「あの人ってどうしてあんなに面倒見がいいんだろう・・・」「面倒見がいいだけでイイ人に見えるからうらやましいなぁ」「でも自分が面倒をみるなんて考えられないし、そんなことができる人っていったいどんな気持ちで相手に接しているんだろう?」なんて周りにいる”面倒見のいい人”に対してなにかしらの疑いの心を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかにこの世界には、面倒見がとてもいい人というのがいますよね。

一見それって”いい人”に見えるのですが、裏で何を考えているのか分からないと交流することに対して危惧を感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

だってねぇ、何考えているか分からないですものね。

でも、実際に面倒見のいい人とコミュニケーションをとる機会があると、こちら側までとてもよい気分になるものです。

そんな相手の気持ちを知りたい!また、「私もあの人のような面倒見の良い人になりたい」なんて目標にしている方もいるはず。

しかし、そのように”いい人””すばらしい人”と思えるような人であっても、実際は短所ももっているものです。

そりゃあ人間ですから。

この記事では、そんな面倒見のいい人に焦点をあてて特集しています!

面倒見のいい人というのは、どんな特徴を持っている人なのか?

また、面倒見のいい人ってどんな短所を持っているのか・・・どんな性格の人がそのようなよい面倒見をするようになっているのか?などなど、気になる点をすべてまとめました!

この記事を読めば、きっとあなたもあの人の面倒見の良さを受け入れることが出来ることでしょう。

面倒見がいい人って何を考えているの?

あなたの周りには、面倒見のいい人っていますか?

面倒見のいい人って、人にいつも優しいし、それでも自分のことはちゃっかり終えているし、「なんだか要領がいい人だよなぁ」なんてかんじている人もいるのではないでしょうか。

はい。そうなんですよね。

面倒見のいい人って自分を犠牲にしているのではなく、あくまでも”他人のために”動いているだけであって、一見とてもすばらしい人のように見えてしまうものです。

しかし、面倒見のいい人ってそのように世間一般でいわれているようないわゆる”いい人”なので、本当にいい人なのかどうかなんて疑ってしまう人もいることでしょう。

筆者も以前カフェバイトをしていたときに、これまでに出会ったことのないくらいの面倒見のよい先輩に出会いました。

なにかにつけて気にかけてくれるし、それに困っていることがあるといつでも相談に乗ってくれるような人でした。

筆者は、その先輩に対してなにも悪い気持ちはしなかったのですが、一部のバイト仲間は「あの人は何を考えているのかわからない」とか「弱みを握ってるんだから気をつけたほうがいいよ」なんて言っていたんですよね。

まぁそのように考えている人のほうが筆者は信じられなかったのですが、一度社会に出てみるとその人のように”面倒見のいい人の裏を見ようとする”人がとても多いことに驚きました。

これまでにどんな悪い人にだまされてきたのか、どんなに自分を守りたいのか分かりませんがきっとあなたも少しはそのような気持ちを持っているからこそ、この記事を開いてくださったのでしょう。

たしかに分からないですものね。

こちらはなにもしてあげていないし、それに何もしてあげようとも思っていないのに相手から急に優しくされて、それで見返りを求められたり、本当に弱みを握られてしまったらとても大変なことになってしまいますから。

そのように予防線を張って生きるのもひとつの人生の生き方です。

とはいえ、今回話題にしている”面倒見がいい人”っていったいどのような心理で面倒見をよくしているのでしょうか?

なかには、あなたが感じているような悪巧みをしている人もいるかもしれないですし、そのように誤解をさせてしまっているけれど本当に相手のことを思ってやってくれている人もいるかもしれません。

この記事では、まずは面倒見がいい人の特徴を12個お伝えした後に、どのような心理で面倒見をよくしてくれているのかをお伝えしていきます。

ぜひ参考にして、また、あなたの周りにいる”面倒見のいい人”にあてはまっているかどうかを確認してみてくださいね!

