CoCoSiA(ココシア)

彼氏をマッサージで癒す簡単テクニッ...(続き3)

女性だから癒す立場になるべきというわけではありませんが、疲れている恋人をいやせるもの彼女なのです。

そろそろ人生の折り返し地点に来るくらいまで生きてきて、中には不倫をされてしまう奥様を目の当たりにする場面もありました。

もちろん不倫をする側が悪いのは決まっているのですが、やはり女性側に余裕がなかったり攻撃的な性格をしていたりで外に癒しを求めてしまうケースもよく見ています。

嫌な例を出してしまい申し訳ありませんが、それほどに癒しの役割は重要なのです。

ですので、ご自身も疲れているとは思いますが、どうか彼氏さんの癒し役を買って出て差し上げてほしいです。

いつもニコニコ、優しく接しよう

やっぱり大切な事はニコニコと優しく安心できる環境づくりです。

著者の場合は恋人関係は終わり、夫婦と子どもという家族での生活ですが、それでも家族がニコニコして優しく接する大切さを感じています。

疲れて帰ってきたときイライラしていて余裕がない彼女と接するより、ニコニコしていて優しい彼女のほうが良いに決まっています。

子供の同級生を介していろいろな子を見ますが、お母さんに余裕がなさそうだったりきつそうなご家庭のお子さんは、イライラしがちでうまく言えないのですがネガティブなオーラを持っています。

ともすればいじめっ子のような感じの子も、そのような家庭の問題があるように感じられるケースがあります。

社会人として働くにせよ、学校生活にせよ安心できる基地がないと心に余裕も出ませんし、つらくなってしまいます。

彼氏へのマッサージをお考えの方にはまだ先の話かもしれませんが、彼氏とずっとうまくやっていこうと思ったら、ニコニコして優しく接するようにし、一緒にいて安心すると言ってもらえるようにしましょう。

悩みなど、話をしっかり聞いてあげよう

男性は基本的にあまり悩み事を相談しないです。

そんな男性が悩み事を相談してきたということはそれだけ大きな悩みである可能性が高いです。

女性なら得意な人が多いと思いますが、その時は基本的にアドバイスは不要です。

話を聞いて共感してあげましょう。

アドバイスは「どうしたらいいと思う?」という言葉が出てからにして下さい。

そうでないと「お前に何が分かるのか!?」と言われてしまう可能性があり、心を閉ざしてしまうかもしれません。

そして、つい「それはあなたが悪いのではないの!?」と言いたくなることもあるかもしれません。

ただ仕事のことであったり、皆さんが実際に見聞きしていることではない限りは口を挟まないようにしましょう。

あまり知らないうちからこちらで勝手にジャッジしてしまうことで心を閉ざしてしまう可能性があります。

美味しい料理を作ってあげよう

男性は疲れていても悩んでいてもあまり相談したくない人は多いです。

自分で抱えてしまう人が多いのですよね。

自分から話してきたのであればいいのですが、あまりそれを聞き出そうとするのはやめましょう。

「何も言ってくれないけど疲れているみたい…。」と思ったらおいしいお料理を作ってあげましょう。

食欲は人間の三大欲求の一つなので、食べることで心が安らぐこともあります。

女性の皆さんも何か疲れたり悲しいことがあった時に甘いものを食べて幸せな気持ちになることってありますよね。

男性はスイーツ好きな人もいるかもしれませんが、基本的にそこまで甘いものを望んでいない人が多いですので、好きな料理を作ってあげると喜ばれるでしょう。

疲れを気遣う言葉をかけよう

おいしい料理を作ってあげられたらそれがいいと思うけれど、それがなかなか難しい人もいるでしょう。

女性だからと言って皆が皆料理が得意とは限りません。

確かにおいしくない料理でも彼女が作ってくれた料理ならうれしいと言ってくれる男性もいるとは思いますが、もしどうしても苦手という事であれば無理をする必要はありません。

料理でなくても気遣う言葉だけでも十分にうれしいものです。

言葉の力は偉大です。

例えば夜遅くまで仕事をしてきて帰ってきたときに「遅い!こんな時間まで何をやっていたのっ!?」と言われたのと「こんなに遅くまでお疲れ様。」と言われたのでは精神的に全然違います。

ですので、料理が難しくても遠距離恋愛で離れて暮らしていても、言葉かけならできそうですね。

休みの日のお出かけも控え目に

恋人同士ならいろいろとお出かけをするのも楽しいでしょう。

ですが、疲れているとわかっているのであれば、極力休ませてあげてください。

こちらも嫌な例で申し訳ないのですが、高校時代のお友達に彼氏側の都合を押し付けられていったことで冷めてしまい別れを決意していた人がいました。

一緒に出掛けたいと言ったことなど言った側はちょっとのことと思いがちですが、そのちょっとのことが溜まっていくと大きな負担になり、別れを決意するまでになってしまうことがあります。

特にあまり本音を言わないタイプの人はいきなり爆発することが多いので、ちょっと彼氏さんが疲れているなと思ったら、お出かけを控えるなどで休ませてあげることも必要になってきます。

ゆっくり部屋で休ませてあげる日も大事

確かに大好きな彼女と会うのも楽しいのですが、やはり全く気を使わないわけにはいかないのですので、疲れているときは一人で部屋でゆっくりと休ませてあげる日を作るようにしましょう。

彼氏さんが疲れていてもどうしても会いたいと言ってくれるなどの強い希望があるのでしたらまだしも、そうでなければ無理せずに休んでもらうことも視野に入れましょう。

仕事のタイプにもよりますが、もし繁盛期で忙しく閑散期は落ち着くような仕事であればデートなどはその閑散期の楽しみにしましょう。

人の身体は何故凝ってしまう経緯

子どもの時は「肩がこる」という心理が非常に不思議でした。