あなたは人からおとなしい性格だと言われますか?または、騒がしい性格だと言われますか?

おとなしい人は何に対しても消極的なイメージがありますが、それは決してネガティブというわけではありません。

おとなしいからこそ人目を引くこともあれば、みんなの人気者になることもあります。

そんなおとなしい人が持つ特徴や、人気の秘訣についてご紹介していきます!

おとなしい事をコンプレックスに思っていませんか?

おとなしい性格の人は、自分のその内面に対してコンプレックスを抱いていることが多いです。

例えば自分が消極的な性格であったり、ネガティブ思考であったりと、自己評価が低い人が多いため、そんな自分の性格を悪いもののように考えてしまうことがあります。

実際にはそんなことはありませんが、当事者からすれば悩みの原因になることも少なくはありません。

また、おとなしい性格の人は、自分とは真逆の性格の人に憧れる傾向があります。

例えばポジティブで何事にも積極性がある人や、常に明るい性格の人に対して、自分と比較することでより自分の性格をコンプレックスに感じてしまうことがあります。

とはいえもちろんおとなしい人のみんながみんな、積極的な人に憧れているというわけではありません。

自分の性格を理解しているからこそ、派手に目立つ人からはあえて距離を取ろうと考える人もいます。

おとなしい人はみんなから好かれるんです

おとなしい性格の人は、そんな自分の性格に対してコンプレックスを感じていることが少なくありません。

「もっと積極性を持てたなら・・・」「もっと明るく前向きになれたなら・・・」と、自分の願望ばかりが先走って、理想と現実との差にがっくりとしてしまう人もいます。

しかし、そんなおとなしい性格の人はほぼ無自覚の内に、周りの人たちからは好かれる傾向にあります。

それは決して、その人がおとなしい性格だから都合が良いというわけではありません。

単純におとなしいというだけで、周りの人たちからは好かれることが多いのです。

本人には理解しがたいその理由について、以下にご紹介していきます。

おとなしい人の12個の特徴


おとなしい性格の人には、いくつかの共通点があります。

その共通点がある人はおとなしく控えめで、自己主張があまりない性格の人が多いです。

おとなしい人は、だからといって決して自己の意志や願望がないというわけではありません。

人によっては周りの人以上に内面の感情が激しく荒ぶっている人もいるでしょう。

しかしそれを決して表に出さないからこそ、周囲からは「おとなしい人」と認識されています。

では、どんな人が一般的に「おとなしい人」と評されるのでしょうか?具体的な特徴をご紹介していきます。

1.仕事は黙々ときちんとこなす

おとなしい人は、仕事に対して過剰に自己をアピールすることはありません。

ただ黙々と、きちんと仕事をこなすことが多いです。

自己主張の強い人は、どんな仕事であっても何かの拍子に自分の仕事振りや、仕事の大変さについてそれとなく周りにアピールをします。

例えば「昨日は残業で疲れたよ~」や「この前の仕事はすごく大変だったよ」「最近仕事が忙しくてまともに寝られていないんだ」など、いかに自分が仕事を頑張っているかというアピールを事あるごとに周りの人にしてみせます。

周りの人はその話を真に受けることもあれば、適当に聞き流すこともあります。

一方で、おとなしい人は例えどんなに仕事が大変でも、それをいちいち周りにアピールすることはありません。

ただ黙って自分の仕事をこなし、一つの仕事が終われば無駄話をすることなく次の仕事に移ります。

そのため、どんなに仕事内容が実際には大変であっても、周囲がそれに気づくことはあまりありません。

また、いつの間にか仕事を終わらせていることもあるため、「いつの間に仕事が終わったの?」と周りに驚かれることもあります。

おとなしい人は、自分の仕事振りについて周りにむやみに話すことをしないため、その内情が分かりにくくもあり、また正当な仕事の評価を下す人からは認められやすくもあります。