ちなみ筆者の周りにいる”面倒見”のいい人には、12個の特徴すべてあてはまrました。

面倒見がいい人の12個の特徴

あなたの周りにいるような面倒見のいい人ってどんな特徴をしていますか?

さきほどの筆者の話にでてきたようなバイトの先輩のように、なにかにつけて気にかけてくれたり、困っている仕草や表情をしていると絶対に声をかけてくれるような人でしょうか。

それとも、まるで下心がみえみえで近づいてきているのが分かるような悪い印象をもたれているような人でしょうか。

面倒見がいい人といっても色々な人がいますよね。

でもどんなに別々の雰囲気をもっているかのように見える面倒見のいい人であっても、面倒見のいい人に共通している特徴というものが存在することが判明したんです!

きっとこれを読めば、面倒見のいい人だと思っていなかった人でも「あの人って面倒見がいい人なんだ」なんて発見できるかもしれないですし、これまでに面倒見のいい人に抱いていた印象を覆されることになるかもしれません。

あなたの思っている”面倒見のいい人”とどれくらい合致するのかを考えながら、また周りにいる面倒見のいい人を想像しながらぜひ読み進めてみてくださいね!

それと「君って面倒見がいいよね」なんていわれて、それがどんなことなのか、自分でも納得できないという方は自分にあてはまて読み進めてみてください。

常に周りをみて行動している


面倒見のいい人は、周りの人で困っている人がいるのを発見するのがとても上手です。

他の人であれば気づかないようなサインを逃すことはありません。

すぐにそのサインをキャッチし、「大丈夫?」「なにかあった?」なんて声かけすることができるんです。

そのように誰かの困っている姿をすぐに見つけることが出来るということは、冷静な気持ちでいられているということ、そして常に周りを見渡すような”広い目”をもっているということになります。

”広い目”というのは、常に周りを見渡すことの出来るチカラをさしていることもあります。

この世の中にはそのように周りの人の困っているサインをすぐに見つけられる人というのはたくさんいるんですね。

しかし、その先に行動するのか、しないのかによって”面倒見のいい人なのかどうか”の分かれ道が訪れます。

あなたは、もしも回りに困っている人がいると分かったらすぐに手助けするでしょうか?いや、手助けなんてしないで「手助けすることが迷惑になるかもしれない」と手助けするのをやめるのではありませんか?

特に日本人は、そのように見逃してしまうことが多いです。

しかし、面倒見のいい人は発見したら必ず行動します。

そして手助けするんです。

行動するかしないのかっていうのは大きな違いですよね。

フットワークが軽い

面倒見がいい人はとてもフットワークが軽いです。

フットワークが軽いというのは、思い立ったらすぐに行動することができるということ。

あなたはどうでしょうか?「あれやりたいなぁ」なんて想像することが出来たら、それを先延ばしにしているのではなくすぐにでも実践していますか?もしもそうであるならば、フットワークの軽い人でしょう。

面倒見のいい人もそのようなフットワークが”かなり”軽いことが多いです。

普通の人であれば「これを手伝ったら時間をとられて自分のやることができなくなってしまう」なんてマイナスのことを考えます。

しかし、フットワークが軽い人は「考えるよりもまず行動」を基本としているので行動しながら(面倒をみながら)次にどうするかをしっかり考えているんですね。

でも面倒見がいい人って自分にだけかまってくれているような気がしてしまうものです。
でもそうではありません。

あの爽やかな笑顔の裏で「次やること」「この子を立ち直らせるにはどうしたらいいのか」なんて色々なことをものすごいスピードで考えているものなんです。

要するに、面倒見がいい人って頭の回転がとても速い人なんですよね。

それに悩んでいる人が多くの時間をかけていたようなことでも持ち前のフットワークの軽さによって、すぐに終わらせることが出来ることも。

なかには、面倒をみながら別の困っている人を見つけているなんていうツワモノまでいるんです。

知人や友人から悩み相談を受けやすい

面倒見のいい人のほとんどは、自ら面倒見のいい人になりたくてなったということはほぼありません。

自然と”周りのチカラで”そのようになってしまったケースが多いんですよね。

あなたの周りにいる面倒見の良い人ってどこか”話しかけやすい””相談しやすい””受け入れてくれそう”なんていうイメージをもつことができるのではないでしょうか?ずばり、面倒見のいい人って自分が気づく前に周りから相談されることも多いんですね。

