男性にモテるいい女とはどんな人を想像しますか?

女性側の考えで言えば、スタイルが良くパーフェクトな女性を想像しているでしょう。

しかしそれはあくまでも女性側の勝手な判断に過ぎず、男性側の意見を考慮していないため絶対条件であるとは言えません。

女性と男性の価値観は違うため、女性が思い描いているような人物像ではないんですよ。

全ての女性が落とし穴にはまりやすい男性からモテるいい女像を伝授いたしましょう!

男性にモテたい人や、婚活を成功させたい人には是非読んでもらいたいです!

「いい女」と「美女」は全くの別物

いい女と美女は全くの別物だと思ってください。

そもそも男性がいういい女とは、心の底からこの女性を抱きたいかと思える存在であるかです。

はっきり言えばそこまで綺麗な人が多いわけではありません。

もちろん顔も重視ですが、可愛らしい女性の事を意味します。

いい女とは男性を脅かさない女の事であるという考えを持って下さい。

自分より能力が上だったり、メンヘラのような精神が病んでいる女性ではない人物ですね。

いい女は男女ともに好かれる人物が多いです。

反対に美女はざっくり言うとモデルさんのような人でしょうか。

外見は綺麗だけど…という感じですね。

女性からみれば綺麗と言われたいと思われるかもしれませんが、男性からみれば綺麗な女性は好きではありません。

確かに見た目はいい女よりも勝っています。

しかし綺麗な女は型通り、そしてブランドをジャラジャラ付けているようなけばけばしい女性なので苦手みたいですよ。

綺麗な人全員とは言いませんが、綺麗な人は性格が悪い人もたくさんいます。

正直に言うと外見を綺麗にしているだけで、他の部分がおろそかになってしまっているんですよね。

<男女別>いい女の条件14選

男女別でいい女の条件をお伝えしていく前に、女性と男性ではいい女の条件は大きく異なります。

女性は自立系、男性はある意味で言えば理に適っているでしょう。

かなり違いが出ますが、一部は絶対条件ではないものもあります。

女性が思ういい女はあくまでも固定概念程度でしかないです。

実際男性に意見を聞いた人いるんでしょうか?

もし意見を聞いていたとしても、女性側から見れば大した事ない条件だと頭から否定しているかもしれませんね。

いい女になりたいと思う人は多いですが、自分の固定概念のみで物事を考えてはいけませんよ!

女性が思ういい女

女性が思ういい女は、半分正解でありもう半分は結婚後の理想の妻という感じですね。

間違っている訳ではないのですが、いい女としての条件からはややずれています。

言葉にするのは簡単ですが、真意を知らない限りは間違った方向に進んでしまいそうなので注意して下さい。

何がどうだめで、何がどういいのか詳しく解説していきましょう。

条件としては怒らない女というのが一番理想なんですけどね。

1:スタイルがいい

スタイルがいい、これは当然ですね。

ただ女性のスタイルがいいというのは、どのような人物をイメージしていますか?

モデルさんのように細すぎる手足をイメージしている人が多いと思いますが、これは大きな間違いです!

モデルさんの場合は服を綺麗に着こなせるために細くしているのであって、実際はガリガリの汚らしいガイコツ以下の体をしています。

栄養失調寸前の体なので、健康体ではありません。

あばらも浮き出て、胸もお尻も女性らしいフォルムも全くない体でしかないそうです。

モデルさん全員とは言いませんが、現役モデルはほとんどの人がそうですね。

あえて言いますがボンキュッボンになれとは言えませんが、最低限くびれを作りましょう。

女性はよく男性は巨乳が良いという考えがありますが、それは人それぞれです。

反対に女性は男性器の大きい人が良いかと言われたらそんな事はありませんよね?

