顔の形は自分に似合うメイクや髪型を決める上でかなり重要なポイントとなります。

特に女性は意識する人も多いのではないでしょうか。

ところで、みなさんは「自分の顔が何型か」ハッキリと答えられますか?

この記事を見ているという事は、恐らく「”卵型”の顔」と答える人が大半なのでしょう。

数ある顔の形の中で、”卵型”は理想的だと言われています。

今回はそんな”卵型の顔”に注目し、色々とまとめてみました!

記事の前半では、卵型の顔について色々と知って貰う為に、”卵型な顔の特徴”や”卵型な顔かどうかのチェック方法”、”卵型な顔の人が気をつけるべき点”をご紹介。

後半では、理想と言われる卵型の顔をより魅力的に見せる為に、”卵型の顔に似合う髪型8選”と”卵型な顔の人が髪型を決める時の注意点”をご紹介します。

卵型な顔の人に役立つ情報をドドーンと詰め込みましたので、是非チェックしてみて下さいね!

卵型の顔とは?

そもそも、顔の形にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?

せっかくなので、卵型以外にもここでいくつかご紹介しますね。

1つ目は丸型。

丸型はその名の通り真ん丸な形で、顔の縦幅(髪の生え際から顎先)と横幅(両頬骨の出っ張っている部分を一直線で結んだライン)の比率が1:1になります。

(卵型と似ていて紛らわしいですが、微妙に違うので勘違いしない様にご注意を。※卵型については以下に詳細)

フェイスラインも綺麗な真ん丸で、「可愛らしい」「親しみやすい」「若々しい」などの印象を与えます。

2つ目は面長。

面長は横幅よりも縦幅の方が大きい楕円形です。

フェイスラインは丸型に比べスッキリしており、「物静か」で「大人っぽい」印象を与えます。

3つ目は逆三角形。

逆三角形は額(横幅)が広くフェイスラインはスッキリしており、顎先にいくにつれてシュッと細くなつていきます。

「繊細」「知的」な印象を与えるそうです。

4つ目はひし形。

両頬骨が外に出っ張って横幅が広くなっているのに対し、こめかみの横幅は狭く、さらにフェイスラインがスッキリ&顎が細くなっているので、こめかみから顎にかけてのラインがまるでひし形の様になります。

「スタイリッシュ」「格好良い」といった印象を与えるそうです。

5つ目はベース型。

ベース型はエラが張っており額からエラにかけての横幅が広いのに対し、顎は細いです。

周りには「活気に溢れた」印象を与えます。

6つ目は八角形。

ベース型同様エラが張って横幅が広いと言えますが、顎の部分はベース型と少し異なります。

八角形の場合は顎先が尖っておらず、顎先が横に直線的になっているのです。

「バイタリティ」や「安心感」のある印象を与えます。

さて、前置きが長くなりましたが…最後に”卵型”です!

卵型は上で紹介した顔の形の中でも、最もバランスが良く理想的だと言われています。

「落ち着き」や「大人っぽい」印象を与えるみたいです。

卵型の詳しい特徴については以下で説明しているので、是非そちらを参考にしてみて下さいね。

卵型な顔かのチェック方法

卵型と丸型と面長の特徴って似てますよね?

なので、「自分は卵型に違いない!」と自信を持っていても、「よく調べてみたら、実はただの丸型だった…」とか「周りの人に「あなたのは卵型じゃなくて、”面長”だよ!」と指摘された…」なんて事も珍しくないのです!

でも、そんな勘違いをしていたら少し恥ずかしいですよね…?

そこで、”卵型な顔かのチェック方法”を卵型な顔の特徴を踏まえてご紹介します。

みなさんも次のポイントを参考に、自分の顔が卵型か、是非チェックしてみて下さいね!

1:1の割合か

卵型の顔かジャッジするには、顔幅の比率をチェックする必要があります。

ここでチェックするのは3点。

まず1つ目は、顔の縦幅(眉から顎先)と顔の横幅(両頬骨の出っ張っている部分を一直線で結んだライン)が1:1の割合になっているかです。

2つ目は、顔の縦のラインだけを見て、髪の生え際〜眉頭:眉頭〜鼻先:鼻先〜顎先=1:1:1になっているかを確認して下さい。

3つ目は、目が顔全体(横幅を基準にすると分かりやすい)の幅の5分の1の幅になっているかです。

以上が卵型における、多くの人が美しいと感じるバランスだと言われる比率になります。

ただし、この比率そのものに当てはまる人は少なく、これに近い人程、理想的で美しい卵型をしていると言える訳です。

卵のようなフェイスラインか


”卵型”と言う位ですから、フェイスラインが卵の様な形でないとこれには当てはまりません。

両頬骨・エラ・顎が張っていたり尖っていたりはしませんか?

