「あの子ってあざといよね」「あの人はあざといところがある」などと、自分だけ上手くやっている人のことを「あざとい」と表現することがあります。

主に女性に対して使われることが多く、またあまり良い意味として用いられることはないため、もしも人から「あなたはあざとい」と言われたら、ショックを受ける人もいるでしょう。

そんなあざといの類語や、計算高い女子にはどんな特徴があるのかをご紹介していきます!

「あざとい」の類語を集めてみた

「あざとい」という言葉を、時々周りで聞くことがあると思います。

上司に媚びを売って、仕事を免除してもらっている女性社員や、男性に対してか弱いアピールをして助けてもらおうとする女性など、同性から見て計算高いと思える女性に対して、「あの子はあざとい性格をしている」と表現することがあります。

あざとさは誰にでも身に付けられるものではないため、ある意味ではあざとく振舞うことの出来る女性は、要領のいい世渡り上手なのかもしれません。

とはいえ、あざとい人は同性からの評判があまり良くはありません。

男性からはあざとい仕草が「小悪魔的でかわいい」と思えるかもしれませんが、そんな男性のことを他の女性たちは白けた目で見ていることでしょう。

また、女性によっては同性のあざとさを「仕方ないなぁ」と笑って許せることもあります。

例えば仲の良い友人や、相手が自分よりもかなり年下の場合には、そんな女性のあざとさに苦笑しながらも受け入れていることがあります。

しかし、あまり親しくない同性や、関係性の薄い女性があざとい仕草をしているのを見ると、大抵の女性はそれを嫌な印象で見ていることでしょう。

とくに男性に媚びることや、他人に甘えることに我慢ならない女性の場合には、そうしたあざとい女性に強い抵抗を抱くこともあります。

そんなあざという言葉も、時には類語を用いて表現することがあります。

では、あざといの意味はどういうもので、類語にはどのようなものがあるのでしょうか?

あざといの意味は?

「あざとい」とは、「やり方があくどいこと」や「ずうずうしく抜け目がないこと」「思慮が浅く、浅はかであること」などの意味があります。

例えばある部署内で課長が「自分の奢りで飲みに行こう」と社員を誘ったところ、その話を聞きつけた別の部署の女性が、「私も一緒に行ってもいいですか?」と無関係なのにちゃっかり飲み会に参加しようとしたとします。

女性にとっては普段関わりのない部署の飲み会なのに、「タダで飲食が出来るから」とずうずうしく参加する場合に、そんな女性の仕草をあざといと表現します。

また、バッチリと決めたネイルが汚れるのが嫌で、ちょっとした汚れ仕事を近くにいた男性社員に頼むような女性も、あざといと言えるでしょう。

女性は男性よりも力が弱い分、ずる賢さでは頭がよく働く傾向にあります。

もちろんすべての女性がそういうわけではありませんが、女性の中には自分のか弱さを逆手にとって、このようにあざとい仕草で他人を利用しようとする人がいます。

抜け目のないこうした行動は、男性よりも女性の方が得意なため、「あざとい」という言葉を使う場合には、対象が女性であることが多いのです。

また、女性は基本的に男性に対してあざとさを発揮しますが、女性によっては同性の女性にもあざとい仕草を見せることがあります。

とはいえ相手が同性の場合は、女性のあざとさに高確率で気付かれることでしょう。

「あざとい」の使い方


「あざとい」という言葉は、主に自分を下げて相手を立てることによって、相手を自分の思う通りにコントロールしようとする人に対して使われることが多いです。

また、自分の弱点をあえて曝け出すことによって、それを誰かにカバーしてもらおうとしたり、自分の都合の良いように物事を持っていこうとしたりする人に対しても使われます。

