ビジネスシーンで時々「拝受」という言葉を使うことがあります。

主にメールのやり取りでよく用いられますが、あなたはその言葉の意味や正しい使い方を知っていますか?

他のさまざまな言葉同様に、意味や使い方をきちんと理解していなければ、誤用してしまう可能性があります。

もしビジネスシーンで誤用してしまうと、恥をかいてしまうかもしれませんので、自分のためにもきちんと「拝受」の意味や使い方、類語などをマスターしておきましょう!

️「拝受」って説明できますか?

「『拝受』について説明してください」と言われて、あなたは迷うことなく正しい説明が出来ますか?出来る人は、きっと「拝受」の正しい意味や使い方を理解して、マスターしているのでしょう。

一方で、「なんとなくは分かるけど、ちゃんと意味が正しいかまでは分からない・・」という人は、説明をするには少し自信が足りないかもしれません。

さらに「まったく説明出来ない!」という人は、「拝受」の正しい意味や使い方を理解出来ていない可能性が高いです。

勉強でも、問題を解いていて「なるほど」とその時は分かっても、いざそれを人にも説明しようと思ったら途端に上手く説明出来なくなってしまうことってありますよね。

それは実は「分かっているつもり」で、実際に「理解出来ている」わけではないのです。

「拝受」もそれと同じことが言えます。

他の人が使っているのを聞いて、「なんとなくこう使えばいいのか」と分かったつもりで日頃は使っていても、実は言葉の意味をきちんと理解出来ていない可能性があります。

堂々と「拝受」について説明出来ない人ほどその傾向が強いため、「あれ、ひょっとした自分は言葉の意味をちゃんと理解出来ていないかも?」と心当たりがある人は、この機会に「拝受」について改めて理解を深めましょう。

あまり聞き慣れない言葉ですよね

「拝受」という言葉は、あまり聞き慣れない言葉ですよね。

それもそのはずで、「拝受」は普段使いをほとんどしない言葉だからです。

日常会話の中で出ることもなく、昔ながらの言葉使いをする年配の人でもない限りは、普段はほとんど「拝受します」「拝受しました」などと口に出す機会はありません。

そのため、その言葉自体を聞き慣れなくても無理はないでしょう。

社会人になってから、ビジネスの場面で使われて初めてその言葉を知ったという人も少なくはないでしょう。

また、社会人になってからもそう頻繁に用いる言葉というわけではありません。

メールや手紙、FAXなどのやり取りの際に「拝受しました」と使う機会はあっても、それ以外にはそこまで多用することはないため、会社に勤めて数年経ってから初めて「拝受」という言葉を知ったという人もいるかもしれませんね。

それほどビジネス以外のシーンでは聞き慣れない言葉なのです。

️「拝受」の意味


ビジネスシーンでは時々使うことのある「拝受」ですが、この言葉の意味をあなたは知っていますか?正しく言葉を使えるようになるためには、まずはその言葉の成り立ちや意味についてきちんと理解しなければなりません。

「拝受」を辞書で引くと、「受けること、受け取ることをへりくだっていう語」とあります。

そのため「拝受」とは、誰かから何かを受けることや、受け取ることを意味しています。

加えて謙譲語ですので、相手よりも自分の立場を下に置いています。

つまりは、目上の人から何かを受けたり、受け取ったりする場合に「拝受」という言葉を使います。

一方で、目下の人から何かを受け取る際には「拝受」とは言いません。

目下の人に対しては自分がへりくだる必要はないため、そのまま「受ける」「受け取る」と表現します。

つつしんで受けること

「拝受」の「拝」には「拝(おが)む」という意味があります。

そのため、「拝受」には、「つつしんで受けること」という意味があります。

時代劇や古代のドラマ、映画を観ている時に、王様や皇帝、殿様などの偉い立場の人から書状や賜りものを受け取るシーンがあると思います。

その際に、賜りものを受け取る人が床に膝をつき、拝みながら両手を掲げ、受け取っている姿がありますが、それこそがまさに「つつしんで受けている様子」なのです。

名は体を表すといったように、古来はこのようにして拝受するのが普通でした。

時代を経て、そこまで大袈裟な受け取り方をすることはなくなりましたが、それでも例えば学校の卒業式で卒業証書を受け取る際には、両手で受け取り、それを掲げてからお辞儀をするという作法は未だに受け継がれています。

