よくモテる人の条件の一つとして「清潔感がある」と言われますよね。

清潔感はその人の魅力を大きく左右するポイントなんです。

では、モテる条件としてマストな「清潔感のある人」とはいったいどのような特徴があるのでしょうか?

さらに、清潔感のある人になるには、毎日の生活でどんなことを心掛けたらいいのかについてチェックしていきましょう!

清潔感があると言われる人の22個の特徴

「清潔感」とは辞書で意味を知らべてみると、「汚れのない、清潔な感じ」と定義されています。

清潔感があるというのは、自分でそれを公表するようなものではなく、周りの他人からの評価で決まる、ということがわかります。

では、一般に「清潔感のある人」として評価される人とはどんな人なのか、その特徴を22個ご紹介します。

自分にも当てはまるか、ぜひチェックしてみてくださいね♪

1. いつも髪型をきちんと整えている

髪の毛はその人の印象を決める大事なポイントです。

髪の毛がボサボサでパサパサだと、清潔感があるとは言えません。

「髪は女の命」と言われるくらい、きれいでサラサラの髪の毛に男性はキュンとします。

しかし、中には髪の毛を手入れすることに無頓着で、髪を染めたまま長い時間がたっていてプリンになっている人もいます。

さらに伸びたパーマがそのままでだらしなくなっていたり、髪を結ったときにアホ毛が何本も出ていたり・・・。

もちろん寝ぐせのままなんてもってのほかですが、髪を整えないと、いくらお化粧をきれいにしていても清潔感が感じられなくなってしまいます。

男性であっても、いつも寝ぐせのままの人はとてもだらしなく見えますよね。

そのだらしなさが不潔な印象を与えて、周りの人を遠ざけてしまうかもしれません。

中でも最悪なのは、何日も洗っていないようなベトベトな髪の毛です。

フケが見えたり、肩にフケが落ちているようだと、かなり引かれてしまいます。

髪質や髪型は人それぞれ違うとしても、ちゃんと整えているのといないのとでは全く印象が変わるので、ぜひ毎日髪型を整える習慣をつけましょう。

しかし、毎日頭を洗っていてもフケが出てしまう、という人もいます。

そのような人はシャンプーが合っていない可能性があります。

頭皮はデリケートなので、洗浄力が強すぎたり皮膚に合わないものを使っていると、トラブルが出てしまいます。

そのようなときは敏感肌用のシャンプーを使ったり、刺激の少ないものを選んで自分に合った頭皮ケアするようにしましょう。

髪型を整えることは、プライベートだけでなく仕事などをする時にもとても重要なポイントで、整えずにお相手に顔を合わせるのは失礼な行為です。

身だしなみの一つとしていつも心がけましょう。

2. シワやヨレのない服装

服装は人それぞれに好みも似あうスタイルも違うので、どの服がいいということは一概に言うことはできません。

でも、清潔感のある人には共通している点もあります。

まず、洋服がシワだらけではないということです。

Tシャツがしわしわだと、あたかも洗濯してたたまずにそのままどこかに放置しておいたものを着てきました、というようなとてもだらしない印象を受けます。

もしかして洗ってないんじゃないの!?と思われてしまうかもしれません。

さらに、襟元がヨレヨレだったり、襟元・袖口などが汚れていてシミがついていたりするのもNGですよね。

毛玉だらけの服も清潔感を感じられないでしょう。

清潔感のある人は、洋服を適切な方法できれいに洗って、シワができやすい服にはきちんとアイロンがけをしています。

スーツや自宅では洗えない服はクリーニングに出すなどして、常に綺麗であるように心掛けています。

高いブランド物の洋服ではなくても、きちんとしていて整っているだけでその人はさわやかな人として素敵に見えるはずです。

3. 歯並びや歯の色が良い

歯がきれいな人は清潔感を感じます。

歯並びがきれいだったり、歯の色がきれいなことで好印象を与えることができます。

日本人は顎が小さいので、歯並びが悪い人も多いですよね。

外国ではみんな小さいころに歯の矯正をするのが普通なところがありますが、日本では歯の矯正をする人もまちまちです。

でも、歯並びがきれいではなくても清潔感のある人もいます。

たぶん、そのような人は歯がきれいなのでしょう。

歯が黄ばんでいたり、歯と歯の間が汚れて茶色くなっていることもありません。

歯のケアは毎日のことで自分の習慣や努力次第で、きれいに保つこともできます。

その逆にケアを怠ると汚れが定着して色が汚くなってしまうこともあります。

特に、たばこを吸っている人やコーヒーや紅茶などを頻繁に飲む人は、毎日のケアを心掛けたほうがいいでしょう。

今では、歯の色をきれいにする歯磨き粉もたくさん登場しています。

エステサロンでセルフホワイトニングをしたり、ホワイトニングペンやホームホワイトニングなどもありますので、自分のライフスタイルに合った歯のケアをしてみると清潔感のある口元になると思います。