そうしたずる賢い人や、ずうずうしく物事を自分の好きに動かそうとする人を表現する際に、「あの人はあざとい」「あざとさがうかがえる」などと言葉を用います。

「あざとい」という言葉の意味自体もポジティブなものではないため、この言葉を使われた女性は不快な気持ちになったり、または開き直ったりすることが多いです。

もしまったくそんな気はないのに、誰かにあざといと言われた人は、かなり心外に思うことでしょう。

「あざとい」の類語10種類

「あざとい」という言葉には、ずる賢さやずうずうしさなどの意味がこめられています。

職場やプライベートに関係なく、普段から良く使われる言葉ですが、言葉の印象が良くないため、時には違う言葉で表現することがあります。

では、「あざとい」を他の言葉で表現しようとする時には、どのような言葉を用いれば良いのでしょうか?「あざとい」の類語をご紹介していきます。

1、小利口

「小利口」とは、「目先のことによく気が付き抜け目のないさま」です。

例えばわざわざ席を立ってゴミを捨てに行くのが面倒臭いと感じている時に、ゴミ箱付近に向かおうとする人を見つけて、ついでにゴミ捨てをお願いする人や、誰かが飲み物を買いに行こうとしているところに、ついでに自分の分もお願いするような人が小利口と言えます。

ただし、これらのことは誰でも日常的にあり得ることですので、必ずしも「小利口だ」と断定することは出来ません。

ではごく普通の人と小利口な人の場合、どんな違いがあるのでしょうか?

それは、その人が打算的かどうかということです。

ゴミ捨ての例であれば、自分が席を立つのを面倒臭いと感じていて、たまたま近くを取りかかった人を見つけて、「利用してやろう」という考えから自分のゴミもお願いしています。

また、飲み物の例の場合には、頼む相手を選んでいることがあります。

ごく普通の人の場合には、自分の分もお願いして、買ってきてもらったらお金を渡すでしょう。

しかし、小利口な人はそこで、あらかじめ飲み物を自分に奢ってくれそうな人に目星をつけて声をかけます。

その結果、飲み物を買ってきてもらい、いざお金を渡そうとして相手から「いいよいいよ」と言われ、ちゃっかりタダで奢ってもらうことをします。

小利口な人は、このように頭の中で常に自分に有利で都合の良い展開になるように想像しながら行動する傾向があります。

2、ずる賢い

「ずる賢い」とは、「悪知恵が働くこと」「ずるいやり方を人よりも思いつくこと」です。

賢い人は、自分のためだけでなく、全体のためや、効率的に物事を運ばせるために頭を働かせます。

一方でずる賢い人では、あくまでも自分だけが美味しい思いをするために知恵を働かせます。

他人を陥れて自分が上にいこうとしたり、自分だけが得をするために他の人をコントロールしようとしたりします。

つまりは、他の人からすれば都合が悪かったり、「悪いこと」とされることに対してよく頭が働いたりする人が、ずる賢い人なのです。

動物で例えられる場合には、よくタヌキが正直者、キツネがずる賢いものとして扱われています。

この「ずる賢い」と「あざとい」は意味が近いですが、あざといが女性に使われることが多い一方で、ずる賢いは男性に対しても多く使われている言葉です。

3、抜け目がない

「抜け目がない」とは、「注意深くて、行動に抜けたところがない」「自分にとって利になりそうなことは、すかさず機を逃さないさま」などの意味があります。

「ずる賢い」「あざとい」と意味が似ていますが、単純に賢いという意味でも使われることがあります。

とはいえ基本的には自分の利益に関することにだけ注意深くなったり、チャンスを逃さなかったりするので、やはり悪い意味として使われることの方が多いでしょう。

「あざとい」や「ずる賢い」よりは、「抜け目がないね」と言われる方が、褒め言葉として素直に受け取りやすくもあります。

正義感の強い人やしっかり者の人の場合、きちんと慎重に行動して、自分で努力してチャンスを掴んだのに、それをよく知らない人から「抜け目がないね~」と言われると、憤慨してしまうこともあります。

そのため真面目な人に対しては「抜け目がない」は禁句の場合が多いですが、一方でずる賢いことを自覚している人にとっては、抜け目のなさを指摘されると、それを褒め言葉として受け取る人もいます。

