日常生活を過ごしていると、私たちは様々な問題に直面したりすることがあると思います。

例えば物事を行う中で、何かしらの問題が出てきてスムーズに物事がうまくいかない場合があったりしますよね。

人生は言い換えてみれば、このようなことの連続であると考えることができます。

何もかもがスムーズに行えるような状況になるわけではなく、その都度問題が発生し、その問題を解決するために尽力することは社会人になれば必ず多くなるはずです。

しかしながら、なるべく問題が発生したときにはややこしくしたくないのが本音ですよね。

そこで、今回は問題が発生したときにスムーズに問題を解決するために、事情という言葉をテーマにして事情の意味や事情の上手な伝え方についてご紹介していきたいと思います。

このスキルは社会人になれば必ず身に着けておきたいスキルでもあります。

なぜならば、先ほどお伝えした通り社会人になると様々な複雑な問題の中に身を寄せることが多くなり、その都度解決能力を求められるようになるからです。

実際に相手に対して事情をうまく伝えることによって問題が早期に解決したり、必要以上にややこしくすることなく問題を解決することができる場合があります。

なので、その場を切り抜ける能力なども必ず求められるようになりますので、社会人の方や社会人になりたての方には特に覚えていただきたい内容です。

自分自身の問題解決能力に自信がない方は、是非今回ご紹介する内容をきっかけに問題解決能力を高めるきっかけとして活用してみてください。

事情で…って説明することありますよね

これは必ずしも社会人に限られるような話ではありませんが、長い人生を過ごしていると必ず相手に対して事情を説明したりするようなことがあると思います。

例えばプライベートにおいての話をするようなこともあれば、ビジネス上で何か事情を抱えてそれを説明したりするようなことがあるはずですよね。

このように事情を抱えたりするような状況というものは、どのような方でも共通して訪れる状況であると考えることができるのです。

だからこそ広くたくさんの方に事情をうまく説明する能力を身につける必要性があると考えることができます。

もしも自分が事情を説明される側の立場の人間だったと考えてみてください。

相手が何を言ってるのかよく伝わらなかった場合は相手に対して不信感を持ったりするようなことなどがあると思います。

しかし、納得いくような事情を説明することができる場合は、相手に対して必要以上に信頼関係がなくなったり、悪い気持ちをもったりすることはないはずです。

このように、事情を説明する能力は非常に大事なスキルであり、自分を守ることができるスキルになりえると考えることができます。

事情を話すということだけを考えてみると、とてもシンプルな行動に感じるかもしれませんが、細かいテクニックなどが求められるような行動にもなります。

ちょっとした気遣いや行動で全く印象は変化するようになりますので、改めて事情を話す時に何を注意しなければいけないのか、考えるきっかけとして受け止めてください。

言い訳や理由付けに便利な言葉


そもそも事情を話すということに対してどのような意味を持っているのかということがよくわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

事情を話すという言葉言い換えてみれば言い訳をするということであったり何かしらの理由づけをするということに関して非常に便利な言葉であると考えることができます。

人間は自分の心の中で思っているだけでは相手に自分の気持ちを伝えることができませんよね。

必ず自分の気持ちを相手に対して伝える際には自分自身の言葉にして相手に伝える必要性があります。

なので言い換えで見れば事情を話すということは自分自身の気持ちを相手に対して言葉にして伝えるということになります。

そうすることによって、相手が自分自身の事情を理解してくれ、言い訳や理由付けとして活用することができるということになるのです。

なので、ビジネスに場面においても、プライベートの場面においても事情という存在は非常に大事な要因になりえる存在です。

この行動を省いてしまうと相手に対して不信感を与える結果になってしまったり、いやな気持ちにさせてしまう可能性もあります。

なので、事情を話すということはとても大事なことであるということを改めて認識してください。

事情の意味

相手に対して事情を話すということは非常に重要な意味を持っていることであるとご紹介していきました。

では事情とは、そもそもどのような意味を持っている言葉なのかということに疑問に感じる方もいるかもしれませんね。

社会人として仕事に携わっている方などは敢えて意味を説明するまでもないかもしれませんが、まだ社会人として活躍していないような年齢の幼い方は理解できないも当然です。

なのでここからは事情とは具体的にどのように思っている言葉なのかということについてご紹介していきたいと思います。

事情が持っている意味を正しく理解し、後述する事情の上手な使い方、そして事情の話し方などをより深く理解できるようにしておきましょう。

事の次第

事情という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、考えらえる意味として「事の次第」という意味が挙げられます。