でも本人もそのような人をほうっておくことができない優しい心をもっているため、必然的に面倒をみることになってしまいます。

それを繰り返していくうちに最終的には、「あの人は困っているかもしれない」なんていう困っている人を探すセンサーが培われていくんですよね!

もしも、自分自身が面倒見のいい人だと思っていなかったとしても持ち掛けられる相談に必ずのっているようにしていれば、もうそれは周りから見れば確実に面倒見がいい人に認定されてしまうわけなんです。

もしも、「私って面倒見よくしているわけじゃないのにどうしてそのように思われているんだろう」と感じるのであればそこを考えてみるといいでしょう。

的確なアドバイスをするのが得意


面倒見のいい人は、的確なアドバイスが得意です。

アドバイスというのは、その道を極めた人しか出すことが出来ないようなものですよね。

しかし、面倒見のいい人というのは色々なケースを見てきているので(相談やネット・テレビなどを通して)それにそって、また相手の状況を考えて考慮して”的確な”アドバイスをすることができるんです。

要するに情報通でもあり、そして自分自身をいつも鍛錬しているので新しいモノの見方を常にGETしているってことなんですよね。

面倒見のいいこの人に相談すれば、失敗することはないなんて多くの人に思われていることが多いです。

あなたも周りにいる面倒見の良い人に対して「この人ってどうしていつも的確なアドバイスをくれるんだろう?」なんて感じたことがあるのではありませんか?アドバイスをする側にとっては、相手のその後の人生を左右してしまうこともあるので出来れば深い問題ほどアドバイスなんてしたくないはずです。

でも面倒見のいい人は、基本的に優しい性格をしているので相手の立場に立って色々と考えアドバイスするんです。

それもすぐに答えを出してくれることが多いので相談している側にとっては、時間もとらないしそれに的確なアドバイスをえることができるので安心して相談できるんですよね。

そのため、知人や友人から悩み相談を受けやすいということもあります。

見返りを求めていない

多くの人が面倒見のいい人に対して感じているであろう感情の一つ「この人は見返りを求めているに違いない」というものですが、本当の面倒見のいい人というのは見返りを一切求めていません。

見返りを求めるということは、最終的には自分のことを、自分の利益を考えることによって他人にやさしくしているってことなんですよね。

それって人間のとても悪いところが出てしまっている状況になります。

あなたは、そのように面倒見のいい人を感じているのではないですか?たしかにあなたが感じているように、あたかも相手の心配をしているかのように見せかけてそれで相手の弱みを握ろうとする人間もいます。

でも本物の面倒見のいい人というのは、必ず相手のことを第一に考えているので見返りなんて求めていませんし、見返りの「み」の文字も出てこないくらいに考えています。

そのため、本物の面倒見のいい人といるととても居心地がいいですし、「この人なら頼っても大丈夫だな」なんて気持ちになるなんていうこともあります。

また、面倒をみてもらった人にとっては、その面倒見のいい人にお礼をしたくなることもありますよね。

そのようなお礼を面倒見のいい人に渡したとしても、相手はあまり快く受け入れないでしょう。

なぜならば、本当に見返りを求めるために面倒をみたわけではないので、誤解されていると感じてしまうからです。

面倒をみることによって、その相手が喜んだり笑顔になってくれることだけで幸せなんです。

他人のミスもしっかりカバーしてくれる

面倒見のいい人は、相談にのってくれるだけではありません。

どんなことをしてくれるかというと、他に他人のミスをカバーしてくれるように行動してくれるということがあります。

あなたはこれまでに取り返しのつかないようなミスをしたことがありますか?

