トルコのイメージを聞かれると「インスタンブール」でしょうか?

どことなく神秘なムードが漂う魅力的な国です。

日本人にとってトルコと言えば「トルコアイス」「トルコ料理」も強いですね。

やはり、その国に一度も行ったことがない人間が考えることは食が一番です。

日本に来たことがない人間も日本と言えば「天ぷら」「寿司」「和菓子」というイメージのようにトルコも「ケバブ」「サバサンド」が有名です。

日本オリンピックも近くなり、今ではたくさんの国の人が訪れます。

日本に住んでいるトルコ人も多くみかけます。

トルコに行ったことがない人でも、トルコ人を見て声をかけてみましょう。

トルコの知られざる魅力を知ることで、きっと神秘漂うトルコに行きたくなるはず。

それにはまず、トルコをチョットだけ知っておく必要がありますね。

今回はトルコ人について紹介します。

トルコ人を解析しよう!

トルコ人と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

日本人のイメージを聞けば「礼儀正しい」「シャイ」「真面目」と言う方が多いですよね。

またイタリア人のイメージは明るく陽気、アメリカ人は自由奔放でイエスノーをはっきり言う性格、フランス人はオシャレ・・・など他国に対するイメージは個々に違うものです。

その中でもトルコ人は、どんなタイプなのでしょうか?

どちらかというとトルコ人は日本人に近い性格かも知れません。

例えば、男性も女性もシャイなタイプが多いのです。

トルコ料理屋に行ってもガツガツと接客してくるタイプではないので、いきなり仲良くなろうと思うと難しいかも知れません。

トルコ人の性格を理解した上で仲良くなることが大事ですね。

それには少なくてもトルコの国を理解しておくことが必要です。

少しでもトルコを知っていれば、話かけるキッカケになりますし、会話も膨らみますよ。

まずはトルコを知ろう


トルコ共和国のことを通称トルコと言います。

実際にトルコに行ったことがない人でもトルコ料理は有名ですよね。

実はトルコ料理はフランス料理、中華料理と並んで、世界三大料理に数えられているそうです。

トルコ料理は肉料理が中心です。

イスタンブール、黒海、エーゲ海沿岸は魚介料理も食べることができます。

トルコは喫茶店も有名、トルコの喫茶店を「チャイハネ」と言います。

チャイハネと言えば、日本ではエスニック雑貨ショップをイメージする方もいますが、チャイハネは街角やバザール等をしている通りでトルコ人が座って道端でお茶をすすっています。

トルコの喫茶店と言っても日本のような本格的なカフェとは異なり、紅茶とコーヒーのメニューだけ。

トルコに行ったことがない日本人でも2種類しかないので簡単に注文することができます。

その他、トルコアイスも有名ですよね。

トルコアイスと言えばビヨーンと長く伸びるイメージで日本でも食べることができます。

日本ではトルコアイスと呼んでいますが正式には「ドンドルマ」という名前です。

なんと言ってもドネルケバブはトルコを代表する肉料理です。

ロースターで焼いた牛、羊、鶏の肉の塊を薄くそぎ落とし、野菜と一緒に挟んだサンドウィッチです。

日本でもケバブの路面店を多く見かけますよね。

ケバブとシュラスコは結構似ているイメージですが、シュラスコはブラジル料理で鉄串に刺した牛や豚、鶏に荒塩をふって炭火でじっくり焼くスタイルです。

トルコを代表する料理は、まだまだあります。

トルコをよく知らない人は、まず食文化から触れて行くのも良いと思います。

どこにあるの?

そもそもトルコを知らない人は、トルコはどこにあるの?と思いますよね。

トルコの首都はアナトリア中央部のアンカラ。

トルコと言われていますが、正式にはトルコ共和国です。

西アジアのアナトリア半島と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国です。

2016年の人口は79,512,426人。

北側は黒海、南は地中海に面しています。

西側はブルガリア、ギリシャと、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接します。

いつできた国?