事の次第という言葉を聞いてみると少し難しく感じる表現になるかもしれませんので、さらに事の次第とはどのような意味なのかを紹介していきます。

事の次第とは簡単にお伝えすると何らかの物音であったり出来事などがそのような状態に至った背景や成り行きなどを説明する表現になります。

例えば具体的にわかりやすく例を挙げるとすれば、あなたがビジネスにおいて何かしらの失敗をしてしまったとします。

当然ながら失敗をした場合は自分自身の上司にそれを報告する必要性がありますよね。

では、報告を受けた上司からしてみれば、なぜあなたが失敗してしまったのかという原因が不思議に感じるはずです。

なので、必ず上司からは事の次第を聞かれることになりますので、言い換えてみれば失敗に至った背景や成り行きなどを説明するように言われるはずです。

このように、事の次第という言葉は使われるようになり、ビジネスの場面においては広く用いられるような言葉になるのです。

もちろんこれはビジネスの場面にのみ該当するような問題ではなく様々な状況で該当することがあると考えられます。

例えばあなたがプライベートで車を運転していたとして車が事故起こしてしまったとします。

そうなると当然ながら警察がやってきてなぜ事故が起こったのかという現場検証などが行われたり、質問を受けたりするはずです。

そうすると事の次第を説明する義務が生じるという風になりますので、様々な場面で用いられる言葉でもあるということを覚えておいてください。

物事がある状態になった理由、その結果

次にご紹介する事情という言葉の意味としては「物事がある状態になった理由、その結果」という意味が挙げられます。

これに関しては先ほどご紹介した事の次第という言葉とそこまで大きく意味が変化するようなことにはなりません。

先ほどご紹介した事の次第という言葉は言い換えてみると、その状態に至った背景や成り行きを説明する表現であるとご紹介しました。

この意味と「物事がある状態になった理由、その結果」という言葉はほぼ同じような意味を持っていますので、表現方法が違うだけで意味は全く同じものになります。

なので、難しく考える必要性はなく、同じ意味であると考えるようにしてください。

表面からはわからない背景

次にご紹介する事情という言葉の意味としては「表面からはわからない背景」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、何かしらの問題に直面した場合、その当事者であればある程度内容を把握することはできると思います。

しかし、当事者ではない場合、問題が発生するに至った背景などに関しては具体的に想像することは困難を極めますよね。

なので、当事者ではない人間が事情を聞く場合は当事者の人間から具体的な状況を聞くことがそれを知る方法になりえるはずです。

つまり、事情とはそのような表面からわからない背景をを意味しており、事情を聴くとはその背景を聞くという意味につながるということです。

よく警察が事情聴取を行うという文言をニュースなどでも聞いたりすることがあると思いますが、それは問題が発生するに至った表面からはわからない背景を聞くという意味です。

なので、事情という言葉が持っている意味としては表面からはわからない背景という意味も含まれていると考えてください。

若干の意味合いや表現方法は異なりますが、結果的にはご紹介した意味合いはどれも大きく意味が異なるようなものではありません。

事情の意味まとめ

事情という言葉には複数の意味が存在しているということをご紹介していきました。

しかしながら、複数の意味を持っていますが、結果的にはどの意味もかなり似たような意味を持っていますので、そこまで難しくとらえる必要はありません。

一般的に考えて事情という言葉を使う場合、用いられる意味としてはなぜそのような状況になってしまったのかという背景を問われる場面ばかりです。

なので、事情という言葉の基本的な意味を押さえておけば意味がわからなくなったりするようなことはありませんので、一般的な意味合いを正しく理解しておきましょう。

事情の使い方

ここまでは事情という言葉が基本的な意味についてご紹介していきました。

ある程度事情という言葉の基本的な意味を理解いただけたところで、ここからは事情という言葉の使い方を例文を交えてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を理解していても、正しい使い方ができないと言葉をマスターすることはできません。

