冬季五輪でロシア選手の美しさにやられてしまった人も多いのではないでしょうか。

2020年の東京五輪も開催されることですし、これからは国際的な出会いも増えていくかもしれません。

そこで、今回はロシア人の特徴について見ていきましょう。

一口にロシア人と言っても、日本人にも様々な人がいるようにロシアも色んなタイプの人がいますが、総合した国民性のようなものをご紹介します。

ロシア人とは?

ロシアの正式名称はロシア連邦です。

ここでロシアの基本データを外務省のサイトから参照します。

面積は日本の45倍、アメリカの2倍となる約1,710万㎢、人口は1億4,860万人、首都はモスクワで公用語はロシア語、宗教はロシア正教、イスラム教、仏教、ユダヤ教などがあります。

国土は広いですが、とても寒い地域で人が住んでいるのはごく一部です。

また、アジアからヨーロッパまで国境が接しているので宗教がいくつかあるのも当然の流れといえます。

建築様式や言語も独特の文化を持っている国であり、その国民性もヨーロッパともアジアとも違った存在といえます。

他民族国家

ロシア連邦は共和国や州が83もある連邦国家です。

そのため、アメリカのように王様ではなく大統領が国を治めています。

歴史を紐解くと、3世紀~8世紀までの東スラブ人からキエフ大公国、分裂を経て一時はモンゴルに制圧もされます。

後に現在の首都となるモスクワ大公国がロシア公国を統合しなおしてロシア帝国となりました。

30代以降の年齢の人にとっては記憶に新しいソビエト連邦の崩壊は1991年で、現在のロシア連邦に至ります。

連邦国家内のそれぞれの共和国には約180の民族が暮らしていると言われています。

ロシア人が約8割ですが、タタール人、ウクライナ人、パシキール人など多くの民族がいてそれぞれに文化や宗教を持っており、タタール人はトルコとのつながりからトルコ語を話したりします。

ロシア人の8個の特徴


ではまずロシア人全般の特徴を見ていきましょう。

あくまで傾向というだけなので全員がそうであるとは思わないようにしてください。

日本人は大人しいとか、礼儀正しいとかいう世界のイメージみたいなものです。

実際には日本人でもアグレッシブな人もいればマナーもへったくれもないような野蛮人もいますから、そういうことと考えましょう。

1.声が大きい

ロシア人は日本人と比べると声が大きい傾向にあります。

ただ、これは何もロシアに限ったことではありません。

世界と比べると日本の声が小さい傾向にあるからです。

ロシア人の国民性としてハッキリ物を言うのが好まれるというのがよく言われることですが、発音の違いに注目して見ると声が大きい理由がわかりやすいです。

日本語というのは曖昧な発音でも文脈から察する文化なので、単語の音自体は複雑ではなく、アクセントや発音にそれほど重きを置いていません。

「す」の発音が「su」でも「th」でも、「る」が「ru」だろうと「lu」だろうと違いが無いことからもよくわかります。

一方、諸外国の言語というのは発音によって大きく意味が異なる単語が多いです。

英語は中学でも勉強するのでご存知の通りですが、中国語は同じ「a」にも4つの声調があって音の上がり下がり、一定かどうかだけでも意味が変わるので1つの文章の中にたくさんの音が混じり合います。

