あなたは「好き避け」という言葉をご存知でしょうか?

好き避けとは、相手のことが好きなのにどうしても避けてしまうというものなのです。

また、避けられている相手からすると「なんだかあの人に避けられているみたい…」「何か嫌われるようなことしたかな?」と色々頭を悩ませてしまうことでもあります。

特に避けてくる人のことが気になっているまたは好きだという人にとっては、「どうして自分を避けているのか」ということは絶対に知っておきたいですよね。

でも避けられている以上、本心を確認するのはなかなか難しいものです。

せめてこの「避け」は「好き避け」なのかどうかだけでも知りたいものです。

実は、好き避けは「嫉妬しているか」ということでチェックすることができちゃうのです!

自分は相手から「好き避け」をされているのかどうか知りたいという人必見です!

好き避けの嫉妬しているかは嫉妬でチェック!

好き避けされているかどうかは、自分が起こしたアクションについて相手が「嫉妬しているかどうか」でチェックすることができます。

好き避けをしていても相手のことはめちゃくちゃ気になっているので、自分の知らないところでほかの人と仲良くしていたり、楽しく話していたりすると嫉妬しまくってしまうものです。

好き避けをしているかどうか、相手の本心が知りたいときは「好きな人にされると嫉妬すること」をしてみて反応を見てみるといいですよ。

好き避けとは一体なに?

好き避け…何の前知識なくこの言葉だけ聞くと「好きなのに避けるの?」と全く意味がわからないという人も多いことでしょう。

ですが、人には色んな思いや考え方、過去の経験などが合ってほかの人が理解できないということがあるものです。

ここではまず、「好き避けとは一体何なのか」ということについてご紹介していきたいと思います!

好きなのに避けてしまう

好き避けとは言葉のとおり「好きが故に、好きな人を避けてしまう」ということなのです。

人によっては、好きだからこそ「ガンガンと攻めていきたい!」「避けるなんてとんでもない、これまでよりも接する機会が増えるように行動する!」ということがあるでしょうが、好き避けをしていまう人は全く逆のタイプなのです。

好き避けをしてしまう理由としては、「自分に自信がない」「好きな人に接するのが恥ずかしい」「余計な一面を見せて嫌われたくない」「過去の恋愛でトラウマがあるので、好きな人が出来ても積極的にはなれない」など、人によって色んな理由があります。

ここでは、好きなのに避けてしまうときはどんな行動に現れるのかについて、ちょっとだけご紹介しますね。

メールの返信が遅い

好き避けをしてしまう人は、好きな人からのメールに対する返信が遅いという人がいます。

基本的に、顔を合わせて話すよりもメールやLINEなどのほうが反応をしてくれるのですが、最初のうちは「どうやって返事しよう」「気の利いた返信をしたいけど…」「変な発言をして嫌われたくない」など、戸惑っていたり色々考えこんでしまったりして結果として返信が遅くなってしまうという人が多いです。

そしていつの間にか、メールをもらってから丸一日が経ってしまったり、返信をするタイミングを失ってしまったりすることがよくあります。

一見、「返事なんてしなくて当然」のようにシレッとしているように見えるかもしれませんが、内心では「結局返信できなかった…」「もったいつけずに素直に返信しとけばよかった…」などと自己嫌悪と後悔でいっぱいになっているのです。

決して返信が億劫なわけではなく、好き避けしてしまう本人も何とかしたいと思っているはずですよ。

目を合わそうとしない

好き避けをしてしまう人は、普段は誰に対しても気さくな人だったとしても、好きな人とは世間話しをするということはおろか、目を合わせることすらしようとしません。

好きな人を目を見るということは、相手にも自分の目を見られるということです。

その状態が耐えられないのです。

自分でもどうにかしたいと思っている人がほとんどなのですが、「恥ずかしい」「自分の本心を知られそうでコワい」などの理由でなかなか思うように目を合わせることが出来ず、いつも後から自己嫌悪をしているものです。

そしてそんな態度に「なんで自分とだけは目を合わせてくれないんだろう…」と相手を落ち込ませてしまうことも多々あります。

好き避けしているかどうかは嫉妬するかでチェック!

