CoCoSiA(ココシア)

伊達男の15個の特徴。コレならモテるのも納得!

伊達男の15個の特徴。コレならモテるのも納得!のイメージ写真
モテる男性のことを「伊達男」と表現しているのを聞いたことはありませんか?

伊達男というのは、人を惹きつける男らしい魅力を持つ男性のことです。

モテる条件やタイプには、さまざまなバリエーションがありますが、伊達男は、流行り廃りに関係なくはるか昔から“いい男”の条件として根付いているもの。

最近では、“男らしい男”、“漢の中の漢”と呼べる男性が減ってきたようにも思います。

最近ではあまり、男らしさや女らしさという概念にこだわる風潮が減っていることもあり、伊達男というのは、今どきの男性が思う、モテる男性像とは少し違うかもしれませんね。

しかし、やはりどの時代でも、伊達男は多くの女性達から支持されます。

女性のみならず、伊達男は、同じ男性だとしても、ついつい惹かれてしまうような魅力を持つ人物です。

「この人についていきたい」と思えるような、漢気のある素敵な男性と出会えたら、性別に関わらずリスペクトしてしまうでしょう。

伊達男の15個の特徴

伊達男と呼ばれる人には、いくつかの象徴的な特徴があります。

伊達男という表現は、そうそう頻繁に聞くワードではありませんが、この表現を使われるという事は、とても名誉なことです。

あまり軽々しく使われる言葉ではないからこそ、このワードは特別感があるのでしょう。

ただ容姿がかっこいいだけでは、「伊達男」と言われることはありません。

伊達男は、容姿的な魅力だけでなく、内面的な部分が大きく関係するものです。

伊達男の立ち居振る舞いは、自然に出来ることではなく、その人本人が意識して、カッコよくあろうとする信念を持っているから成し得ることでもあります。

目立ちたがり

伊達男と言われる人は、とにかく目立ちます。

それは、背格好であったり、立ち居振る舞いであったりさまざまな要素がありますが、いずれにせよ、“良い意味”で目を惹きます。

悪目立ちとは違い、脚光を浴びることと類似したそれは、本人としても目立つこと分かっていて行動した結果であることがほとんど。

伊達男は、目立つことを好み、注目されることに男としてのステータスを見出している人もいるでしょう。

目立つことは、周りから一目置かれる存在であるということ。

人とは一味違う存在だということを言動で示し、そのことに対してプラスの評価を得るのは、簡単なことではありません。

一歩間違えれば、悪目立ちしているお調子者だと言われかねません。

しかし伊達男は決して、自らを過剰評価するような調子者ではありません。

自分を客観的に見ることができなければ、周囲からの評価を正しく汲み取れません。

己の理解度が低い人は、悪目立ちして集めている視線の数々を都合よく解釈し、自分がいい意味で目立っているのだと勘違いしてしまいますが、伊達男は違います。

伊達男は、自分自身が周りからどのように見られているか、客観的な事実をきちんと理解し、その注目度を上手く利用しながら己の価値を高めていきます。

目立つことは、それだけ多くの人の視線に晒されるということですから、批判されるリスクも高まります。

影響力が大きい分、自ずと厳しい意見も集まりやすくなるのですが、そうした状況をコントロールし、自分への追い風に変えることができる人がいます。

それこそ、確かな実力とカリスマ性を兼ね備えている、伊達男です。

消極的で存在感が薄い人は、決して進んで表舞台には立ちません。

その点、積極的で派手な舞台を好む人はスポットライトが当たる頻度が多く、秘めたる可能性も桁違い。

目立つことを恐れず、いつでもポジティブに堂々とした行動ができるのは、自信があるから。

そうした姿は、とても男らしく、逞しく見えるでしょう。

輝かしいスポットライトのもとで、逆境を諸共せず多くの人から注目を浴びるような人物は、正に男の鏡。

伊達男だと言われることも、間違いないですね。

自分に自信がある

自分に自信がある伊達男
表舞台に立つことを好み、注目されることに満足感を得るような人物は、自分に自信があるということ。

自信が無い人は、できるだけ目立たないよう日陰を選び、波風立てず静かに過ごそうとします。

周りからの視線を恐れ、避けるように体を縮こまらせて怯えるように生きていくのは、とてもじゃありませんが、かっこいいとは言えません。

根拠の無い自信ほど、不確かで嘘くさいことはありませんが、根拠のある自信ほど、頼もしいものはありません。

自信を持って行動できるということは、自分自身の判断が正しいと胸を張って宣言できる理由があるということ。

同じ言葉、同じ決断でも、自信なさげに言われるのと、自信たっぷりに言われるのでは、心象が全く違います。

自分自身の可能性や選択を心から信じられる人でなければ、人の心を掴むことはできないということです。

自分自身を信じている人は、そう思えるだけの裏付けがあるはず。

努力や勉強、そして経験が人を強くし、自信を与えます。

心から納得いくまで物事を追求し、自分らしい生き方を見つけられた人はとても強いんです。

自信がある人と無い人は、考え方はもちろん、顔つきや立ち姿さえも大きく異なるもの。

自信は人に、威厳や風格といった類のインプレッシブな魅力をさずけます。