トルコはギリシャやローマなど支配者の変遷が続きましたが、11世紀にセルジューク朝が成立しました。

これが事実上のトルコの誕生です。

しかしセルジューク朝の滅亡後は14世紀からはオスマン朝が支配しました。

それによって東ローマ帝国を終り、アフリカや東ヨーロッパの大帝国を築いたと言われています。

16世紀末以降はヨーロッパ諸国の攻撃を受けバルカン半島支配を放棄、その後も第一次大戦でドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国との間で調印された条約のどくおう同盟側になり、敗戦国となったことから解体の危機に。

ケマル・アタチュルクがトルコ革命を起こして国民国家トルコ共和国をうち立ちました。

第二次大戦後は西側陣営に属しています。

気候は?

トルコに旅行に行こうと思っている人は気候が気になりますよね。

観光に適しているトルコの気候は4月~6月、9月~10月と日本と似ています。

それもそのはず、トルコは日本のように四季があるからです。

ただトルコの気候は地域によって異なります。

それも日本と似ていますね。

夏は湿気が比較的に少ないですが暑さ少し厳しいです。

一方、冬は雪が降りますが雪国のように多くは降りません。

秋は曇りや雨の日が多めです。

日本の四季と似ているので、長期滞在していても体調を崩すことが少なそうですね。

宗教は?

トルコはトルコ人、クルド人、アルメニア等の多数の民族で構成されています。

宗教はキリスト教やユダヤ教、ヒンドゥー教徒など様々ありますがトルコの宗教は99%がイスラム教徒です。

イスラム教の唯一神をアッラーと言います。

アッラーは「神」と言う意味です。

イスラム教徒と言えば「食事」や「断食」、「礼拝」ですね。

特に断食は一年に一ヶ月ラマダーンと呼ばれる月に断食月があります。

一ヶ月も何も食べないと思われがちですが、実は日の出から日没までです。

ようするいに太陽の出ている時間帯に食べ物を口にしないのです。

ですから日が沈んだら食べても良いのです。

イスラムはアルコールが禁止です。

その他「豚」「血液」「宗教上の適切な処理が施されていない肉」を口にすることはできません。

とくに豚は、豚の姿も嫌悪されます。

ですから豚のイラストや写真もイスラム教のトルコ人には避けた方が良いですね。

言語は?

日本であれば各地に訛りや方言があるのもの、日本語です。

どこの場所に行っても通じる言葉ですが、トルコはどうでしょうか?トルコの言語はトルコ語です。

トルコ語はアゼルバイジャン語やトルクメン語と同じテュルク諸語の南西語群に属する言語です。

とは言え、現在のトルコ共和国の人口の約15%はトルコ語を話さないと人々です。

トルコ語に次いで使われる言語はクルド語です。

クルド語はペルシャ語系の言語で東部や東南部で使われています。

トルコ共和国でトルコ語以外の言語は、ギリシャ語やアルメニア語もあります。

ギリシャ語やアルメニア語がイスタンブールの大都市で使われています。

アラビア語はシリアとの国境付近で使われています。

主な産業は?

トルコの主な産業はイスタンブールを中心にトルコ産業が盛んです。

黒海地方は黒海と山脈に囲まれた狭い地域で緑に恵まれています。

黒海地方ではトル.コのチャイこと「お茶」の生産をされています。

エーゲ海など地中海地域では温暖な気候な為、綿、小麦の生産量や食品産業が盛んです。

その他にもトルコでは石油、自動車、電子機器、鉱業、鉄鋼の産業も有名です。

日本ではトルコ絨毯のお店も多く見かけますよね。

トルコ絨毯のカーペットは羊毛、綿、シルクで構成された厚みがあるものです。

常にトルコ結びがされています。

その他トルコ料理飲食店も多く、トルコハンバーグのクミンを多く使った挽肉料理「キョフテ」や鯖をパンに挟んだ「サバサンド」、「ドネルケバブ」も有名ですね。

治安は?

