ビジネスシーンやテレビのニュースなどで、時々「ひいては」という言葉を耳にする機会があると思います。

自分でよくその言葉を使う人もいますが、あまり日常会話の中では登場することはないでしょう。

そんな「ひいては」という言葉の意味や使い方、また類語などについてご紹介していきます。

普段使いはしなくても、社会人であれば知っておきたい日本語の一つとして、この機会にきちんと身に付けておきましょう。

「ひいては」の意味わかる?

あなたは普段、会話の中で「ひいては」という言葉を使う機会がありますか?

もしビジネスシーンなどでよく使う機会があるのなら、もちろんその言葉の意味を理解した上で使っていることと思います。

そうでなければ、何となくのニュアンスで使いこなせるほど、「ひいては」は簡単な言葉ではないからです。

もし「他の人がこんな場面で使っていたから、自分も何となく使っているだけ」という人がいれば、今すぐにでも言葉の正しい意味や使い方について学ぶべきでしょう。

そうでなければ、「ちょっと小難しい言葉を使いたがっているだけで、実際には教養がない人」と周りからは思われてしまいます。

また、もし上司や年配の人の前で誤用してしまうと、それが悪い印象になってしまったり、「使い方が違う!」と注意を受けてしまったりするかもしれません。

そうなると赤っ恥をかいてしまいますので、「ひいては」という言葉を使うのなら、大前提としてその意味をよく理解しておくことが大切です。

一方で、きちんと言葉の意味や使い方を理解している人が、会話の中で「これがひいては○○のためになるんだよ」などと話しているのを聞くと、教養があって、頭が良さそうな印象を受けませんか?

小難しい言葉をそつなく使いこなしている人は、同僚や同性から尊敬の眼差しを向けられることも少なくはないでしょう。

「ひいては」って何?

「ひいては」をそつなく使いこなしたいのなら、まずはその言葉の意味や使い方をしっかりと理解しておく必要があります。

私たちは日常会話の中で、しっかりと言葉の意味を理解していないながらも、何となくのニュアンスで使いこなしていることが案外たくさんあります。

「しかして」や「さもりありなん」など、あまり普段使いをしないような言葉であればなおさらでしょう。

そして、きちんと言葉の意味を正しく理解した時に、「えっ、これってこんな意味もあったんだ・・!」と驚くことも少なくはないのです。

「ひいては」にも、そんな意外な意味があるかもしれません。

「ひいては」を使いこなすためにも、まずはこの言葉の意味から見ていきましょう。

意味

「ひいて」には、「あることだけにとどまらず、さらに進んで」や「それが原因となって」「その結果」といった意味があります。

元は「ひく」の連用形に接続助詞の「て」を付けた「ひいて」という言葉を、さらに強めた言い方が「ひいては」になります。

そのため「ひいては」を使う際には、まずその前に何かしらの文章があって、そこに「ひいては」をかける形で使います。

例えば「○○のことが、ひいては××となる」といったように、前の文章によって、後の文章へと繋がるという使い方をするのが一般的です。

むしろこの使い方が基本であり絶対ですので、前後関係がなく「ひいては」という単語だけで用いることはまずないと言っても良いでしょう。

「ひいては」は、「しかし」や「だからこそ」といった言葉同様に、前の文章と後の文章の繋げ役として用いられることが多いです。

漢字での書き方


「ひいては」を漢字で書くと、「延いては」になります。

「ひいては」は、原因と結果の因果関係を表わす言葉ですので、このような漢字を用います。

「延」という漢字には、延長や延命のように「のばす」「のびる」「ひろがる」という意味と、延長や延滞のように「時間や期日がのびて遅れる」という意味の他にも、延見のように「ひきいれる・まねく」、また「同一のものの重複を含めて数える」といった意味があります。