4. 爪をきちんと手入れしている

人に意外と見られている手元。

仕事をしているときにも、何かの書類を手渡したり、パソコンの操作をしているときなどにも周りの人は結構気にしているんですよね。

男性は女性のすらっとしていてすべすべな手元が好きです。

そのため、爪が伸びきっていたり、黄ばんでいたりするととてもがっかりしてしまいます。

指先で女性らしさと清潔感を出すと、ふとしたときにも美しさを見せることができます。

仕事や環境がらネイルが可能な人は、ネイルサロンなどに行くと長持ちするきれいな爪先を手に入れることができますね。

セルフネイルも楽しいし、自分好みに仕上げることができますが、それでもネイルが剥げているのは絶対にNGです。

剥げたネイルをそのままにしているのはだらしなく見えてしまいます。

さらに、あまりにもゴテゴテとしたデコレーションやカラーは男性からは好まれません。

逆に引かれてしまうことがありますので、男性から見てもきれいと思われたいならナチュラルなカラーと控えめなデコレーションのほうがいいかもしれませんね。

また、女性も男性の手をみていて、自分の好きな手をしている男性にキュンとしたりします。

男性であってもハンドケアや爪をきれいに整えておくのは大切です。

長すぎると爪にゴミが入って汚い印象を与えてしまうので、伸びた爪はすぐに短く手入れするようにしましょう。

5. かばんの中はいつも綺麗に整頓されている

毎日の生活習慣はふとしたところに表れているものですよね。

特に、部屋の片づけが苦手な人のカバンの中身は物が多くごちゃごちゃしています。

逆に清潔感のある人のカバンの中身は整理整頓がしっかりとされていて、持ち物もきれいです。

カバンの中を見ればその人の性格がわかると言われることもあるくらい、カバンの中の整理整頓具合はその人が普段どんな生活をしているのかということがよくわかるんですね。

よく、部屋の片づけが不得意な人は、大きなカバンを何個も持ち歩いていたりします。

その中には、財布やスマホ、メイク道具などの必要不可欠なもの以外にも、なんと食べ残したパンや、いつ購入したのかわからない袋を開けたままのお菓子、さらにガムのごみや紙切れなど、必要ないものも入っていたりするのです。

そんなものを見られては、せっかくおしゃれしていたり、いくらエステに通っていても清潔感のあるオーラは持てませんね。

カバンの中に何でもかんでも詰め込んでしまう癖があるなら、それをやめて、定期的に自分のカバンの中身をチェックして、いらないもの、必要なものを分けるようにしましょう。

最近では、整理整頓するためのカバンに入れる小さいカバンも発売されています。

そのようなアイテムもチェックしてみるといいかもしれませんね。

6. 掃除をすることが好き

清潔感が漂っている人は、掃除好きです。

掃除と聞いて、「めんどくさい」とか「あーいやだ」と思っている人も多いかもしれません。

掃除はやるまではめんどくさいかもしれませんが、いざ掃除してみると部屋も心もとってもすっきりします。

ストレスを感じているときこそ、部屋の整理整頓をしたり、掃除をすることで気持ちもさわやかになることができます。

清潔感は出そうと思ってすぐに出せるわけではなく、普段の生活スタイルがその人の雰囲気や所作に出るものです。

そのため、掃除を好きになるとすっきりとさわやかな雰囲気を持つことができます。

最初はめんどくさいな~と思っても、ちょっと意識し始めるときれいな状態をキープしたくなりますので、掃除が好きになれるかもしれません。

曜日や時間を決めて掃除をする習慣を作るのもいいかもしれませんね。

7. 言葉遣いが丁寧

たまに、とってもきれいな人なのに「~じゃね?」とか「マジできもい」というような言葉を使っているのを見て、なんだかがっかりしたことありませんか?