4、えげつない

「えげつない」とは、「物の言い方ややり方が露骨・無遠慮で節度を越えているさま」「ずうずうしく、いやらしい」「あくどい」などの意味があります。

元々は関西の方言でしたが、現在では方言としてではなく、1つの単語として認識され、使われています。

私たち日本人は、本心で考えていることをそのまま口には出さずに、オブラートに包んだ物言いをすることが多いです。

例えば太っている人に対してストレートに「太ってるね」「醜いよね」と言う人はあまりいないでしょう。

思いやりの気持ちが強い人ほど、例え本心ではそう思っていても、決してそれを口に出すことはしません。

しかし、本人が気にしているそうした言葉をそのまま伝えてしまう人や、相手の痛いところや弱点を平気で攻めてくるような性格の人は、「えげつない人」と表現されることがあります。

また、例えば原価が20円の口紅に、ブランドや広告代を載せて、さらにそこに個人の利益を上乗せして数万円で販売するような人に対して、「えげつない商売するなぁ」などと表現することもあります。

「えげつない」も「あざとい」と意味が似ていますが、「あざとい」という表現をする代わりに「えげつない」と使うことはあまりないでしょう。

また、「えげつない」は女性よりも、男性に対して使われることの多い言葉でもあります。

5、計算高い

「計算高い」とは、「金銭の計算に細かくケチであること」や「利害・損得に敏感」「勘定高い」などの意味があります。

単純に計算という意味で考えると、計算高いということは褒め言葉ですが、それが個人の性格になるとあまり良い印象として使われることはありません。

計算高い人は、常に自分の利益を考えて行動しています。

住む場所や働く職場、交友関係に至るまで、損得勘定で決めていることが多いです。

例えば普段関係を保っている友人たちは、いざという時には自分を助けてくれる人だったり、頼りになる人だったりと、自分にとって何かしらのメリットがある人を友人に選んで関係を築いていることが多いです。

自分を取り巻くすべてのことについて常に利害や損得で考える癖がついていますので、ある意味で賢く尊敬すべき一面もありますが、利害関係なしで心からの友人を作ったり、交友関係を築いたりするのは難しいでしょう。

そんな計算高いこととあざといことは意味がよく似ていますので、「あの人はあざとい」と言うところを、「あの人は計算高い」と言い換えることが出来ます。

6、器用

「器用」にはいくつかの意味があります。

「体を思うように動かして、芸事や工作などを上手くこなすこと」や「要領よく、いろいろな物事を処理するさま」「抜け目なく立ち回ること」「不平不満なく受け入れること」「優れた才能のあること」などです。