好き避けしているかどうかは、普通に接していてはなかなかわからないものです。

もしかしたら、単純にキライだったり苦手だったりで避けている…ということもあります。

もしキライや苦手で避けられていた場合に「この人、アタシのことを好き避けしているな?」なんて勘違いをしていたなんてことがあったら「痛い女」だと思われてしまいますよね…(汗)

そうはなりたくないものです。

好き避けをしているかどうかをチェックするためには「嫉妬」で測ることが出来ます。

ここでは、好き避けをしているかどうかをチェックするための方法についてをご紹介していきます!

本当に好き避けなのかは嫉妬でわかる

「何だか避けられているような気がする…」と感じたときに真っ先に気になるのが「相手に嫌われているから避けられているのでは」ということですよね。

好き避けという言葉や行為を知っていたとしても、実際に避けられると「おっ、自分に好意を持っていてい避けているのだな」と強引かつポジティブに思うことは出来ないでしょう。

もし、相手は自分のことをキライであったり苦手であったりして本気で避けられているとしたら、今後の自分の行動についても考えないといけないですよね。

しかし、好き避けされているのであれば、それを踏まえていい方向に活かせられるようにどうにかしたいと思いますよね。

単に嫌い避けをされているか、好き避けをされているかを知りたいときは、上手に「嫉妬させる」という方法を使ってみるといいですよ。

「好き避け」と「嫌い避け」は、普段の行動から見分けをすることが難しいですが、嫌い避けをしている相手に恋愛的な嫉妬をすることはまずありません。

嫉妬をさせる方向に持って行って、相手の本心をチェックしちゃいましょう!

1、他の子とあえて仲良くする


好き避けチェックをしたいという人は、あえて気になる彼とは違うほかの子と、彼の前で仲良くしてみるといいでしょう。

「仲良くする」と言っても、イチャイチャしたり、抱き着いたりなど恋人のようにふるまったりする必要はありません。

いつもなら真っ先に気になる彼に振っているような話しを他の人に振ってみたり、職場でのランチタイムや休憩を普段は一緒に過ごさなさいような人と過ごしてみるだけ…というのでOKです。

「いつもならオレに声をかけてくるはずなのに…」「ランチや休憩時間は、いつも無理やりでもオレのところに来てるでしょ!?」という状況をちょっとだけ作ってみましょう。

そうすることによって相手がソワソワしたり不機嫌になったりなど、本心がちょっとでも見えてくるようであればチェック成功です!

「相手の気持ちを試すようなことは好きじゃない!」「恋愛は正面からぶつかっていきたい!」と思う人もいることでしょうが、これは「相手を試している」のではなく「好き避けをされているかどうかのチェック」だと割り切ることが大切ですよ。

また、度を越したものは嫉妬どころか、とんでもない誤解や人間関係の捻じれを招くことになるので、くれぐれもさじ加減を間違えないように気をつけましょうね。

チラチラと視線を感じるかどうか

好き避けチェックのために他の人と仲良くしているときは、ただその時間をダラダラ過ごすのではなく、気になる相手の視線を感じるかよくチェックしてみてください。

アナタが他の人と仲良くすることを、最初はどうでもよさそうにしている(本心はそうじゃなくても、そんな気持ちが悟られないように装っている)ものですが、だんだん気になってきて露骨にチラチラと見てくるものです。

