CoCoSiA(ココシア)

絶句するほど頭に来る10個のこと


ストレスの多い現代社会では嫌なことに遭遇したりイライラを感じたりすることも当然多くなってくるはず。

でも…思わず言葉を失ってしまうような、そんな”絶句”するほどの本気の怒りを感じたことがある人というのは意外に少なかったりするんじゃないでしょうか?

実は筆者もどちらかというと短気な方なので、普段はイライラすることも多々あったりするんですが。

思い返してみるとそこまで本気で怒った経験というのは長い人生の中でほんの2~3度くらいしかないように思えるんですよね。

なので皆さんの中にもそういう人は結構多いのでは?

本気で怒るというのは実はとてもレアな瞬間と言えるのではないでしょうか?

そこで今回は人をそこまで怒らせる瞬間・人というのは一体どんなものなのか、世間の皆さんがよく経験されている”絶句するほど頭にくること10選”について詳しく見ていきたいと思います。

また実際に頭にきてしまった時の対処法なども一緒にご紹介していきたいと思うので、よろしければそちらの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

絶句って何?

本題に入る前にまずは”絶句”の意味についてきちんと知っておくようにしましょう。

そうすれば”絶句するほど頭にくる”というのがどういった状態なのかということもしっかり理解できるようになりますし。

人をそんな状態にしてしまうほど怒らせてしまうのは一体どういうことが原因になるのか?この後もより興味を持って読んでいけるようになるはずですよ。

それでは早速見ていくことにしましょう。

意味

まずは意味についてですが、辞書などで”絶句”について調べてみると「話や演説の途中で言葉に詰まること」というように書いてあります。

つまり絶句とは上手い言い方が見つけられずに話し続けられない状態になってしまったり、あるいは説明や返答に窮する状況になってしまうことを指す言葉になるんですね。

ただ辞書にはこれ以上詳しくは書いていないのですが、実際に絶句という言葉を使われている文章などを見るとそのほとんどが「心理的衝撃を受けることで言葉が詰まってしまうこと」という意味合いで使っていることが多いように思われます。

要するにただ単に言葉に詰まるというだけでなく、何かに感動したり驚いたりした時にその衝撃で思わず何と言ったら良いのか分からなくなってしまう、という状況の時に使うことが多くなってくる言葉というわけですね。

使い方

先程もお話したように絶句という言葉は、何か感情を動かされるような出来事がありそれにより思わず言葉に詰まってしまう、という意味合いで使われることが多いので、実際に使用する場面も感動や驚きなどそういった出来事に遭遇した時というのがほとんどになってきます。

文章的な例文でいうなら「感動のあまり絶句した」「突然のことでびっくりして思わず絶句してしまった」などとこういう使い方ですね。

そしてこれは今回のように怒りが高ぶった時などにももちろん使える言葉になるということです。

ただ見ていただいて分かるとおり今回は”絶句するほど頭にくる”という文章のように、「絶句するほど~」という使い方をしていますよね?

これは絶句の言葉のもう1つの使い方で、「思わず言葉を失ってしまうほどの~」という意味になるのですが、要するにそれだけ相当な心理的な衝撃を受けたという感情の強さを表す言葉としても使えるようになるということなんですね。

なので今回の”絶句するほど頭にくる”というのも「言葉を失ってしまうほどの怒り」という意味になって、それだけ相当な怒りを抱えているというのを他者に表すことができる最適な表現になるというわけなんです。

類義語

もっと分かりやすくなるよう絶句の類義語を紹介していくと、まずはその意味通り”言葉に詰まる”というのが当てはまりますし、同じ意味の言葉である”言葉を失う””言葉が出なくなる”などももちろんそうなってきますよね。

また「心理的衝撃を受けることによって」という意味合いで考えれば、”息を呑む””ハッとする””唖然とする”といった表現も同じような意味の言葉に。

また先程もお話したように絶句は「相当な衝撃を受けた」という感情を表す言葉としても使えるので、そういった意味だと”動揺する””ショックを受ける””呆れ果てる”といったストレートに感情を伝える言葉などともまた同じような言葉になってくるのではないでしょうか。

そう考えると絶句の類義語というのは予想以上に多くなってくるものですし、逆に考えればそれらの言葉を一言で代弁できる万能な言葉とも言えますよね。

この言葉があることでその時の感情の変化もより事細かに他者に伝えることができるようになりますし。

今回の”絶句するほど頭にくる”のようにかなり感情が高ぶっているという時やそれを表したいという時は、ぜひ活用するべき言葉と言えるのかもしれませんね。

絶句するほど頭にくること10個

“絶句”という言葉の意味について分かったことで、”絶句するほど頭にくる”というのがどれほどの怒りかというのも理解していただけたでしょうか?

それではここからはいよいよ今回の本題に移って、その絶句するほど頭にくることというのはどんな瞬間や人になるのか、その例を10個ほどご紹介していきたいと思います。

見てみるとどれも確かに失礼なことばかりですし、これは相当頭にきても仕方がないという感じのものばかり。

読んでいる皆さんにもきっと共感していただけるのではないでしょうか。

「自分だったら許せるかな」「どのくらい怒ってしまうかな」というのを想像しながら、ぜひ1つ1つ読んでいってみてくださいね。

1、遅刻したのに謝らない

世の中にはどうしても遅刻癖が直らずいつも遅れてしまうという人もいるもの。

しかも中にはそれを普通のことと思ってまったく謝らないなんて人もいたりして……こういった人に対しては許す気もなくなってしまいますし、思わず呆れてしまうくらい本当に腹が立ってしまうんですよね。

そもそもこういった遅刻癖がある人というのは昔からいつでも何事に対しても遅れるということが当たり前になってそれに慣れきってしまうので、遅れるということを悪いことと思わない人も結構いたりするんですよね。

しかし遅刻するというのはそれだけ相手の時間を無駄にしてしまっているということで、本当に失礼なこと。

それをまずはしっかり認識をして、そして遅れたとしてもせめて一言謝るとか申し訳なさそうな態度をとるなどしてもらいたいものですよね。

そうすれば待っている人もまだ許せるようになりますし、その後も気分良く過ごせるようになるはずですから。

もちろん1番良いのは遅刻をせず時間を守ってもらうようになることですけどね(笑)

2、他人に迷惑をかけた時

先程の遅刻もそうですが…他人に迷惑をかけるようなこと。