みんなから評価されている

口が上手い人やお調子者の人は、最初は周囲の人から評価を受けやすいです。

何せ自分で仕事に対する頑張りを自己申告するため、鵜呑みにした周囲の人たちは、「○○さんは頑張っているなぁ」と素直に受け取ってしまうからです。

しかし、実際には口が回り過ぎる人やお調子者の人は仕事で粗が目立ったり、ミスが多かったりすることがあります。

そうした相手の実際の仕事振りが目に見えてくると、次第に周囲の人たちは「あの人は口ばっかり達者だな」「実際には口ほどの仕事が出来ていないな」などと評価を見直すことになります。

そうなった場合に、今まで無口で目立たなかったおとなしい人に対して、再評価の目が向けられることが多いです。

おとなしい人は仕事で目立つことをしない代わりに、地道にコツコツと、確実に仕事をこなしています。

その堅実さや仕事振りがみんなから評価され、本人の与り知らぬところで勝手に評価が上がっていることがあるのです。

2.周りと一定の距離を保っている

おとなしい性格の人は、常に周りの人たちと一定の距離を保っています。

積極性のある人は浅く広くみんなと親しい付き合いをすることが出来ますが、おとなしい人にはそうした器用な真似は苦手です。

そのため、親しい人との親密度はとても深いですが、それ以外の人たちとは浅く広くの付き合い自体出来ないことが多いです。

すなわち本心からの友人以外は、みんな「知り合い」「顔見知り」程度の関係になってしまいます。

そのため大勢の中にいる時の周りからの印象は、どうしても薄くなってしまいがちです。

「そういえば○○さんもいたな~」程度に認識されることも少なくはありません。

周りから見れば「可もなく不可もなく」といった距離感であることが多いですが、その分人間関係の面倒なトラブルに巻き込まれる可能性も低いです。

休憩中も積極的に仲間の輪には入らない

おとなしい人は人間関係に関しても消極的で、自分から進んで中心になろうとは決してしません。

そのため、仕事の休憩中でも積極的に仲間の輪に入っていくことはしないことが多いです。

よく職場で休憩中にみんなで話している中で、ぽつんと少し離れた場所で一人だけで過ごしている人がいると思います。

その人は大抵スマホをいじっていたり本を読んでいたりして、同じ空間にはいても会話に積極的に参加してくることはありません。

とはいえ、話しかければ全く無反応かというわけでもなく、話題を振ればきちんと返事はしてくれます。

そうした人がおとなしい性格であることが多いです。

3.自分からは話題を切り出さない

おとなしい人は、自分からは中々話題を切り出すことはしません。

一緒の空間にいても自ら話しかけてくることも少なく、大抵は相手から話しかけられてそれに返答をするという形が多いです。

それは何もわざとそうしているわけでもなければ、意地悪で黙っているわけでもありません。

ただ自分から話を振るということをしないだけで、話しかけられればきちんと答えますし、それが自分の趣味や好きな話題であれば、それなりに反応良く返してもくれます。

時々、「話しかけてこないのは自分に関心がないからだ」という人がいますが、決してそういうわけでもありません。

おとなしい人は言葉にしない代わりに、頭の中でたくさんのことを考えています。

気になることがあっても、「自分が聞いては無神経ではないか」などと気遣ったり悩んだりすることも多いため、直接口には出さないだけのことも多いのです。

ある意味で慎重派な性格でもあると言えるでしょう。

いつも話を聞く側

おとなしい人は自ら話題を振ることはあまりありませんが、その分人の話しはよく聞く人が多いです。

おしゃべりな人と一緒に過ごしていれば、ほとんど相手が一方的に話をして、おとなしい人はそれに相槌を打つということも珍しくはないでしょう。

興味深く話を聞いていることもあれば、適当に話を聞き流すこともありますが、相手の話をじっと聞き続けることが出来るというのも、おとなしい人に特有のある種の才能でしょう。

本来人には自分の話を相手に聞いてもらいたい、相手に自分を理解してもらいたいという感情がありますので、それを抑えてただ相手の話を聞くというのはおしゃべり好きな人にとっては簡単に出来ることではありません。