不機嫌にアナタの方向をチラチラ見ていた彼も、その状況を見るのが耐えられずにその場からいなくなってしまう…ということもあります。

2、連絡をわざと返さない

好き避けしてしまう人は、正面をきって会話をすると素っ気なかったり話に乗ってこなかったりするものですが、メールやLINEだと意外と反応を見せてくれるものです。

そのため、好き避けしてしまう人と仲を深めるにはメールやLINEなどの連絡がとても有効なのです。

しかし、この連絡をあえて返さないことによって相手の反応を見てみるといいでしょう。

いつもなら積極的に連絡をくれたり、自分からの返信に即レスをくれるはずのアナタからの連絡がなかなか来ないことによって、相手は「素っ気なくしすぎたから嫌われたなか…」「何かあったかな…」と気になって仕方なくなってしまいます。

相手から返事が来るのを待つ

好きな人との連絡は積極的にとりたいという人もいるでしょうが、ここは相手からの返信が来るのをじっと待つようにしてみましょう。

相手の返信が来る前に、別の話題でもう1回連絡をするのはNGです。

好き避けをしている相手からすると「自分からの返信がないうちからまた連絡…そんなにオレのことが好きなのか」と変な安心をさせてしまって、またいつもどおりです。

相手からの返信が来るまであえて何もアクションを起こさないことによって、好き避けをしてしまう人は「あれ?いつもと違う…」「自分にそんなに興味なくなった…?」などとソワソワし始めて気が気でなくなることでしょう。

また、好き避けをしてしまう人のなかには、不安になりすぎると「他に連絡している人(気になっている人)が出来たのかな…?」とあらぬ方向に気持ちがいってしまう人もいます。

ほかの男性の影をちょっとだけ臭わせて(実際にはそんなことはなくても)、更なる嫉妬心をあおるのもアリなのですが、あんまり相手の不安を誘うようなことばかりだと相手に見放されることがあるのでやりすぎには注意しましょうね。

3、SNSにあえて男友達を乗せる


好き避けする人かどうかを調べるために嫉妬させるには「好きな相手以外の異性の存在をちらつかせる」というのが手っ取り早いです。

好きな相手以外の男性と仲良くしている姿を、ほんのちょっとだけ見せることによって相手の嫉妬心をあおることができるのです。

しかし、都合良く好きな相手の前でほかの男性と仲良くする機会がない…という人もいることでしょう。

そんなときは、みんなが見られるようなSNSにあえて男友達の写真やネタをアップしてみましょう。

「今日は●●くんやほかのメンバーとご飯に行ってきました☆」などの文章と一緒に、そのシーンの写真を添付します。

そうすることによって「アナタ意外にも、仲のいい異性はいるのよ」ということをアピールすることができます。

このときは「やりすぎない」ということに注意をする必要があるので「特定の異性と2人きり」は避けて「●●くんとその他」的にするようにしましょう。

それを見た好き避けをしてしまう人は「なんでほかのオトコと遊んでるの?」「●●って誰?この子にとってどんな存在?」と気になってしまいますよ。

もちろん、コメントやイイネは絶対にしませんが、嫉妬の炎はメラメラとしていることでしょう。

好き避けと嫉妬避けって何が違うの?

好き避けについてよく知っておこうと思えば、「嫉妬避け」についてもよく理解しておく必要があります。

ですが、この「好き避け」と「嫉妬避け」…この2つの違いをご存知でしょうか?

どちらも恋愛的に「好きだから」という気持ちがきっかけとなって起こるものですが、その動機や理由などに微妙な違いがあるのです。

ここでは、そんな「好き避け」と「嫉妬避け」についてを詳しく見ていきたいと思います。

好き避けって何?

「好きなんだけど、好きな相手を目の前にしてしまうと素気なくしてしまう」「意識しすぎて思うように話せないから、相手が近寄ると避けてしまう…」なんて人は、まさしく好き避けをしてしまう人と言えるでしょう。

自分自身が好き避けをするタイプではなくても、自分が気になっている人がそんな態度を取ると「私、何か悪いことをしたかな?」と思うと同時に「別に嫌われるようなことはしていないし…もしかしたら、好き避けされているのかな?」とも思いますよね。