この他にも、目上の人から何かを受けたり、受け取ったりする際には、今でも丁寧な礼儀作法が用いられています。

「受ける」の謙譲語

「拝受」は「受ける」の謙譲語です。

謙譲語とは敬語の一種で、簡単に言えば「自分よりも相手の方が上位にあると判断される場合に、相手に対して自分がへりくだった表現をすること」です。

例えば教師と生徒、上司と部下のように、明らかに立場で差がある場合には、下の立場の人が謙譲語を用いることになります。

お互いに立場が同等の場合には謙譲語を使う必要はなく、また明確な上下関係がない場合には、丁寧語や尊敬語を使っておけば無難でしょう。

さらに、立場は関係なくとも、互いの年齢が大きく開いている場合にも、若者が年配者を敬う形で謙譲語を用いることはありますが、必ずしもその限りではありません。

例えば若い社長と年配の社員の場合には、年配の社員が若い社長に対して謙譲語を用いることになります。

謙譲語には他にも「いただく」「申し上げる」「伺う」などがあります。

️漢字を解体して考えてみる


漢字の成り立ちは、「象形文字」「指事文字」「会意文字」「形声文字」の4種類に分類されます。

「象形文字」は、目に見えるものの形を線で描いた絵を元にして作られた漢字です。

例えば「日」や「月」「木」などを指します。

「指事文字」は、形に表しにくい事柄を、点や線で示して、その図を元に作られた漢字です。

例えば「上」や「下」「天」などを指します。

「会意文字」は象形文字や指事文字などを2つ以上組み合わせて、元の漢字とは別の意味を表わす文字となった漢字です。

例えば「明」「岩」「炭」などを指します。

「形声文字」は発音を表わす漢字と意味を表わす漢字が組み合わさって出来た漢字です。

例えば「晴」や「味」などを指します。

このように、漢字の成り立ちには4種類あり、それぞれにちゃんとした意味があります。

そのため、一つの言葉の意味を調べる時には、一つひとつの漢字を解体して見ることも大切です。

「拝受」も一つずつ漢字を解体して見ると、さらに詳しくその意味を探ることが出来るでしょう。

「拝」の意味

「拝」には、手紙において署名の下に書くことによって相手への敬意を表す言葉です。

「拝」を使った漢字には「拝啓」「拝謁」「参拝」「拝命」などがありますが、どれも対象となる相手や事柄に対して敬意を示しています。

「拝」という漢字の意味自体が敬礼やおがむことですので、敬いの気持ちやつつしみの気持ちを表現しています。

そのため「拝」を使った漢字も必然的に相手に対する敬意を表す意味合いの言葉になることが多いです。

敬意を表する

「拝」には、相手に対する敬意を表すという意味があります。

そのため自分よりも目上の相手に対してとくに使う言葉が多いです。

例えば手紙で「拝啓」という言葉を書くことがありますが、これは訓読みで「おがみもうす」という意味があります。

「おがみもうす」とは、「お辞儀をして申し上げる」ことですので、文面における挨拶と言えるでしょう。

私たち日本人は、出会いがしらの挨拶や、人前でスピーチをする際などには必ず一礼をすることが多いです。

まず一礼をしてから言葉を口にするなり、頭を下げると同時に口にするなりさまざまですが、必ずといっていいほどにお辞儀をします。

その頭(こうべ)を垂れるという行為が、相手に対する敬意を払うことでもありますが、それを文面にした時には、相手に敬意が伝わりませんよね。

そこで、お辞儀の代わりになる「拝啓」という言葉を用いているのです。

おがむ

「拝」は「おがむ」という意味があります。

