CoCoSiA(ココシア)

愛情表現とは?長続きカップルは必ずしている14個の愛情表現


あなたは日頃からパートナーに愛情表現をしていますか?

もしくは、パートナーから愛情表現をされていますか?

愛情表現をするのは少し照れ臭いですが、メリットがたくさんあります。

この記事では、そんな愛情表現を徹底解析していき、長続きしているカップルが必ずしている14個の愛情表現をご紹介していきます。

上手な愛情表現であなたも大切な人に、想いを伝えましょう。

そもそも愛情表現とは?

愛情表現と一言で言っても、その解釈は様々ですよね。

労る事が愛情だという人も居れば、愛があるからこそ厳しく接するという人も居ますし、関係性によっても愛情表現は大きく変わってくると言えます。

愛情表現の目的は愛を伝えること

様々な関係性によって形を変える愛情表現ですが、その共通点は愛を伝える事であると言えます。

ストレートに伝わる行動でも、相手に勘違いを生ませてしまう様な行動でも本人からすれば「愛しているからこそ」「大好きだからこそ」という気持ちがその根底に必ずあるのです。

逆に、その気持ちが無い行動ならば周りがどんなに「愛情表現だ」と認識したとしても愛情表現だとは言えないでしょう。

主な愛情表現はスキンシップ

愛情表現はスキンシップ
人は本能的に相手に触れる事で愛情表現をします。

キスやハグもそれに含まれます。

その根幹には親子愛の概念が存在されていると言えますね。

人は生まれて直ぐから、母親の肌と触れ合い愛情を注がれながら成長します。

その中で無意識に「肌に触れ合う事で伝わる愛情」という物を学びます。

その為、大人になって自分の愛した相手にも「手を繋ぐ」「キスをする」「ハグをする」など直接的に触れ合う事による愛情表現を取ると言われています。

日本人は愛情表現が下手?

街中で腕を絡ませ合いながら歩いているカップルを見かけたり、別れ際にキスをしているカップルを見てしまった時に何とも言えない恥ずかしさや「こんな人前ではしたない」と感じた事はありませんか?

外国では当たり前の光景が日本では「はしたない」や「恥ずかしい」と言われてしまうのです。

特に外国人の目から見ると「日本人は何で愛情表現をもっとしないの?」と思うのだそうです。

それ位に、日本人は愛情表現が下手という事ですね。

それはいったい何故なのでしょうか?

男尊女卑の風習が長かったから

日本はこれまで長い間男尊女卑の考え方が一般的とされていました。

「男性が女性に媚びを売るなんて恥ずかしい」「女性は男性を立てるべきだ」という考え方ですね。

昔は男性が女性に愛の言葉を囁いたり労ったりする事なんてもっての他だし、ささいな愛情表現でさえも人目に付かない家の中でこっそりと行われていたものです。

今や、随分とそんな考え方は廃れてきたものの根底に根付いた思想というのはしぶとく、今でも「女性に愛情表現をしている姿を他人に見られるのは恥ずかしい」と思う男性も多いようです。

その為、日本人男性は年代が上がれば上がる程、愛情表現が下手であるのかもしれません。

以心伝心に憧れる

これも男尊女卑の風習に関係してくる事なのですが、特に日本人が愛情表現をしないのは「言わなくても通じ合える関係で居たい」と思っている方が多いからという説もあります。

これは、昔の亭主関白なお父さんが「ん」と言っただけでお母さんがお酒を持ってきたりするようなものですよね。

日本人が古来から美徳としてきた「阿吽の呼吸」のように、好きだの愛してるだの言わなくても自分の気持ちを掬いとって気付いて欲しいという気持ちで愛情表現をしない人も少なくはないのです。

日本人は謙遜する人種だから

日本人と外国人の大きな違いは「謙遜の文化」という点です。

日本人は自分や自分の近しい人を褒めない謙遜の文化が未だ根強く息づいています。

近頃の若者でも、お付き合いを始める前までは「好きだよ」「君が一番可愛い」など愛の言葉を散々囁いていたのに、付き合った途端にぱったりと愛情表現がなくなる人も少なくありません。

ならば愛想が尽きたのか?と思って聞いても「そんな事は無い。恋人なんだからそんな事言わなくても良い」という人も居ますね。

つまり、「好きな人=他人」「恋人=身内」な為に、身内を持ち上げる事に違和感を感じてしまうのです。

海外の愛情表現

外国人からすれば日本人の愛情表現は淡泊なものですが、日本人からすれば外国人の愛情表現は熱烈過ぎると感じてしまう程ですよね。

そんな外国の愛情表現を一部ご紹介します。

「my honey」「my darling」は当たり前

外国では恋人や家族など愛情を感じる人表す表現がもの凄くたくさんありますよね。

honey、darlingの他に「my sweetie(私の愛しい人)」や「my love(私の愛)」など、名詞が既に愛の言葉に溢れているのです。