また、好き避けには嫉妬避けのように「嫉妬」の気持ちが薄めなのも大きな違いの1つです。

恥ずかしさからくるもの

好き避けをしてしまう理由の1つに「恥ずかしいから」というものがあります。

普段はとても明るくて活発な性格なのに、好きな人の前ではありのままの自分でいられなかったり、ロクに顔を見ることができなかったりなど、恥ずかしさから好き避けをしてしまうのです。

恋愛をする気持ちは決して恥じるような感情ではないのですが、何だかこっぱずかしいという気持ちはどうしても変えることができませんよね…(汗)

相手がこれまで何でも言いあえるような親友で、ある日突然気になる人に変わった…なんてパターンだとなおさらです。

恋愛的にはよくあるパターンなのですが、つい先日まで友達だった人が恋愛対象になるなんて、なんだか恥ずかしいものですよね。

こういうときはよく好き避けをしてしまう人が多いものです。

好きの気持ちがある

「好き避け」とは名前のとおり「好きという気持ちがある」からこそ、してしまうものです。

「自信がない、カッコ悪い自分を相手に見せたくない」「どう接していいかわからない」など好きな人に色んな感情を持っているのですが、結果として「避ける」という行動をとってしまうのです。

また、子供のころでまだ恋愛などの感情がよくわらないとき、気になる子を徹底的に避けた記憶なんてありませんか?それも典型的な好き避けの1つです。

このように、自分の「恋愛感情」には気づいていないため何故だか避けてしまうという人も、よく無意識に好き避けをしてしまっているのです。

嫉妬避けとは?

嫉妬避けとは、本心では相手のことが好きなのに、その好きさ故に嫉妬してしまい好き避けのようなことをしてしまうことを言います。

「結果として好き避けのような状態になるのなら、好き避けとは何が違うの?」と思うかもしれませんが、動機の面で違いがあります。

好き避けの場合は「恥ずかしいから」「自分に自信がないから」などの理由で相手を避けてしまうものですが、嫉妬避けの場合は名前のとおり恨みや妬みなどの「嫉妬」が大きな理由になっています。

好きな相手がほかの人と仲良く話していると「自分以外の人といい感じになっているなんて…」と嫉妬して、機嫌が悪くなったり、相手の人を非難するような言動を取ったりします。

また、恋愛的なものじゃなく、同性間でも嫉妬避けというものは存在します。

「あの子は私より男性からチヤホヤされる」「自分より才能がある」「家がお金持ちで裕福だ」などの嫉妬から相手に冷たい態度を取り、徹底的に避けるのです。

「相手から何かイヤなことをされた、言われた」ということが存在していなくても、勝手に嫉妬して勝手に避けられるので、嫉妬避けのターゲットになった人は本当にしんどくて不快な思いをすることでしょう。

恨みや妬みからくるもの

嫉妬避けは恨みや妬みからくるものでもあります。

例えば、好きな相手がほかの異性と話していると「なんで自分以外の人と楽しそうに話しているの?」という嫉妬をします。

それだけならまだいいのですが、それが続くと「自分はこんなに好きなのに…この気持ちを無視されている」と恨みのような感情を含みはじめることがあります。

そしてどんどん避けられるようになり、相手も困ってしまいます。

ただの好き避けよりも重たく、粘着質な感情から来ているので、好かれているとはいえ嫉妬避けされるとどうしていいのかわからないので困ってしまいますよね。

支配したい気持ちがある

嫉妬避けしてしまう人は、好きな相手を「自分だけのものにしたい」「自分だけを見ていてほしい」などのような「相手を支配したい」という気持ちを持っています。

それなのに、自分の思うように好きな相手が動いてくれなかったり、自分が話してほしくないと思っている人と話したりすると「期待を裏切られた」「なんで自分の思うようにしてくれないと」と負の感情が溢れてきます。

どんな関係の人同士でも「支配する・される」という関係は良いものではありませんよね。

嫉妬避けは危険?注意しておきたい点

先ほどの章で、「好き避け」と「嫉妬避け」の微妙な違いはお分かりいただけたことかと思います。

好き避けも嫉妬避けも、どっちにも好きという気持ちがすべての根源なので、自分も相手のことが好きで両想いなら受け止めてあげたいものですよね。

ですが嫉妬避けする相手の場合には「嫉妬心」の取り扱いに注意をしないといけません。

ここでは、嫉妬避けの注意しておきたい点についてをご紹介していきたいと思います!

