チヤホヤされるのは、イケメンは美女だけ。

世の中は顔で判断されることばかり…。

中身が大事と口では言っていても、結局顔や外見を重要視している人が多いと感じっている人は多いのではないでしょうか。

自分の外見に自信がないと感じている人からみると、チヤホヤされているイケメンや美女がうらやましいと感じるはず。

そして、チヤホヤされない自分に対して、劣等感を感じてしまっている人も多いと思います。

しかし、本当に恋愛市場において、顔ばかり重要視されているのでしょうか?

あなたの周りを見渡しても「なんでこの人が?」と思うような子が異性からチヤホヤされていたり、モテていたりするケースもあるのではないでしょうか?

そして、外見が良いわけでもないのに、自分に自信をもっていたり、いつも素敵な恋人を連れていたりする、魅力的な人もたくさんいます。

そこで今回は、恋愛においての顔の重要性について、お伝えしていきたいと思います。

恋愛相手は結局顔で選ぶ人ばかり?

モテる人というのは、かっこいい人・可愛い人が多いのが世の常だと思います。

確かに、外見が素敵な人は、それだけで魅力が高まるといっても過言ではありません。

特に、初対面においては、まだ相手の中身はわかっていない状態。

そのため、初対面同士の時は、顔が良い人が目を引きやすいという事実はあると思います。

とはいえ、世の中すべての人が、恋愛相手は結局顔で選んでいるかというと、決してそうではないと思います。

そもそも人には好みというものがあります。

その好みというのは、一概に顔だけでは括られるものではありません。

明るい人が好きだったり、家庭的なタイプが好きだったり、引っ張っていてくれる人が好きだったりなど、人によって恋人に求めるタイプは違うのです。

しかし、だからと言って外見を磨くことを疎かにしていてはいけません。

いくら中身が良くても、外見がタイプではないから恋愛対象にならないというケースもたくさんあります。

また逆に、外見は素敵なのに性格が合わないというケースもたくさんあるといえるでしょう。

そのため、顔が全てかというと答えはNO。

外見も内面磨く必要があるというのが、恋愛をしていく上ではとても重要なことではないでしょうか。

顔が持つ役割とは?

とはいえ、内面は外見に現れるとも良く言われます。

性格が良い人は、やはり顔にも表れており、いつもニコニコしていたり、愛らしいと感じられる優しい表情をしています。

逆に性格が悪い人は、いくら整った顔をしていても、近寄り難くて、話しかけづらいオーラーをだしており、魅力を感じないというケースもあるでしょう。

その人の印象を決定する


顔はその人の印象を決定するという役割を持っています。

しかし、印象が決まるというのは、表情やしぐさなどの要素も入ります。

いくら整った顔をしていても、笑顔が少ない人ですと、冷たい印象を与えます。

逆に、整った顔ではなかったとしても、いつもニコニコ笑顔でいるような人ですと、それだけで魅力的な顔立ちに見えてくるケースもあるといえるでしょう。

正直、顔が良くなくて、卑屈になっている人は、その性格が顔にも現れています。

顔が良い人に対して羨ましいと感じたり、妬ましい気持ちを感じている人は、表情が言動にもその卑しさがでてしまいます。

性格も悪いため、魅力も半減してしまっていることも。

内面は外見にも出るといいますが、それはあながち外れではないといえます。

いつもニコニコしている人は、印象がよく見えますし、逆に無表情で笑わない人は、性格が悪く見えます。

外見がその人の印象を決定していると言っても過言ではないといえるでしょう。

顔が相手の気持ちを左右する力を持つ

正直、最初から中身をみようとしてくれる人は、世の中少ないといえるでしょう。

むしろ、中身というのは付き合ってみてからではないと分かりません。

最初から中身をよく理解してくれるなんて人は、世の中存在しないと言っても過言ではないのでしょうか?

そのため、仲良くなりたいと感じるときは、やはり外見的な魅力から入るケースが多いといえます。

特に合コンなどの場所で、やはりいいなと感じる人は、外見が良い人だと言えます。

正直、2時間という時間だけでは、相手の内面は知る事は出来ません。

ただし、外見が良かったり、自分のタイプだったりする場合は、もっと内面を知っていきたいという気持ちになるはずです。

そのため、外見が良い人の方が、デートのお誘いを受ける数が多いといえます。

内面を知りたいと思うきっかけを作るのは、やはり外見的な要素が高く、内面は二の次になってしまうのです。

恋人を探す時にチェックポイントとなるのは?