極端な話かもしれませんがそのレベルなので、なんでもほどほどが一番だという認識を持って下さいね。

2:精神的に自立している


精神的に自立している人間というのは、正直微妙な所ですね。

女性から見ればカッコいい女性に見えるかもしれませんが、それは結婚後の話ですね。

いい女として見るには違います。

男性は優位に立ちたいと思っている生き物です。

出来れば女性には自分を頼ってほしいと思っています。

しかし自立している女性は、自分を頼ってくれそうになく色々意見してくるので敬遠されると思って下さい。

実は自立している女性ほどモテないんですよ。

ただ結婚して子供が生まれたら、自立してもらえたら助かるという感じでしょう。

恋人の状態であれば頼ってほしいと思いますが、結婚後は男性のサポートに回らないといけません。

家計を助けるために仕事したり、母として子供の面倒を見る必要がありますからね。

3:仕事もプライベートも充実

ケースバイケースだと考えて下さい。

仕事もプライベートも充実している女性は、中々あった事ないです。

そもそも充実しているというのは人によって異なります。

バンドの追っかけをしている、趣味や習い事に精を出しているのが充実していると言えるでしょう。

男性から見れば別にどうでもいいと思ってしまうんですよね。

確かに充実していると顔は明るいので印象は良いでしょう。

しかし趣味や習い事が身にならないものであれば、女性側は充実していると思っても、男性から見れば意味のない事や単純に自分が楽しむだけのお金捨ててるようにしかみえないのです。

スポーツジムやエステなどの自分磨きは美を保つために必要なものですが、アロマテラピーやフラダンスなどのような趣味は全くもって意味がありません。

ダイエット目的や知識を高めたいという目的でアロマテラピーやフラダンスを習うなら構いませんが、それって将来何かの役に立つの?と男性に思わせてしまうような趣味は完全にアウトです。

そういう人は結婚した時に無駄にお金を使いそうだと思われてしまうので、彼女としてはいいのですが結婚相手としては見てもらえないでしょう。

ただ将来的に役に立ちそうであるものならば、男性の理解を得れますよ。

正直仕事に関しては、相手にとっては女性の仕事が充実していようがどうでもいい話です。

4:男性と同じぐらい仕事ができる

男性と同じくらい仕事ができるのは、これもまたケースバイケースですね。

別に女性の場合は、男性と同じくらい仕事が出来なくても問題ありません。

むしろ男性より出来ない方が望ましいです。

何故男性と同じくらい仕事が出来ない方が良いかという話ですが、よく問題になっている件はあり、男性より女性の収入が上だったり格差があるとお互いの関係に亀裂が生まれてしまいやすくなります。

男性はこいつは俺がいなくても大丈夫だと思ってしまうと、高確率で浮気するか別れを切り出されると思ってください。

だって男性の良い所を女性がかっさらっている状態ですからね。

男性と同じくらい仕事が出来ていいのは、男女共に同じ仕事をしているかどうかです。

例えば私の所では、夫婦共同でアフィリエイトをやっています。

私は過去に事務をやっていましたが、パソコンがそこまで出来る分けではありませんし、HTMLなどホームページ作成も理解出来ていません。

反対に旦那は学生時代からパソコンを触っており、プロ級のスペックを持った人間なので、能力には雲泥の差があります。

ただ旦那は私にもアフィリエイトを手伝ってほしいからという事で、パソコンについて教えてくれたり、アドバイスをくれたりしました。

まだまだ上手くできる訳ではありませんが、男女ともに共通して仕事をしているのであれば、男性と同じくらい仕事が出来る方が助ける事が出来るでしょう。

自営業などでは仕事が一緒でしょうしね。

5:料理ができる

これは間違いなくいい女の絶対条件だと思ってください。

料理が出来る女性は、めちゃくちゃポイントが高いです!!

1回男性に趣味は料理ですと伝えてください。

見る目が大きく変わりますよ。

男性の心を掴むのは胃袋と言われています。

これは間違いではなく本気です!

料理が出来ない、上手くないのであれば練習しましょう。

料理が出来て損する事は1つもありませんよ!