器用はあざといとは違って、純粋に良い意味として使われることが多い言葉です。

そのため、例えば「あの人はあざといね」と言うと悪口になってしまうところを、「あの人は器用だね」と表現することで、褒め言葉にすることも出来ます。

何かを作るのが上手な人を「手先が器用」と言いますし、人間関係で上手く立ち回れる人を「人付き合いが器用」と言うこともあります。

器用はあらゆることに対して使うことの出来る言葉です。

またポジティブな意味として使われることが多いため、「器用だね」と言われた側も嬉しく感じることが多いでしょう。

器用という言葉は男女どちらにも頻繁に用いられています。

7、ぶりっこ


「ぶりっこ」とは、「いい子ぶること」という意味があります。

主に若い女性に使われる言葉ですが、現在では本来の意味に加えて「可愛い子ぶること」という意味でも使われることが多いです。

男性の前で可愛いふりをして気をひこうとしたり、か弱いふりをして男性に甘えたりする女性を指して「あの子はぶりっこしている」と表現します。

ぶりっこは男女共に嫌われる可能性が高いですが、とくに同性の女性からは嫌われる傾向にあります。

天然であれ意識してであれ、ぶりっこの仕草や言動は、他の女性を大いにいらつかせる原因となりやすいです。

ぶりっこはあざといことと意味がよく似ていますが、若い女性であればぶりっこ、妙齢の女性であればあざといと表現するのが一般的です。

8、どぎつい

「どぎつい」は、「いろどりや人の言動などが強烈過ぎて、不快感を与えるさま」という意味です。

よく「色がどぎつい」や「あの人はどぎつい性格をしている」などと使われることがあります。

個性が強烈な人は時々いますが、それも度が過ぎてしまえば他人に不快感を与えてしまうことがあります。

「どぎつい」と言われる人は、周りからそれだけ個性のきつい人、という悪い見方をされていることがあります。

例えばあまりに自分勝手な人や一方的に物事を進めてしまう人、他人の意見などお構いなしに自由奔放に行動する人など、「この人にはとても付いていけない」と思わせてしまうような人が、どぎつい人なのです。

「あざとい」とは少し意味が異なりますが、あざとい人もある意味では個性が強烈ですので、あまりにも男性に対する媚びの売り方が酷い人に対しては、あざといという表現ではなく、どぎついという言い方をすることがあります。

9、悪女

「悪女」とは、漢字のままに読むなら「悪い女」です。

「性質・気立ての悪い女性」や「器量の悪い女・醜い女」などの意味があります。

本来はこれらの意味ですが、現在では他人を振り回すような言動をする女性や、他人を不幸にするような女性のことを指す時に「あの人は悪女だ」などと使うこともあります。

とくに男性を振り回したり、陥れたりする女性に対して使われることが多いため、本来の「醜い女性」ではなく、むしろ男を振り回すような美しい容姿の女性に対して使われる言葉になっています。

「悪女」は、「あざとい女性」を別の呼び方で表現したものでもありますので、意味としては似ていますが、「あざとい」の方がまだ小悪魔的な可愛さがあります。

一方の「悪女」は、骨の髄まで絞り取るような容赦のないイメージがあります。

10、世渡り上手

「世渡り上手」とは、「世間において上手く立ち回り、有利な人間関係を築いたり、ひとより良い暮らしを実現したりするさま」「上手く世渡りしている人」などの意味があります。

世渡りが上手い人は、単に実力や能力がある人よりも、優れている一面があります。

例えばある会社に、AさんとBさんという社員がいるとします。

Aさんはコツコツと仕事に真面目に取り組み、いつも任された仕事で良い結果を出しますが、人間関係が苦手な性格をしています。

一方で、Bさんは仕事があまり出来ませんが、人間関係をとても良好に築いており、上司とも仲が良いです。

この2人を比べた時に、一見仕事が出来るAさんの方が出世するように思えますが、実際にはBさんの方が早く出世をする可能性が高いです。

何故ならAさんは仕事が出来ますが、自己主張をせずに周りの社員や上司ともそこまで関係を築いていないため、社内であまり目立つことはありません。

そのため仕事が出来るのも当たり前と考えられている場合があり、珍しくミスをすれば、ミスをしてしまったという悪い部分が目立ってしまうでしょう。

一方のBさんは仕事があまり出来ませんが、同僚や上司からとても可愛がられているため、仕事でヘマをしてもそこまで責められることもなく、また時々業績を上げればそれがとても評価されます。