「おがむ」という行為には、「神仏などに手を合わせて頭を下げて祈る」行為や、「懇願する・嘆願する」行為があります。

また、「見る」の謙譲語でもありますので、自分よりも目上の人を目にする際には「おがむ」と表現することもあります。

「おがむ」と聞くと、「神仏に対して祈りを捧げる」といったイメージが強い人は多いでしょう。

そうした場合以外では、普段はそこまで「おがむ」という言葉を口にする機会はありません。

お辞儀をする

「拝」には「お辞儀をする」という意味もあります。

「おがむ」と「お辞儀」は一見似ているように思えますが、「お辞儀」の意味は「頭を下げて礼をすること」「頭を下げてする挨拶」「辞退・遠慮」などがあります。

同じ頭を下げる行為でも、「おがむ」場合には神仏に祈りを捧げたり、懇願したりする目的があって行っています。

一方の「お辞儀」は単なる挨拶として行ったり、お礼を言ったりする際に行いますので、「おがむ」行為よりも日常的に、頻繁に行われています。

とくに私たち日本人は古代から事あるごとにお辞儀をする習慣が現代まで続いています。

相手に対する礼儀を表わしたり、敬意を表したりするのに最適な行為がお辞儀であり、手っ取り早く相手に敬意の気持ちを伝えることが出来ます。

そのため、現在でも当たり前にお辞儀はあちこちで行われており、ビジネスやプライベートに関係なく習慣化されています。

子どもの頃からそうして頭を下げる行為に慣れていると、自然とお辞儀の癖が身に付いて、大人になってからも当たり前にお辞儀が行えます。

また、学校教育や就活などでも、挨拶と同時にお辞儀のマナーも教えられますので、日本人であれば誰でも当たり前に出来ます。

一方で、そうしたお辞儀の習慣のない海外の人からすると、日本人の頭を下げる行為はおかしなものに映ることがあるそうです。

「受」の意味

「受」には、仏語としての意味と、それ以外の意味があります。

仏語としての意味では、「苦楽などを知覚する位」「外界のものを受け入れる心の働き」などがあり、またそれ以外では「受け取る」「受け入れる」「受ける」などの意味があります。

人や事物など、さまざまなものを自分の心に受け入れたり、物理的に受け入れたりするということでもあります。

くれるものを受け取る

「受」には、「くれるものを受け取る」という意味があります。

「くれるもの」というのは、例えば目に見えない気持ちであれば、愛や情、執着心や憎しみなど、人の持つあらゆる感情を指します。

それらの感情を人から受け取る際に、「愛をくれる」「情をくれる」などと言い表すことがあります。

また、物理的に目に見えるものを人から受け取ることもあります。

例えば誕生日プレゼントや記念日の贈り物のように嬉しいものを受け取ることもあれば、親の遺したローンや不幸の手紙のように、嬉しくないものを強制的に受け取ることになる場合もあります。

もらう

「受け取る」を別の言葉で表現したものが「もらう」です。

「プレゼントをもらう」「気持ちをもらう」「感謝の言葉をもらう」など、人生を送っていればさまざまなものを誰かからもらう機会があります。

そうした「もらう」という行為を、「受」の一言で表現することが出来ます。

受け入れる

「受」には、「受け入れる」という意味もあります。

世の中には、どんなに受け入れなくてはならないことでも、それと心が反していることがあります。

例えばいずれは婚約者と結婚しなければならないのに、相手を好きになることが出来ずに受け入れられなかったり、父親が再婚し、新しく出来た母親の存在を受け入れることが出来なかったりと、その人それぞれに受け入れられることと、そうでないことがあります。