「ひいては」の場合は、原因から結果へとのびていく、広がっていくという意味を表わしていると考えられます。

「ひいては」は、基本は漢字で表されることはありません。

大抵はひらがなで用いられることが多いため、文章に表す際にもひらがなで「ひいては」と書くのが一般的です。

「ひいては」と同じように使われる言葉


「ひいては」は、原因と結果との因果関係を表わす言葉です。

原因に対して使うことで、結果を表わしていますので、同じように原因と結果を結び付ける言葉が類語になります。

「ひいては」はビジネスシーンのように、堅い話でよく使われる言葉ですが、一方で日常会話の中ではそこまで頻繁に使われることはありません。

その言葉の堅苦しい印象からあまり使われることがないため、プライベートや日常会話では、「ひいては」ではなくその類語が代わりに用いられることが多いです。

「ひいては」の意味をきちんと理解出来ていると、日常会話で類語をすんなりと使うことが出来るでしょう。

「ひいては」にはどのような類語があるのでしょうか?

以下にご紹介していきます。

それにより

原因と結果の因果関係を結ぶ言葉の一つに、「それにより」があります。

「それ」とは、文章で言えば前の部分を示します。

例えば前の部分が「産業はここ数十年で発展した」となっていれば、「それ」とは産業の発展のことを指しています。

また、「より」は元々「因る・由る」という言葉で、何かの出来事に起因するといった意味があります。

そのため、「それにより」という言葉は、先の例で言うと「産業はここ数十年で発展したことにより」という文章になります。

これに結果である「経済効果が上がった」という文がつくと、「産業はここ数十年で発展した。

それにより経済効果が上がった」という文章が出来上がります。

このように、「それにより」という言葉も「ひいては」と同様に、原因と結果の因果関係を表わしますので、場面によって「ひいては」でなく「それにより」を用いることが出来ます。

とはいえ「それにより」も聞く人によっては少々堅苦しい印象になることもありますので、大勢の前で何かを発表する際や、目上の人に対してなど、丁寧な言葉使いをする場面で用いることが多いでしょう。

そのため

「そのため」は、「ひいては」の類語の中でも恐らく最も頻繁に使う機会がある言葉でしょう。

「~があったため」「~のために」といった言葉も「そのため」の一言でまとめることが出来ます。

また、「そのため」の使い方として、前の文章をいったん「。

(句点)」で区切り、その後で文章を続ける際に「そのため~」から始めるのが一般的です。

例えば「今朝は雨が降っていたから傘をさして出勤したが、夜には止んでいたのでうっかり傘を持ち帰り忘れてしまった。」という文章の場合、このままでも良いですが一つの文章が長くなってしまいます。

そこで、「そのため」を用いて文章を二つに分けると、「今朝は雨が降っていたから傘をさして出勤したが、夜には止んでいた。そのため傘を持ち帰り忘れてしまった。」と文章にメリハリが出来て、より読みやすくなります。

これは文章として読むだけでなく、口に出す言葉としても同じことが言えます。

同じ文章でも、一つの文を長々と書いたり話したりすると、伝えたいことが相手に上手く伝わらなくなったり、起承転結が曖昧になって話がまとまりづらくなってしまったりします。

そこで文や話を短く区切って、合間に「そのため」とつけることで、話し手や書き手が何を伝えたいのかが明確化されます。

それゆえ

「それゆえ」という言葉も、「ひいては」と同じような意味を持っています。

「それゆえ」とは、前の出来事を受けて次に話を運ぶ接続詞のことです。

前の結果から次の事象等を導くため、原因と結果の因果関係を表わす「ひいては」と似た使い方をします。

例えば「会社で人間関係に悩み、精神疾患を患ってしまった。それゆえ、会社を退職することに決めた。」

また「昨日は部屋を十分に過湿して、さらにマスクをつけてのど飴も舐めた。それゆえ、今日は喉の調子が絶好調だ。」など、ある出来事があり、その結果を示す際には「それゆえ」という言葉を用います。

「ひいては」ほどかしこまった言い方ではないものの、「それゆえ」という言葉も日常会話で用いるにしては少々堅苦しい印象を受けるため、あまり普段使いはされません。

あなた自身、日常会話の中で「それゆえ○○だった」という言い方はしませんよね?