これが日本人からするとうるさく感じられたり喧嘩をしているように思える理由です。

ロシア語も発音がやっかいな言語の1つです。

似通った音で意味の違う言葉がたくさんあるだけでなく、単語の中に複雑な音の違いを持っています。

アクセントの位置にもとくにルールがなく不規則で、単語ごとの発音というよりひとまとまりで発音するという難しい特徴もあります。

音の使い分けが激しい言語は総じて声が大きい人が多いです。

これは、小声では正確に相手へ伝えるのが難しいからかもしれません。

2.疑い深い

これは単に性格上の特徴というより、歴史の中でそうならざるを得なかった部分を挙げておく必要があります。

本来の性格でいえば竹を割ったような(はっきりした)性格の人が多く、厳しいというよりは怠けがちです。

しかし、ソ連崩壊後に周辺諸国が独立し、またロシア人への差別が加速したためロシア人はロシアへ移住しなければならなくなりました。

これは戦前の話ではなく、たった30年のことですから疑い深くなるのも無理ありません。

政府は信用できない

同じく、ロシアの歴史は長くてもロシア連邦になってからはまだ30年も経っていませんから、政治的な不信があるのはいたしかたないことのようにも思えます。

とはいえ、現大統領のプーチン氏の支持率は驚異の80%超えで、大統領制ながらもう長いことプーチン氏の一強体制が続いています。

一方、ソ連崩壊後のロシアでは富裕層の権力が強いといわれており、腐敗しているという声も少なくありません。

また、共和国の中には現在も独立を主張している国がいくつかあり、関連したテロも起きています。

未だに少数民族への暴力事件は多発していたり、同じ白人でも生粋のロシア人の顔でなければ職質に合うこともあるそうです。

メディアも政府寄りの報道が多いというのは有名な話で、犯人と政府の関与について真偽のほどは不明瞭になっていますが政権批判をしていた人権弁護士と女性記者が射殺された事件もあったほどです。

銀行封鎖も経験

記憶に新しいのは2013年のキプロスの預金封鎖です。

キプロスは小さな島国ですが、金融センターとしてロシアの富裕層から多額の預金を集めており、それに伴って投資先も増やす必要が出ました。

そこで付き合いの深いギリシャの国債を買ったわけですが、ニュースにもなったとおりギリシャの財政は破綻。

当然国債の価値も大暴落、紙切れ同然になりました。

キプロスは大損をくらったわけです。

そこで行われたのが預金封鎖です。

金融機関による預金封鎖は単に引きだせなくするだけですが、政府の預金封鎖は財政が破たんしそうになった時、銀行預金、つまり預けている人の資産に対して課税して政府収入とすることを指します。

キプロスの場合、EUとIMFが預金封鎖を条件に支援することになったため、10万ユーロ以下の預金者には6.75%、10万ユーロ以上は9.9%の預金税を課すことで話が進みました。

現在のレートでいくと1ユーロ130円くらいですから、この条件が通ってしまうと翌日には1,300万円預けていた人の預金から急に130万円が消えうせるということになります。

しかし結局のところ条件はより厳しいものとなります。

10万ユーロ以下は全額保護になったものの、10万ユーロを超える分の47.5%をキプロス銀行の株券への転換、ライキ銀行の場合は10万ユーロより多い預金は全額没収となりました。

これは個人も法人も関係なかったためロシアの人々にとって大ダメージでした。

しかも条件の決定は別として預金封鎖を発表してからATMからお金を引きだせなくなったため、キプロスではブルドーザーで銀行に突撃するという事件もおきました。

政治とお金という大事な問題を抱えて疑い深くならない方が無理な話です。

3.好奇心旺盛

知らないことを知りたいという気持ちが強い傾向があります。

思ったことを口にするので「なんで?」「どうして?」「それで?」と話の続きを促すことも多いです。

あるいは、傷つけたり不快な気持ちにさせるつもりは微塵もないけれども、日本人からすると「そんなにつっこんだこと言わないでよ」と思うようなことも素直に口にします。

日本人は頭に浮かんだことを一度反芻してから口にするのが美徳と思っている節がありますから、この率直さに驚いたり少しうらやましいと思うかもしれません。

自分で考えて動く

疑い深いこととも関係していますが、自分でよく考えて行動しないと痛い目に合うことがよくわかっているので納得しないと動きません。

良くも悪くもソ連時代の徹底した教育政策の結果、ロシアの識字率は世界各国と比べても極めて高く、識字率が高いということは主体的に物事を調べることにもつながっています。