どうしても無理なものは例え強引に受け入れたとしても、いずれは関係が壊れてしまったり、自分が疲れ切ってしまったりします。

しかし一方で、「受け入れる」という行為さえ出来れば、人は心に余計なストレスを抱きにくくなります。

「仕方がない」と割り切ることで受け入れられるようになるものもあります。

夢を見たくても仕方なく現実を受け入れた結果、そこから新しい道へと進んでいくことも出来ます。

「受け入れる」という行為は一種の悟りにも近い感覚なのかもしれません。

漢字を合体させると

「敬意を表する・お辞儀する」という意味の「拝」と、「受ける・受け取る」という意味の「受」を合体させると、「敬意を表しながら有難く受け取る」といった意味になります。

相手の好意や行動を、こちらが敬意を表してつつしんで受け取るということですので、相手から何かを受け取る際には「拝受」の言葉を用いることがあります。

例えばビジネスの場面で、取引先の会社からメールで必要な資料を添付してもらった際に、「受け取りました、ありがとうございます。」という言葉を「拝受しました。ありがとうございます。」と言い換えることで、取引先の会社に感謝と敬意の気持ちを表すことが出来ます。

そうすると相手も、「送って良かったな」と良い気持ちで返信メールを受け取ることが出来ますので、互いに良い関係を保ち続けることが出来ます。

また、「拝受しました」という言い方ではなく、「拝受いたしました」と言う場合もあります。

この「拝受いたしました」は二重敬語になっているため間違いだと指摘する意見もありますが、一方で間違いではないとする意見もあります。

どちらが正しいと結論は出ていないものの、より丁寧な言い回しから、ビジネスシーンでは「拝受いたしました」という言い方が一般的に使われています。

️「拝受」に似た言葉

「拝受」は、「つつしんで受けること」という意味があります。

この言葉の中に、相手への感謝や敬意などが込められていますが、この「拝受」と似た意味を持つ言葉もあります。

「拝受」はビジネスシーンのようにかしこまった場面でのみ多く使われているため、そうした堅苦しい場面以外で用いると、言葉だけが浮いてしまうことがあります。

そのため、「拝受」の意味で言葉を用いる際に、その場がビジネスシーン以外ならば、似た意味を持つ別の言葉を選択する必要があるでしょう。

「拝受」と似た意味を持つ言葉を以下にご紹介していきます。

受け取り

「受け取り」は、「受け取ること」「物事を自分の考えで、こうだこうだと認めることや理解」などの意味があります。

他にも「受取」や「請け取り」の場合にはまた違う意味がありますが、「拝受」と似た意味としてはこの2つが主です。

単純に人から何かを受け取ることを意味したり、自分の考えのように精神的な部分を意味したりします。

ビジネスシーンでは、例えば取引先の会社から資料を受け取った際には「拝受しました」というのが一般的ですが、そうした堅苦しい場面でなく、日常的な場面で人から何かを渡された際には、「受け取る」という表現を用います。

例えば荷物を受け取ったり、お金を受け取ったり、商品を受け取ったりする際に、わざわざ「拝受します」なんて言う人はいませんよね?ましてや、自分よりも目下の相手や、同等の立場の相手にはへりくだった言い方などしないものです。

