あなたは日頃からパートナーに愛情表現をしていますか?

もしくは、パートナーから愛情表現をされていますか?

ちょっと照れ臭いけれども、愛情表現にはメリットが盛りだくさんです。

そんな愛情表現を徹底解析していき、長続きしているカップルが必ずしている14個の愛情表現をご紹介していきます。

上手な愛情表現であなたも大切な人に、想いを伝えましょう。

そもそも愛情表現とは?

愛情表現と一言で言っても、その解釈は様々ですよね。

労る事が愛情だという人も居れば、愛があるからこそ厳しく接するという人も居ますし関係性によっても愛情表現は大きく変わってくると言えます。

愛情表現の目的は愛を伝えること

様々な関係性によって形を変える愛情表現ですが、その共通点は愛を伝える事であると言えます。

ストレートに伝わる行動でも、相手に勘違いを生ませてしまう様な行動でも本人からすれば「愛しているからこそ」「大好きだからこそ」という気持ちがその根底に必ずあると言えますね。

逆に、その気持ちが無い行動ならば周りがどんなに「愛情表現だ」と認識したとしても愛情表現だとは言えないでしょう。

主な愛情表現はスキンシップ


人は本能的に相手に触れる事で愛情表現をします。

キスやハグもそれに含まれます。

その根幹には親子愛の概念が存在されていると言えますね。

人は生まれて直ぐから、母親の肌と触れ合い愛情を注がれながら成長します。

その中で無意識に「肌に触れ合う事で伝わる愛情」という物を学びます。

その為、大人になって自分の愛した相手にも「手を繋ぐ」「キスをする」「ハグをする」など直接的に触れ合う事にあよる愛情表現を取ると言われていますね。

【スキンシップについては、こちらの記事もチェック!】

日本人は愛情表現が下手?

街中で腕を絡ませ合いながら歩いているカップルを見かけたり、別れ際にキスをしているカップルを見てしまった時に何とも言えない恥ずかしさや「こんな人前ではしたない」と感じた事はありませんか?

外国では当たり前の光景が日本では「はしたない」や「恥ずかしい」と言われてしまうのです。

特に外国人の目から見ると「日本人は何で愛情表現をもっとしないの?」と思うのだそうです。

それ位に、日本人は愛情表現が下手という事ですね。

それはいったい何故なのでしょうか?

男尊女卑の風習が長かったから

日本はこれまで長い間男尊女卑の考え方が一般的とされていました。

「男性が女性に媚びを売るなんて恥ずかしい」「女性は男性を立てるべきだ」という考え方ですね。

昔は男性が女性に愛の言葉を囁いたり労ったりする事なんてもっての他だし、ささいな愛情表現でさえも人目に付かない家の中でこっそりと行われていたものです。

今や、随分とそんな考え方は廃れてきたものの根底に根付いた思想というのはしぶとく、今でも「女性に愛情表現をしている姿を他人に見られるのは恥ずかしい」と思う男性も多いようです。

その為、日本人男性は年代が上がれば上がる程愛情表現が下手であると言えます。

以心伝心に憧れる

これも男尊女卑の風習に関係してくる事なのですが、特に日本人が愛情表現をしないのは「言わなくても通じ合える関係で居たい」と思っている方が多いからという説もあります。

これは、昔の亭主関白なお父さんが「ん」と言っただけでお母さんがお酒を持ってきたりするようなものですよね。

日本人が古来から美徳としてきた「阿吽の呼吸」のように、好きだの愛してるだの言わんなくても自分の気持ちを掬いとって気付いて欲しいという気持ちで愛情表現をしない人も少なくはないのです。

日本人は謙遜する人種だから

日本人と外国人の大きな違いは「謙遜の文化」という点です。

日本人は自分や自分の近しい人を褒めない謙遜の文化が未だ根強く息づいています。

近頃の若者でも、お付き合いを始める前までは「好きだよ」「君が一番可愛い」など愛の言葉を散々囁いていたのに、付き合った途端にぱったりと愛情表現がなくなる人も少なくありません。