実は私の母は壊滅的に料理が下手くそな人間なのですが、父と離婚した原因は料理にもあったのではないかと考えています。

どのぐらい壊滅的かと申しますと、グラタンに鳥のネギ塩焼きなんかを入れたり、グラタンが水っぽかったり、毎回料理の味が安定していないほどなのです。

当人曰く食べる事に興味がないそうなのですが、こちらからすれば迷惑としか言いようがないでしょう。

子供である私や姉は反面教師にしていますからね。

料理が出来ない女性は、今すぐ料理教室に通ったり極めましょう!

6:気がきく

気が利くというのはモテます!

ただ料理が出来ると違って単純な話ではありません。

気が利くか、もしくは単なるお節介に分かれるからです。

気の利く女性は、男性を持ち上げる事が出来ると思ってください。

男性を褒める事は重要とされています。

私の母は気が利かない人間で、男性を褒める所かけなす事しかしませんでした。

男性は褒められてなんぼの生き物です。

ヨイショ出来ない女性は、嫌がられてしまいます。

私も姉も本当に母を反面教師にしているため、何回か母に人をけなすなとブチ切れた事がありますよ。

リアルな実体験なのですが、男性を持ち上げられない人間は他者を褒める事が出来ません。

それは自分の子供にも当てはまるので、私や姉は母から褒められた記憶がないです。

はっきり言いますと、他者を褒められない人間は結婚する資格なんてありませんからね!

自分に自信がない子に育ってしまうので、子供が不幸な目を見ます。

相手を気遣ったり、体調を心配したりする事も気が利くの1つですが、それ以上通り越してしまうと怖い女に発展してしまうのです。

気が利く人間は人に対して優しく、思いやりを持っている人間かもしれませんね。

男性が思ういい女


男性がいい女とは、心の底から抱きたいと思うような女性とは言いましたが、それは体だけではありません。

性格も見ての事なので、中々一筋縄ではいかないんですよ。

分かりやすく言えば男性にはない女性の部分を刺激させるような人という言い方が正しいかもしれませんね。

1:素直

女性は大半ひねくれた女性が多いです。

他者がいくら言っても自分はこうじゃない、ああじゃないという過信をしてしまう人がいます。

相手側からすれば褒めたつもりでも、そうでもないとずっと言われるとちょっと鬱陶しいなと思いますね。

ひねくれている人よりも、男性は嬉しいと素直に感じてくれる女性の方が良いのです。

嫌な事は嫌と言ってくれる女性の方が後腐れがありませんし、さっぱりとしているので好感を持てます。

素直さを持っている人間は、素晴らしい人格の持ち主ですよ。

2:髪をきちんとケアしている

女性の髪の毛は女の命と言われるほど、大事にしなければいけないものです。

髪の毛をきちんとケアしていますか?

私はくせ毛な上に超剛毛なので、常にストレートを当ててはいますが、梅雨時期に手入れを怠ってしまうと凄くもじゃもじゃしてしまうので厄介ですね。

女性でも私のような髪質の方は多く、自宅でのケアも必須になるため、中々手入れが大変な人も多いでしょう。

髪質的に柔らかでストレートな方であれば一番良いと思うのですが、そうでもない人はそれ以前の問題なので大変ですよ!