嫉妬が大きくなったら危険

嫉妬は好きだからこそ芽生えてしまう気持ちです。

多少であれば自分の中で嫉妬心を処理をすることが出来ます。

しかし、嫉妬心がどんどん大きくなってしまうと自分の中では解決することあ出来ず、相手にその気持ちをぶつけてしまいます。

もっとひどいと、相手と話していたほかの人に対しても攻撃的な言葉や気持ちをぶつけてしまうことがあります。

自分だけならまだしも、関係のないほかの人にも迷惑をかけるとなると心配ですよね…。

出来る事なら自分までにとどめるか、嫉妬はそこそこにしてもらいたいと思うものです。

行動を監視されることもある

嫉妬避けをする人の嫉妬心が大きく過激的になると、好きな相手の行動を監視するようなことまですることがあります。

好きな人が何をしたか知りたいという気持ちは誰にだってちょっとはあるものですが、過剰に嫉妬するレベルになるのは危険です。

とにかく自分の監視下に置いて、徹底的に嫉妬する要因をチェックしていこうとします。

こういう人はストーカー化するおそれもあるので注意するようにしてくださいね。

嫌いになってしまう可能性も

行き過ぎた嫉妬は、臨界に達するとこれまで好きだった相手のことをキライになるきっかけになることがあります。

嫉妬することに疲れてしまったり、失恋(したと思って)で心が傷ついて、どんどん想いが冷めて離れていってしまうのです。

また、「自分はこんなにアナタのことが好きなのに…アナタはこっちを見向きもせずに他の人とばっかり…」と「フラフラしている残念な人」として人間的にキライになってしまうこともあります。

ちょっと嫉妬させて気持ちを確かめたかっただけなのに、こうなってしまうのは本望ではありませんよね。

そして、自分自身も相手のことをキライになってしまうきっかけにもなります。

多少の嫉妬であれば「そんなに自分のことが好きなの?」「そんなに嫉妬しなくてもいいのに…かわいいヤツ!」と思えるものですが、過剰な嫉妬は相手にとって負担にしかなりえません。

ただの嫉妬(相手からすると誤解された上の嫉妬など)なのに、キツイ態度を取られたり、嫉妬するきっかけになった人のことを非難したり…とても醜い一面を目の当たりにしてしまうこともあります。