ならば愛想が尽きたのか?と思って聞いても「そんな事は無い。

恋人なんだからそんな事言わなくても良い」という人も居ますね。

つまり、「好きな人=他人」「恋人=身内」な為に身内を持ち上げる事に違和感を感じてしまうのです。

海外の愛情表現

外国人からすれば日本人の愛情表現は淡泊なものですが、日本人からすれば外国人の愛情表現は熱烈過ぎると感じてしまう程ですよね。

そんな外国の愛情表現を一部ご紹介します。

「myhoney」「mydarling」は当たり前

外国では恋人や家族など愛情を感じる人表す表現がもの凄くたくさんありますよね。

honey、darlingの他に「mysweetie(私の愛しい人)」や「mylove(私の愛)」など、名詞が既に愛の言葉に溢れているのです。

以心伝心などない、日々愛を囁く事以上にお互いの気持ちを認識しあう方法は無いと言わんばかりですよね。

全ての基本はスキンシップ

外国人は特別な愛情を感じる相手でなくてもスキンシップを欠かしません。

初対面でもハグをしますし、いくつになっても親子間や兄弟間、友人間などでハグやキスは当たり前のものとして行われていますね。

だからこそスキンシップに「恥ずかしい」なんていう感情は生まれずに愛情をそのまま体で表現する事ができるのです。

長続きするカップルに聞いた愛情表現の方法

世の中のカップルには、長年いつまで経っても付き合いたての頃と変らない熱量でお付き合いを続けているカップルと、「あれ?いつ別れたの?」という位直ぐに別れてしまうカップルが居ますよね。

その違いは一体何なのでしょうか?その中でも特に長続きしているカップルに聞いた愛情表現の方法をご紹介します。

長続きする秘訣は、実はこの中に無数に隠されていたのです。

彼氏から彼女へ

まずは彼氏から彼女へ向けた愛情表現をご紹介していきます。

特に男性の方は「恥ずかしい」「どう愛情表現すればよいのか分からない」などの理由で普段から愛情表現を疎かににしている人も少なく無いのではないでしょうか?

今、お付き合いしている彼女と末永くカップルで居たいと思うのなら、積極的に以下の愛情表現を取り入れてみて下さいね。

恥ずかしいと思うのは最初の内だけです。

慣れてくれば、お互いが素直に愛情表現を行えるようになってきますよ。

好きを言葉で伝える

相手を好きだという気持ちは言葉で表現するのは、最も基本的な愛情表現であり最も効果がある愛情表現とも言えます。

感情という目に見えないものを言葉として形に変えて伝わる事で相手に気持ちがストレートに伝わりますよね。

相手に面と向かって「好きだ」と伝えるのが恥ずかしいという方はメールなどでも構いません。

急にそんな事を伝えると「どうしたの?」と彼女に言われるかもしれませんが、きっと言われた彼女もまんざらではないはずですよ。

力仕事や汚れ役を引き受けること

買い物に行って重い荷物を持ってあげたり、汚れ役を引き受ける事で愛情表現をする人はとても多いです。

紳士的であるとも言えますね。

特に恋人が力仕事や汚れ仕事を率先して引き受けてくれる事で「女性扱いされている」「大事にされている」と感じる女性も少なくありません。

ただし、あまりにもやり過ぎると逆効果になる場合もあるのでご注意を。

流石にハンドバッグなどの小さくて軽い物を持ってあげたりしていると、周りの目から見た時に「子分みたい」なんて思われかねませんからね。

彼女を継続的に褒める

彼女を褒める事は簡単ですが、「継続的に褒める」事はとても難しいです。

それが出来るのは相手の些細な変化も見つけられるからであるし、一緒に過ごす事に慣れずに毎日付き合いたての頃の新鮮な気持ちを忘れずに居れるからであると言えるからです。