髪の毛のケアは定期的に行いましょう。

ヘアケアをしていないと、見苦しいあたまになってしまったり、枝毛など傷んでいる部分が見えてきてしまうのでみっともないです。

男性が自分と違う部分だと思わせるポイントは、髪の毛にもあります。

基本的に男性はそこまで髪の毛を大事にはしていません。

女性はリンスやトリートメントを使用しますが、男性はシャンプーのみしか使っていないんですよ。

へアセットをしている男性はたくさんいますが、それでも根本からケアしている人は女子力の高い男性か美容師さんくらいでしょう。

美しい女性の髪に思わず惹かれたり触れてみたいという気持ちになる男性もたくさんいますからね。

3:自分に似合うファッションがわかっている

自分の似合うファッションが分かっていない女性ってとても多いんですよ。

好きと似合うは全然違いますからね。

私は昔ギャルっぽい服などを好んで着ていましたが、周りから似合わないと批判されておました。

しかし批判されても関係なく着ていたのですが、その内自分痛々しい格好をしてるなという感じでしたね。

似合っていないファッションの人と一緒に歩いていると、相手に恥をかかせてしまう事となります。

自分に似合っているファッションをしている人は、柔軟性があると見てもらえますよ。

4:体の先までケアが行き届いている

正確には頭の先から足の先までのケアが行き届いているかどうかです。

髪の毛、顔、お肌、爪、など全部ですね。

結構厳しめのように聞こえるかもしれませんが、身体の隅々までお手入れが出来ているかなんですよ。

男性って女性を結構見てます。

一部分だけ綺麗にしていてもいけません。

細かい事を言えばひじやヒザなども注意して下さい。

ヒザに肉が乗ってしまっているよう女性はアウトです。

他にも脱毛したり、美容室でトリートメントしたり、ネイルケアも必要ですね。

ごてごてしたネイルアートは、ケアをしているとは言えません。

5:健康的な体型

健康的な体型というのは、細すぎずかといって痩せすぎずと言った所でしょうか。

ほどよく肉が付いている女性を好みます。

余計な所に肉がついていない人ですね。

一概に男性はぽっちゃりが良いとは言われていますが、女側はぽっちゃりの意味をはき違えてしまっている人多いんですよ。

男性がいうぽっちゃりが好きな人というのは、健康的な女性を指します。

女性が言うぽっちゃりでは肥満体の事を指すので、全然意味合いが違うのです。

標準体重より下くらいが望ましいでしょう。

個人の肥満体は身長によって差があります。

ちゃんと計算して下さいね。

6:姿勢が美しい

猫背な人って醜く見えませんか??

どうしても性格も曲がって見えちゃうんですよね。

7:香りに気を配っている

男性は女性の香りが好きです。

女性と男性の体臭は大きく異なります。

汗やホルモンバランスの関係によるものなのですが、基本的に男性の匂いは独特なものです。

子供の頃お父さんの枕が臭い!と思った事はありませんか?

女性で匂いがきつい人はそうそういないのですが、きつい人は本当に臭いんですよ。

芸能人の渡辺直美さんがお風呂嫌いで有名で、女性でもお風呂に入るのが嫌という人まれにいます。

極端な話かもしれませんが、お風呂好きじゃない人結構いるんですよ。

女性の香りというのは女性本来の匂いを表していると考えてください。

自然な香り、つまりシャンプーや石鹸の香りが好きという男性が圧倒的に多いのです。

お風呂上がりの香りなどに惹かれてしまう男性いますからね。

変な香料を付けてしまうと、男性は嫌がります。

自然な匂いではないもの、香水など化学的なにおいのするものは嫌がりる可能性が高いです。

香水を振りまいている女性って、お風呂に入っていないのかなと思ってしまうんですよね。

好きなにおいって人それぞれなので微妙なラインでもありますが、トイレの消臭剤のような匂いがする香水もあるので気を付けてください。

香りを何か付けようというのではなく、自分の体臭のみで勝負しましょう。

8:体の関係にならない

これ落とし穴にハマってしまう女性多いんですよね。

上記に記載はしていますが、男性がいい女と感じるのは抱きたいと思う女性です。

よく付き合う前に好きな男性と体の関係を持ってしまう女性はいるのですが、残念な話安い女にしか見られないんですよ。

女性的には男性と体の関係を持てば恋人関係になれると思いこんでいる人多いのですが、男性側から見れば違います。

それは、ただの都合のいい女なのです。

自分を大切にしたい人は、簡単に体の関係を持ってはいけないのです!