この言い方は、メールや手紙、小説など文章として表す際に用いられることが多く、口に出されることはそう多くはありません。

「それゆえ」の「ゆえ」は、漢字で書くと「故」となります。

「故」は原因や理由を示す語であり、「だから」や「そこで」といった意味があります。

そのため、「それゆえ」という言葉も、前の出来事や原因を受けて結果を表わす際に用います。

さらに

「さらに」という言葉も、場合によっては「ひいては」と同じような使い方をします。

「さらに」は、「程度がより増したり段階がより高まったりするさま」「これまでの行為に加えて繰り返し行うさま」「(下に打ち消しの言葉を伴い)少しも・全然」「あらためて・こと新しく」「すっかり・まったく」などのたくさんの意味があります。

細かい意味として見ると「ひいては」と違う部分が多いですが、前の出来事や原因を受けて、結果となる事象を説明する際には用いられることがあります。

とくに「ひいては」の代わりとして用いられる際の意味は、「程度がより増したり段階がより高まったりするさま」であることが多いです。

例えば「マンションの管理システムの技術が向上したので、さらにセキュリティが万全になった。」

「近所の薬局が今年の夏にリニューアルして、さらに広く便利になった。」

「テストで悪い点をとり、さらにお小遣いまで下がってしまった。」

などが「ひいては」の代わりとして「さらに」を使っています。

一見「ひいては」と意味が違っているように思えるかもしれませんが、原因と結果の因果関係を表わしているという点では同じです。

また、「ひいては」はビジネスシーンなど使う場面が限られていることが多いですが、「さらに」という表現方法は日常会話の中でも頻繁に使われています。

そのため、使う頻度は「さらに」の方が多いので、意味をきちんと理解しておくと、より上手に原因と結果の因果関係を言葉で表現出来るようになります。

その結果

「その結果」は、原因と結果の因果関係を最も分かりやすくシンプルな言い方で表現しています。

例えば「店の売り場をもっと消費者に分かりやすくなるようにリフォームした。その結果、店の売り上げが伸びた。」

「毎晩欠かさずにしっかりと授業の予習復習をした。その結果、期末試験では好成績を取ることが出来た。」

「毎日暴飲暴食を繰り返していた結果、健康診断で引っかかってしまった」

など、ある出来事や原因を受けて、その結果を示す際に用いられることが多いです。

「その結果」という言葉自体がすでに「結果をこれから示す」と言っていることになるため、誰が聞いても原因と結果の因果関係であることが分かります。

一方で、使い方をよく分かっていない人の場合、「お腹が空いた。その結果ご飯を食べて満腹になった。」と微妙にずれた使い方をしてしまいます。

この例での正しい「その結果」の使い方としては「お腹が空いたのでご飯を食べた。その結果満腹になった。」となります。

「ひいては」よりも普段使いがしやすい言葉ですが、日常会話の中で「○○をした。その結果××になった。」とわざわざ形式的な言い方をすることはあまりないでしょう。

反対に文章で書く際にはこの使い方をすると言いたいことが相手に伝わりやすくなります。

それにとどまらず

「それにとどまらず」という言葉も、場合によっては「ひいては」の代わりとして使うことが出来ます。

「とどまらず」は「とどまる」という言葉の否定形で、元は「進行していたものが停止する」や「その範囲・限度を越えないでいる」「同じところに滞在する」といった意味があります。

