから。

また日々持ち歩いているカバンのなかにもモノが入っていません。

すぐにどこにでもいけるような自分でいるんですね。

切り捨てるのも早い

もしも何かをテ似れるようなことがあってもそのモノを使うのに満足することが出来たのであれば、切捨てます。

捨てるというよりは、売るだとか他にそれに興味を持っている人に譲ります。

そのため、いつでも”キャパシティ”があいている状態になるんですよね。

キャパシティがいっぱいになっていると人は新しいものを見ることが出来ません。

それを知らずして循環よくさせているんです。

様々な習慣を断つことができる

また、モノだけではなく”習慣”までも切り捨てるのがとても上手です。

例えば、食べ過ぎたことによって太ってしまったのであれば、食べ過ぎてしまうような習慣をなくします。

また、それ以外にも人生において”ジャマ”だと思われること、何かをスタートさせるためにいらないと思われるような習慣までも即座に切り捨てます。

そのため、人によっては「ちょっと冷淡なところがある人だな」なんて感じるかもしれません。

2、精神的に安定している

ものを切り捨ててばかりの人だと少し心が荒れているのではないか・・・なんて感じてしまうものです。

しかし、そうではありません。

フットワークの軽い人はいつでも自分のやりたいことをガマンせずに取り組んでいるので精神的に安定しています。

やりたいことにトライするということは満足感を満たし、その人の自信につなげてくれます。

その点で、精神的に安定するようになっているんですよね。

反対に心が荒れている人のほうがモノが多く、ごちゃごちゃした部屋に住んでいるはずです。

ストレスが少ない

好きなことをして、好きな人と一緒にすごして、そして好きなだけ好きなことをする。

そんな生活をすることができたら、あなたはどのように感じるでしょうか?

とても嬉しいですよね!

そのため、フットワークの軽い人もストレスのすくない生活を送っています!

ストレスがあるとどうしても新しいことに出会っても興味を示せなくなってしまうもの。

でもそんなことないんですよね。

好きなことをしているからこそ、心に余裕ができストレスなんて一切感じません。

あったとしてもすぐに解消できます。

3、都合のいい人にならない

フットワークが軽いからといって、誰かの都合のよい存在にはなりません。

例えば、相手が会いにこれる距離なのに相手のもとへ行かなくてはいけないとかそれを求められている状態なんてのには応じません。

そのような”人との壁”とか境界線というものはしっかりもっているので、利用されるということがありません。

しかし、フットワークが軽くても何も考えていない人というのは、本当に何も考えていないのであとになって「利用された」ということが多くなります。

エネルギーを使うところをしっかり使い分けているのが本当のフットワークの軽い人です。

4、失敗を財産として考えられる

あなたは失敗をしたらどう思いますか?

その物事にはもうトライしないという方が多いのではないでしょうか。

フットワークの軽い人はそのように感じません。

それどころか失敗は財産であり、次から反省点として活かすことが出来ると前向きに捉えていることが多いです。

そのような考えができるかどうかによって、次にチャレンジしたことでどこまで進めるのかが分かります。

5、自分の範囲が決まってない

あなたは「自分はこれしかできないから」「自分に向いているのはこれだから」なんていっていませんか?

それって自分の可能性を阻めてしまっているんですよね。

その点で、フットワークの軽い人というのはそのように考えません。

自分の範囲を決めていないんです。

まさに宇宙そのもの。

向いているとか向いていないとかではなく、やりたいかで動いているんです。

そのため、周りの人から「いろんなことにチャレンジするなぁ」と思われるようになるんです。

考え方の範囲も決まってない

人ってだいたいは思考パターンが決まっていますよね。

こういうときには、こう考えるものだ・・・なんていうもの。

しかし、フットワークの軽い人にはそのような思考パターンがありません。

そのため、考えがコロコロ変わるので信用できないという方もいるでしょう。

でもね、考えの範囲が決まっていないからこそ新しいことを発想することができるし、トライする気持ちをわかせることが出来るんです。

まさに成功の秘訣といってもいいでしょう。

6、いろんなチャンスが巡ってくる

フットワーク軽く色々なところに出向いたり、色々なことにチャレンジしていれば自然とチャンスがめぐってくるものです。

それは、コレまでに見えなかったものが見えるようになるからなんですよね。

私たちはその世界に足を踏み入れなければ見えないものというのがたくさんあります。

その点で、フットワークの軽い人はその世界に入ることが出来るので、チャンスを見つけやすくなる、チャンスを見つけられる目を養うことが出来るということになります。

フットワークが軽い人になるためには?

フットワークが軽いと成功できるし、それに人生も楽しくなりそう!

そのように感じたあなたは、ぜひとも以下のことを実践してみてください。

すぐにとまではいいませんが、必ずあなたもフットワークの軽い人間になれるはずですよ!

「すぐ」を徹底する

あなたは物事を先延ばしにしていませんか?

それをやめましょう。

なんでもすぐにおこなうことを意識してください。

そうすれば、あなたの人生のスピードは速くなり知らない間にフットワークの軽い人になっているはず。

いろんな経験を積む

フットワークを軽くするためには、やはり色々な経験をつんでいく必要があります。

いろいろなところを経験するからこそ、次にはどうしたらいいのかと瞬時に判断できるようになります。

失敗も経験のうち。

恐れないようにしてください。

誘いを断らない

何かほかにやりたいことがあるときなど誘いを断っていませんか?

それを断らないようにしてください。

そうすることで思っても見なかったチャンスがめぐってきたり、これから行動するためのヒントを得ることが出来るでしょう。

まとめ

今回は、フットワークが軽い人についてお伝えしてきました。

あなたはどれくらいその人たちの共通点にあてはまりましたか?

今はあてはまっていなくても、これから十分にそのようになることができるかもしれません。

ぜひ今回の記事を参考にしてフットワークの軽い人になってくださいね。