また、「誉める」という行動は「相手に喜んで欲しい」という思いの表れでもあります。

どれ程長い間一緒に過ごしている恋人でも、常に「喜んで欲しい」と思えるのは素晴らしい愛情の形とも言えますね。

優しく抱きしめる


肌で触れ合うスキンシップは最も効果的な愛情表現と言えます。

日常的に優しく抱きしめる事で、その度に愛情を確認し合う事はとても大切な事とも言えます。

人はそれぞれパーソナルスペースと呼ばれる感覚を持っています。

他人に入られる事で自分が深いと感じる距離感んの事で、それは親密になればなる程狭くなると言われています。

抱き締められる0から15cmの距離は「密接距離」と呼ばれており、日常的にその距離で触れ合う事で心も体も親密な関係になっていくという効果もあります。

将来の話しをする

大切に思う相手だからこそ、将来を見据えた話を出来るという事でもあります。

1年後、まだ付き合っているかも分からない相手と将来の話なんかしないですよね。

将来の話をするという事は「遠い未来も一緒に居たい」と思っている気持ちの表れです。

その気持ちを汲み取る事で愛情を感じる女性はとても多いでしょう。

「先に計画した旅行の話」「将来の展望」「2人で過ごす未来」などの話をすると、お互いが愛情を持った上で将来を共にしていきたいという気持ちが伝わりやすいですね。

彼女から彼氏へ

続いては彼女から彼氏への愛情表現について解説していきます。

女性から男性への愛情表現は左程難しくなく、寧ろ「愛情表現をしても男性がそれに応えてくれない」という悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか?

女性から男性へ愛情表現をする場合はハードルが低い分、男性のタイプにあった愛情表現をする必要があります。

それも踏まえて解説をしていきますので参考にしてみて下さいね。

「好き」を伝え続ける

相手への「好き」という気持ちを言葉にして伝える事の重要性は男女共に変わりません。

勿論、口先だけではいけませんが言葉にする方がストレートに気持ちを伝えらえるのは確かです。

しかし、中には彼女が「好き」と伝えたのにも関わらず「あぁ…」「うん」等と自分は感情を言葉にしたい彼氏も少なくないのではないでしょうか?

そんな彼氏は、貴女のように感情をストレートに言葉で表現するのが苦手なのかもしれません。

「私はあなたの事が好きなんだけど、あなたは?」など、YESかNOで答えらえるような言葉を伝えてみてはいかがでしょうか?