取り返しのつかないようなミスをしてしまうと、どうしてもその先真っ暗になってしまいますよね。

でも面倒見のいい人は、その人がやったというわけではないのにあなたに代わってそのミスをカバーしてくれるんです。

そんな姿はとても頼もしく、カバーしてもらった身にとっては「その面倒見のいい人がクビになってしまうかもしれない」と思うのですが、そんなことはありません。

面倒見のいい人って”その場をぬりきるチカラ”があるからなんです。

そのため、問題をおおきくする前に小さくするように努力します。

そして、やってしまった失敗を明るく変換してくれるんです。

それによってこれまでに感謝した方はたくさんいらっしゃるのではないでしょか。

ちなみに筆者の昔のバイト先にいた面倒見のよい先輩は、特にコレをするのが得意でした。

どうしてそんな発想が出来るの!?なんて驚くことを提案してくれることもあれば、それが勉強になっていましたよ。

おっせかい焼きの一面も

人によっては、面倒見のいい人に対して”おせっかい焼き”というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

たしかに、おせっかいと面倒見のよさというのは紙一重です。

まったく同じなんですよね。

しかし、面倒見のいい人としてプラスにしか見られない人というのは、相手のプライベートだとか深いところにまで入り込むってことがありません。

反対におせっかい焼きと思われてしまう人というのは、相手がふれて欲しくないというところまで入り込んでしまうんですよね。

そのため、おせっかいをされた人は「この人にかまわれると面倒なことがおこる」と感じるようになるんです。

要するに、面倒見のいい人とおせっかいというのは、どこまで相手の領域に踏み入るかによって違います。

いつもは深いところには入り込まないけれどあまりにも悩んでいる面を見てしまうと、相手の深いところまで入り込んでしまうという面倒見のいい人もいます。

でもそれって悪気があるわけではなく、相手が悩んでいるから助けてあげたくてそうしているだけなんです。

伝えづらいですが、その場合は「そこまで関係ない」としっかりと相手に境界線をはっておくことをおすすめします。

分け隔てなく人と接する

面倒見のいい人は、人によって態度を変えるって事がありません。

むしろ態度を変えるのではなく、わけ隔てなくどんな人でも平等に接します。

そんなところが周りの人から好感度よく思われる証拠でもあるんですよね。

あなたの周りには、人によって態度を変えるような人はいませんか?それこそ面倒見のよい人のふりをして心の中では悪巧みをしている人の特徴です。

悪巧みをしている人、自分の利益しか考えていない人というのは必ず自分のためになることしかしません。

面倒を見るとかかまってやるとしても、自分よりも地位の高い人でその人に気に入られれば後になって必ず見返りを求めることが出来るなんてひとにしかゴマをすらないんですよね。

でも、本物の面倒見のよい人というのはそういうことをしません。

それどころか周りの誰もが見捨ててしまうような人であっても大事にします。

そして相談にものるし、他の人と同じ様に接し、的確なアドバイスまで送るんです。

心が本当にキレイな人ってことなんですよね。

思慮深く、とても優しい

コレまでに何度かお伝えしてきましたが、面倒見のいい人というのはとても優しい性格をしている人が多いです。

優しいからこそ、困っている人をほうっておくことができないんですよね。

あなたの周りには、とても優しい人っていませんか?そのような人っていつでも誰かの相談にのっているのではないでしょうか。

また思慮深い面もあるので相手のことを第一に考えてお手伝いをしてくれたり、相談にのってくれます。

そんな優しいからこそ、周りの人もついつい頼ってしまうんですよね。

しかし、面倒見のいい人は自分のこともちゃっかりしっかりやっているので人として見習う面がとても多いのではないでしょうか。

あまり目立ったことはしない

面倒見のいい人は、はっきりいって目立ちません。

あなたの会社には、とても目立っている人もいればあまり目立っていない人もいるのではないでしょうか?ずばり、面倒見のいい人というのはその”目立たない人”のなかにひっそり隠れていることが多いです。