いつも目立つ場所にいるので、ちょっといいことをするとそれが直ぐに評価されて、結果的に昇進しやすくなるのです。

集団の社会や組織の中では、時に優れた能力の持ち主よりも、誰とでも良好な関係を築ける人の方が優遇されたり、重宝されたりします。

そうした人がまさに「世渡り上手」なのです。

世渡り上手な人は、世の中のどこへ行っても上手くやれる人が多いです。

能力がある人にとっては、世渡り上手な人は時に目の上のたんこぶになることも珍しくはありません。

しかしどんなに悔しがっても、集団の中においては、頭1つ抜きんでて優秀な人よりも、誰でも上手くやれる人の方が有利なのです。

あざとい女子に共通する4個のこと

あざとい女子には、いくつかの共通する点があります。

あざとい女子をよく観察していると、決まった場面で積極的になることがあります。

大抵は男性の前で自己主張をすることが多いですが、そうした特徴をよく観察していれば、どんな女子があざとい性格をしているのかがよく分かることでしょう。

男女の比率で女性の方が多い場所であざとい振舞いをしていると、同性からはかなり顰蹙を買うことになります。

しかし一方で、女性が少なく男性の多い場所であざとい仕草をすれば、周りからは可愛がられることが増えるでしょう。

人によって態度を変える

あざとい女子は、人によって態度を変えます。

もちろんあざとい人以外にも、自分の好きな相手と嫌いな相手によって態度を変える人は少なくありません。

しかし、あざとい女子の場合には、基本的に自分にメリットのある相手の時にはとても積極的になり、自分が興味のない相手やメリットがまったくない相手に対しては、途端に冷淡な態度になることも珍しくはありません。

あざとい女子は、相手が男性であれば誰に対しても当たり障りなく上手に関係を築いていることが多いです。

その中でも自分が好みのタイプにはとくに積極的になり、手作りのものを持っていき自分の女子力を披露したり、小まめな気遣いをしたりします。

さらに他の男性に対しては、自分が困っている時や面倒臭い時に自分の作業を代わりにやってもらったり、相手をおだててお願いしたりします。

その一方で、自分が関心のない相手や、どうでもいいと思っている相手に対しては、態度が一変して冷たい対応をしたり、素っ気ない態度を取ったりします。

本当に極端な性格をしている女子の場合、男性に対してはあざとい態度を取りつつ、女性の前ではサバサバした淡白な態度を取っています。

その一方で、同性であっても自分のメリットになると判断した相手には、べったりと懐いて甘えたり、何か困った時には助けを求めたりします。

自分の可愛い部分がわかっている

あざとい女子は、自分の可愛い部分をよく分かっています。

自分のどんな表情に相手が弱いのか、どんなふうに言えば相手が助けてくれるのか、シチュエーションや表情の作り方、言葉の選び方などを自分自身で熟知している人が多いです。

女性は男性よりも演技派ですので、男性を上手くその気にさせることが得意です。

一方で同性の女性には演技がバレてしまいやすいため、わざわざ演技をすることはありません。

自分のことをよく分かっている女子ほど、自らあざとい行動をとりがちです。

一度でもそれで味を占めてしまえば、「男の扱いなんてちょろい」と調子に乗ってしまうこともあるでしょう。

また、自分であざといことを自覚していて、さらにそれを磨いている女子の場合には、日頃からあらゆる場面であざとい一面を出して、練習がてら周りに頼ったり、振り回したりしています。

あざとい女子以外にも、自分の可愛さを分かっているナルシストの女子の場合、写真に写る時にはアングルをバッチリ決めて映ったり、常に鏡を見たりして自分の容姿を気にしていますが、そこにあざとさが加わると、言動や態度も狙ったようなものになりますので、そこまで注意深く観察しなくても見て分かるでしょう。