そこまで複雑な使い方をするような言葉ではありませんが、改めて事情という言葉の使い方も意識してみてください。

事情があって今日の約束が守れなくなった


この例文の意味は説明するまでもないと思いますが、ある事情によって約束が守れなくなったということを伝える文章になります。

事情があるということをしっかりとまず伝え、その上で何ができなくなったのかということをしっかりと付け加えるように意識すれば難しい使い方にはなりません。

事情という言葉の一般的な使い方になりますので、この例文を覚えておくようにしてください。

事情はこの通りです

この例文はどのような場面で使うのかと言いますと、相手に対して事情を説明したりするときに用いる例文になります。

先ほどもお伝えした通りビジネスの場面においてもプライベートの場面においても何かしらの事情が発生することは必ずあります。

そのような場面では必ず相手に事情を説明することになりますよね。

そのようなときにこの例文を用いることができますので、頭に入れておくようにしてください。

基本的な意味さえ理解しておけば決して難しい使い方にはならない言葉です。

事情があるときの8個の上手な伝え方

ここまでは事情という言葉の具体的な使い方についてご紹介していきました。

例文を交えて事情という言葉の使い方を正しく理解いただけたところで、ここからは事情がある時の上手な伝え方についてご紹介していきたいと思います。

冒頭でもお伝えした通り、プライベートの場面においてもビジネスの場面においても何かしらの事情が存在するような場面は様々な場面が該当するはずです。

この事情を相手に対して正しく、上手に伝えることができるかどうかということによって、相手に対する自分の印象というものは大きく変化するようになります。

なので人間関係を築く上で非常に大切なスキルであると考えることができます。

人生を生きていく上で人間関係というものが切っても切り離せないような存在であると考えられます。

良い人間関係を築くということは生きやすい人生を得るということに繋がりますし、良い人間関係を築けないと悪い環境の中で生きて生きなければいけないということになります。

つまり、自分自身の環境を左右する重要な要因になりえるはずです。

それを踏まえたうえで、改めて事情を伝えることの大切さを理解し、事情を相手に伝える上手な伝え方を身に着けられるようにしてみてください。

自分で考えた言葉で話す

まず初めにご紹介する事情がある時の上手な伝え方として「自分で考えた言葉で話す」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、相手に対して何かしら事情があるということを話す時に、人によってはよく考えずに相手に対して話すような方が存在しています。

しかし、自分の思い付きで決めた言葉をただ話すということに関しては、場合によっては相手に対して自分が何をいいたいのか伝わらない場合があります。

相手に対して何かしらの事情を言葉で伝えるということは考えてみれば非常に難しいことであると考えることができます。

何かしらの事情があるということを相手に対して理解してほしい場合、自分自身の言葉でそれを考えて、きちんと相手に対して伝わるように努力をしなければいけません。

その努力を怠っているうちは、相手に対してしっかりと物事や事情などが伝わるのは難しくなってしまいます。

だからこそ常に相手に何かを伝えたい場合は自分自身で自問自答しながら相手に対して伝えたい内容をよく考える必要性があります。

いつも相手に対して何かを伝えようとした時に相手に理解されなかったりする場合は、自分に対する自問自答ができていない可能性があります。

しっかりと自分が相手に対して伝えたい内容考えて結局何が言いたいのかということを考える作業を必ずを怠らないようにしなければいけません。

それは何度も繰り返していくうちに自然と相手に対してスムーズに伝わるような言い回しや話の構築ができるようになるはずです。

なので、まずは自分でしっかりと言葉を選び、どういう言葉を使って相手に伝えようかということを考えることから始めるようにしてみてください。