そのため日常的に何かを受け取る行為をする際には、「受け取ります」「受け取りました」という言い方をします。

受領

「受領」とは、「物や金を受け取ること」という意味があります。

配達の荷物が家に届いた際に、受け取ろうとして配達員から「受領証にサインをお願いします」と頼まれることがあります。

これは「荷物を受け取ったという証拠のサインが欲しい」という意味で「受領」という言葉を用いています。

また、金銭的なやり取りがあった場合にも、「お金を受け取りました」という受領証を相手に渡すことがあります。

「受領」の意味をよく理解しないままで普段受領証にサインをしている人は、「受領は領収書みたいなものかな」と考えているかもしれません。

しかし、「受領」の本来の意味は「物や金を受け取ること」ですので、厳密には領収書とは少し意味が違っています。

査収

「査収」とは、「金銭や物品、書類などをよく調べて受け取ること」です。

日常会話の中ではほとんど使う機会はありませんので、この言葉自体よく知らなかった、初めて聞いたという人もいるかもしれません。

「査収」は「拝受」同様に、ビジネスシーンで多く用いられる言葉です。

「拝受」の場合は「つつしんで受けること」ですので、相手が目上の立場で用いられることが多いです。

一方で「査収」は、同等の立場の相手や目下の相手に対して用いられることも多いです。

また、「拝受」の場合は受け取った直後に「拝受しました」と相手に連絡をするのが一般的ですが、「査収」の場合には金品や物品、書類などをよく調べてから受け取りますので、きちんと調べて問題なく受け取ってから相手へ受け取った旨を連絡するのが一般的です。

もしきちんと調べずに返事だけを先にしてしまうと、何か問題があった時に相手側から「査収していないじゃないか」と指摘をされてしまいかねませんので注意が必要です。

頂戴

「頂戴」は、「もらうこと」です。

子どもの頃からよく会話の中で、誰かが持っているものが欲しくなった時に「ちょうだい」と言うことがありますが、これも元は「頂戴」から来ています。

とはいえ、子どもが言う「ちょうだい」は、「自分が欲しいものを相手にねだること」であり、実際にそれをもらえるかどうかは相手の返答次第です。

それに対し、本来の「頂戴」では、すでに相手から受け取ることが決まっていますので、相手にわざわざもらえるかどうかの確認をすることはありません。

「頂戴」は本来の意味からも、基本的には飲食物を誰かから受け取る際に、それをへりくだって言います。

例えば会社の上司から何か差し入れをもらった際に「頂戴します」と言ったり、飲み会の費用を上司が負担してくれた際に、お金を受け取りながら「有難く頂戴します」と言ったりします。

他にも、時代劇のようなドラマや映画の中で、侍や忍者が「御命、頂戴!」と言うシーンがありますが、この場合の「頂戴」は、相手の意思や返答に関係なく、強引に相手からもらうという意味で使われています。

拝見

「拝見」は、「見ることをへりくだっていう語」や「つつしんで見ること」という意味があります。

「拝受」は「つつしんで受けること」という意味ですので、「拝見」とは意味が違うように思えるかもしれません。

しかし、この「拝受」の中には、例えば目上の人の顔を見るといった行為も含まれています。

そのため、「目上の人の顔を見る」という意味で言葉を使う際には、「拝受」ではなく「拝見」と表現することも出来ます。

「拝受」よりも「拝見」の方がやや柔らかい言葉の印象があり、かつ相手を敬う強い気持ちを表していますので、「拝見」でも十分に代用は可能でしょう。

拝領

「拝領」は、「目上の人から物をいただくこと」という意味があります。

人から物をもらう際には「受け取る」という表現が出来ますが、それが目上の人の場合にはこちらがへりくだる必要がありますので、謙譲語である「拝領」を用いるのが普通です。