日本は世界一安全な国とも言われるほど、治安は良いです。

しかし最近では日本の犯罪も凶悪化して日本の安全神話が崩れはじめていますが、他国の治安に比べれば、まだまだ日本の治安は良いといえるでしょう。

トルコの治安はどうでしょうか?実はトルコの凶悪事件の発生率は日本の3倍と言われています。

観光旅行に人気の「イスタンブール」では商店に連れ込まれた観光客が性的乱暴を受ける事件もあります。

特に御土産の商店では客引きによるトラブルも起きています。

やはり観光に来る日本人はトルコ人から見れば「金持ち」「かも」になるのかも知れません。

日本人はイエス・ノーをはっきりと言えない人間と思われています。

しつこい客引きなどノーと言える場所では、はっきり意思表示をすることも大切です。

また女性の一人歩きも注意が必要です。

トルコの文化を知らず露質の多い服装で観光することは危険ですね。

イスタンブールなど都市部は異文化にも寛大な傾向があります。

とは言え、まだまだ伝統的イスラム国でもあります。

イスラムの習慣をよく確認してから観光に行くべきですね。

日本との関わりは?


トルコは親日国です。

トルコと日本の関係を繋ぐことにもなったエルトゥールル号の遭難事件。

この事件をキッカケに特にトルコは日本に対して良い印象を持つようになりました。

トルコ人は日本にどれくらいいる?

2016年におけるトルコの人口は79,512,426人とデータにあります。

トルコは14歳以下が多く、次に65歳以上が多くなっています。

男女比で言えば、若干女性の人口が多いです。

年々トルコに留学や在住する日本人も増えていていますが、2014年の在留日本人総数1,851人、そのうち日本人の永住者数520人、日本人の長期滞在者数1,331人です。

トルコは気候も日本と似ている部分があり、トルコは日本のように四季があります。

暮らしやすいところが魅力なのでしょう。

治安に関しても日本よりは危険と言えば危険ですが、危ない地域に寄りつかなければ比較的安全に暮らせるかもしれません。

トルコ人の性格的な特徴15選

トルコ観光を考えている方も考えていない方もトルコ人を知りたいと思いませんか?