か弱いふりをする

女性というものは元々したたかな生き物ですので、能ある鷹のように自分の牙を隠すところがあります。

本当は切り札を持っているのにそれを表には出さずに、無知な振りをしたり、相手をおだてたりして上手くコントロールします。

また、コントロールされていることを相手に気付かせないような、徹底したしたたかさを持った女性もいます。

また、女性は確かに男性よりは力が弱いですが、いざとなれば男性以上に精神的に強かったり、意外と力もあったりします。

しかしそれをあえて出すことをせずに、か弱いふりをして男性に助けを求めます。

助けを求められた男性は、「仕方ないなぁ」などと言いながらも、女性のか弱さを可愛いなと思ったり、自分が頼りにされることを内心では喜んだりしています。

そしてか弱いふりをした女性は、そんな男性の内心を読み取っていることも少なくはありません。

いかにもあざとい女子の場合には、甘ったるい声で男性に助けを求めますが、それでは同性を敵に回してしまいます。

あざとく賢い女性の場合には、あえて自然なふうを装って男性に手伝ってもらうため、同性にもか弱いふりを気付かせずに行動することも出来るでしょう。

ぶりっこ

ぶりっこはあざとい女子の代表でもあります。

可愛いふりをしたり、か弱いふりをしたりして、男性のプライドを満足させながらも上手く手のひらの上で転がしています。

もしも女性の間で人気の男性に対してぶりっこをしていれば、その女子は同性からは目の敵にされることでしょう。

しかし、誰にもマークされていない男性にぶりっこをしている女子に対しては、意外と他の女性たちは冷静にそれを見ていることが多いです。

ぶりっこをする女子にではなく、それにいともたやすく騙されている男性に対して「馬鹿ね」と冷たい視線を投げかける人もいるでしょう。

ぶりっこは若い女子がしている分にはまだ可愛げがありますが、いい歳をして明らかにぶりっこをしていると、同性どころか男性からも引かれてしまうことがあります。

【ぶりっ子な人については、こちらの記事もチェック!】

女子の中で浮いている、もしくは女子から嫌われている

あざとい女子は、女子の中で浮いていることが多いです。

サバサバした性格の女性や、精神的に自立した女性、「女」を使うことに嫌悪感を抱く女性などは、あざとい女子に対して非常に厳しい態度を取ります。

そのため、そうした女性たちに冷遇されているあざとい女子を見て、察しの悪い男性は「いじめられているのか、かわいそうに・・」などと、勘違いをして余計にあざとい女子に対して優しくなり、ますますあざとい女子の思うつぼにはまってしまいます。

自分の「女」をフルに使ってあざとい言動や態度をしている女子は、同性の中でも浮いていたり、または同性から嫌われていたりすることがありますので、見ていれば比較的分かりやすいでしょう。

同性の友人を自分の引き立て役にしている

あざとい女子の中には、男性とのみ接するだけでなく、同性で距離の近い友人を確保している人もいます。

あざとい女子の多くは「自分が一番可愛い」と考えているため、友人は自分よりも容姿が劣っていると思われる人を選びます。

そして常にその上辺の友人と一緒にいることで、自分の可愛らしさを引き立てようとします。

それは例えばプリクラや写メ、合コンなどでとくによく見かける光景でしょう。

したたかな女性の特徴として、自分よりも明らかに劣っていると思われる女性には「可愛い!」「美人!」などと褒め言葉を連発しますが、本当に可愛かったり美人だったりする女性に対しては、敵意を抱いたり「べつにいうほど可愛くない」と悪く言ったりします。

そのため、合コンのような出会いの場で友人を褒める時には、暗に「自分の方が可愛いけど」と思っており、また周りから「でも○○ちゃんの方が可愛いよね」と言ってもらえることを密かに期待しています。

引き立て役にされる女性は、気弱だったり優しかったりして断れないタイプや押しの弱いタイプが多いため、あざとい女子は思う存分にその上辺の友人を自分の都合の良いように振り回しています。

まとめ

あざとい女子は、実は男性よりも精神的に強いです。

自分の可愛さや魅力をよく分かっていて、それを思う存分にフル活用していますので、男性は騙されることが多いです。

一方で同性の女性は、あざとい女子を見分けるのが上手く、そうした女子には自分からあまり近づこうとはしません。

男性に頼ることをよしとせず、精神的にきちんと自立している女性ほど、あざとい女子を嫌う傾向にあります。

あざとい女子のあざとさは、確かに同性から見ればイライラする原因かもしれません。

しかし、あざとい女子は自分の性別による魅力や女性ならではの武器をフルに活用しているため、ある意味ではとても賢く生きているとも言えるでしょう。

あざとく振舞うことで、精神的に大人の女性には出来ないような、男性を上手くコントロールすることも出来ているのです。

とはいえ、あざとい女性が側にいると、同じ女性は心穏やかではありませんので、やはりそうした女性には近づかない方が賢明でしょう。