遠目で見たら卵型だけど、近くで見るとゆで卵の殻剥きに失敗した様なボコボコライン…なんていうのも、当たり前ですが卵型からは除外されますよ?

また、真ん丸過ぎるのも卵型ではなく丸型になってしまいます。

柔らかな印象を与える楕円に近い丸みを帯びたフェイスラインなら、”卵型”と言って良いかもしれませんね。

卵型な顔の人の特徴とは

”卵型な顔かのチェック方法”をご紹介しましたが、卵型に当てはまった人はどの位いたでしょうか…?

もしかしたら、「判断が難しかった…」とか「卵型に近いけど、微妙なラインかも?」なんて人もいたかもしれませんね。

そこで、もう少し正確に判断したい人の為に”卵型な顔の人の特徴”をまとめてみました!

上のチェック方法で”卵型な顔”判定になった人も、次の特徴にいくつ当てはまるか見ていきましょう!

1.額

まずは額から見ていきましょう。

上で、髪の生え際〜眉頭:眉頭〜鼻先:鼻先〜顎先=1:1:1とご紹介した様に、顔全体のバランスは非常に整っています。

額の大きさも広過ぎず狭過ぎず、まさに調度良いと言えるのではないでしょうか。

全体的に見て余白(パーツ以外の額を含む部分)が少ないので、小顔に見える効果もあるそうです。

顎のラインよりやや広め

卵型のフェイスラインを見てみると、卵の尖った方を下にした様な形をしています。

つまり、顎の方が少し狭いラインとなり、額の方がやや広いラインになる訳ですね。

綺麗な丸みをおびている

卵型の顔は額にも柔らかな丸みを帯びています。

丸みがある事によって顔に立体感が生まれるのですが、それも理想的だと言われる理由なのかもしれませんね。

柔らかな印象

上でも言いましたが、卵型な顔の額には丸みと立体感があるので、みる人に柔らかな印象を与えます。

逆に角や尖った部分があると、硬い印象を受けますよね?

卵型は全体的に丸みを帯びているので、角や尖った部分もないのです。

同じ理由で丸型の顔にも同じ事が言えます。

「柔らかさを通り越して少し間抜けに見える…」という卵型な顔の人は、眉毛を整えるのがオススメです。

女性はメイクで眉を少し太めかつ斜め真っ直ぐに描いてみましょう。

細くするとキツい印象になってしまうので気をつけて下さいね。

眉を少し太くする事で優しさを出し、斜め上真っ直ぐに描く事で知的さを演出する事が出来ます!
また、可愛く&若々しく仕上げたいなら眉尻を短く、綺麗め&大人っぽく仕上げたいなら眉尻を長めにするのが良いでしょう。

男性も眉毛を整える時は、太め&斜め上真っ直ぐを意識してみて下さいね。

2.ほほ

次は頬を見ていきましょう。

卵型な顔の頬は丸型よりもスッキリとはしていますが、緩やかな丸みがあって女性らしさや柔らかさを感じる形となっております。

ちなみに、卵型な顔の女性はメイクでチークを入れる際に、頬骨の一番高い所&黒目の真下より外側からこめかみに向かって横長にふんわりとチークを入れる(チークを入れる向きは、横や丸よりも縦がオススメ)事によって、小顔&立体感をアップさせる事が出来るらしいですよ!

丸い綺麗なライン

卵型な顔の頬は丸い綺麗なラインが特徴的です。

綺麗な丸いラインといえば丸型もですが、丸型と卵形の違いを挙げるなら、丸型が「可愛い」「幼い」感じで、卵型が「美人」「大人」な感じだと言えるのではないでしょうか?

丸型な顔の女性の場合は、可愛い系のメイクや髪型の方が似合う分、大人っぽいメイクがあまり似合いません…。

しかし、卵型な顔の人はゴールデンプロポーション(=多くの人が美しいと感じるバランスの事)に近いバランスの良さを兼ね備えているので、可愛い系のメイクも大人っぽいメイクもどちらも似合うというメリットがあるのです!

