CoCoSiA(ココシア)

彼氏持ちに告白する時の7個の注意点...(続き5)

彼女が自分にどんな感情を持っているのか女友達にリサーチして貰う

彼女と共通の信頼できる女友達がいるのなら、同性同士で話をして自分をどう思っているのか聞いて貰うのも効果的です。

「○○(貴方)の事、男性としてどう思う?」など、同性同士ならなに気無い会話で直接的な事を聞ける可能性も大きいです。

しかしその時「○○(貴方)が彼氏なら良いよね」等の会話はあまり鵜呑みにしない方が良いかもしれません。

彼氏がいる女性がその様な恋愛関係を絡めて評価する場合は、貴方とそういう関係になる未来を全く想像しないからこそ出てくる発言とも言えます。

女友達の意見も交えて脈の有無を確認するのも良いかもしれませんね。

告白する言葉を選ぼう!

告白する際にはしっかりと言葉を選びましょう。

「こういう言葉で告白しよう」と思っていても、中々それの通りに実践するのは難しいですし、だからと言ってカンペを見ながら…なんていうのは絶対NGです。

告白の際は「こう言おう」ではなく「これは言ってはいけない」という文言のみを意識しておき、後は自分の想いをそのまま伝えれば良いのです。

告白はメール?直接?

基本的に告白をメールで行う男性を好む女性は少ないです。

「そういう大事な事は直接話して欲しい」と思う為ですよね。

しかし、彼氏持ちの女性に至っては一概にそうとは言えません。

まずはいつものやりとりで、大事な話をしたい事。

今後の関係に関わる事、など告白を匂わせとおく事も一つのテクニックとして有効です。

そのメールを見て彼女が「もしかして告白される?」と思い、そのイベントを回避するのであれば答えは「お断り」です。

しかし、それもお互いに気まずい思いをしない為の彼女からの配慮とも言えます。

逆に、それでも出向いて直接話す機会を持ってくれるという事は少なからず脈が有ると言えますよね。

彼氏のいる女性を相手に告白する場合は、メールや電話も有効に活用しましょう。

彼氏を否定した言い方はNG

告白の際に、彼氏を否定するような言い方はNGです。

寧ろ、なるべく彼氏の存在を想い起こさせるワードを使うのも避けた方が良いですよね。

一度好きになって付き合っている彼氏と、未だ未知数である貴方とでは圧倒的に彼氏に実績がある訳ですからわざわざ彼氏と比べさせる様な事はありません。

彼氏の事を抜きにして、貴方の実直な想いを伝える事がとても重要ですよ。

諦めなければチャンスはある!

恋愛は、いつだって諦めた時点で終わりです。

どんなに高嶺の花でも、大きな障害があっても想い続ける事でいつかチャンスが巡ってくる可能性は大いにあります。

諦めないでいる事は長く大変な事ですが、それでも良いと思える女性に出会った時には例え彼氏持ちの女性であったとしても最後まで諦めずに訪れたチャンスをものにして下さいね。