そのため話好きな人ほどおとなしい人を好んで友人や相手に選ぶ傾向があります。

4.誰に対しても優しい


おとなしい人は、簡単に自分の感情や考えを言葉にしない代わりに、頭の中であれこれと人一倍考えをめぐらせることが多いです。

また、例え相手に対して不満や疑問に思うことがあっても、直ぐにそれを口にすることもないため、一見誰に対しても優しい人が多いです。

もちろん内心では相手に対してどう思っているのかはその人それぞれです。

しかし、あえて無言で通すために、相手にとっては優しく感じられることが多いです。

また、おとなしい人は消極的で控えめな性格をしている人も多いため、そうした人の場合は相手に対する気遣いの感情から優しくなれることもあります。

いざ仲が良くなるとずっとその仲が続く

おとなしい人は自己主張をあまりしない分も、相手の意思や主張、気持ちを大事にします。

また、自己主張をしないながらも、そんな自分の気持ちを汲み取ってくれる相手のことをとても大切に思います。

もし自分の気持ちを理解してくれる友人に出会えたなら、おとなしい人はその人のことをとても大切な友人として扱いますので、よほどのことがない限りは、仲良くなるとその仲が続くことが多いです。

例え数年会わないことが続いたとしても、変わらずに友情を感じているため、久しぶりに会っても以前と変わらない態度で接してくれることが多いです。

おとなしい人は自分の性格を理解した上で自分を大事にしてくれる友人を、それと同じくらいかそれ以上に特別に、そして大切に感じて扱いますので、友情は自然と長く続くことが多いのです。

5.目立ちたくない

おとなしい性格の人は、引っ込み思案だったり消極的だったりと、自分の性格に対してネガティブに考えていることが少なくありません。

そのため出来るだけ周囲からは目立ちたくないと考えている人が多いです。

大声を出せば目立ちますし、自己主張をしても目立ちます。

そのため、およそ目立つと予想される行動を取ることはまずありませんし、目立つ人の直ぐ隣に立つこともあまりしません。

せいぜいが、目立つ人の後ろや少し離れた場所に立っています。

そうすることで自分の存在感が薄くなると、おとなしい人はよく理解しています。

その上であえてそうした立ち位置を選ぶことが多いのです。

もし目立つ人に捕まって自分も目立ってしまえば、それこそおとなしい人にとっては針の筵や生き地獄にいるような心地かもしれません。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実際にそうした心地でいることもあるのです。

注目されずにそっと暮らしたい

おとなしい性格の人は、出来れば周りに注目されることなく、そっと暮らしたいと考えている人が多いです。

目立つこともなく、平凡で地味に、安心した生活を送りたいと考えています。

日頃からそうした生活が出来るようにと心がけて日々を過ごしている人も少なくはないでしょう。

目立ちたがりの人にとっては、周りに埋もれて生活するようなことは耐えられないかもしれません。

何か特別なことをして注目を集めて、派手に人生を謳歌したいと考えます。

しかしおとなしい人はそれとは真逆の考えを持っていますので、自ら進んで目立つ人に近づくこともしませんし、近づきたいとも思わない人が多いのです。

もちろんおとなしい人の中にも、そうした目立つ人生を送っている人を羨んだり、憧れたりする気持ちがあるかもしれません。

けれども自分にはそれが出来ないと考えているために、実際に行動に移すことはないのです。

6.マイペース

おとなしい人は、実はマイペースであることが多いです。

マイペースというと、周りに流されることなくあくまでも自分のペースを保って行動する人を指しますので、マイペースな人の中には場の空気を読めずに悪目立ちをする人もいます。