これの否定形ですので、「その範囲や限度を越える」といった意味になり、ある出来事のみでなく、それ以上に何事かが起こることを示しています。

つまりは、「それ」が指すものだけでなく、それ以外にも何事かが起きるということですので、「それにとどまらず」は「それだけでなく」という意味になります。

これを文章にすると、例えば、「地震が起きて建物が倒壊した。それにとどまらず、海沿いの地域では津波まで起きた。」

「日頃の不摂生がたたり風邪を引いてしまった。それにとどまらず、悪化して気管支炎まで併発してしまった。」

など、前に起きた出来事の他にも、さらに別の出来事まで起きた場合に使います。

また、「それにとどまらず」という言葉は、大抵はあまり良くないことに対して使われることが多いです。

先に起こった出来事以上に悪い出来事が起きた時や、また別の良くない出来事が起きた時などに用いられます。

良い出来事が立て続けに起きた時には別の言い方をします。

結果的に

「結果的に」は、「その結果」とよく似ています。

明確な違いがあるとすれば、「その結果」が原因と結果の因果関係を結ぶ接続詞として使われているのに対し、「結果的に」は前後の文章の繋ぎとしてではなく、一つの文章の頭に持ってきて使うことが出来ます。

また、もちろん前後の文の繋ぎとしても利用することが出来ます。

例えば「炭水化物抜きダイエットをして、その結果痩せることが出来た。」という文章があるとします。

これを「結果的に」の言葉を使うと、「炭水化物抜きダイエットをして、結果的に痩せることが出来た。」となります。

また、前提として炭水化物抜きダイエットをしていた場合、それが周知の事実であれば、わざわざ「炭水化物抜きダイエットをしている」と文章や言葉にする必要はありません。

その場合には、「結果的に痩せることが出来た。」とシンプルな文章のみで表すことが出来ます。

また、一般的には原因と結果の良し悪しは比例していることが多いです。

例えば「甘いものを食べ過ぎたらその結果虫歯になった」など、悪い原因であれば当然結果も悪いものになることが多いです。

しかし一方で、「結果的に」の場合は、例え原因となるものが悪かったとしても、結果は良いものであることがあります。

例えば「試験の結果が最悪だったので、お小遣いが減らされてしまった。けれど親戚のおじさんから偶然お小遣いをもらうことが出来たので、結果的にお小遣いが増えた。」のように、必ずしも原因に比例した結果になるわけではないのです。