ただし、卵型な顔に大人っぽ過ぎるメイクは逆に老けて見えてしまうので、気をつけて下さいね。

可愛い系or大人系をメイクで演出するには、使用する色が鍵となります。

可愛い系ならピンクやオレンジ、大人っぽさならベージュ・落ち着いた色のレッドがオススメ。

自分の肌に馴染みやすい色をチョイスしてみて下さい。

さらに、パール系やゴールドで艶やかさを演出するのも良いかもしれませんね。

気になる方は是非試してみて下さい!

立体的な顔立ち

卵型な顔の頬は綺麗な丸みを帯びている分、立体的な顔立ちをしています。

女性なら分かる人も多いと思いますが、メイク時にハイライトやシャドウなどを使って顔の立体感を自ら作り上げる人は多いですよね?

そして、わざわざそんな事をする理由と言えば、立体感がある方が美しく見えるからです!(日本人は比較的平べったいのっぺりとした顔の人が多いので…。)

しかし、卵型の様に顔全体が立体的という事は、光が当たる部分と影が出来る部分がはっきりと出るので、他の人の様にメイクでそこまで頑張らなくても、美しく見えるという素晴らしいメリットもある訳ですね!

3.フェイスラインはまさに卵のよう

続いてフェイスラインについてです。

これは”卵型な顔かのチェック方法”でもご紹介しましたが、「卵型」という文字通り、フェイスラインが綺麗な卵型になっているかは、卵型かをジャッジする為の第一条件と言えるでしょう。

もう一度言いますが、卵型の顔は”卵のやや尖った方を下”にした様なフェイスラインになります。

額側が広くて顎側が狭い、若干縦長の楕円形です。

みなさんのフェイスラインはどうですか…?

4.顎はゆるやかな丸いライン


先程、卵でフェイスラインを例えるなら、卵の尖った方が下=顎部分になるという話をしましたが、逆三角形の顔とは違い、”尖っている”と言っても、そこまでシュッとした顎ではありません。

実物の卵を見ても分かる通り、卵型な顔の顎は緩やかな丸いラインを描いています。

上でも話しましたが、卵型の顔は骨が出っ張ったりエラが張っているといった特徴がないので、角となる部分もないのです。

ただ、額側の丸みに比べれば顎にいくにつれ細くシュッとしていると言えるでしょう。

以上が”卵型な顔の人の特徴”になりますが、みなさんはいくつ当てはまったでしょうか…?

卵型な顔の人はこんなことに気をつけよう

ここまで、卵型な顔かどうかの見分け方やその特徴などを見てきて、「やっぱり自分は卵型の顔だった!」という人も沢山いると思います。

理想的な顔の形で羨ましい!と言いたいところですが…実は、卵型な顔だからこそ気を付けなくてはいけない点というものがあるのです!

もちろん「卵型の顔が理想的」と言われているのは嘘ではないですし、卵型の顔には魅力もいっぱいあるんですよ?

「…それじゃあ一体、何に気を付けなくちゃいけないの…?!」と思っているそこのあなたの為に、”卵型な顔の人が気をつけるべき点”を教えます。

卵型な顔の人は必見ですよ!

1.ケアしないでいると老化が目立つ顔型

「理想的」「美人顔」とも言われる卵型の顔ですが、実は日頃からしっかりケアをしていないと、シワやたるみなど老化が顔全体に出てしまう形と言えます。

そもそも顔には30種類もの表情筋が付いており、人が日常生活において使っている筋肉はその内のたった20〜30%なんだそうです。

シワやたるみは老化による筋力の低下が原因で起こるもの。

このまま何もしなければシワやたるみがどんどん酷くなって行き、実年齢+10歳に見られてしまう可能性だってあり得ます!

老化現象が目立つのを防ぐ為にも、普段から表情筋を鍛えたり顔のストレッチやマッサージをした方が良いでしょう。

ここで、ほうれい線や顎のたるみ全体をカバーするトレーニング方法をご紹介します!

「何の対策もしていない!」という人は、次のトレーニングを是非実践してみて下さいね。

顎の筋肉を鍛える方法

口角を限界まで片側によせ5秒キープ。

(左右どちらかのほうれい線に人差し指を当て、指に唇をくっつけるイメージ)

左右1回ずつが1セットとなり、1日1回2セット行います。

口周りの筋肉を鍛える方法
まず唇を閉じて、上唇と下唇をぎゅっと押し合い10秒キープ。

次に「う」の口の形で唇を思い切り突き出し5秒キープします。

最後に唇を口の内側に巻き込み5秒キープして下さい。

これを一通りこなして1セットとし、1日1回2セット行いましょう。