思ったことはすぐ質問

疑問が浮かべばすぐさま質問をぶつけて解決しようとします。

自分自身が裏表なくあっけらかんと全て話すので相手も答えてくれるだろうと期待しているところもあります。

声が大きいのも、相手からどう思われるかより自分が何を伝えたいかを重視しているからとも言われています。

4.パーティーが好き


ロシア人にとってパーティというのは年に数回あるかないかの大イベントなんかではなく日常です。

隣人とのお茶会はごく当たり前に行われ、夜もたくさんの手料理を並べてウォッカを喉に流し込む、完全なパーティピーポーです。

友人の誕生日会ですらレストランを借り切って盛大に行うこともしょっちゅうで、バンドが演奏するステージまであったりします。

日本ならどこか名のある人の誕生日会でもなければお目にかかれない光景といえます。

ロシア人は心を開いていない相手に対しては愛想笑いをしない分冷たく堅物に見えますが、実はとても陽気な性格で、知り合いになってしまえばとても明るく付き合える性格の人ばかりです。

大騒ぎしたい

とにかく大騒ぎできればいいので、招待客の人数が家の面積からキャパオーバーでも寿司詰め状態でパーティを開催します。

ホームパーティでもただご飯を食べるだけでなく、ダンスタイムがあったり家族や友人たちとの写真やビデオの上映会、スピーチの時間といった催し物が準備されています。

お酒が好き

なんとなくのイメージでは、堅苦しい表情でウォッカをくいっとやる、みたいな感じですが大間違いです。

ロシアのパーティではリュムカという小さなグラスにウォッカをそそいだあと、乾杯の合図でみんな一斉に一口で飲みます。

1人で勝手にそそいでチビチビ飲むということはしません。

お酒好きといっても日本とは少し違い、高いアルコール度数のお酒の後に弱いお酒を挟んだりはせず、水を飲むようにしています。

ちゃんぽん飲みは二日酔いになるとされているからです。

もちろんパーティの席にはウォッカ以外にもシャンパンやワインも並びますが、それも誰かと飲むのであってこっそり隅っこでチビチビやる人はほとんどいません。

5.迷信深い

ロシアには色々な迷信があります。

そしてロシア人はそれらの迷信をかなり信じていて、日常生活でも気にする人が多いです。

いくつか面白い迷信をご紹介します。

【お金を手渡ししない】
支払の時も直接は渡さず、レジのトレイなどに置くようにしています。

手渡しだと、そのお金を持っていた人の負のエネルギーまで渡されてしまうと考えるそうで、一度手から離れてその人が去ってから手にするとセーフとのこと。

【家の敷居に立たない】
敷居には悪魔が住んでいるとされており、敷居の上に立ったり敷居を挟んで宅配などを受け取ってはいけないといいます。

とはいえ、片足でも出ていればセーフなんだとか。

【糞を踏むと金運が上がる】
これは日本でも「うん」がつくなどと言ったりします。

本当はすごく嫌なことに縁起のいい迷信をくっつけるというのはどこの国にもあるみたいですね。

【基本的に忘れ物を取りに帰ってはいけない】
忘れ物に気付いたのに帰ってはいけないというのはとても厳しいですが、救済措置として、戻った家から再び出る時に鏡を見ればチャラなんだそうです。

【独身女性をテーブルの角に座らせてはいけない】
4人で4人席に座ったら確実に角になってしまいますが、できるだけ女性も角には座らないし、男性も座らせないように配慮します。

