CoCoSiA(ココシア)

強面な顔の5個の特徴でも表情を作るだけでもマシになるのに!!


「強面(コワモテ/コワオモテ)」とは、他をおどしつけるようなこわい顔つきのこと。

相手を脅かしたりするような強い態度のことを示すこともありますが、一般的には、“怖い顔立ち”をしている人を指す言葉です。

強面の人には、生まれつきの顔立ちによってそう見える場合がほとんどですが、中には表情の作り方や態度によって厳しい顔つきになってしまっていることがあります。

別に相手を威圧しようとか、驚かせようとか、全くそんなふうに思っていなくても、顔が怖いというだけで相手から恐れられてしまうことも…。

「強面だから得をしたこと」と「強面だから損をしたこと」を並べてみると、どちらが多いのかというと、明らかに“損”のイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょう。

中には強面であることをコンプレックスに感じている人もいます。

このような人達は、“損”をした経験が多いのでしょう。

強面であることにあまりいい思い出がなく、「強面を直したい」と悩んでいる人も少なくありません。

しかしその反面、「強面で良かった」と思っている人がいるのも事実です。

強面は、そう簡単に変えられるものではありませんが、上手に付き合っていくことならできます。

自分の個性を受け入れ、活かすことができれば、自信を持って堂々と楽しい毎日を過ごすことができるはず!

強面の人の5個の特徴

まずは「強面の人」について、詳しく紐解いていく所からスタートしましょう。

強面の特徴や客観的な見え方をシッカリと理解することができれば、どのような部分を気をつければ、強面に見えなくなるのか分かってくるでしょう。

1.見た目がごつごつしている

強面の人は、体や顔が大きくて迫力があります。

特に顔の骨格がごつごつしていて、凹凸がハッキリしている人や、顔のパーツがハッキリしている人&大きい人なんかはどうしても、厳つい印象になりがち。

なぜなら日本人は顔がのっぺりとしていて、パーツが小ぶりな人が多いから。

海外の人のようにおでこや鼻などの凹凸が激しい顔立ちは、顔に影ができやすいこともあり、凄みがあるように見えてしまいます。

顔の彫りが深い人も同様です。

それに加えて、眉が濃かったり、口や鼻が大きかったりすると、顔の印象が強くなるので、ほかの顔が薄い人に比べて迫力が出てしまいます。

2.ヤンキー

ヤンキーと呼ばれるような派手なタイプの人は、強面の人が揃っているイメージがありますね。

逆に、ヤンキーじゃなくても、顔立ちがちょっと怖いというだけでヤンキー扱いされてしまうのですから困ったものです…。

ヤンキーは、厳つくてなんぼ、強くみられてなんぼ、というところがあるので強面の方が得かもしれません。

ですが、ヤンキーの全員が全員、本当に強面かと言うとそうではないですよね。

ヤンキーは、自分が強い男であると周りに示すために、なめられないように、わざと強面になるようにしていると言えます。

睨みつけるような表情をするから

睨みつけるような表情をする強面な人
ヤンキーは、自分の強さを周りにアピールしようとするタイプが多く、いかに自分を大きく見せるかどうか、どうすれば目立つかどうかを良く研究しています。

肩を丸めて縮こまっていては、自信なさげで貧弱そうに見えてしまうのでヤンキーは堂々と胸を張って体を大きく見せようとします。

それと同じ原理で、顔立ちについてもいかにもな感じで強い・怖い・男らしい雰囲気を出すために強そうな顔をします。

それこそ、相手を威圧したりするための行動ですから、強面に見えるよう睨みをきかせたり、眉をしかめたり、しかめっ面になったりもするでしょう。

元々の顔が強面でなくても、これだけ人相が変わるような表情をすれば、凄みのある怖い顔になりますよね。

しかし、人の顔というのは、その人の表情や顔の筋肉の使い方次第で変化していくものなので、ずっとしかめっ面をしていたら本来の顔の人相も変わっていきます。

ヤンキーの顔がみんな怖いのは、自分の強さや凄みを周りに示すためにわざと強面を作った結果、その表情が顔に馴染んでいった結果なのでしょう。

逆をいえば、いつもニコニコとにこやかな表情でいる人は、顔が笑顔の状態を記憶するので、特に意識せずとも優しく柔和な表情をしていることが多く多いですね。

ですので、一見強面に見える人でも、表情が和らげばあまり怖くないというパターンもあります。

3.ヒゲが生えている

ヒゲが生えている人は、男らしくてダンディというイメージがありますが、1歩間違えると強面になります。

ヒゲは人によって生え方が違いますし、揃い方や濃さも違います。

毛が薄い人は、綺麗に生え揃わずにまばらになってしまうため、どこか不清潔な印象になってしまうこともあります。

オシャレのためにヒゲを整えている人もいますが、社会人になって一般企業のサラリーマンともなるとヒゲはNGの会社がほとんど。

ファッションや美容、デザインなどクリエイティブな仕事に就いている人や、独立して仕事をしている人など、業務に差支えがない職種の人は、ヒゲを生やしていてもOKです。

そのほか、夜のお店のバーテンダーやボーイといった仕事の人は、基本的に頭髪に制限がないので、派手な装いをしていることが多いですね。

ですので、ヒゲを生やしている人を見ると、「あの人はどんな仕事をしている人かな?」と考えてしまう人もいるでしょう。

海外ではヒゲや体毛の濃さが男らしさの象徴とされているので日本よりも生やしている人が多いので、ちょっとやそこら伸ばしたくらいでは目立ちませんが、日本はどちらかと言うとヒゲのないサッパリとした顔立ちが好まれるのでヒゲをしっかり生やしていると割と注目を浴びます。

おしゃれヒゲではない

ちょっと強面の人がヒゲを生やすと、一気に厳つい雰囲気に拍車がかかるので注意が必要。

いわゆるおしゃれヒゲと呼ばれるようなスタイルになるには、髪型や頭の形、顔立ちなどあらゆる面を考慮してヒゲの生やし方を決めることが重要です。