恋人がいるのといないのとでは、人生の楽しみ方が違ってきます。

恋人を作るだけで、ドキドキしたり、キュンとしたりして、身も心も満たされることも…。

また恋人と一緒にいる楽しさや安心感というのは、友達とでは味わえないものといえるでしょう。

とはいえ、恋人を作るためには、異性に恋愛対象としてみてもらう必要があります。

恋愛対象としてみてもらえなければ、デートのお誘いもされませんし、また、お誘いしても断れる可能性が高くなります。

出会ってすぐに恋人になる可能性というのは皆無です。

何回かデートを重ね、お互いに気持ちが高まって初めて付き合う事ができます。

そして、世の中には異性から恋愛対象として見てもらえないと悩む人たちもたくさんいます。

恋人の作り方というのが分からず、恋人を作るということを難しいと考えている人は多いはずです。

そして、恋人ができないのは、自分の外見が悪いからではないかと悩んでいる人が多くいるといえるでしょう
恋愛対象になるためには、異性が恋人を探す時にチェックポイントとなるのはなんでしょうか?

「顔」と答える人が多い

好みのタイプはと聞かれると「顔」と答える人が多いというのは現実だといえます。

やはり、恋愛をはじめる上で、外見的な要素というのは非常に重要です。

外見が好みではなかった場合、いくら内面が良かったとしても、恋愛対象になることはないからです。

特に「顔」と答える傾向が高いのは、男性の方が多いと言えます。

逆に女性は、中身について答える方が多いといえるでしょう。

どちらかというと、男性よりも女性の方が現実的。

そのため、理想よりも、実現可能な回答をする傾向にあるため、外見よりも内面について重要視する傾向にあります。

一方男性は、どこか夢みがちなところがあり、実現可能かどうかはともかく、自分がその理想相手に釣り合うかどうかは度外視して、見た目のタイプを答える傾向にあるのです

顔の次は「性格」や「価値観」

そして、顔の次は「性格」や「価値観」を解答する人が多い傾向になります。

100%外見で恋愛対象か否かを判断しているかといったらそうではありません。

性格や価値観も兼ね備えているかどうかを判断して、好意を抱くようになる人がほとんどだと言えるでしょう。

外見は素敵だったけど、中身を知ってみたらタイプではなかった。

というケースはたくさんあります。

そのため、性格や価値観というのも、恋愛において非常に重要な要素だと言えます。

ただし、人には好みがあり、受け付けない顔というのもあります。

そのため、いくら性格や価値観が良かったとしても、受け付けない顔だと判断されてしまったら、恋愛のステップに進むのは難しいと言えます。

恋人を顔で決める人の特徴とは?