これは、過度に座ると婚期が伸びるという迷信です。

【室内で口笛を吹かない】
金運が悪くなるそうです。

6.常に本音で話す

ロシア人は日本人と比べると全然笑わないように見えます。

そのため堅物で心を閉ざしていると印象を持つ日本人は少なくありません。

しかし、ロシア人は心を許した相手にはユーモアあふれる態度で接しますし、大笑いもします。

ロシアでは「意味のない笑顔はバカのしるし」といい、接客業であっても意味もなく微笑んだりはしないだけです。

むしろ常に微笑んでいるのを心がけているのは日本人くらいのものです。

笑顔になることさえも素直な心で行うロシア人ですから、言葉も常に本音です。

好奇心旺盛なのもあってヅケヅケと物を言うこともありますが、基本的には優しい人たちなので悪意はありません。

7.褒め上手

ロシア人は褒め上手な人が多いです。

男女ともにおしゃべり好きな人が多く、人の話を熱心に聞いてくれるので、自慢話であっても遮るどころか話を引き出してくれますし、褒めちぎってくれます。

自分から自慢することも多く、自身のことや子供、身内、友達のことを褒めることもよくあります。

人と比べて優秀だから褒めるというより、その人の中の良い部分を盛大に褒めてくれるのが特徴です。

だからこそ、言われている方も“おべっか”を使われているとは感じず素直に喜ぶことができます。

8.時間にルーズ

ロシア人は基本的に細かいことは気にしないらしく、警官が賄賂を求めてきても気にしないくらいですから時間のことも気にしません。

大好きなパーティも19時スタートと決めたって20時に全員そろえば良い方です。

15分遅れたくらいでは遅れたとも思わないので遅刻の連絡もしません。

とくにレディーファーストの文化の根付いているロシアでは女性は遅れてくるくらいの方が好まれます。

パーティなどの時は予定時刻ぴったりに行ってしまうと準備が間に合っていないこともあるだろうと、あえて遅れることもあります。

これは個人だけでなくイベントの開催時刻も押すのが当たり前ですし、テレビ番組すら時間通りではないし、シベリア鉄道は定刻で運行する方が珍しいです。

シベリア鉄道は全長はロシアを横断する世界一長い鉄道で9,297kmもありますから、遅延が積み重なって7時間遅れなんてこともザラで、誰も慌てないし駅員も何の説明もしません。

日本なら大問題でしょうけれども、感覚が違うので咎めたりする人がいないのです。

男女別の特徴

男女に分けるとまた特徴に違いが見られます。

今でこそ世界的にセクハラ問題が重視されるようになりましたが、男性優位の社会であることはどこの国でも大差なく、それはロシアも同じこと。

男は男らしく、女は女らしくという文化が根付いています。

当然それによって男女で特徴の違いが出てきます。

1.男性は優しい

基本的には優しい性格の男性が多いです。

旅行者が困っていたら助けてくれるし、隣人と物の貸し借りも普通にします。

一方、自分にも優しすぎる男性もいるので注意が必要です。

賄賂を要求する警察が放置されているのが最たる例ですが、それ以外にもまじめに仕事をしない、すぐに辞めて転職を繰り返す、育児に参加しない、気に食わないと暴力に出るなどが挙げられます。