「ああ、あの人はたしかに優しそうだ」なんていう人ほど面倒見がよいんですよね。

それに面倒見のいい人は、目立ったことを好みません。

なかには目立つことをして回りに「自分はすごいんだぞ」と認めさせようとする問うな人もいますが、それって偽者の面倒見のいい人です。

本当に面倒見のいい人というのは、相手の立場に名って考えて行動しているのでわざわざ目立たせるようなことをしないんですよね。

だって、場合によってはそれを目立たせることによってせっかく相談してくれた相手をさらにひどい状況においやってしまうことも考えられますよね。

それじゃあせっかく頼ってくれたのに申し訳ないと感じているんです。

あくまでサポートがしたい

面倒見のいい人は自分が目立つために面倒を見ているのではなく、あくまでもサポートをするためにしか行動していません。

すべて相手を思って行動しているんです。

そのため、目立つことなんて絶対にありえない!
また自分が面倒をみた、お手伝いした、アドバイスしたなんていうことをおおっぴらにすることもありません。

そのようなことを話す人ってかなり自己中心的ですよね。

自分の利益しか考えていないじゃないですか。

年齢関係なく誰とでも接することができる

さきほど面倒見のいい人は分け隔てなく色々な人と交流することが出来る、ということをお伝えしてきましたね。

ずばりそれって、どんな”性格やタイプ”の人だけというだけではなく、あらゆる年齢の人までにもわけ隔てなく接することが出来るんです。

そのため、特定の年齢の人から人気があるのではなく、高齢から幼い子供からまでも人気があることが多いです。

人気者ってそうやって誰かを比べたりしないんですよね。

みんながみんな、同じなんです。

そのように考えていると分かっているので相談しやすいということもあります。

あなただって何かに偏見を持っている人に相談したいと思わないでしょう?

平和主義

ずばり面倒見のいい人は争いごとが大嫌いです。

どんなときでも平和に穏便に物事をすませていきたい、進めて生きたいと考えています。

そのため、アドバイスを求められたときも攻撃的なものを伝えるのではなく”みんなが良い結果になれるもの”をアドバイスします。

優しい心をもってるからこそ、そして相手の立場になって考えることが出来るからこそこうやって誰からも慕われることが出来るのでしょう。

面倒見がいい人の心理

これまでに面倒見のいい人の特徴についてお伝えしてきました!

あなたの周りの面倒見のいい人には、どれくらいあてはまりましたか?

すべてあてはまったという方が多かったのではないでしょうか。

次に、面倒見のいい人はどんな心理をもって、多くの人の相談にのったり、そしてアドバイスしたりしているのか、お手伝いしているのかについてお伝えしていきます。

腹黒いのが面倒見のいい人だ、なんてまだ思っている人は少し恥をかいちゃうかも!?

周りから頼られたい

面倒見のいい人は、自分を頼って欲しいと考えていることが多いです。

あなたは、誰かに頼られたいと思ったことはありますか?しかし、なぜ人は人に頼られたいと思うのでしょうか。

それによって相手を守ることが出来る、そして助けることが出来ると感じているからなんです。

だって、人の相談にのることほどめんどうなことはありません。

それなのに自分の時間を少し犠牲にしてまでも相手から頼られたいと思っているというのは”お世話するココロ””奉仕のココロ”でいっぱいになっているってことなんですよね。

仏教の教えでは、人に奉仕することによって徳を積めるなんていうものがありますがそれをしらずして実行できている人なんです。

いろんな人の役に立ちたい!

ひとつ前の項目につながりますが、面倒見のいい人はいろんな人の役に立ちたいという気持ちがとても大きいです。

そのため、人のためになるのであればたとえ自分のことをそっちのけにしてでもやってしまうということがあります。

しかし、先ほどもお伝えしたようにフットワークが軽い人が多いので自分のこともしっかりやってしまうんですけどね。

また、いろんな人の役に立ちたいという気持ちが軸となっているので誰かの役に立つこと、そしてお手伝いすることは苦痛にならないんです。

悩んでいる人がいたら助けたい!