「自分だって好きだと言われたい!」と思うかもしれませんが無理強いは「重い女」になってしまう危険があるので控えましょう。

彼氏のペースに合わせながら愛情を伝える事っも大切ですよ。

抱きつく

自分に甘えて抱きついてくる彼女を疎ましいと思う男性は居ません。

彼氏からの愛情表現が「抱き締める」のに対して彼女からの愛情表現が「抱きつく」というのは実はペアになっている愛情表現でもあるのです。

彼女が抱きついてきた愛情に応えて、彼氏が抱き締める、という事です。

どちらから愛情表現をするのかどうか、よりも相手の愛情表現に愛情表現で応える事のできるカップルこそが長続きするのだとも言えますね。

恥ずかしがりな彼氏の場合は、部屋に居る時や人目に付かない所で手を握ってみるなど、まずは小さなスキンシップから初めてみるのもおすすめですよ。

彼氏を頼る

困った時や一人で解決できない問題にぶつかった時、一番に頼ってくれる事で「信頼されている」「愛されている」と感じる男性はとても多い物です。

草食系男子が増えたと言われていても男性の中には矢張り「彼女の前では頼れる男で居たい」という気持ちがあるものです。

困った時や迷った時に、自分を頼ってくれる彼女の存在を「守りたい」「助けてあげたい」という愛情で返してくれる事もありますね。

ただし、あまりに頻繁に頼り過ぎていると「パシリにされているのかな?」と感じてしまう事も少なくありません。

きちんと、自分で出来る事は自分でするものの「ちょっと頑張れば何とかできるかな?」位の事をお願いする位の方が可愛げがあるかもしれませんね。

愛称で彼氏を呼ぶ

彼女に愛称で呼ばれる事で特別感を感じて愛情表現と受け取る彼氏も多いです。

二人だけの呼び名を使う事で、より親密な関係のように思える為ですね。

付き合う前までは苗字で呼び合っていたのに、付き合ってからは名前で呼び合うカップルが増えるのはこの為です。

普段とは呼び方を変える事で「関係性の変化」をお互いに認識し合っているという効果もあります。

中には外国人の呼び方を模して「darling」から派生した「だぁ」なんて呼び方も最近チラホラと聞く事がありますね。

お互いに特別な呼び方をする事も、特別な関係性を主張している立派な愛情表現と言えます。

彼氏を男として立てる

特に長続きしているカップルの彼女は、彼氏を男として立てる事がとても上手な事が多いです。

これは特に、彼氏の人間性をしっかりと把握してないと出来ない事でもありますよね。

彼氏にとって心地よく過ごして貰おう、プライドを保てる様に自分も動こうという、ある意味での「奉仕の精神」は十分愛情表になりうる物だと言えます。

結果、自分の想いに応えてくれたり、自分を立ててくれる彼女と過ごす時間は心地よく彼氏自身も彼女の事を大切しようと思える訳です。

愛情を与える事で、愛情が返ってくるというとても理想的な愛情表現と言えますね。

夫婦としての愛情表現

彼氏、彼女の関係の頃とは大きく変わってくるのが夫婦関係になってからです。

それまで好きであるという事を伝え続ければそれで良かったものの、結婚し一つの家庭を築くと付き合っている頃に出来ていた事が出来なくなってしまう夫婦も少なくありません。

他人同士が家族として共に生活し、仕事や家事等を分担して日々を送っているのですから仕方が無いと言えば仕方が無いとも言えますね。

しかし、そんな中でも付き合っている頃とは変わらず仲良く日々を過ごしている夫婦はこんな愛情表現をしているのです。

感謝の言葉を言う

夫婦として日々を送る中で仲の良い夫婦が絶対に行っている愛情表現が「感謝する」という事です。

特に日本人は、男性が外でお金を稼ぎ女性が家を守るという風習が長く続いていました。

そうするとお互いに「男性が仕事に出るのは当たり前」「女性が家事をするのは当たり前」とお互いを顧みる事ができなくなってしまうのです。

そんな中でも「毎日お仕事頑張ってくれてありがとう」「美味しいご飯を作ってくれてありがとう」とお互いに感謝を伝えあう事で、お互いを蔑ろにせず想い合う事ができます。

些細な事かもしれませんが、絶対的に効果の高い愛情表現こそが「感謝の言葉を言う」という事なのです。

「妻」「夫」の言葉に愛情を込める

実は意外と多い結婚後のトラブルの1つが「呼び名」なのです。

結婚する事で、恋人関係が主従関係の様に変わってしまう夫婦も珍しくなく、夫に「おい」や「こいつ」と呼ばれる事を気に食わないと思っている妻はとても多いのです。

その一方、円満な夫婦は大抵「旦那さん」「奥さん」といった呼び方をしたり、恋人関係の時と同じく名前呼びをしている夫婦も少なくありません。

少なくとも、夫婦になっても個人である事を表現するように名前で呼び合ってりうご夫婦は大抵円満である場合が多いですね。

子供が生まれると「お父さん」「お母さん」と子供の混乱を避ける為に呼び方を変える場合もありますが、これはあまりおすすめしません。

この呼び方をしているとお互いが「個人」ではなく子供の為の「お父さん」「お母さん」なんだという意識が強くなり愛情が全て子供にのみ向いてしまっていると感じている夫婦が少なくないからです。

やはりお互いに想い合ったパートナーを認識する意味でも、いつまでも名前や相性で呼び合える関係を続ける事も立派な愛情表現と言えますね。

結婚後も触れ合う

結婚し、特に子供に恵まれた場合パタリと触れ合う事が少なくなってしまう夫婦は少なくありません。

しかし、これはとても危険なのです。

普段からパートナーとスキンシップを取る事で今まで愛情表現していたにも関わらず、それがなくなってしまうとどうしてもお互いの心に距離が生まれてしまい段々と「今更触れ合うのなんか恥ずかしい」「スキンシップをとるなんて何だか変だ」と益々、触れ合う機会を失ってしまうのです。

現に、円満な夫婦はスキンシップを欠かしません。

些細な事でも相手に触れていたり、手を繋ぐ、キスをするなどボディタッチしながら愛情表現を繰り返す事で、子供が出来ても年を重ねても恋人同士の様な夫婦でいられるのです。