レディーファースト

ロシアはレディーファーストを重んじる文化です。

目上の男性であってもドアを開けてもらって先に通るのは女性ですし、重たい荷物をもっている女性を見かけたら通りすがりの人でも女性を手伝います。

また、雪国ということもあって乗り物から降りる時は女性に手を差し伸べ、支えることが普通です。

恋人になるとロシア人男性はレディーファースト以上に女性を大切にしようとします。

好きな女性の美しさを引き上げるためなら自分の身だしなみよりも女性が着飾るための資金を捻出し、金欠でもなんとか食事を奢ってプレゼントまで贈ります。

ソ連時代は社会主義でしたから、個人で貯金をするという概念がそれほどなく、あればあるだけその時々で使ってしまう人が多いようです。

恋人としては貢いでくれてありがたいかもしれませんが、結婚となると女性がしっかりしていない限り大変そうです。

情に厚い

無駄な笑みを浮かべて広く浅く付き合うというより、仲間を大切にする傾向があります。

全く別人と思えるほど付き合いの深さでコミュニケーションの方法が変わるので、日本人からすれば戸惑うことも多いでしょう。

恋愛感情の表現もストレートです。

スキンシップが多い

恋人でなくても親しくなればハグや頬にキスをします。

これは仲間内なら誰でも関係なく行われることなので好意があることには違いありませんが、それが恋愛感情なのかは判断できません。

スキンシップもコミュニケーションの1つと考えています。

突然肩に手を回されることもあるので、スキンシップ慣れしていない日本人ではびっくりするはずです。

2.女性は気が強い

レディーファーストが重視される世界は裏を返せばどこまでやっても女性は女性として認識されるということでもあります。

ロシア人は率直に物を言うので日本人からすればセクハラ発言ともとれる体型に関する褒め言葉もロシア人女性は許容する傾向にあるそうです。

また、女性自身その文化を利用している節があり、男性に贈り物をさせたり、女性的な魅力を引き上げることに注力しています。

これらの行動は、個人では戦いきれない問題をうまく活用して生きぬいていると考えられ、根底には気の強さがあります。

ロシア人女性は子供ができると「肝っ玉母ちゃん」になりやすいといわれるのも納得です。

自己主張が激しい

欧米諸国とくらべるとリアクションの大きさや感情表現は控えめですが自己主張は激しいです。

思ったことはハッキリと言葉にし、嫌なことはごまかさずに「嫌だ」と言います。

先述のように男性を利用することはあっても男性に頼って生きて行こうというのではなく、自立心が強いのも特徴です。

表情は常にほがらかというのではなく、親しくなるまでクールな印象ですが、攻撃的なわけではありません。

思ったことを口にしているだけで思いやりや社交性、順応性は高く、仲良くなれれば気の置けない友達になれます。

男性同様優しいので困っている人をみかけたら助けてくれます。

ストレートである

日本でいうところの“思いやり”はロシア人女性にとっては理解しがたいものです。

雰囲気を読んで口をつぐむということはせず、相手のことが知りたい、疑問を解決したいと思えば、はっきりと言葉にし、それこそが失礼のない言動だと考えています。

愛情表現もストレートです。

付き合う前から連絡を取りあうことを好み、恋人なら言わなくてもわかるなどと妥協はしません。

心を許した相手には人懐っこい性格を発揮して一途に思ってくれます。

頑固である

基本的には素直なのですが、それは自分の考えに率直ということであって、相手の意見に素直に耳を傾けるかというとそうではありません。

己の意見が事実や理論よりも先行することが多く、あれこれと事実を並べ立てて理解してもらおうとしても「あなたはそう思うのはわかったけど、私の考えは違うよ」と言われてしまいます。

率直で社交性もあり、行動力もあるため一見柔軟性が高いように感じられますが、意見を交わすとなると急に頑固な一面が出てくるので謎が多いです。

ただ、この頑固さは独立心と合わさって仕事への責任感の高さとして表れることが多いので一概に悪いことではありません。

ロシア人の恋愛傾向は

ロシア人は男女ともにストレートな愛情表現を好むので、恋愛はとてもわかりやすいです。

カップルにおいては女性の尻に敷かれている男性が多いですが、恋愛感情ありきなので付き合いの年数が長いから今更別れるわけにもいかない、といったように惰性で付き合い続けるということはありません。

1.交際開始が早い

日本の恋愛の場合、知り合ってから数か月程度お互いを知りあう期間があって、それからデートを重ねて付き合うというのが一般的です。

しかし、ロシアの場合は男性のアプローチが猛烈ですぐデートに誘います。

それだけでなく、デート2回目でスキンシップも多くなり、付き合おうという雰囲気をガンガン出してきます。

デートを2回してくれるということは、ほぼOKだと考える傾向にあるようです。

日本のように交際宣言をするわけではないので「付き合ってください」という言葉がなく、ロシア人からすればデートを数回重ねれば「え?もう付き合ってるでしょ?」と考えるため日本人としては注意すべきかもしれません。