日本人は今でこそ、自己主張をしっかりできるような方々が増えてきましたが、世界から見る日本人はマナーが良いが消極的なイメージをもたれます。

国それぞれに特徴的な性格があります。

個々に性格は違うものですが、基本的な性質は国の色がでています。

トルコ人は、どのような特徴を持つ性格なのでしょうか?トルコの男性と女性で特徴は少し異なります。

相手の性格を分かっていると声をかけやすいか分ります。

それはトルコ観光をするうえで大事なことですよね。

困っている人は助けたい

トルコ人は親日家のイメージも強いです。

日本だけじゃなくトルコ人は基本的に困っている人を助けたい、優しい性格です。

特に自分達が親切にされたり、助けてもらったりすれば恩をしっかり返します。

恩を仇で返すようなことはしません。

エルトゥールル号の遭難事件からイラン・イラク戦争のことでも分かるように「困っている人を助けたい」その気持ちが良い結果に結びついたのでしょう。

楽天的

トルコ人は日本人に比べると楽天的です。

とくに日本人は他国に比べると真面目な性格と言われていて、楽天的にあまり考えない性格です。

トルコ人の男性は女性に比べると大雑把でおしゃべり好きです。

日本で言えば道端で女性達が井戸端会議をしているイメージが強いですが、トルコの場合は男性です。

日本も女性よりもおしゃべりな男性が増えてきたと言えば、増えてきましたがトルコ人は男性と女性の性格が逆転したような感じです。

女性は地味で真面目

トルコの女性は日本の昭和初期を思わすような性格です。

どちらかと言えば、トルコの男性よりも無口で地味です。

それはトルコの男性が女性を下に見ていることが最大の理由です。

トルコの女性が男性に対して強気な発言をすることはほぼありません。

トルコの女性も男性から下に見られていることを認識しているのです。

トルコの女性が地味で真面目な性格は、やはりイスラム教の影響が多きいです。

人前に出ることが苦手。

恥ずかしがりやが多いですが、実は噂好きで噂を信じやすい性格です。

トルコの女性は色々と制限されていることも多い為、噂やおしゃべりでストレス発散をしているのかも知れません。

男性に対してガードが堅い

トルコの女性は男性に対してガードが堅いです。

それはやはりイスラム教の影響を強く受けているからです。

トルコ人は婚前の性交渉が禁じられています。

基本的にお付き合い後、結婚、初夜を迎えることが当たり前の世界です。

このような流れはトルコだけじゃなく一昔前の日本でも当然のことでしたが今の時代に、そこまで厳しいルールは守られていません。

日本では女性も肉食と言われている方も多いですが、トルコの女性は宗教の影響が大きく日本の昭和初期をイメージさせるような性格が多いです。

トルコの女性はイスラム教の影響が強く男性に対してガードが堅いです。

きちんと挨拶をする

トルコ人は基本的に真面目です。

きちんと挨拶をする性格でトルコ人は挨拶を重んじる国です。

日本で言えば「おはよう」は「Gunaydin「ギュナイドン」と言います。

「お元気ですか?」Nasilsin「ナスルスン」と声をかけて一日が始まるのがトルコの挨拶。

この挨拶に関してIyiyim「イイイム」と返事をします。

日本で言えば社交辞令のようなトルコの挨拶です。

また日本では男性同士が挨拶で握手を交わすことは普通ですが、トルコでは男性同士が手を繋いだり、ホッペにキスをする光景も普通です。

外国にとってキスも挨拶のヒトツ、トルコ人にとってホッペにキスをするのも当たり前です。

男性同士、女性同士、家族でも関係ありません。

親しけ関係であれば、キチンと挨拶することはトルコでは当たり前のことです。

トルコはスキンシップも手を繋いだり、肩を組んだりと友情の証でする国です。

大雑把

トルコは日本人に比べると大雑把な性格です。

実は自殺率もトルコは非常に低いです。

これはイスラムの教えで自殺は大きな罪と捉えられることが影響とも言われます。

トルコ人は「人生短し1回きり」と明るく考える性格です。

その為、挨拶でも「体調が悪くて」と何も考えずに「元気だよ」と返す人がほとんどです。

トルコの男性も楽天的ですが女性も同じように楽天的です。

トルコはイスラム教徒が多く、イスラム教の制限の中で生活しています。

その中で真面目で神経質な性格だとストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

大雑把に楽天的に考えることも楽しく生きて行く考えなのでしょう。

たしかに笑顔や楽天的に生きるほうが自分自身も楽しいはず。

トルコ人の魅力は大雑把な性格なところもヒトツです。

おもてなし精神が強い

トルコの人は男性も女性も基本的におしゃべりが大好きです。