しかし、おとなしい人の場合には、決して自分は目立つことなく、しかしマイペースに過ごしていることが多いです。

周りが流行のもので騒いでいる時に、ひっそりと自分は流行に流されることなく、自分のペースで過ごしています。

目立たないように意識して過ごしていることが多いため、単にマイペースな人と比べて悪目立ちをすることもあまりありません。

7.自分なりの考えを持っている

おとなしい人に対して、時々「自分の考えがない」や「周りに合わせて頷いてばかりいる」といった偏見を持つ人がいます。

しかし、実際には決してそんなことはありません。

確かに角が立たないように周りに同調することはあるでしょう。

しかし、だからといってそれで自分の考えがないというわけではありません。

自らの意志や気持ちを口にすることが少ない分も、頭の中ではたくさんの考え事をしています。

おとなしい人と話してみると、案外頑固な考えを持っていることも珍しくはないのです。

8.信頼できる

おとなしい性格の人は信頼できることが多いです。

もちろん中には、おとなしい性格をしていても噂話を口にしたり、他人の秘密を誰かに漏らしたりする人もいます。

しかし、そうした一部の性格の歪んだ人以外では、おとなしい人は口が堅く、約束事や内緒ごとに関しては義理堅いことが多いです。

おとなしいということは、余計な無駄口を叩くこともなければ、不必要に自己主張をすることもないということです。

そうした慎重で落ち着いた雰囲気から、何もしていないのに自然と周りの人から「あの人なら信頼出来そう」と思われることが多いです。

時にはそれが当人のプレッシャーに繋がることもありますが、無条件に信頼を向けられるというのは、考えようによってはメリットとも言えるでしょう。

9.独特の世界を持っている

おとなしい性格の人は、頭の中で考え事をする機会が多い分も、独特の世界を持っていることが多いです。

誰にでも自分だけの世界が頭の中には存在しますが、おとなしい人は表面上でそれが見えない分も、他の人よりも独特な世界観が強い傾向があります。

その独自の世界を口にすれば、恐らくは驚く人が多いでしょう。

おとなしい人はそうした自己の世界と、それに対する周りの反応についても自分で想像しているため、簡単にその世界を口にすることはありません。

もしもその独特の世界観について聞くことが出来るとしたら、それはきっとその人と親しい関係にある人のみでしょう。

おとなしい人は周りから信頼されやすいですが、当人は自分が信頼している数少ない相手にしか、自分の本心を話そうとはしないでしょう。

10.一本筋が通っている

おとなしい人は、内面がしっかりしていて一本筋が通っていることが多いです。

おとなしい性格の人は、それだけで人からなめられることも少なくはありません。

「あいつは自分というものがなさそうだ」「何でも言うことを聞きそうだ」「都合よく使えそうだ」などと、悪意を持った人から利用されそうになることも時にはあります。

しかし、おとなしい人はただ普段から落ち着いた性格をしているというだけであって、その内面は他の人に劣らずに筋が通っていたり、きちんと自我を強く持っていたりすることが多いです。

そのためいざ周りの人が利用しようとしても、きっぱりとそれを断ったり、自ら不要な相手との関係を断ったりすることもあります。

おとなしい人は口にしない分もたくさんのことを考えますので、それだけ自己の意志や考えがしっかりとしている人が多いのです。

冷静に対処できる

おとなしい性格の人には、自分に自信がなくて引っ込み思案で、常に他人の顔色をうかがうようなネガティブなタイプの人と、ただ無駄におしゃべりや自己主張をしないだけで、自分というものをしっかり持っているタイプの人とがいます。

前者の場合にはトラブルや予期せぬアクシデントが起こった時には慌てたり焦ったりしてしまいますが、後者の場合にはそれに落ち着いて対処することが出来ます。

自分をしっかりと持っている人は、いざという時には冷静に物事を見極めて判断し、行動することが出来ます。

それだけ普段からたくさんのことを頭の中で考えていますので、いざという時の判断や反応も早いことが多いです。

そのいざという時の頼もしさが周囲からの評価が高くなる要因でもあります。

11.人の意見を尊重できる

おとなしい人は、おしゃべりな人に比べると聞き役に徹することが多いため、人の話をよく聞くことで相手の気持ちや願いなどを把握しやすいです。

そして相手の気持ちを把握出来るからこそ、その相手の気持ちや意見を尊重して行動することが出来ます。

一方で、おしゃべりな人は相手の気持ちよりも自分の気持ちを主張しますので、人の意見を尊重するのが難しいこともあります。

おとなしい人ももちろん自分で「これだけは譲れない」というものがあれば、その主張は貫きますが、そうでない限りは自分の意見よりも相手の意見を尊重したり、譲ったりする気持ちの余裕があります。