お互いに信頼し、頼る

結婚生活に「信頼」は必要不可欠です。

どちらかが、相手を信用できなくなると夫婦関係は簡単に破綻してしまうものです。

夫婦の愛情表現の中に「信頼する」というのは欠かせないものであるとも言えますね。

また、円満なご夫婦はお互いに頼るのが上手だという特徴もあります。

何かを頼れるというのは信頼しているからこその事です。

それをお互いで出来るという関係性こそが、とても重要なのです。

お互いに信頼し、頼る事は結婚生活において必要不可欠な愛情表現とも言えますね。

上手く愛情表現するコツ

それぞれの関係性ごとに愛情表現は異なりますが、大切な人といつまでも想い合っていたいという気持ちは全てに共通している事でしょう。

そんな気持ちを表現する、愛情表現ですが、中には「照れてしまって中々愛情表現ができない」という方は「自分は愛情表現をするのに相手は応えてくれない」という方も少なくないのではないでしょうか?そんな方の為に上手く愛情表現をするコツをここでは紹介していきます。

素直になる

「好き」だという気持ちを、そのまま言葉に出せる素直さを持ちましょう。

特に周りの目を気にしてしまう性格なら、まずは室内など人目に付かない場所で行うのでも構いません。

パートナーはきっとあなたの気持ちを受け止めてくれる筈なので、少しずつスキンシップをとって、想いを言葉にする練習をしていくのが愛情表現の第一歩です。

相手に引かれるのでは?と思っていませんか?

「自分はそういう事を言うキャラじゃない」「急に素直になったら相手が引いてしまうかも」と思う人は多いですが、感情を言葉にする事は悪い事ではありません。

寧ろ、あなたが感情を言葉にしない事で相手を不安にさせているかもしれないという事を忘れてはいけません。

どうしても気になるのならば、まずは軽く「自分が「好き」とか言ったら変だと思う?」などと第三者にすり替えるように聞いてみてはどうでしょうか?

「急にどうしたの?」という反応を見せるパートナーは多いでしょうが、それ以上に「嬉しい」と思ってくれるパートナーの方が多いのではないでしょうか?

「好き」を「幸せ」や「嬉しい」に言い換えるのも有り

好きな気持ちを言葉にする時に、「好き」とストレートに伝える事が出来ればそれに越した事は無いですが、日本人の控えめな人間性からすると難しいと感じる人の方が多いかもしれませんね。

そんな時は違う言葉に言い換えるのも有りです。

「あなたと一緒にいると幸せだな」「一緒に居てくれると嬉しい」など想いがしっかりと相手に伝わる違う言葉に言い換えるのも一つの方法ですよ。

恥ずかしがらず、本能のままに

愛情表現は本能のままに無意識の状態で行えるのが理想的です。

意識して「好きだと伝えよう」「スキンシップをとろう」と意気込むと、どんなに愛情表現が得意な方でも何だか気恥ずかしく思ってしまうものです。

まずは、ふと近付いた瞬間に相手の体に触れたり、「あ」と思った時に相手の事を褒めてみたりと、恥ずかしいと思う前に行動にしてしまいましょう。

愛情表現は訓練次第でとても質の良いものになります。

普段から愛情表現をし慣れている人程、自分では特別な事は何もしていないと思う程に無意識の元で愛情表現をしている事が多いのです。

まずはパーソナルスペースに慣れる

これまで愛情表現をあまり行ってこなかった人は、まず相手のパーソナルスペースに入るように心がけるのがおすすめです。

心理的に「他人を入れたくない」と思う距離感が相手だけでなく自分にもあります。

お互いのパーソナルスペースを縮めていく事で、より自然に触れ合えたりスキンシップを取れるようになりますよ。

ボディタッチで触れ合う

最も簡単な愛情表現であるボディタッチは、今まで素直に愛情表現を出来ずこれから二人の関係性を変えていきたいと思う方にとてもおすすめです。

どんな事でも良いので、相手と会話を交わす時には体に触れた状態で話すのが良いですね。

ハグをする、キスをする、などを日常的に行えると尚の事良いでしょう。

我慢しないで甘える

人間誰しも「誰かに頼りたい」「誰かに甘えたい」と思う瞬間があります。

そんな時に素直に甘えられるか、どうかは愛情表現をする上でもとても重要な事です。

自分は「そんな事で甘えられても相手も迷惑かもしれない」と遠慮して我慢してしまっていても、パートナーは「しんどそうなのに自分に甘えてはくれないのか」と思ってしまっている事も少なくないでしょう。