その点「その結果」では、「その」が原因を示しているため、必ず結果も原因に比例したものになります。

それどころか

「それどころか」とは、「そんなことで済むどころか」という意味があります。

「ひいては」と少し違った意味合いに思えますが、原因と結果の因果関係には変わりありません。

「さらに」や「それにとどまらず」に近い意味の言葉と言えるでしょう。

「それどころか」は、結果が原因以上の出来事になっている時によく使われます。

例えば「必要がなければ家族と口もきかず、それどころか顔を合わせることすらしない」

「彼は決して精神的に強いわけではない。それどころか、弱すぎて直ぐにストレスで胃が痛くなってしまうほどだ。」

「周囲には友人も家族もいない。それどころか、人一人いないありさまだ。」

など、前に起きたこと以上のことが今起こっている時に使われる言葉です。

厳密な意味や使い方としては、「ひいては」とは別物に思えるかもしれません。

しかし、場合や使い方によっては、「ひいては」の代わりとして使うことも可能です。

~のみならず

「~のみならず」は、「さらに」や「それどころか」「それにとどまらず」などと近しい意味の言葉です。

「のみならず」は、副助詞の「のみ」に断定の助動詞である「なり」、さらに打消しの助動詞である「ず」が組み合わさった言葉です。

要するに、「~ばかりでなく」「~だけでなく」といった意味があります。

また、一度文を句読点で句切った後で、接続助詞に用いて「そればかりではなく・その上に」といった形で用いることもあります。

そのため、「さらに」や「それどころか」と同様に、原因となる出来事以上のことが、結果的には起きていることを示しています。

これを文で例えると、「生活費が足りず、電気のみならずガスまで止まってしまった。」
「彼女は英語のみならず、中国語と韓国語まで話すことが出来る。」

「日本のアニメは国内のみならず、世界中に広まっている。」などがあります。

すなわち

「すなわち」は、「言い換えれば」「とりもなおさず」「つまり」「即座に・直ぐに」などの意味があります。

私たちは「つまり」の意味で「すなわち」という言葉を使う機会がとくに多いでしょう。

前の文章に対して、それをさらに別の言い方をしたり、分かりやすくまとめたり、強調したりする場合によく用いられます。

例えば「イルカは母乳で子どもを育てます。すなわち、海洋哺乳類なのです。」

「この子は私の妹の娘、すなわち姪にあたります。」

「あそこに見えるのは富士山です。すなわち、日本一の高さの山なのです。」

など、前の文章に対して、それを分かりやすく説明したり、まとめたりする時に多く用いられます。

また、「すなわち」は文章で使われることが多いですが、場面によっては言葉にして用いることも少なくはありません。

例えば会社のプレゼンや、複数人の前で何かを話す際などに、相手に話を分かりやすく伝えようとして使うことがあります。

よくある「ひいては」の間違い

「ひいては」は、きちんと正しい意味を理解していれば、誤用することはありません。

しかし、何となくのニュアンスだけで使っている人や、理解しているつもりの人では、うっかり誤用してしまっているかもしれません。

とくに「ひいては」と響きが似ている言葉は、より混同されたり、誤用されたりするおそれがあります。

そこで、うっかりの間違いをしないためにも、「ひいては」によく似ている言葉に焦点を当てて、その違いについてご説明していきます。

「しいては」との混同

「しいては」という言葉を聞いたことがありますか?少なくとも、ある程度教養を積み、社会に出た人であれば一度は耳にしたことがあるでしょう。

「しいては」は、言葉の響きが「ひいては」とよく似ているため、意味や使い方が混同されることが少なくありません。

「一つの仕事を丁寧に行うことが、ひいては会社のためになる」という文章を、「一つの仕事を丁寧に行うことが、しいては会社のためになる」と使ってしまっていたり、「ひいては賢くなれる」という言葉が「しいては賢くなれる」と使ってしまったりすることがあります。

しかし、言葉の響きは似ていても、その2つの意味はまったく異なっています。

そのため、「ひいては」を誤って「しいては」と使っていると、周りの人に誤解を与えてしまうかもしれません。

正しく言葉を使い分けるためにも、「しいては」の意味についてもきちんと理解しておきましょう。

「しいては」の意味

「しいては」は、漢字で「強いては」と書きます。

「強いて」を強調したものが「強いては」の形になり、意味は「無理に」や「無理矢理に」です。

「ひいては」の意味が「その結果」や「さらには」であることから、「しいては」とまったく異なる種類の言葉であることが分かります。

全然意味が違うので、「ひいては」を使うところで「しいては」を使ってしまうと、文の意味が通じずに周りからは「何を言っているんだ?」と思われてしまいます。

もしくは、「ひいては」と「しいては」を間違って使っているのだと思われて、苦笑いされてしまうかもしれません。

「しいては」の使い方

「しいては」には、「元々は何と言うことはないけれど、あえて言うのなら」といった意味があります。

そのため、多くの場合「しいて言うのなら○○だ」といった使い方をされます。

例えば「2人の実力は同じくらいだが、しいて言うなればA君の方が仕事を終えるのが速い」

「甘いものも辛いものも好きだが、しいて言うなら辛いものの方が口に合う」

など、「どちらを比べるべくもないけれど、どちらかと言えば」といった意味合いが強いです。

このように、比較対象となるものに対して使うことの多い言葉です。

「しいては」という言葉でなく、「しいて言えば」「しいて言うのなら」といった使い方をよくされています。

「ひいては」の例文!

