草食男子、という言葉が一時大流行しました。

流行はやや落ち着いてきたように思われる昨今ですが、流行り廃りのないモテる男性のイメージとして、「ワイルドな男性」が挙げられます。

ワイルド、といえばとある芸人さんのネタでも一世を風靡しましたが、やはり好印象なイメージですよね。

男らしい印象や強そうなイメージが強いですが、ともすればマイナスイメージとも捉えられてしまいそう。

一般的に、女性は男性から守ってもらいたいという意識が強いので、その心理を上手に捕まえて、モテる男性を目指したいですね!

ワイルドとは?

ワイルドを辞書で引くと「野生であるさま」「荒々しく力強いさま」とあります。

これから考えていくワイルドさ、というものは語源に率直でなく、私たちの印象として使われているようです。

ワイルドな男性、という使い方では、誉め言葉であったりプラスの印象を与える言葉として受け止められています。

では具体的にはどのようなイメージでしょうか。

男臭い感じ


短髪であったり、ヒゲを生やしているなどいかにも男性である、という見た目がまず挙げられるかと思います。

ワイルドさというものはやはり女性がもつ印象とはかけ離れたものになりますから、男性特有の見た目が第一印象として強く出てきます。

男臭いと言っても、身だしなみに手を抜いていたり、雑なファッションスタイルでいいということではありません。

自分のこだわりが前面に見えることが大切です。

髪やヒゲの長さに自分のスタイルがあり、定期的に手入れがなされていたり、シャツにしっかりアイロンがかかっているなど、作りこまれた男らしさに女性は惹かれる部分があります。

持ち物をとってみても、あれこれ色々なブランドで固めるのではなく、好みのブランドで統一していたらどうでしょう。

この人はこういうイメージが好きなんだな、一筋でいいな、という好印象を与えられるはずです。

自分の意見やこだわりを真っ直ぐに持っていることが、見た目や立ち振る舞いに感じられると、男性らしさを強く印象付けます。

野生であるさま

野生でワイルド、といえば動物で言うところのライオンやチーターを思い浮かべるのではないでしょうか。

野生であるということは、過酷な環境にも耐えて乗り越えて行ける力が必要になります。

例えば、仕事で大きな案件を任されても、気おくれせずに堂々と対応している姿。

突然大雨が降ってきたときに、上着を脱いであなたを雨から避けようとしてくれる姿。

ちょっと嫌だな、と思う出来事が起きたときに、躊躇なく行動できる男性にはやっぱり惚れてしまいますよね。

動物的な勘を働かせて、ぐいぐい女性のことを引っ張ってくれると頼もしさを感じます。

先に、男性らしさと雑さは違うということに触れましたが、勘に任せきりなのもやはりNG。

勘だけになるということは、先のことを考えられていないので、後々「で、どうするの?」ということにもなりがちです。

ここだ!と思って飛び出したチーターが、背後のイヌワシに気付かず、子どもをさらわれてしまったとしたら…とても頼れる存在、とはならないですよね。

ただ先陣を切っていけばいいのではなく、ゴールイメージを見据えて、大きく構えている姿もワイルドなものです。

荒々しく力強い

お相撲さんの取組をイメージする方も多いでしょうか。

肌と肌、筋肉同士がぶつかり合うスポーツはとてもワイルドですよね。

ハリウッド映画のヒーローのような、筋骨隆々とした、戦闘に強い男性にも惚れ惚れしている女性が多くみられます。

大きな身体と強い力を持つ男性には、思わず守って欲しい!と思ってしまうもの。

でも実は、その心理に隠されたものがあることにお気づきでしょうか。

荒々しく力強いだけでは、怖いというイメージが先行します。

お相撲さんやK-1ファイターを見てかっこいい!と思うのは、真っ直ぐな気持ちと優しい心があることを知っているからではないですか?

大好きなヒーローも、敵と戦う理由はとても純粋で真っ直ぐな理由ではありませんか?