あまりに甘えすぎて「重い」と感じられてしまうのが怖いという意見もありますが、まずは一度我慢しないで甘えてみる方が良いでしょう。

その時の相手の様子をしっかりと判断する事で、今後どれくらい甘えてみても良さそうなのかという指針にもなりますよ。

特に、男性は「頼られたい」と思っている人が少なくありません。

女性はまず、自分の弱い所を見せれる位の素直さがある方が「愛しい」と思って貰えるかもしれませんね。

冷静に

愛情表現をする中で、最も避けたい事態が相手に「重い」と捉えられてしまう事です。

愛情を伝える事ばかりに夢中になってしまっていると、相手との間に温度差が生じてしまって二人の関係に亀裂が走ってしまう事もあります。

そんな事態を避ける為にも、時には冷静になって見返し「自分ばかり愛情表現をしていないか?」「相手からは愛情表現をされているか?」と一方通行になってしまっていないか確認する事が大切です。

愛情とは「与える」と「与えられる」が対になって初めて成立するものだという事を忘れないようにしましょう。

相手をよく観察すること

自分と相手の感性が近ければ近い程、愛情表現は容易ですが全てのカップルがそうかと聞かれれば、そうではありませんよね。

ストレートに愛情表現が出来る人の好きになる人が、必ずしも同じようにストレートな愛情表現を行えるタイプなのかと言えばそんな事は無いのです。

そんな時は、しっかりと相手を観察する事が大切です。

自分の感性とはまた違った形で、愛情表現をしてくれている事もすくなくありません。

いつだって、自分と同じ感性や熱量の愛情表現を求めるのではなく、相手の感性や熱量を感じようと寄り添う気持ちも愛情を伝えあう上でとても大切な事なのです。

愛情表現の大切さを知る

愛情表現の苦手な人は、大抵の場合その重要さに気付いていません。

愛情表現とは「好きだ」「愛してる」という事を全面的にアピールするだけではなく、パートナーの事を慈しみ大切にしたいと思う心の現れでもあるのです。

単純に自己顕示欲を満たすだけの愛情表現は相手の心には響きません。

相手を尊重し、大切に思う事からはじまるものこそが愛情表現なのです。

相手の愛情表現に応じる

自分は愛情表現が苦手だけど、パートナーは愛情表現が得意である場合も少なくありません。

そんな場合、相手の愛情表現にはしっかりと応えてあげましょう。

自分から愛情表現をするのが苦手な人でも、相手の気持ちに応えるだけでもしっかりと愛情は伝わります。

「急に何なの?」「らしくないね」など、相手の気持ちを無碍にしてしまう態度は絶対にNGです。

自分が出来ないのならばせめて、相手の気持ちを受け止めてあげる事で愛情表現をしてあるのがせめてもの愛情表現ではないでしょうか。

愛情表現の効果を学ぶ

特に男性で愛情表現が苦手な人は、その心理的効果などを学ぶのがおすすめです。

何故、人間は愛情表現するのか?そうする事でどんなメリットがあるのか?この行動は人間だけに見られるものなのか?等、有名な論文で発表されているもの等も多く掘り下げていくと面白い効果を知れる事も多々あります。

特に男性は感情より理論で動く事の方が得意な人も少なくありませんよね。

今までとは違ったアプローチで愛情表現の効果を学んでみれば「実践してみようかな」という気持ちになれるかもしれませんよ。

まとめ

人間も含めて動物は様々な愛情表現をしてパートナーとの愛を確認し合いますよね。

愛情表現は何も恥ずかしいものではない事、生物として自然な行動である事も理解して頂けたでしょうか?

是非、これを読んだら大切な人に愛情表現をしてみて下さい。

愛を伝える事は相手も自分も幸せになれる事ですから。