異性に好意を抱く要素は、顔・性格・価値観が合致した時が多いと言えます。

しかし、世の中には顔のみで好きか嫌いか判断をする人たちもたくさんいます。

異性に重要視しているのは顔のみ。

むしろ顔が良いだけで、好きになれるのです。

しかし、このような恋愛傾向な人はいささか特殊な人達だといえます。

では、どんな人が恋人を顔で決めているのでしょうか。

恋愛初心者の若者

まず、恋人を顔のみで決める人で多いのは、恋愛初心者の若者だと言えます。

恋愛初心者であるため、異性の付き合い方も理解しておらず、距離感の取り方もよくわかっていません。

そのため、外見しか判断する要素がないといっても過言ではありません。

異性とうまく話すことができないですし、接し方も分かっていないため、近寄ることができず、外見でしか判断要素ないパターンだといえます。

このような人達は、恋愛経験を積んでいくごとに、異性との接し方も身に着けていき、内面の重要性も理解していくようになります。

人の目を気にするタイプ

また、プライドが高い人というのは、恋人というのを顔で選ぶ傾向にあります。

人から、「彼氏かっこいいね。」「彼女可愛いね。」と言ってもらうことに対して異様なこだわりを持っており、人の目を非常に気にします。

そのため、恋愛をする際には、「外見の評価高いか否か」というのに非常にこだわります。

恋愛をする際も、人に見られて恥ずかしくないかどうかという観点で異性をみているため、内面を見るという考えが頭にないのです。

自分の感覚よりも、人からどう思われるかばかりに意識を向けてしまっているという、自分軸があまりない人に多い傾向にあるといえるでしょう。

相手をコロコロ変えるタイプの人

世の中には、恋人と長く付き合う事ができず、相手をコロコロ変えるタイプの人がいます。

相手をコロコロ変えるタイプの人は、外見に魅力を感じたら、内面を知るよりも先に、付き合おうとします。

要は、恋愛におけるスタートダッシュが早い傾向にあるのです。

しかし、相手の内面を知らずに付き合っているため、内面が見えるようになってくると、恋愛がうまくいかなくなる傾向があります。

そのため、恋愛が長続きせず、またすぐ外見魅力を感じる人がいたら付き合おうとするため、悪い恋愛の悪循環に陥っているといえるでしょう。

相手の中身を見ようとしない人

たまにいるのが、相手の中身を見ようとはしないという人。

自分の考えや価値観のみしか重要視していないため、相手の中身は知る由もないですし、興味もないのです。

そのため、恋愛で重要視しているのは外見のみだといえます。

そもそも、内面を見ようとしていないので、外見しか判断する要素がないのです。

ブランド好きな人

ブランドが好きな人というのは、恋人に対してもブランド的な要素で見ています。

ブランドというのは身に着けているだけで、その価値が周りからわかるもの。

そして、ブランドが好きな人は、それを見せつけたくて身に着けている傾向が高いといえます。

そして、ブランドが好きな人は、隣にいる恋人に対しても、周りから羨ましいと思われる人を求めます。

そして、羨ましいと思われるために必要なのは、外見が良いことに限られます。

そのため、恋人に対して求めるものは「外見」となるのです。

派手好きな人

また、派手好きな人というのは、恋人も目立つ人を選ぶ傾向が高いといえます。

派手好きな人というのは、ファッションセンスが目立ったり、身だしなみが目立つ人のことを指します。

派手好きな人は目立つのが好きなため、恋人に対しても目立つ人を求めるのです。

お金持ち

世の中には、お金で人生を楽しんでいる人達がいます。

そして、お金を持っていると、周りからチヤホヤされるようになっていき、イケメンや美女などもアプローチしてくるようになります。

結果、外見に対する理想が高くなり、恋人に対して外見を求めるようになっていくのです。

とはいえ、アプローチしてくるイケメンや美女は、その人に対しての魅力ではなく、お金に対して魅力を感じているといっても過言ではありません。

そのため、お金がなくなったら、イケメンや美女が離れていってしまうことも。

お金持ちの人は、もちろん外見も内面も魅力的な人もたくさんいます。

しかし、お金の魅力が自分の魅力だと勘違いしてしまっているという痛いお金持ちもたくさんいます。