容姿が綺麗でも、言葉遣いが汚いと品がなくなってしまい、きれいなオーラが半減してしまいます。

発する言葉やその話し方というのは、その人の人柄を表すものでもあります。

だから、自分の言葉遣いが人にどんな印象を与えているのか、ということをよく考えましょう。

品がある人に、不潔な印象はありません。

親切で綺麗な言葉遣いが普段からできている人は、上品な人としての印象があるので、それが清潔感につながるのですね。

もし、癖で汚い言葉や乱暴な言葉を使ってしまうことがあるのなら、その言葉に代わるきれいな言葉を考えて、それに置き換えて発言する練習をすると、徐々に言葉遣いを改善することができますよ。

8. ナチュラルメイクである

チュラルメイクは清潔感もあって、男性ウケも抜群です。

最近はスッピン風メイクでテレビや雑誌に出ている女優さんやモデルさんも多いですよね。

メイクが好きな女性たちは、がっつりメイクをしている人を見て「きれいだな~」「かわいいな~」とよく思いますが、多くの男性はあまり好きではないようです。

この「ナチュラルメイク」ですが、つまり、肌は素肌感を残しつつ、アイシャドウなどはラメがギラギラしすぎていないもの、そして眉も頬も自然ながらも血色の良いものにしなければいけません。

このような、かなり繊細ながらも作りこんでいくテクニックが必要です。

ベースメイクを丁寧にすることに加え、普段のスキンケアがしっかりとなされていないとできません。

ナチュラルメイクできれいな人というのは、普段からお肌をきれいに整えていたり、スキンケアをしっかりとしている人です。

普段お肌を雑に扱っている人は、お肌トラブルを隠すために厚化粧をしたくなってしまいます。

厚化粧では清潔感は出せません。

ナチュラルメイクで清潔感をだすには、普段のスキンケアから始めることが大事なことがわかりますね。

9. 笑い方が下品ではない

自分ではあまり意識しない、笑い方。

でも、これも周りの人は良く見ていて、その笑い方でその人の印象が変わったりします。

例えば、とても可愛らしい女の子が、手をバッシバシ叩きながら口を大きく開けてガハハと笑っている姿を見てどう思いますか?

きっと可愛いとはいえ、上品な子ではないと判断されてしまいますよね。

そして「意外とガサツな子なんだ」と思いませんか?

逆に、あまり化粧っ気のないさっぱりしているような女性が、上品に笑っている姿を見ると、その人は普段からきっときちんとしているんだろうな、と感じませんか?

思いっきり笑うのはいいことですが、下品にならないように、女性なら手を口で押えたり、周りの人への気遣いを忘れないようにしましょう。

笑い方に品があれば普段からきちんとしている清潔感のある人に見られます。

【笑い方については、こちらの記事もチェック!】

10. 姿勢が良い

しゃきっとした姿勢にも清潔感が感じられます。

日本人は結構猫背の人が多いと言われています。

デスクワークをしていたり、運動不足だったり、小さいころから猫背の人は、まっすぐきれいに背中を伸ばした姿勢をすることが難しかったりします。

でも、そのように姿勢の悪さは、自信のなさやだらしなさを感じさせてしまいます。

一方で、姿勢がいいとそれだけでスタイルもよく見えるし、さらにすっきりとした印象になります。

そして、自分に自信も持っていて、きちんとした生活習慣を持っている人というイメージを持たれます。

だから、姿勢がいいことはその人の全体の印象を良くし、そしてきちんとした人というイメージを持たせてくれるのです。

よい姿勢をするのは、毎日の心がけで改善することができますし、姿勢がよくなると体のラインがきれいになってスタイルアップにもなりますので、ぜひ改善していきましょう。

11. 自己管理ができていて健康的である

清潔感はその人の体全体から漂います。

健康的で、さわやかな雰囲気だと清潔感を感じます。

でも毎日を健康に過ごすためには、自己管理がどうしても必要です。

まずはバランスのとれた食事です。

忙しくてストレスの多い生活をしている現代人にとって、偏った食生活をするのは簡単で、
毎日健康的な食事を用意するのは大変かもしれません。

でも、わたしたちの体は、わたしたちが食べたもので作られるので、毎日不摂生な食習慣で過ごしていると、それが顔色や体に影響してきます。

健康な人の肌の色は明るく透明感もありますが、逆に偏った食事をしていたりお酒を飲みすぎている人の肌の色はくすんでしまいます。

さらに、質の良い睡眠や適度な運動も健康には欠かせません。

そのような自分の身体を健康に保つためには努力が必要ですが、自分の生活スタイルをしっかりと管理できている人は、見た目も美しくなれます。

バランスのとれた食事や質の良い睡眠、そして運動は、見た目だけでなく、心も健康にしてくれてストレスの緩和やストレスに負けない自分を作るのに欠かせませんので、ぜひ頑張っていきたいものですね。