体の関係など持たず、男性が抱きたいと思うような女性を目指して下さい。

人間性も素晴らしい!内面的な部分でみるいい女

いい女というのは外見だけではなく、当然内面も要求されます。

内面はかなり重要な部分です。

どんだけ見た目が良くても、性格が悪かったら付き合いたいとは思わないでしょう。

最強にいい女と言うのは、内面と外見が全て備わった人間の事を言います。

聞き上手で相手を立てられる

男性が真に好むいい女というのは、自分の話を聞いてくれる上に相手を立ててくれる女性です。

これは男性だけではなく、同性も一緒ですね。

話を聞いてくれる人には好感を覚えます。

反対に話を聞いてくれない、自分の話ばかりする人間には良い気持ちにはならないでしょう。

聞き上手な人は傾聴が出来るかどうかにもかかってきます。

中々傾聴するのって難しいんですよね。

テレアポや受付の人であれば上手く人の話を聞くことには長けていますが、普通はそうでもありません。

そして相手を立てる人間と言うのは、人に対して褒める事が出来るかどうかです。

傾聴は難易度が高いですが、まだ人を立てる事は出来るのではないかなと思います。

誉めるというのは人のよさを伝えれば良いのです。

男性は人から褒められる事を好みますからね。

自分をけなしたり、否定するような女性には好感を持ちません。

自分をすごい存在として扱ってくれる女性の事を凄く大切にしてくれます。

悪口や陰口を言わない

悪口や陰口を言う人間は当然好かれません。

人の嫌な部分を聞いて好きになる人はいないでしょう。

悪口ではなくこういう部分があるからちょっと…というのであれば別ですが、こいつ嫌いありえないなどぐちゃぐちゃいう人間の悪口を聞くのは誰だっていい気はしません。

負の感情は男性には言わないようにして下さい。

これは男女共に共通するケースなので、気を付けないと性格が悪い人だと思われてしまうでしょう。

自分では気が付きにくいかもしれませんが、悪口や陰口を言う人間の顔は凶悪犯そのものの顔をしています。

癖になってしまっている人は、今日から人の悪口や陰口を言わないようにしてくださいね。

仕事のうっぷんや嫌いな上司や同僚がいて、悪口を言わないと気が済まないという人は、自己解決しましょう。

適当な紙に書いて自分の思っている事を全て書き出すのです。

負のオーラを全て発散すると言った形でしょうか。

自分の意見をはっきりと伝える

自分の意思をはっきりと伝える事は出来ますか?

