CoCoSiA(ココシア)

女性からの告白のタイミングは?成功する6個のコツを解説


漢気あふれる男性からの告白は魅力的ですが、学園ものの少女漫画ではたいてい女性から思い切って告白するパターンが多いですよね。

日本人男性は照れ屋な人が多いようで、付き合ってからも愛の言葉を囁いてくれることも少ないですから、告白が女性に多いのもわかる気がします。

では、告白のタイミングは、女性からする場合どうすればいいのでしょうか?

告白タイミング!女性から男性にはあり?なし?

追う恋より追われる恋の方がいいとか、女性から告白すると男性がつけ上がるなんて話をよく耳にしますが、実際のところ女性からの告白はありとなしのどちらなのでしょうか。

マイナビウーマンの調べによると男性の96%が女性から告白するのはありと答えていますが、女性からするとまた意見が分かれるようです。

告白あり派の意見

まずは男性の意見からご紹介。

「好きなら好きと伝えるのに性別は関係ない」「告白は男性からという考え方は古い」「告白されたらうれしい」「気を遣わずに付き合える」「悪い気はしないし自信がつく」などがありました。

後者2つの意見を見ると、たしかに男性がつけあがる節が見られますが、しつこく付きまとわれたり仕事上の付き合いでギクシャクしない限りは好意的に受け取られるようです。

たしかに誰かに好きになってもらえたら自分に魅力があるということがわかるので、それだけでも嬉しくなるのは当然といえます。

ゼクシィの調べでは女性の69%が自分から告白したことがあると答えています。

今時の男子は自分から告白して関係を発展させる人が少なくなっているらしく、女性から動かないと延々と友達関係が続くだけというのも理由にあるようです。

告白なし派の意見

なし派の男性には「日本男児たるもの自分から」としており、自分から告白するまで女性には待ってほしいという意見がありました。

しかし、今は日本人たるものという概念が薄れてきているので少数派です。

また、あまりに自分に自信のない男性だと美人局じゃないかと疑うことがあるらしく、怖くなって断ってしまうとのことなので相手がどういう人物なのかはよく見極める必要がありそうです。

心理的な話でいくと、男性は狩りをしていたという人類の歴史から追うものに夢中になる傾向があるため、女性から告白して達成感を与えてしまうのはよくないという説もあります。

それによって男性の恋心が冷めてしまう恐れがあるからです。

男性全般というわけではないですが、比較的モテる男性に多く、こういったタイプは自分からモーションをかけてくるのに、女性がなびくと冷めるというやっかいさを持ち合わせているので恋愛ゲームがしたいだけの人なのかどうかによります。

あるいは、それまでモテとは無縁でも女性から告白することによって自分のことを「モテる」と勘違いした男性は浮気に走りやすいともいわれます。

自分の魅力を理解してくれた人ができることで妙な自信をつけるからです。

女性からの告白が成功する6個のコツ


相手に告白させるように仕向けるほどテクニックがあればそんな悩みも不要ですが、世の中そんなに器用な女性ばかりではありませんから告白して恋をつかむことが大半でしょう。

さて、告白するからには成功させたいものです。

ただ好きになった勢いで告白して上手くいくかというと、そんなに簡単なものじゃありません。

告白したことのある女性のうち成功率は46%というデータもありますから、ある程度勝算をつけてから告白することが大切です。

それでは6個のコツを見てみましょう。

1、遠回しな言い方はしない

男性ははっきりした性格を好む人が多いので、回りくどくて「察してよ」感あふれる告白だと好き嫌い以前に面倒くさく感じることがあります。

というより、モジモジした姿すら可愛いと思ってくれるような相手だったら、それはもう両想いですからどんな告白をしようと成功します。

中高生の恋愛ならいざしらず、大人の恋愛においてわざわざ告白という形をとるということは「そういう気持ちで一緒にいるんだから意識してね」ということに他なりません。

たいていの場合、大人の恋愛は付き合う前の段階で何度かデートをし、お互いに恋愛感情がわかれば付き合う形になるものです。

その頃にはもう振られるかどうかくらいはわかっていますから、勇気を出して告白というよりは「付き合おうか」くらいのもの。

そこをあえて告白するということは、まだそこまでの関係ではないということですし、恋愛対象として意識して欲しいのですから、わかりやすくハッキリ伝えることが大切です。

遠回しでいいのはジャブを打っている間だけ。

それとなく好意をチラつかせて相手の反応を見ながら勝算があるかどうかを判断する際に用います。

ただ、これが上手い人なら告白しなくても付き合える可能性は極めて高いのでコツを覚える必要もないでしょう。

遠回しではない言い方とは一体何なのかというと「好きです。

付き合ってください」に尽きます。

「好き」だけではダメです。

一世一代の大勝負のつもりで「好きです!」と告白したのに「ありがとう」だけ返答されるだけかもしれません。

「ありがとう」ってなんだって感じですが、遠回しに断られているとも思えるし、「恋愛としての好き」だと伝わっていない可能性も考えられるため混乱します。

もちろん告白された側としても、どんな「好き」なのかわからなくてとりあえずお礼を言っただけということもあります。

「あんたのこと好きだわ~」はとってもわかりづらくて告白にはならないので、どういう意味での「好き」かがわかりやすいように「付き合ってください」を一緒に言うのがベストです。

2、真剣さを伝える

先ほど美人局じゃないかと疑ってしまう男性がいると記載したように、伝えられた好意を素直に受け止めることができない人がいます。

そういった相手でなくてもわかりやすく、かつ真剣に告白しましょう。

「この人は心から好きでいてくれてるんだな」とわかれば相手も真剣に向き合ってくれるはずです。