心も体も健康なら、その人の内面からも外面からもすっきりとさわやかで透明感のある雰囲気が出てくることでしょう。

12. 靴の手入れをしている

足元にも注目している人は多いものです。

素敵な洋服を着ている人でも、だらしのない人は靴が汚れていたり、かかとがすり減っていたりします。

靴はその人の生活感をかなり感じさせるポイントでもあるので、足元をきれいにしておくととてもすっきりと全体もキレイに整います。

パンプスも長く履いているとヒールの部分がすり減っていたり、擦れて傷がついてしまっていることもありますよね。

自分で歩いている時は見えないですが、後ろから歩いている人にはよく見えています。

さらに、スニーカーの状態はその人の生活習慣を感じさせますよね。

白いスニーカーが茶色になっているとがっかりしますし、紐がバサバサだったり、かかとが片方だけすり減って斜めになっていたりするのも清潔感があるとは言えません。

毎日の生活が整っている人は、足元こそおしゃれできれいです。

13. 無精ひげを生やしていない

男性なら一度はひげをはやしてみたいと思うもの。

ひげは男性としてのセクシーさを出したり、男性の魅力の一つでもあります。

でも無精ひげが生えている人をみて、不潔だと感じる人は多いものです。

無精ひげは、つまり生えっぱなしの状態。

何も手入れをしていないと、そのまま顔も洗っていないんじゃないかと思われてしまいます。

清潔感を感じる男性はひげをきれいに剃っているか、もしくは整えています。

無精ひげがかっこいい人の代表的存在の竹野内豊さんも、もちろんそのまま生えっぱなしではなくてちゃんと整えています。

それでも、清潔感を感じないという人もいるので、清潔感を第一に考えるのならきれいに剃るのが一番でしょう。

【無精ひげについては、こちらの記事もチェック!】

14. 動きが優雅

動き、所作というものにはその人の性格がとても表れます。

いつもせかせかと急いでいて、ガサツな人は、清潔感のある人とは見られません。

急いでいるからと言って、コーヒーなどもごくごくと飲み干して、そのままゴミ箱に投げ捨てるというような感じもあまり品が良い人とは見られません。

清潔感のある人は、動きが優雅で丁寧です。

所作に落ち着きや丁寧さがあると、それだけで品が良く見えます。

急いでいるときにはとかくガサツになりやすいのですが、落ち着いた、優雅な動きを意識しましょう。

15. ほのかにいい香りがする

ほのかにいい香りがしている人はとても素敵です。

すれ違いざまにシャンプーの香りがふわっと香ると清潔感を感じますよね。

清潔感には香りがとても重要です。

いくら見た目に清潔感がある人でも、汗や体臭などの臭いがしたら不潔な印象を与えてしまいます。

その臭いをごまかそうとして香水をつけるのもやめた方がいいでしょう。

16. たばこを吸わない

クリアなイメージを持たれる人は、タバコは吸いません。

逆に、クリアで清楚なイメージで売っていた女優などがタバコを吸っている姿を見ると、イメージが違うと思われることも多いものですよね。

タバコは体に有毒なものです。

そして、やはりにおいも気になります。

吸っている本人にはわからないものですが、吸わない人からすると吸っている人のにおいはすぐにわかります。

タバコを吸っていると口臭がきつくなったり、顔色が悪くなったり、歯の色が黄ばんだりします。

17. 肌が綺麗で潤っている

清潔感がある人というのは、肌がきれいです。

脂でテカテカもしていないし、スキンケアをしないせいで肌がカサカサになっていることもありません。

肌が乾燥すると、粉を吹いたり、逆に鼻などは過剰な皮脂が出てテカテカしてきたりするので、清潔感が感じられなくなってしまうのです。

でも、乾燥肌だったり敏感肌の人にとっては、季節によってはスキンケアをいくら頑張っても肌が乾燥してガサガサになってしまうことが悩みですよね。

ベストはもちもちスベスベのお肌なので、自分に合ったスキンケアを見つけるのが大切です。

18. いつもにこやか

クリアでさわやかな人の表情は、いつもにこやかですよね。

心と体が健康的だと表情にも表れます。

そして、微笑みを浮かべて周りの人への配慮やできている人は、やはり自己管理ができている人という印象を受けます。