それに悩んでいる人がいたらほうっておくことが出来ません。

これは、面倒見のいい人たちがほとんど”優しい性格”をしているからなんですよね。

実は寂しくてかまってほしい…

なかには、かまってほしくて自ら相手の面倒を見る・相談にのるなんていうことで他人と関わっている人もいます。

しかし、これってとてもマレです。

というのも、面倒見のいい人はまさか自分がさみしさをまぎらわすために人と関わろうとしているなんて気づいていないからです。

「人のためになりたい」という気持ちでこの気持ちは隠されてしまっていることが多いんです。

面倒見がいい人の短所

これまでに面倒見のいい人の”良い面”ばかりを見てきましたね。

しかし、人には長所もあれば短所もあるもの。

あなただって、良いところもあれば悪いところもあるでしょう。

それは面倒見のいい人だって同じことです。

だって面倒見のいい人だって私たちと同じ人間なのですから。

どんなことに対してもパーフェクトのように感じてしまう面倒見のいい人の悪いところっていったいどんなところなのでしょうか?

みていきましょう!この世の中に完璧な人なんていないんですよね。

限度を超えてしまうこともある

さきほどおせっかいと面倒みのよさは紙一重だとお伝えしてきましたね。

その点において、面倒見の良い人はまれにいきいすぎた面倒見のよさを発揮してしまうことがあります。

そのような場合、面倒見の良い人がどんなにいい人だと分かっていてもさすがに受け入れることが出来ないんですよね。

それによって、面倒見がいいというプラスの言葉としてみるのではなくおせっかいな人としてマイナスにみられるようになってしまうなんていうことも。

もしもあなたが面倒見のいい人だ、といわれたことがあるのであればこの点については気をつけるようにしましょう。

うざがられてしまう

はっきりいって、面倒見がよ過ぎる人って相手にとってはちょっとうざいだけなんですよね。

「いやいや、そこまで言わなくてもわかってるよ」なんて思っていたりします。

でも相手に伝えるのは申し訳ないと思っているのでほとんどの人はいいません。

そのため、面倒見のいい人本人はそれに気づかずにまた別の人におせっかい焼きをしてしまうなんていうこともあります。

このような場合は、伝えてあげるのが優しさなのかもしれません。

騙されやすい

根本的に優しい性格をしていて、相手の気持ちになって考えることが出来るので相手がとてもひどい境遇においやられているということが分かるとそれだけで「助けてあげたい」というターゲットになります。

しかし、その優しさを利用しようとして面倒見のいい人に近づいてくる人もいるんですよね。

また、少しでも弱っている人をみれば助けてあげなくてはいけない責任感がうまれてしまう彼らですから、すぐにだまされてしまいます。

「お金がないんだ」なんてウソをつかれていることに気づかず大金を貸して帰ってこないなんてよくある話です。

面倒見がいい人は“適度”を覚えよう

もしもあなたが誰かに「面倒見がいいね」なんていわれたことがあるのであれば、必ず”適度”を覚えるようにしましょう。

そうしないと、あなたに負担が増えるだけではなく最終的にどうして人の役に立とうと思ってしまったんだろうなんてすばらしい考えまでも否定することになってしまうからです。

では、どのようにすれば適度なのでしょうか?

引き際を見極めること

ずばり、どんなときでも引き際をみきわめること。

物事って始めるのは意外と簡単ですがそれを続けたり、ましてやそれを終えるところを見極めるの法がとても難しいんですよね。

あまり相手に干渉せずに相手を助けて引くように心がけてみましょう。

まとめ

今回は、面倒見のいい人についてお伝えしてきました。

いかがでしたか?面倒見のいい人であっても、良いところだけではないんですよね。

あなたがもしも面倒見の良い人といわれたことがあるのであれば、その優しさを利用されないように気をつけていきましょう!