結果、お金を抜きとした、自分の恋愛市場での価値を勘違いしてしまう傾向にあるといえるでしょう。

特に、お金を持った高年齢の男性は、若くてきれいな女性を好きなる傾向があります。

結果周囲から、お金目当てだとウワサされたりすることも…。

もちろん、お金を稼げるというのはその人に実力があるからだといえます。

そして、実力がある男性というのは非常に魅力的だといえるでしょう。

しかし、不釣り合いな恋愛をしてしまっては、一気に評価を下げてしまう事もあるため、注意が必要だといえるでしょう。

顕示欲が強い人

また、顕示欲が強い人というのは、恋人を外見で選ぶ傾向が高いと言えます。

人から認められたいという気持ちが強いため、他人から羨ましいと思われるような恋人を選ばなくてはいけないという固定概念があるのです。

人から認められたいと思う人の多くが自分に自信がない人が多いと言えます。

仕事やプライベートが充実していれば、自分に自信がつくため、自身の力で周りから認めてもらうことができます。

恋人の力を借りて、周りに認めてもらおうとする人は、仕事やプライベートが充実していないケースが多く、他人の力を借りて、自分の顕示欲を満たそうとしているのです。

しかし、恋人の魅力で自己顕示欲を高めて、自身の魅力には繋がりません。

その恋人と別れてしまったら、自信の顕示欲というのは満たせなくなってしまいます。

また、そんな人が異性からモテるわけがありません。

自分自身に自信をもつというのが、恋愛をする上で、引いては豊かな人生を送るために、大切なことだといえるでしょう。

【自己顕示欲が強い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

顔が良い人と恋愛をする男女別の意見

顔が良い人と恋愛する人というのは世の中にいます。

とはいえ、恋人をなぜ顔で選んだのかという問いに対して、男女別に意見が違う傾向にあります。

ここでは、顔が良い人と恋愛する男女別の意見について注目していきたいと思います。

男性編

男性の恋愛傾向は、現実的というよりも夢みがちな傾向があります。

そのため、可愛い子や綺麗な子がいれば、鼻の下が伸びてしまうような男性は多いです。

また、女性に比べて、中身が単純でもあるため、可愛い子や綺麗な子に優しくされたり、話しかけられたりすると、舞い上がってしまい、すぐに好きなってしまったり、(俺の事を好きなのではないだろうか?)と勘違いする傾向にあるといえます。

また、タイプの女性はと聞かれると、芸能人の名前を答えたり、内面よりも具体的な外見を答える男性は多くいます。

女性に比べて、男性の方が、自分の恋愛市場においてのレベルを把握していないケースが多く、自分と不釣り合いなレベルの女性をタイプだと答えてしまう傾向もあると言えます。

自分の恋愛市場のレベルを知らないと、女性に相手にされなくなってしまうので注意が必要です。

では、顔が良い人と恋愛する男性の傾向をお伝えしていきましょう。

目の保養になる

男性は恋愛において癒しを求める人が多いと言えます。

疲れていたり、嫌な事があったときに、彼女といて癒されたいとおもう男性は多いはず。

男性は単純な生き物なので、伝い時に、可愛い彼女・綺麗な彼女が隣にいるだけで、疲れや嫌な事も吹き飛んでしまうのです。

可愛い彼女・綺麗な彼女というのは、それだけで目の保養になります。

また、仕事や勉学を頑張ろうというやる気も生まれてきますし、彼女がいるだけで前向きな気持ちになれるという男性も多いといえるでしょう。

また、男性はお付き合いをしていく上で、引っ張っていくケースが高く、また金銭面でも女性よりも多く払う傾向が強くあります。

デートプランも男性が考えることが多く、常に女性が喜ぶことに向けて努力をしているのです。

そのためどうせ一生懸命頑張るのであれば、可愛い子が良いと思う男性は多いはずです。

自分の努力が、可愛い子に注がれるのであれば、より頑張れるという男性はたくさんいるはずです。

一緒に歩いていて鼻が高い

男性はやはり周りから羨ましいと思われたい生き物。

そのため、可愛い彼女・綺麗な彼女と歩いていて、周りからチラチラ見られたり、友達から彼女のことを褒められたりしたら、鼻が高くなりますし、気分が良くなる男性は多いはずです。

