CoCoSiA(ココシア)

空気が読めない人の13個の特徴と原...(続き2)

空気が読めない人の13個の特徴

それではここからは空気の読めない人の特徴についてご紹介させて頂きます。

あなたの周りにも空気が読めないなと思う人が居るのでは無いでしょうか。

そんな人にピッタリ当てはまる特徴がいくつも出てくる事でしょう。

また、自分は大丈夫だと思っている人も、意外と当てはまってしまう事があります。

自分が気がついて居ないだけで、周りの人からはKYだと思われている可能性があと言う事なのです。

それをそのままにしておけば、自体はどんどん悪化して行きます。

自分の周りから人が居なくなってしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまわないようにする為にも、自分自身の欠点には早く気がつくべきでしょう。

空気が読めない人の特徴を知る事により、その人との付き合い方を学ぶ事が出来ると同時に自分自身を見直すきっかけを作る事が出来るでしょう。

1、自我が強く、かなり頑固

自我が強く、かなり頑固な空気が読めない人
空気が読めないと言う事は、そもそも相手に合わせようという気持ちが無いのかもしれません。

相手に合わせるつもりがないからこそ、空気が読めない行動をとってしまうのでしょう。

相手に合わせる気がないと言う事は、逆を考えれば自分自身にとても自信があるという事なのでしょう。

自分に自信があるからこそ、相手に合わせる必要が無いのです。

自分に自信を持つ事は良い事です。

それによって自信も生まれより強く生きていく事が出来るでしょう。

ですが、その反面その自信に偏った判断ばかりするようになると頑固で面倒な人になってしまう可能性もあります。

こだわりや考え方を持つ事は必要な事ではありますが、それに固執しては意味がありません時には柔軟に対応する心を持つ事が重要です。

人間として、常に成長して行きたいと思うのであれは自分だけの考え方に囚われるのでは無く他人の意見を取り入れる余裕を見せる事も必要な事でしょう。

だからこそ、自我が強く頑固な人はKYになりやすいと言わざるを得ません。

2、自分のことをよく知らない

自分の事を知らないと言う事は、それだけ他人の事もしらないと言う事になります。

つまりは、どんな物事に対してもあまり興味が無いのです。

興味が無いからこそ、深く考えもせずに発言をしたりして周りの人を困らせる傾向にあるのです。

自分を知る事は一見簡単そうに見えて難しい事でしょう。

自分の心の中だけでは無く、周りからどう見えて居るのかという客観的な意見もきちんと身に付けて行かなければならないからです。

だからこそ、意外と分かっている人は少ないのでしょう。

いつもKYな発言をしている人は、それだけ適当で何に関してもあまり関心の無い人なのでしょう。

3、承認欲求が強い

承認欲求とは『他から認められたい』『自分を見て欲しい』という気持ちの現れでもあります。

それを持つ事は決して悪い事ばかりではありません。

それがあるからこそ、努力したり前向きに行動し成長するきっかけを掴む事が出来るようになるのでしょう。

ですが、それが強すぎてしまう事が問題なのです。

承認欲求が強すぎると、ついつい目立ちたいと思うようになります。

多くの人に注目して欲しい。

認められたい。

そんな気持ちが強く出た結果、全く関係無い行動をあえてとってしまったり、話の腰を折って自分の話をしたりするような行動にでてしまう事もあるのです。

それをしてしまえば、周りの人からKYだと言われてしまう事もあるでしょう。

他者から評価されたい気持ちも分かりますが、その際周りの人の意見や気持ちを全く考えずに行動してしまえば、批判される材料になる事は容易に想像がつくはずです。

4、性格が真面目すぎる

KYは何も自分勝手な行動を取る人だけが言われる言葉ではありません。

時には真面目過ぎるが故に言われてしまう事もあるのです。

というのも、楽しく遊んでいる時に『今は阿曽五時間ではない』と言われたらどうでしょうか。

確かに正論なのでしょう。

ですが、周りの人は盛りさがってしまいます。

それと同じように、盛り上がっている時に、ネガティブな発言をされたり真面目な意見を言われる事によて、その人にして面白くない感情を抱く事があるのです。

それが結果的にKYと言われてしまうのでしょう。

正しいい事をしているのにも関わらず周りから文句を言われる事は不本意な結果でしょう。

ですが、人間付き合いとはそういったものなのでしょう。