CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

清潔感があると言われる人の特徴


よくモテる人の条件の一つとして「清潔感がある」と言われますよね。

清潔感はその人の魅力を大きく左右するポイントなんです。

では、モテる条件としてマストな「清潔感のある人」とはいったいどのような特徴があるのでしょうか?

さらに、清潔感のある人になるには、毎日の生活でどんなことを心掛けたらいいのかについてチェックしていきましょう!

清潔感があると言われる人の22個の特徴

「清潔感」とは辞書で意味を知らべてみると、「汚れのない、清潔な感じ」と定義されています。

清潔感があるというのは、自分でそれを公表するようなものではなく、周りの他人からの評価で決まる、ということがわかります。

では、一般に「清潔感のある人」として評価される人とはどんな人なのか、その特徴を22個ご紹介します。

自分にも当てはまるか、ぜひチェックしてみてくださいね♪

1. いつも髪型をきちんと整えている

髪の毛はその人の印象を決める大事なポイントです。

髪の毛がボサボサでパサパサだと、清潔感があるとは言えません。

「髪は女の命」と言われるくらい、きれいでサラサラの髪の毛に男性はキュンとします。

しかし、中には髪の毛を手入れすることに無頓着で、髪を染めたまま長い時間がたっていてプリンになっている人もいます。

さらに伸びたパーマがそのままでだらしなくなっていたり、髪を結ったときにアホ毛が何本も出ていたり・・・。

もちろん寝ぐせのままなんてもってのほかですが、髪を整えないと、いくらお化粧をきれいにしていても清潔感が感じられなくなってしまいます。

男性であっても、いつも寝ぐせのままの人はとてもだらしなく見えますよね。

そのだらしなさが不潔な印象を与えて、周りの人を遠ざけてしまうかもしれません。

中でも最悪なのは、何日も洗っていないようなベトベトな髪の毛です。

フケが見えたり、肩にフケが落ちているようだと、かなり引かれてしまいます。

髪質や髪型は人それぞれ違うとしても、ちゃんと整えているのといないのとでは全く印象が変わるので、ぜひ毎日髪型を整える習慣をつけましょう。

しかし、毎日頭を洗っていてもフケが出てしまう、という人もいます。

そのような人はシャンプーが合っていない可能性があります。

頭皮はデリケートなので、洗浄力が強すぎたり皮膚に合わないものを使っていると、トラブルが出てしまいます。

そのようなときは敏感肌用のシャンプーを使ったり、刺激の少ないものを選んで自分に合った頭皮ケアするようにしましょう。

髪型を整えることは、プライベートだけでなく仕事などをする時にもとても重要なポイントで、整えずにお相手に顔を合わせるのは失礼な行為です。

身だしなみの一つとしていつも心がけましょう。

2. シワやヨレのない服装

服装は人それぞれに好みも似あうスタイルも違うので、どの服がいいということは一概に言うことはできません。

でも、清潔感のある人には共通している点もあります。

まず、洋服がシワだらけではないということです。

Tシャツがしわしわだと、あたかも洗濯してたたまずにそのままどこかに放置しておいたものを着てきました、というようなとてもだらしない印象を受けます。

もしかして洗ってないんじゃないの!?と思われてしまうかもしれません。

さらに、襟元がヨレヨレだったり、襟元・袖口などが汚れていてシミがついていたりするのもNGですよね。

毛玉だらけの服も清潔感を感じられないでしょう。

清潔感のある人は、洋服を適切な方法できれいに洗って、シワができやすい服にはきちんとアイロンがけをしています。

スーツや自宅では洗えない服はクリーニングに出すなどして、常に綺麗であるように心掛けています。

高いブランド物の洋服ではなくても、きちんとしていて整っているだけでその人はさわやかな人として素敵に見えるはずです。

3. 歯並びや歯の色が良い

歯がきれいな人は清潔感を感じます。

歯並びがきれいだったり、歯の色がきれいなことで好印象を与えることができます。

日本人は顎が小さいので、歯並びが悪い人も多いですよね。

外国ではみんな小さいころに歯の矯正をするのが普通なところがありますが、日本では歯の矯正をする人もまちまちです。

でも、歯並びがきれいではなくても清潔感のある人もいます。

ページトップ