CoCoSiA(ココシア)

表現とはどういう意味?言葉の表現力...(続き3)

海外に行ったときに、いかに自分が表現の手段として言葉を使っていたかということに気づかされるということが良くあります。

最も、そういった文化の違いさえ乗り越えてしまえば、言葉は有力な表現の手段です。

言葉をうまく扱うことができれば、表現力は劇的に向上するでしょう。


絵も表現の手段としては有力ですね。

こちらは見た目だけで判断することができる表現手段なので、文化を選ぶことがないというのは嬉しいところなのではないでしょうか。

最も、表現手段としては、スキルのない人が多いというのは問題になるところですね。

下手な人は、やはり絵ではきちんと表現することができないのです。

上手い人になると、自分の感情や内面世界、そして主義まで表現することができます。

それがアーティストと呼ばれる人たちでしょう。

誰にでも分かるような形での表現だからこそ、とても強い意志を持っているように感じられるのが絵のすごいところだと言えるかもしれません。

音楽

音楽も表現の手段としては面白いのではないでしょうか。

音楽という媒体を通して自分という人間を表現するのは、そう簡単なものではありません。

普通の人間にとっては楽器を演奏するだけで難しいですから、そこから自分の表現の手段として使いこなすことができるようになるまでというと、かなり時間がかかりそうですよね。

一般人が一番表現をするのに簡単なのは歌かもしれません。

歌や楽器を用いてきちんと表現することができるのは一部の人たちだけです。

また、表現されたものから正確に情景や内部世界を読み取ることができる人も少ないでしょう。

かなり制限された表現手段であることは間違いなく、芸術方向に偏っているというところが、音楽という表現手段の面白いところかもしれませんね。

手紙

自分の感情を表す表現手段として良いのが手紙という方法です。

言葉を伝える方法ですが、面と向かって声だけで伝えるよりも、拙さのない表現手段ということができるでしょう最も、最近ではSNSなどの発展もあるために、手紙を使うような場面は少なくなってきました。

ですが、それでも、自分が本当に大事だと思っていることを伝えたいときに、手紙という手段を取る人は少なくありません。

造形物

造形物も表現手段の一つですね。

自分の内面世界を表現するのに建築や彫刻など色々な表現手段があります。

これらの表現手段は普通にはあまり使うことができないかもしれませんが、そこから表現されたものを読み取ることはできるでしょう。

また、私たちの生活の中でも、例えばちょっとしたものを作って相手に渡すことで「感謝の気持ち」を伝えるなど、人間の作ったものには、表現手段として色々な意味を込めることができるのです。

記号

記号というのも良く見る表現手段の一つですね。

言葉がなくても通じる表現手段なので便利に使うことができるのです。

交通標識などもそうですし、駅や空港など人が集まるようなところの案内には記号が使われていることが多く、この表現手段が使われていることで、私たちの生活がとても便利なものとなります。

また、一般人であったとしてもルールをしっかりと知っていれば、そのルールに合わせて記号という表現手段を使うこともできます。

表現を受け取るだけではなく、使うこともできるのです。

最も、記号という表現手段を用いることはあまり日常生活の中ではないかもしれません。

映画

映画もある意味では表現手段の一つと言えるかもしれません。

これは、演出家や脚本家の表現手段を私たちが一方的に受け取っているということになるでしょう。

一般人が簡単に使うことができる方法ではなく、芸術方向に偏った表現方法であると言えるのではないでしょうか。

書籍

書籍も映画と同様に、作った人の表現を一方的ではあるものの、受け取っていると考えることができますね。

ですが、そこから私たちが感じたものを、社会の中で生かすことができるのなら、社会という広い場所での交流ができていると考えることもできるかもしれません。

どちらにせよ、表現の手段としては書籍という方法はあるものの、普通の人には使うことができない手段だと言えることができるかもしれません。

スピーチ

スピーチも自分を表現する一つの手段であると言えるでしょう。

大勢の人の前で伝えることができる手段なので、一度に多くの人に自分のことを知ってもらうためには、とても良い手段だと言えるでしょう。

言葉を使っていること、ジェスチャーを利用することも可能であること、プレゼンテーションソフトなどを使って絵も使うことができるなど、スピーチという表現手段には、他の色々な手段が混ぜられています。

ですが、だからと言って簡単に自分の言いたいことが表現できるわけではありません。

スピーチにもテクニックがありますから、きちんとスピーチのコツを身に着けることで、表現力をあげることができるでしょう。