「拝領します」「拝領いたします」などの言い回しをします。

「拝領」も、「拝受」同様にビジネスシーンで使われることが多いです。

しかし「拝受」よりはまだ比較的軽くて使いやすい謙譲語ですので、場合によっては「拝領」の言葉で代用することがあります。

例えば会社の社長から成績について評価され、何か特別な褒美をもらうことがあった場合に、「拝領します」と用いることがあります。

受信

スマホやパソコンを日頃から使っている人では、当たり前に「受信」という言葉を用いていることでしょう。

「メールを受信した」「添付ファイルを受信した」「画像を受信した」など、日常の中でも頻繁に「受信」の言葉は使われています。

「受信」の意味は、「電信や電波などを受け取ること」です。

情報通信機器全般や、電波の発生するもの全てに対してこの「受信」の言葉を用いることが出来ます。

そしてまた、「受ける」という部分のみ、「拝受」と同じ意味を持っています。

「拝受」の場合は謙譲語ですが、「受信」はごく一般的な語ですので、会話やメールで使う際には「受信しました」など丁寧語で用いるのが普通です。

️「拝受」の使い方

「拝受」の正しい意味や類語について理解出来たところで、使い方のポイントについてご紹介していきます。

せっかく「拝受」の意味を理解して使い方を覚えても、使う場面やタイミングが合っていないと誤用になってしまうことがあります。

また、不自然にへりくだった印象になってしまうと、相手からのこちらに対する印象も下がってしまいますので、しっかりとポイントを押さえて使っていきましょう。

以下にポイントを挙げていきます。

目上の人に使う

「拝受」は謙譲語です。

謙譲語とは、目上の人に対してこちらがへりくだった表現をする語ですので、使う相手は当然目上の人になります。

例えば会社の取引先で、こちらの会社の方が立場が下なら「拝受」と使うのは正解です。

しかし、こちらの会社の方が立場が上の場合には「拝受」を用いてはいけません。

その場合には「査収しました」「受け取りました」などの言葉を使いましょう。

丁寧な印象になるからという理由で目下の相手に対して謙譲語を使うと、相手が困惑してしまいます。

相手を困らせないためにも、不自然な謙譲語や誤用は避けて、正しく使っていきましょう。

「拝受しました」「拝受致しました」

先にもご紹介したように、「拝受しました」と「拝受致しました」の2つの言い方があります。

「拝受致しました」の場合には二重敬語になるためおかしいとする説もあれば、このままで合っているとする説もあります。

今のところ、どちらの使い方の方が正しいという結果は出ていません。

そのため、目上の相手に対してより丁寧な言い回しをしたいと考える人では、「拝受致しました」と使うことが多いです。

この考えを持っている人の場合、「致しました」「いただきました」などのかなり丁寧な言い回しを好みますが、あまり頻繁に用いたり、1つの文章の中で何度も用いると、くどい印象になってしまうこともありますので、前後の文章に注意しながら使いましょう。

また、「拝受しました」という言葉はシンプルですが、「拝受」という言葉だけで相手に対する敬意の気持ちは表現出来ていますので、その言い方だけでももちろん問題はありません。

もし「拝受しました」という言い方を用いて相手が気分を害してしまったのなら、残念ながらその相手には「拝受」に対するしっかりとした理解がないのかもしれません。

️「拝受」を使った例文

「拝受」という言葉を用いた例文をご紹介します。

どのようなシチュエーションで使われることが多いのか、前後の文章はどのようにしたらいいのかなど、少しでも参考になれば幸いです。

例文1

「先ほどメールを拝受しました。ご確認次第見積書の作成をさせていただきます。」この例文では、メールを受け取ったということを取引先の会社に伝える意図で「拝受」が使われています。

「確認させていただきました」や「受け取らせていただきました」などの言い回しでは長くなってしまいますし、またその後の文の「作成させていただきます」と敬語が被るため、くどい印象になってしまいます。

メールを受け取ったという部分を「拝受」の一言で伝えることで、敬意を表しながらも文章をスッキリさせることが出来ますので、メールを受け取る相手も読みやすいでしょう。

例文2

「新人研修会の資料を拝受いたしました。お忙しい中お届けくださり、ありがとうございました。」この例文も1と同様にメールでのやり取りです。

以前にこちらが希望した資料が届き、それに対するお礼の文章です。

例文1と同様に、「拝受」という言葉で短くまとめていますので、その後で「いたしました」と付けてもくどい印象はありません。

また、相手に時間を割いてもらったことに対し、謝罪ではなく感謝の言葉で伝えてあるため、前向きな印象になって受け取る側も悪い気分にはならないことでしょう。

️拝受をビジネスで使いこなしましょう

「拝受」の意味や使い方についてご理解いただけたでしょうか?例え意味や使い方の例が分かっても、実際にそれを使う機会がなければ、いつまでもあやふやなうろ覚えの状態のままになってしまいます。

早く使いこなせるようになるためにも、機会があるごとに「拝受」を用いて文章を作ってみて下さい。

何度もそれを繰り返すことで、自然と使い方をマスターすることが出来るでしょう。