結婚までの期間も爆速です。

学生結婚が3割を超えており、10代同士で結婚することもよくあります。

時代とともに若干伸びてきてはいますが、日本と比べると格段に速いです。

2.男女の関係を大切にする

付き合いの長さに関わらず、夫婦や子供がいるとしても男女としての関係を大切にしています。

日本の場合、結婚し、ましてや子供ができれば二人の関係は恋愛から「家族」に変化します。

しかし、ロシアの場合、子供はもちろん家族という関係性も大切にしますが夫婦の間には男女という関係が存続します。

これは素晴らしいことですが、裏を返せば恋愛感情が消滅したら終わりということでもあります。

ロシアの離婚率は驚異の80%で世界と比べても圧倒的な数字を示しています。

その一方で再婚率も非常に高く、バツ2バツ3は当たり前です。

シングルマザーに対する偏見も少なく、それぞれが独立した個々の人間として存在しているので、当人同士が恋愛感情を持てば関係の発展を阻害するものがありません。

それだけ男女間では恋愛感情があるかないかが重要だということがよくわかります。

3.お互いの幸せが第一優先

お互いが幸せになれるように思いやる、という意味ではありません。

自分の幸せは自分で選択していくものと考えているので、恋人だろうと夫婦だろうと自分のプライベートの時間を奪うことをしない、という意味です。

仕事よりもプライベートを重視する傾向があるので、残業三昧で帰ってこず、プライベートの予定を壊されると激怒します。

仕事忙しい自慢は全く通用せず、奴隷か何かなのかと思われるので、この点は日本人の感覚とはかけ離れています。

とはいえ、日本も最近はそうあるべきと考える人が増えてきたので意気投合できるかもしれません。

今誰と一緒にいたいか、誰に恋をしているのか

互いのためにならないと思えば距離を置くのも早いです。

口論もありますが、喧嘩を長続きさせるよりクールダウンの期間をとるために連絡を断ったり距離を置いたりします。

その中で恋愛感情が欠如すれば夫婦であっても離婚という選択肢がすぐに出てきます。

離婚に関して世間体という壁がないので、感情優先で行動できることが要因です。

だからこそ離婚率が高いわけですが、熟年夫婦はそれだけお互いに恋愛感情を持ち続けているということであり、子供が巣立った後もラブラブだということに他なりません。

4.アプローチが積極的

男女ともにアプローチは積極的です。

女性は自分の体形の魅力を存分に引き出すため、胸元がガッツリ開いた服やミニスカートを着こなし、メイクやアクセサリーで着飾ります。

男性のアプローチも積極的で、ナンパも日常的に行われています。

SNSでのアプローチも増えてきており、パーティ好きということもあって、知り合った人たちの中で魅力を感じる人がいれば積極的に話しかけるなど、恋愛イベントには事欠かない風土を持っています。

これは付き合ってからも変わりません。

お互いに恋愛感情を持ち続けている限り、ストレートな愛情表現を欠かさず、スキンシップも多いです。

夜の営みの回数も世界から見ても非常に多く、コンドームメーカーDurexの調査によれば、年間平均回数が世界は103回、日本は48回なのに対してロシアは143回です。

また、日本と大きく違うのは彼氏が彼女に対してセクシーな格好を求めることです。

日本の場合、他の男からいやらしい目で見て欲しくないという気持ちから彼女の服装を制限する男性が多いですが、ロシア人男性の場合、自分が魅力を感じた彼女の格好をキープして欲しいと考えます。

女性の着飾りに投資するのも、女性のためというよりは自分が魅力的だと思う女性像を維持したいとの考えが根底にあるようです。

建前のないロシア人は、恋愛においても真っ直ぐ

笑顔が少ないことから一見堅物そうなロシア人は、実は最も素直で建前の無い人々といえます。

自分の意見や考え方に率直であり裏表がないため、日本人からすればグサリとくる言葉の数々最初こそ傷つくかもしれませんが、慣れてしまえば、このわかりやすい言動に魅力を感じるようになるはずです。

恋愛においてもアプローチや褒め言葉を文字通りに受けとることができますし、付き合うまでのじれったい期間も短いのでヤキモキせずに済みます。

関係が発展してからも自身の感情を優先し、嫌なところは嫌だと言い、考え方を理解し合うことができます。

互いにストレスを抱えながら惰性で付き合い続けるということもなく、ある意味最も良い関係が築けるでしょう。

とはいえ、最後にあらためて申し上げておきますが、これらの特徴は「日本人とはこういう人種である」と言われているようなもので、誰でも同じ特徴を持っているというわけではありません。

あくまで全体的な傾向として理解するにとどめ、出会った人とはその人の個性を理解するように努めましょう。

【ロシア美人と付き合うための方法は、こちらの記事もチェック!】