よく女性って言わなくてもわかるでしょう?という風にする人いますが、相手に分からせようとする人間はずるい人間であるとしか言いようがありません。

自分の意思をはっきりと伝えられるかどうかにもよりますが、相手側からすればイラっとします。

先日私の仕事先のカフェで態度の悪い女の子2人に注意をしました。

注意した後、彼女たちはとても不貞腐れた様子でグチグチ言ってきたのです。

人っていざという時何がしたいのか判断に迷うケースが多いのですが、本当にこういう場面でもにょもにょされると時間の無駄ですし、すごく腹が立ちます。

優柔不断という言い方が良いのかもしれませんが、優柔不断な人間ほど周りの人間を困らせる事はありません。

男性は理論的な考えをするので、自分の意思をはっきり示してくれる人間を好みます。

いつになっても謙虚の気持ちを忘れない

人間は慣れが来る動物でもあります。

最初の内は謙虚なのですが、慣れてくると徐々に態度が横柄になってくる女性がいますからね。

慣れていけば気が緩んでしまうため、あまり良くないのです。

よく長年付き合っている恋人の事を、女性として意識が出来なくなってしまったというのはそういう事だと思ってください。

女性はいつまで経っても、女性でいる必要があります。

謙虚さを忘れた人間の心は、浅ましく肥え太った豚以下ですね。

その証拠に男性の事を持ち上げていない、自分の感情ばかりを言う、自分の価値観のみで生きている馬鹿な女にしかならないのです。

謙虚な人間はいつまでもその気持ちを忘れないので、相手に対しても偉そうにものを言う事をしません。

誰だって偉そうに物を言う人間なんかよりも、一緒に褒めてくれたり気を使ってくれる人間の方が好感を持ちます。

【謙虚な振る舞いをするためには、こちらの記事もチェック!】

さりげない優しさがある

さりげない優しさに惹かれてしまう男性はとても多いです。

一緒に仕事をしている時、ちょっとしたサポートをしてあげたり、疲れている時に飲み物を用意して上げるなどが好ましいですね。

お節介な人間を嫌う人は多いですが、さりげない優しさは押し売りな優しさではないので、純粋にうれしいと思ってくれるでしょう。

お節介は自分の気持ちを押し付けてくるようなもので、完全に自己都合なので相手の迷惑も考えていません。

そこまで望んでいないしという事が多いんですよ。

例として男性の部屋を全部片付けるよりも、要らないゴミのみを捨てるという方が良いと考えてください。

部屋を全部片づけてしまうと必要なものまで全部捨ててしまう可能性があります。

反対に要らないゴミだけであれば、必要のない物なので特に相手側が困る事もなく面倒くさい事をしてくれてありがたいと感じてくれるのです。

本当にちょっとした事のみで手助けしてくれるのであれば良いのですが、極端にやり過ぎた挙句それを指摘されると嫌だと思う人はいます。

男性的にはたくさんの事をしてほしいと望んでいる訳ではなく、ちょっとした優しさくらいが嬉しいと感じるのです。

落ち着いている

男性はぎゃーぎゃーわめく女性を嫌う傾向があります。

よく芸能人でキャーキャーとわめいているような女性を嫌う人は多いですね。

一緒にいてもうるさいですし、感情の赴くままギャースカ言われると腹が立ちます。

落ち着いている女性の方が一緒にいて安心できますよ。

うるさい女性はとてもわがままであり、メンヘラのような情緒不安定な人間が多いので一緒にいると疲れてしまうのです。

あと落ち着きがない分恥ずかしいですね。

特に男性は短気、すぐ泣きだしてしまうような女性を嫌がります。

感情がコロコロ変わってしまう人間ほど怖いものはないですからね。

落ち着いている人間は、感情的に物を喋る訳ではないので、冷静に話が出来るという面もあります。

基本的に落ち着きがない人間は冷静さが欠けている上に、ちゃんと話が出来ない人間も多いです。

空気が読める

空気を読むというのは人生経験が少々必要になります。

その場での対応というのは臨機応変にこなせるか、こなせないかの問題だと思ってください。

臨機応変に対応するというのは中々難しい事なんですよ。

ある程度社会で経験を積まなければ、空気を読む事が出来ません。

空気を読むというのは、その場の状況に応じて判断する事になります。

例えば相手がコップを割ってしまい指先を切ってしまった、この状況における一番の良い判断は絆創膏を渡すか用意する、もしくはティッシュなどで止血をするかコップを片付けておくが良いですね。

しかし空気の読めない人はそのまま一緒にいるだけか、心配する程度のみで終わります。

嫌な言い方をすれば空気の読めない人間というのは、冷凍マグロ以下の存在でしかありません。

本当に気が利かない人間、相手の事を思いやれない人間でもあるという事です。

空気が読める女性ほど素晴らしいものはないでしょう。

まとめ

いい女と言うのは一口で言えば簡単かも知れませんが、努力は必要です。

第一に外見から自分を変える事を始めましょう。

いくら性格が良くても、外見がブスではアウトですからね。

正直な話、ブスにロクな人間はいません。

外見は心の鏡と言われているように、見た目で印象が大きく変わります。

そのためにまずは外見から、そして内面を変えるのが一番良いのです。

人間はあれやこれやと同時に変化を与えてしまうと混乱してしまい、物事が失敗してしまう傾向があります。

外見も内面も中々良い女というのはいないのです。

いい女になる秘訣は、過信をせず初心を忘れずべからずだと思って下さいませ。