スキンシップや挨拶もしっかりする国です。

おもてなし精神も強く、家族や知人、恋人、友達を呼んでホームパーティもよくします。

特にトルコの男性は家族や親戚と外食をしたときやデートの場所で、おごることが当たり前の国です。

それはトルコの男性は非常にプライドの高く、見栄っ張りな性格だからとも言えます。

トルコの男性にとっておもてなしは、おごることでもあります。

日本は「おもてなしの国」と言われているほど、おもてなし精神が強いです。

トルコ人も日本人と同じようにおもてなし精神が強いのです。

女性を下に見る

トルコの男性は素敵な方が多いですが、ただヒトツお国柄と言うのでしょうか?トルコの男性は女性を下に見る傾向があります。

それはやはりイスラム教の影響があるのかもしれません。

日本も一昔前は女性蔑視も多く、男性が女性を下に見ていた時代がありました。

しかし時代は変わり男女平等、女性の社会進出も多くなり今の女性は男性よりも強いとも言われています。

仕事や家庭で男性が女性に謝ることは多くありますが、今のトルコではありません。

トルコの男性は自分が悪いとしても女性に謝ることはありません。

トルコの男性は独占力が非常に強い性格です。

好きな女性ができると女性を支配したい心理が働き、所有物のように扱ってしまうこともあります。

プライドが高く見栄っ張りのところも

トルコ人はプライドが高く見栄っ張りな性格と言えるでしょう。

たしかにトルコの女性は美しい方が多いですし、男性も彫りが深いイケメンも多いです。

それだけにプライドは高くなってしまうのでしょう。

とくにトルコ人男性は女性よりもプライドが高いと言えるでしょう。

恋人同士でケンカをしてもトルコの男性が自分から謝ることはありません。

それは女性を下に見ていることが理由ですが、男性同士でも素直に自分から謝る事ができずにケンカが長引いてしまうことや、そのままケンカ別れということもあります。

男性は女性を下に見るわりに女性にモテたい傾向も強い。

だからこそ見栄をはって自分をよく見せようとしてしまいます。

日本の女性からすれば、ちょっと最悪な男性にも思えるような男性ですが、女性の意見を尊重することはできますし、トルコ人男性は女性が嫌がるような事はしません。

基本的にトルコの男性は紳士的です。

噂などおしゃべり好き

トルコ人は噂などおしゃべりが大好きです。

特にトルコの男性は数人で集まりペチャクチャと他人の噂で盛り上がっていることも多いです。

日本で言う井戸端会議をトルコの男性はしています。

とくにトルコ人男性は政治の話が好きです。

喫茶店に集まりチャイを飲みながら楽しく話しています。

これは日本でも年配の方が集まり政治の話をしている光景をよく見ますよね。

でも政治の話は、どこの国も支持している政党が一緒だと盛り上がりますが別々だと大きなケンカに発展します。

支持する政党について批判的な意見を軽々しく話してしまうとケンカ別れになってしまいます。

嫉妬心が強い

トルコの男性は嫉妬心が強いです。

特にトルコの男性は婚前の性交渉が禁じられています。

自分の彼女や妻が他の男性と仲良くしている光景は許すことができません。

トルコ男性のプライドを崩すことにもなるのでしょう。

高く見栄っ張りな性格だけに自分の奥さんが「他の男性にとられた」なんて噂にもなりたくないですし、全く関係のない間柄でも嫉妬深い性格が過剰な深読みをさせてしまいます。

自分が好きになった女性は支配したい気持ちが強いトルコの男性。

しかしながら「女性は守るべき」という男性らしい心理も持っているのです。

日本で言う嫉妬心の強い男性はストーカーのようなイメージですが、トルコの嫉妬心はストーカーお嫉妬心とは少し異なります。

相手を苦しめる嫉妬心というよりも、愛する人を守りたいからこその嫉妬心かもしれません。

サッカー熱が強い

トルコはサッカーも非常に熱い国です。

1923年にトルコサッカー連盟が設立されています。

FIFAに加盟しましたが地域連盟は未加盟のまま活動を続け、1923年10月ルーマニア戦がトルコ代表初の国際試合になりました。

その後、1950年のブラジルワールドカップ予選ではワールドカップ予選に初参加、1次予選のシリア戦で圧倒的な勝利しました。

トルコはサッカー監督も多くいます。

ファティ・テリム、ムスタファ・デニズリ、シェノル・ギュネシュ、エルスン・ヤナル
オウス・チェティンなどが有名です。

プライドも高く感情の起伏も激しいトルコ人の男性は勝負事にも一生懸命です。

男性は感情の起伏が激しい

トルコの男性と言えば起伏が激しいことも特徴です。

時には感極まり、大泣きや怒鳴ることもあります。

それは日本人には、あまりない光景だけにチョット驚いてしまうことですよね?