「ひいては」の正しい意味や使い方についてご紹介してきました。

ここからは、「ひいては」を使った例文をご紹介していきます。

「ひいては」の使い方がいまいちまだ分からないという人は、例文を参考にして自分でもいくつか文章を考えてみて下さい。

スムーズに文章が思いつくようになったら、いざ口にして使っていくことで、上手く使いこなせるようになっていきます。

日常的な例文

ごく普通の日常生活の中で、「ひいては」という言葉を使う機会はあまりないかもしれません。

何故なら、普段使いの場合には似た意味を持つ「そのため」や「さらに」などを代用することが多く、わざわざ「ひいては」という言葉で表すことをしないからです。

それは普段使いとしては「ひいては」がやや堅苦しい表現だからでしょう。

そのため、普段の会話の中ではあまり口にする機会も、また耳にする機会も少ないでしょう。

ではどのような場所で私たちは「ひいては」という言葉を見たり聞いたりするのでしょうか?

小説

小説を読んでいると、さまざまな文章や言葉使いを目にします。

普段会話の中で使わないような堅苦しい言葉使いやかしこまった表現も、小説の中では当たり前のように目にする機会があります。

そしてまた、「ひいては」という言葉もよく見かけます。

例えば「○○のしたことが、ひいては世の中のためになったのだ」や「今朝この道を通ったことが、ひいては自分の身を守ることになった」など、さまざまなシチュエーションでこの言葉を見かけます。

小説のように自然な文章の流れとして自分の頭に入れておくことで、いつしか自分も「ひいては」と使うようになっていたという人もいるかもしれません。

ニュースや広告

ニュースや広告では、かしこまった表現をすることが多いです。

そのため、「ひいては」という言葉もよく耳にしたり、聞いたりすることがあるでしょう。

ニュースキャスターやコメンテーターが「ひいては○○のためになるでしょうね」などと話しているのを何となく聞いている内に、いつの間にか自分も使えるようになっていたという人もいるでしょう。

また、ニュースや広告をきっかけに、この言葉の意味について知ったという人もいるかもしれません。

普段使いとして使われる機会は少なくても、こうした毎日目にするところから「ひいては」という言葉の知識について得ることは出来ます。

ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、「ひいては」という言葉を時々使うことがあります。

例えば取引先の会社とのメールのやり取りで「○○社様とのお付き合いが、ひいては我が社の発展に繋がっていくと確信しております。」と送ったり、プレゼン発表時に「○○にもっと力を入れていくことが、ひいては顧客の獲得へ繋がっていくでしょう。」と言ったり、または人が言っているのを耳にする機会があるでしょう。

ビジネスシーンでは畏まった言葉使いや表現方法がよく用いられるため、日常会話よりも多くこうした言葉を耳にすることがあります。

「ひいては」を使用する心理

「ひいては」はやや畏まった表現方法です。

そのため、ビジネスシーンなどでは当たり前に用いられますが、そうした場面でも、またそれ以外の場面でも、相手に対して「伝えたい」という気持ちがより強い時に、その心理が働いて「ひいては」と強調した言い方をすることがあります。

つまりは、原因と結果の因果関係を表現する際にそれを明確に、また強調して伝えたいという気持ちが強い人ほど、「ひいては」という言葉を使いやすい傾向にあるでしょう。

「ひいては」を早速使ってみよう

「ひいては」の正しい意味や使い方についてご理解頂けたでしょうか?

どんな言葉でも、自分が新しく学んだ時にはそれを積極的に使いたいと思うものです。

言葉の意味をちゃんと理解していなければ、自信がなくて口に出すことは出来ないという人もいるでしょう。

しかし一方で、ちゃんと理解しているという自信があれば、どんどん進んでその言葉を口にしたいと感じるものです。

もしあなたが「ひいては」の意味や正しい使い方について理解出来たと感じたのなら、早速今日からでも使ってみましょう。

自信がなければまずは文章を頭で考えてから口にすると良いでしょう。

それを何度も繰り返していれば、きっと自然と会話の中で「ひいては」を使うことが出来るようになるでしょう。