デートをしていて周りから「あの子可愛いね。」なんて声が聞こえてくるだけで、鼻が高いと感じる男性は多いと言えます。

そして、彼女が褒められることに対して喜びも感じますし、そんな可愛い彼女と付き合っている自分に対しても、自信が持てるようになるのです。

自尊心が満たされる

また、可愛い彼女・綺麗な彼女を連れて、周りから羨ましがられたいと思う男性は多いはずです。

周りから羨ましがられることで、自尊心が満たされますし、自信もつきます。

自尊心を満たすために、外見が良い彼女と付き合う男性は多いといえるでしょう。

そもそも、周りから羨ましいと思われるような女性と付き合う事ができたというのは、相当な自信がつくはずです。

何かしらの魅力がなければ、可愛い女性、綺麗な女性とお付き合いすることはできません。

【自尊心については、こちらの記事もチェック!】

結婚したら可愛い子が生まれそう

付き合っていると考えるのが将来のこと。

結婚して、子どもが生まれて…と考えたときに、やはり、可愛い子どもを産みたいと考える人は多いはずです。

そして、可愛い子どもを作るためには、相手の外見というのも非常に大切になってきます。

可愛い子どもを産みたいと考える男性ほど、異性の外見に非常にこだわるといっても過言ではないでしょう。

女性編

女性の恋愛は、男性と比べると現実的。

自分のレベルに釣り合う相手も判断できますし、恋愛を継続していくことを重要視するため、相手の中身もしっかりと見ようとします。

しかし、女性の中には、彼氏を外見だけで判断する人もいます。

では、外見主義の女性というのは、なぜ外見にこだわるのかお伝えしていきましょう。

一緒にいると気分が上がる

現実的な恋愛をする傾向が強い女性といえども、心の中ではやはりイケメンが好き(笑)

女性は周りの目を非常に気にするため、理想が高すぎて、周り引かれるのではないかというのを気にします。

また、自分はイケメンとは付き合えないだろうと卑下する傾向もあるため、イケメンが好きだとなかなか言い出せないという女性は多いはずです。

とはいえ、イケメンと一緒にいると気分があがるという女性は多いのは確か。

側にいるだけでもドキドキしますし、触れるだけでキュンとしてしまうこともあります。

そして、恋愛においてドキドキ感やキュンとする瞬間を大切にする人は、やはり外見を重要視する傾向が高いといえるでしょう。

一緒にいるときに、自分のテンションがどれくらいあがるかを大切にしているため、やはり外見的な要素が大切になってくるのです。

友達に自慢できる

そして、イケメンと付き合っているということは友達にも自慢になります。

イケメンと付き合っていることを周りの友達に謙遜しながら伝えつつも、実は内心鼻が高い…という女性は多いといえるでしょう。

女性の会話の中心は、やはり恋愛のこと。

そして、お互いの彼氏を見せ合うということは多くあります。

見せた時に女友達の反応が良いと、鼻が高いという女性は多くいます。

逆に、「いい人そうだね。」「優しそう。」なんて微妙な反応が返ってくると、(私の彼氏ってイケてないのかしら?)と不安になってしまう女性もいて、結果より素敵な彼氏と付き合いたいと思う女性も多くいます。

女性はどうしても周りの評価を気にしてしまう傾向があります。

自分の感情よりも、周りからどう思われるかということに意識がいってしまうのです。

そして、評価を気にする気持ちが強ければ強いほど、人様に見せても恥ずかしくない恋人と付き合う傾向が高くなるといえるでしょう。

カッコイイ彼に選ばれたという自信が持てる

また、かっこいい彼が自分のことを選んでくれたというのは、それだけでも自信がもてます。

女性は男性と比べて、劣等感を抱える傾向が強いと言えます。

特に見た目に対しての劣等感を感じている女性は多く、理想の自分になるために、化粧やファッション、ダイエットなどの努力をしている女性多くいます。

度が超えすぎると、ダイエットのし過ぎで、過食症・拒食症になってしまうような女性もいますし、整形に依存してしまう人も…。

そのくらい女子は自分の外見に対しては自信を持てない人が多いといえます。

しかし、見た目が完璧な男性が、自分のことを選んで付き合ってくれたら、それだけで自信が持てるはずです♪自分の劣等感をなくすためにも、カッコいい彼氏に選ばれるような努力をしている人が多いといえるでしょう。

周囲に羨ましがられるのが快感

カッコいい彼氏を連れていると、やはり周囲から羨ましがられます。

特に女性同士の話題といえば、恋愛話が多く、そのたびに彼氏のことを褒められることに快感を覚える女性は多いはず。

やはり恋人のことを褒められると自分のことのように嬉しい女性は多いといえるでしょう。

中には周囲から羨ましいと思ってもらうためにも、彼氏はイケメンではなくてはいけないという価値観をもっている人も…。

写真を見せた時に、「イケメンだね。」という言葉をかけてもらうためだけに、外見を重要視して付き合っているという人も多くいると言えます。

顔が良い人と恋愛するデメリットとは?