しかしながら起伏が激しいと言っても喜怒哀楽の表現、全てが激しく嬉しいときは大声で笑ったり、プレゼントや褒めてもったりすれば大袈裟に喜びます。

ポーカーフェイスとは程遠いタイプだからこそ、裏表がない正直な人間と言えそう。

感情の起伏が激しいことで相手が何を言えば怒り喜ぶのかが分かりやすい。

ある意味、わかりやすい性格です。

フレンドリー

トルコ人は初めて会う相手にもフレンドリーです。

とっても気さくなタイプが多いかもしれません。

それはトルコ人が大雑把な性格で相手に対して深く考えないからかもしれません。

比較的、トルコに限らず外国人は日本人に比べればフレンドリーな性格です。

日本人は身振り手振りが少ないので言葉が通じないとオドオドしてまってフレンドリーにしたくても消極的になってしまいます。

トルコの人は身振り手振りがあるので、言葉が通じなくてもジェスチャーをすることができるのでしょう。

また大雑把な性格だけに通じなくても「何とかなる」の精神があるのかもしれません。

日本で働いている飲食店のトルコ人もサービス精神旺盛でフレンドリーですよね。

日本人を大好き

トルコ人は日本人を大好きな親日家です。

日本でもトルコ人を多くみかけますし、日本人もトルコに観光します。

とくにトルコ人は非常に面倒見が良く、人情が厚い人が多いです。

困っている人が外国人観光客であろうと親身になって力になってくれます。

誰にでも気さくに話しかけてくれるところはフレンドリーな性格だからこそですね。

トルコの男性はプライドが高く見栄っ張りな性格ですから日本人のような大和撫子な女性を好みます。

日本人女性は他の外国人に比べると自己主張をしない真面目な性格です。

トルコ人の男性にとっては魅力たっぷりに感じるのでしょう。

日本語が出来る人も多い

トルコ人は日本で働くことや観光でくる人も多いです。

その為、日本に魅力を感じる人も多く日本語が勉強して話せる人も多いのです。

大雑把な性格のわりに興味を持つと調べたくなる性格のトルコ人。

日本で商売をしたり、日本に観光に来るようなトルコ人は日本に興味があるからこそです。

また日本はアニメやマンガの国として近年では有名です。

演歌や歌など日本独自の文化があります。

そんな文化に興味を持つことによりトルコ人は日本語を自然と覚えて行くのかもしれません。

シャイな人も多い

トルコ人は大雑把でおしゃべりが好きな反面、トルコの女性は少しシャイです。

それはイスラム教の影響もあります。

やはりトルコ女性は男性と結婚まで性交渉をしてはいけないこともあり、むやみに自分から話しかけるようなことは、あまりしないからです。

ガードが堅いトルコ人女性は異性に関しては少しシャイに見えるかもしれません。

男性も基本的には女性馴れをしていますが、やはり外国人観光客を目にするとシャイになる性格の男性もいます。

相手を見極めたいという慎重タイプもいるのでしょう。

宗教が強い地域ほどシャイな性格の人が多いと言えそうです。

トルコ人と仲良くなったら楽しい♪

トルコは、とっても魅力的な国と言えます。

海外旅行に行くと日本とは違う文化に戸惑いながらも価値観を変えることができます。

トルコは親日国ですので、比較的都心部であれば治安は良いです。

トルコに海外旅行にいきなり行くというのに抵抗があれば、まずはトルコ飲食店に通ってみるのも良いでしょう。

トルコ人と交流をとることができますよ。

ただ日本にいるトルコ人男性は比較的安全かもしれませんが、トルコに観光に行く場合は露質した服装は少し避けた方が良いでしょう。

トルコ人は基本的に楽天的でおしゃべりが好きな楽しい性格です。

仲良くなるほどホームパーティを行ったりとフレンドリーに付き合うことができます。

魅力的なトルコ人と仲良くしましょう。