12.柔軟な対応ができる

おとなしい人は、騒がしい人に比べて物事に対し柔軟な対応を取ることが出来ます。

騒がしい人は、その性格上自己主張が激しかったり、やや自分勝手だったりすることがあるため、自分の意見や主張を他人に合わせて曲げることが苦手な傾向があります。

また、予期せぬ出来事があった時にもパニックに陥りやすく、慌てたりどうしていいか分からずに、自分では対応できないことがあります。

一方で、おとなしい人は日頃から口に出す以上に頭で物事について考えていることが多いため、何かあった時にも比較的冷静に対処したり、柔軟な対応を取ったりすることが出来ます。

もちろんおとなしい人の全員が柔軟な対応が出来るというわけではないでしょうが、他の人に比べると性格的に柔軟な対応がしやすい特徴があります。

おとなしい人が人気の理由4選

おとなしい人は、物事に慎重だったり、他人に無関心だったり、自分の意見を言葉にするのが苦手だったりと、さまざまな理由からおとなしい性格をしています。

そのため、おとなしい人の全員が良い人とは限りませんし、中にはおとなしく振舞って周囲の様子を伺い、一番良いタイミングでいいとこ取りをするようなずる賢い性格の人もいるでしょう。

しかし、どんなタイプのおとなしい人であれ、周りの人たちから見ればみんな等しく「おとなしい人」です。

そのため、おとなしい人は周りの人たちから好かれやすく、また人気を集めやすいです。
しかし何故、おとなしいというだけで人気になりやすいのでしょうか?