顔が良い人と付き合うと、周りから羨ましがられたり、顕示欲が満たされたり、自分に自信が持てるなどのメリットがあります。

しかし、メリットの裏にはデメリットも存在します。

ここでは顔が良い人と恋愛するデメリットについてお伝えしていきます。

いつも浮気が心配

顔が良い人は、当たり前ですがモテます。

異性からのアプローチや誘惑も多いといえるでしょう。

そして、モテる恋人に対して浮気を心配してしまう人は多いと言えます。

少し連絡がとれなかっただけで、気が気でなかったり、少し冷たくされただけで他に好きな人ができたのでは?という不安に陥ってしまうなんてことも…。

また、異性と話している現場を目撃してしまったときは、気が気でなくなってしまうこともあるといえるでしょう。

顔が良い人と付き合っていることで、いつも心配をしてしまい、安定した生活を送れなくなってしまうなんてことも…。

結果、心配性になってしまい、束縛をしてしまったり、過保護すぎる恋愛をしてしまうなんてことも多くあります。

また、あまりにも心配で、連絡の頻度を多くしてしまったり、ストーカー行為をしてしまうということも…。

結果、相手に不快感を与えてしまい、破局を迎えてしまうケースもあると言えます。

顔が良い悪いに関わらず、恋愛においては相手を信用する事が大切。

浮気するのでは?なんて疑ってしまっては、相手も嫌な気持ちになるはずです。

また、恋人に信じてもらえないことほどつらいことはないのではないでしょうか?

浮気の心配は分かりますが、恋愛をしていく上では、相手を信じるのも大事な要素だといえるでしょう。

性格に難ありの率が高い

顔が良い人は、性格に難ありのことも多くあります。

周りからチヤホヤされることが当たり前になっていて、異様にワガママだったり、自己中心的な性格なんてことも多くあるでしょう。

また、浮気や二股などをしているケースも多くあります。

もちろん顔が良くて性格が良い人も大勢いますし、顔が良くなくても性格が悪い人もたくさんいます。

一概に顔が良い人=性格が悪いというわけではありません。

しかし、周りからチヤホヤされるという環境にいたことは事実。

そのため、外見に対しての劣等感を感じたことはあまりないでしょうし、普通の人がしてもらえなかったことを、してもらっていたケースもたくさんあると言えます。

結果、周りからみると性格が少しずれているというケースもあるといえるでしょう。

また、顔が良い人というのは、周りからアプローチされるのが当たり前となっており、恋愛において積極性というのはあまりありません。

積極的にいかなくても恋愛ができるため、積極的になる必要がないのです。

そのため、付き合ってみると、その積極性のなさに物足りなさを感じてしまったり、不安を感じてしまうことも…。

恋愛を実らせるために一生懸命になったことがないという所が、付き合うことにおいては、欠点になってしまうということも挙げられるでしょう。

恋愛は結局顔…だけではないけど顔も大切

恋愛は顔だけではありません。

内面というのも非常に重要な要素。

特に長く付き合っていく上では、内面を深く知っていく必要というのありますし、お互いの価値観というのも共有していかなくてはいけません。

しかし、初対面ではやはり顔で判断せざるを得ないでしょうし、外見というのも非常に重要な要素なります。

また、いくら中身が素敵であっても、外見を疎かにしてしまっていては魅力が半減してしまいます。

身だしなみが不潔だったり、ダサかったりすると、それだけで、印象が悪くなってしまうこともあるのです。

また、世の中には「どうせイケメンの方が…。」「どうせかわいい子の方が…。」と卑屈になっている人達もたくさんいます。

そういう人たちに限って、外見における努力をしていなかったり、内面においても曲がった考え方をしている傾向が強いと言えます。

努力なしに卑屈になっている人に、良い恋愛が訪れるわけがありません。

恋愛対象として見てもらうためには、外見も内面も努力する必要があるのです。

例えば、太っている人であれば努力をすれば痩せることができます。

痩せることによって、周りに対する印象も変わるはずです。

また、自分に似合う髪型やファッション、メイクなどを変えるだけでも、魅力が高まる人達もたくさんいます。

恋愛市場において、やはり顔が良い人はモテます。

しかし、それはその人が努力をしており、魅力を感じる人だからモテているのです。

そして、魅力は自身の努力次第でいくらでも身に着けることが可能です。

卑屈になる前に、自分を変えるよう努力すること。

それが、良い恋愛をするために一歩だといえるのではないでしょうか。