せっかく好きになった相手なのだから、残念な一面をみたり嫌いなったりなんてしたくありませんよね…

嫉妬させすぎないように注意する

好き避けかをチェックするためには多少の嫉妬はとても効果的ですが、行き過ぎた嫉妬心の煽りはおすすめできません。

先ほども話したように、嫉妬によって相手が自分のことをキライになってしまったり、逆に自分が相手のことをキライになってしまったり…いいことはありませんよね。

嫉妬のさせすぎさえしなければ、両想いになって幸せになれたかもしれないのに、とても残念なことになります。

嫉妬によって相手の気持ちが確認できて嬉しくなったり、可愛く感じたりするのもよくわかりますが、嫉妬のさせすぎには十分に注意するようにしましょうね。

嫉妬避けされないようにうまくコントロールする方法

いくら好きな相手とはいえ、出来る事なら嫉妬避けはされたくないものです。

多少の嫉妬は恋のスパイスになりますが、嫉妬心がどんどん大きくなるといいことは1つもありません。

ここでは、嫉妬避けされないように相手をうまくコントロールする方法についてをお伝えしていきたいと思います。

駆け引きをうまく利用する

嫉妬避けを軽くするには、駆け引きを上手に利用することがとても重要になります。

嫉妬をしているということは、自分の中で好きな相手の存在がとても大きくなっているということになります。

そして好きな相手には「私の存在に重きを置いてほしい」「彼の中では私が1番大切な存在でいたい」と願っているところがあります。

そんな心理をしっかりと理解した上で、嫉妬避けしてしまう相手と上手く駆け引きしていくようにしましょう。

嫉妬避けしてしまう相手の心をくすぐるようなな言動を取って、嫉妬による極端な行動をコントロールしちゃいましょう。

ただ何も考えずに発言や行動をすると知らないうちに相手の地雷を踏んでしまっていることがあるので、自分の言動にもよく注意するようにしましょうね。

自分から積極的にアピールしてみて

相手が嫉妬避けしてしまう人であれば、自分から積極的にアピールすることによって嫉妬避けを和らげることがあります。

「アナタのことが好きですよ」ということが相手にしっかりと伝わっていれば、「自分は好かれている」という安心感があるので他の人に対してひがみや妬みの黒い気持ちを持つこともありません。

誰だって「愛されている自信」「必要とされている満足感」があると、他人のことなんて気にならなくなりますよね。

嫉妬避けをしてしまう人だってそうなのです。

むしと、嫉妬避けをしない人よりもずっと愛されている自信や必要とされている満足感を求めているものです。

アナタから積極的にアピールすることによって、それらの気持ちを満たしてあげることができるのです。

まずがアナタから気持ちを伝えて相手の嫉妬心をなだめるようにするといいですよ。

限度を調整する

嫉妬避けしてしまう人も、好きで嫉妬をしているわけではありません。

性格的に激情型なタイプなので本人も好んで嫉妬避けをしているのではないのです。

本人でも無意識に嫉妬避けを発動しているので抑えようがないのです。

そんな嫉妬避けをしてまう人のために、アナタがその嫉妬避けの限度を調整するように心がけてあげるといいですよ。

相手のために、嫉妬してしまいそうな状況をあまり作らないようにしたり、他の人よりも優先して相手と行動を共にしたり連絡をしたりなどして調整していけるのが理想です。

嫉妬させる頻度や限度をうまくコントロールする

ちょっとの嫉妬をさせてしまったあとは、その嫉妬心をクールダウンさせるかのように相手に対してとても甘々な態度を取るのも1つの手段です。

「さっき●●さんと話してきたけど…やっぱり君の方がしっくりくるし、安心する」など、相手をホッとさせつつも気持ちよくさせるようなことを言ったりしましょう。

「あの人のなかで、私が1番なんだ」と思うことによって嫉妬する気持ちも一時的にでもおさまりますし、「好きな人に好かれている、両両想いである」という満足感や優越感が、嫉妬避けしてしまう人の気持ちを満たすことができます。

ちょっと難易度の高いことかもしれませんが、アナタが相手を嫉妬させる頻度や限度をうまくコントロールすることによって、とてもステキな恋愛をすることができますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?
好き避け、嫉妬避け…好きという気持ちがあるからこその色んな「避け」が存在しているといことがお分かりいただけたことかと思います。

気になる相手に「避けられているな」と感じていて、相手が何故自分を避けているのかを知りたいときは「嫉妬」をさせるように仕向けてみるといいですよ。

嫉妬させるに他の男性と親しくしているふりをしてみたり、連絡の返信を遅らせてみたり相手からのアクションがあるまで放置してみたりなどをするといいでしょう。

しかし、やりすぎは禁物なので上手に調整して「適度な嫉妬」をやかせられるように気をつけてくださいね。

もし相手が好き避けではなく「嫉妬避け」をするタイプだった場合はなおさらです。

嫉妬避けをしてしまう人だった場合は、嫉妬をさせ過ぎると結構大変なことになってしまうので注意するよにしましょう。

お互い好き同士なのに、行き過ぎた嫉妬避けがあるといい方向へは繋がりにくいので注意するようにしてくださいね☆