逆に、いつもムッとした表情でストレスが前面に出ている人は、例え外面をきれいにしていても清潔感を感じないのが不思議なところです。

19. 食べ方が綺麗

清潔感がある人は食べた後のお皿がきれいだったり、食べる時も上品です。

もちろん、食事中にクッチャクッチャと音を鳴らすこともありません。

姿勢もちゃんとしていて、猫背になってむさぼるように食べることもありません。

レストランに行った時にも、お手拭きで手を拭く姿にもその人の普段の様子が出ます。

吹いた後のそのタオルをぐちゃと置くのではなく、きちんとたたんで置いておく人はきっと家の中も整理整頓がちゃんとできているんだろうな、と感じますよね。

20. 性格がネチネチしていない

性格がネチネチとしていて、めんどくさそうな人や屁理屈ばかりを並べてネチネチと人を追い込むような性格の人からは清潔感を感じませんよね。

清潔感漂う人は、性格もすっきりとしていてさっぱりしている人が多いです。

清潔さの度合いと性格のタイプは人によって違いますが、一般的に性格がさっぱりとしている人ほうが清潔感を感じられやすいようですよ。

21. 自分磨きをしている

いつも自分を磨くことを忘れていない人は、いつもきれいで整っています。

いつもきれいで清潔感を感じる人は、忙しい毎日の中でも、自分磨きのために時間は必ず取るようにしている人が多いですよね。

メンタル的にも、外面的にも自分をちゃんときれいにする努力と時間をとることが、自分の生活スタイルの一部になっているのです。

逆に、忙しくて自分を顧みることができない人は、余裕がないので、あまり見た目も整っていなかったり、心もせかせかしていてぶっきらぼうになったりしていることがあります。

22. いつも思いやりのある言動ができる

余裕のある人は、自分をいつもきれいに整えることができていますが、それと同時に他の人にも思いやりを示す余裕があります。

自分の損得ばかりを考えて生きているのではなくて、他の人のことも考えて親切だったり、思いやりのある言動をしています。

そのようなことができると、自分も幸福感を感じたり、自分に自信を持つことができるので、内面からなおキラキラとした雰囲気を持つことができます。

逆に、他人への思いやりに欠けている人は、他人への不平や不満が多いので内面からめんどくさそうな負のオーラが漂っています。

清潔感の大切さ

ここまで清潔感のある人の22個の特徴を見てきましたが、あなたはどのくらい当てはまりましたか?

忙しい毎日やストレスの多い日々を過ごしていると、なかなか難しい面もあったかもしれません。

でも、清潔感のあるオーラを持つことによって、毎日はもっと充実し、生活を向上させることができるかもしれません!

清潔感が無いと周囲にどう見られる?

逆に清潔感のない人は、他の人から好印象をもたれにくくなってしまいます。

「だらしがない人」とか「生活が乱れている人」と思われてしまうこともあります。

それではビジネスでも相手に信頼してもらうことは難しいでしょう。

そして、異性から不潔と思われてしまったら恋愛がうまくいく確率がぐんと下がります。

一度でも不潔と思ってしまうと、その人と恋人としての関係を持ちたくなくなってしまいますから、これはかなり重大問題です。

そのようなことになれば自信を無くしてしまいます。

せっかくのいいところまで見てもらえなくなったら本当に残念です。

人から好印象を持ってもらうためには、”清潔感”、これがマストな条件といえるのです。

まずは清潔感のある人を参考に、真似してみよう

清潔感のある人になりたいと自分を磨くために、お手本になりそうな人をまず見つけましょう。

あなたが「この人は清潔感がいつも漂っているな~!」と思う人を見つけてみてください。

そして、その人を観察するのです。

どんなところに清潔感を感じましたか?

その人は、どんな努力をしてどんなことを意識しているのでしょうか?

もし、そのお手本にしたい人が身近な人ならその人に聞いてみるのもいいですよね。

身近にいないなら芸能人やモデルさんでもOKです。

その人のライフスタイルやメイク術、雰囲気をできるだけマネしてみましょう。

お手本があると自分を改善しやすいですし、自分が憧れるような人を見つけると「この人のようになりたい!」と目標ができてモチベーションが上がっていいですよ♪