ポジティブに振舞って周りを明るくするわけでもなく、積極性があるわけでもないのに何故か人気の集まるおとなしい人の、そのワケについて以下にご紹介していきます。

1.余計なことは言わない

おとなしい性格の人は、余計なことは言いません。

例え本心では何か思うところがあったとしても、わざわざそれを口に出すことはありません。

何故なら、下手に口に出してその場の雰囲気を悪くさせたり、要らぬトラブルを起こしたりはしたくないという気持ちが強いからです。

おとなしい人は基本的に目立つことを嫌います。

余計なことを言えば自分が目立ってしまう可能性があるため、無駄に口を開くことはないのです。

誰でも余計なことを言う人よりは、言わない人の方を好むでしょう。

そうした理由から、おとなしい人は好かれやすいのです。

控えめにしている

おとなしい人は常に控えめにしています。

出来るだけ目立たないように、目立つ人の陰にわざと隠れることをしています。

本心では目立ってみたいという気持ちがあるかもしれませんが、それ以上に目立った場合のリスクを考えるため、自分から前に出ようとはしません。

そうして自分の立ち位置だけでなく、発言にも気を遣っていますので、余計なことは言わないのです。

それは引っ込み思案というよりは、慎重さがそうさせているのでしょう。

2.相手の気持ちを尊重する

おとなしい人と会話をすると、大抵その人は聞き役に徹します。

聞き上手な人は相槌や話の続きを促すタイミングも上手なため、ついついこちらが話し過ぎてしまうこともあります。

また、こちらの話から気持ちや意志を察し、それを尊重しようとしてくれます。

誰でも自分の気持ちや意志を尊重してもらえると嬉しく感じますよね。

おとなしい人はそうした気持ちを尊重する行為に長けているため、「この人に話を聞いてもらいたい」と話し手に感じさせやすいのです。

プライドを傷つけない

おとなしい人は話を聞くのも上手ですが、そこから相手の気持ちを理解して、それを尊重しようとしてくれます。

それはすなわち相手にとっては、決して自分のプライドを傷つけることはないため、一緒にいて心地良く感じます。

例えばあなたが誰かに悩み事を相談したとします。

相手はこちらへアドバイスをしてくれますが、同時にこちらの悪い部分も指摘してきます。

その指摘内容が自分にとってはプライドが傷つくことであった場合には、少なからず不快になったり落ち込んだりするでしょう。

しかし、おとなしい人はそうしたこちらが傷つくような発言はしません。

こちらの気持ちを尊重してくれますので、やんわりとプライドを傷つけないように話を聞き、言葉を返してくれます。

それは繊細な感情の持ち主やプライドの高い人にとっては、話していてとても心地が良く安心出来るため、自然とおとなしい人に話を聞いてもらいたいと思うのです。

3.清楚だから

おとなしい人には清楚な人が多いです。

何故なら清楚であることが最も無難で目立たないことだとよく理解しているからです。

派手なメイクや髪型、服装の人は当然目立ちますし、またそうした人は清楚とは正反対のタイプで自己主張が激しい印象があります。

一方で清楚な人は目立つことはありませんが、もし対面した時には決して相手を不快に感じさせない清潔感を持っています。

おとなしい人は対人関係も無難に済ませたいと思っていることが多いため、そうした自分が清楚な印象であることに努めています。

悪目立ちをするような格好の人よりも、清楚で落ち着いた人の方が人気が集まりやすいのは道理ですので、自然とおとなしい人は周りから好かれやすいです。

外見に伴う内側の人間の良さ

おとなしい人も性格はさまざまですが、一般的には人が良い性格をしていることが多いです。

もちろん本心では分かりませんが、少なくとも表面上の人当たりは良いですし、聞き役で相手の気持ちを尊重出来る人が多いので、自然と周りからは「良い人」だと思われやすいです。

そうした内面の人間の良さは、外見と比例しています。

要は「いかにも良い人そう」といった外見をしており、また内面もその外見に伴っていることが多いため、特別に目立つ存在ではなくても「仲良くしたい」と周りの人からは思われやすいです。

4.一言に重みがある

おとなしい人は、普段は積極的に発言をしません。

話題を振られればそれに返しますが、自分から進んで話を振ったり、盛り上げたりすることはあまりありません。

そうして普段は自分からあまり話をすることがないため、たまに積極的に言葉を発することがあると、その一言ひとことに、自然と重みを感じさせます。

また、実際にあれこれとたくさん考えをまとめた上で言葉にしていますので、意味のないことや軽いことは言わないため、余計に周囲には重みを感じさせるでしょう。

きちんと考えてから言葉にしていることを周りの人たちも感じているため、いざという時には助言を求められることも少なくはありません。

軽い発言はしないから信用できる

おとなしい人は物事をよく考えて、頭の中で整理してから言葉にしています。

そのため軽い発言や適当な発言はしないため、その人自身の言葉も信用出来ます。

誰でも適当なことを言う人よりは、「この人の言うことは信用出来る」と思える人に意見を聞きたがりますので、大事な場面ほどおとなしい人は求められることがあります。

おとなしい人を嫌いな人はいない

おとなしい人は、控えめで人の話をよく聞き、常に周りの人たちよりも一歩引いたところから冷静に物事を見て判断しています。

その上人当たりも良いのですから、おとなしい人を嫌いだという人はあまりいないでしょう。

派手な素行を好む人からすればとにかく地味でつまらない存在に思えるかもしれませんが、癖が強い人よりも、実際にはおとなしい人の方が多くの人からは好かれています。

おとなしい人自身は、自分の性格をコンプレックスに感じているかもしれません。

しかしその性格は周りの人からは好まれ、時に頼りにされたり求められたりしています。

自分にない部分に憧れたり、ないものねだりをしたりするのではなく、自分自身の良さを大切にしてあげましょう。

おとなしい人はきっと自分で思う以上に、周りの人たちからは好かれているのですから。