暴力的な強さではない力強さは、心の優しさや温かさに裏付けられているものなのです。

パワー的強さにもちろん惹かれる部分もありますが、そのパワーをコントロールできるマインドを持っている人こそ、強い人と呼べるでしょう。

ワイルドな男の8個の特徴

ワイルドだね、と言われたい。

あの俳優のようにワイルドになりたい。

見た目も大事だけど性格や行動も、ワイルドさにつながっていきます。

じゃあ一体何から真似すればいいんだ!と思った男性の皆様。

すこしづつ、女性の心理により添えるような行動をとっていきませんか。

1.プライドが高い

自分はこういう人間だ、というイメージやキャラクター像をしっかり持てていますか。

プライドが高い、というとマイナスな印象を持たれがちですが、それだけ自分というものをしっかり持っている、と言い換えられます。

他人からとやかく言われても、言い返すだけの理由や根拠がともなっているのです。

自分の意志やこだわりがなければ、他人からの意見や追及に折れたり、合わせたりしてしまう人が大半ではないでしょうか。

自分がしっかりある人は、厳しい局面や高いハードルの前でも、自信を持って立ち向かっていけます。

そんな人の背中はとても頼もしく見えますよね。

あいつプライド高いから、と他人から言われている様子も、逆手に取れば女性にとってはちょっと興味を惹かれる存在です。

見栄を張りたがる

誰にも負けたくないし、自分を自分と認めて欲しい!という気持ちが強い男性は、自分の印象がちょっとでも下がることを避けようとします。

つまり、ちょっと無理そうなことを頑張ってしまったり、ちょっと盛った会話をしてしまったりするのです。

ですが、それも虚栄ではなく本当のこだわりや意思を持っているからこその行動。

一般的に、精神年齢は女性の方がやや実年齢よりも高いといわれています。

もし同い年や年上の男性が、ちょっと無理して頑張っている姿を見たら、母性本能をくすぐる可能性も大いにありです。

2.ファッションが独特

もちろん見た目にもこだわりがあってこそ、ワイルドの風を吹かせられるというもの。

流行やその年のトレンドには鈍感で、自分の好きなスタイルをしている人が特徴的です。

髪型も実はセットに時間がかかる、2週間おきに美容院にいっているなど、女性張りの努力をしていたりします。

会社員で普段スーツ姿しか知らなかったけれど、休日に会ってみたら意外なファッションセンスだった!というギャップが好印象だったりもします。

誰かに負けたくない、人と被ったり比較されたくない、という気持ちが現れやすいのがファッションです。

自分を自由に表現できる方法でもあります。

そこで自由にのびのびと、思ったような着こなしをしていると本当に素敵ですよね。

もしかしたらちょっと奇抜と思われる人やファッションもあるかもしれませんが、大切なのは似合っていること。

無理せず自然体でいることも、ワイルドな要素のひとつです。

3.同性からも人気がある

とっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、実は同性からもモテるのがワイルドな男性。

話してみると実は良いヤツだった、面白いヤツだったというように、同性からしてみれば刺激になるのでしょう。

人とちょっと違う部分があったり、内に秘めたる思いが強かったりと、ちょっとミステリアスな雰囲気があります。

あまり人と群れたりせず、気まぐれに付き合って丁度いいくらいの感覚が、男性同士では心地がいいのかもしれません。

女性においても同じことが言えますが、同性から好かれるというのは異性に対してよりも難しいものです。

異性に対しては自分に無いものが多いですが、同性となると競争意識となって嫉妬したりいい感情を抱く壁が高くなります。

その壁を突き抜けるくらい、人として突出しているからこそ、同性からも評判がよくなるのではないでしょうか。

頼りにされている

男性がなにか困ったり、悩んだりしているときに、女性にはなかなか相談しにくいもの。

自分の弱みをさらけ出しても、強く優しくフォローしてくれるような同性にスポットが当たるのは当然です。

精神的にも強く、リーダー的存在な人が多いのではないでしょうか。

年齢や経験的な面ももちろんあるかとは思いますが、包容力や優しさはそういった面には影響されません。

男性からも頼りにされる男性、というのはまさに男の中の男、というイメージでとても頼もしいですよね!

4.我が道を行く

一本筋が通っている、自分の中に軸がある人は素敵に見えませんか。

もちろん、わがままや自分勝手とは違います。

信念のようなものを持って生きている人のことです。

そんな人にはブレがなく、とても安定して見えます。

例えばそれが多数決で負けるような意見だったとしても、初志貫徹していれば周りも後押ししてくれるでしょう。

どんなに反対意見を言われても、批判をされたとしても、自分の考えを持って進んでいく人には、精神的な強さを感じますね。

もし道を間違えて遠回りになっていたとしても、強い意思で進んでいるならば、後悔するのではなくそれも今後の糧としているはずです。

人生は選択の連続です。

ブレのない、自分のものさしを持っていれば、どんな局面を迎えてもおちついた選択を続けていくことが出来ます。

それは周りの人にとって安心感を与え、安心感は信頼につながります。

夢を追いかけている

人生で叶えたい夢があって、それに向かって努力を続けている人は魅力的ですよね。

なんとかしてこの願望を叶えたい!という姿には、男性的な狩猟本能さえ感じさせます。

良い意味での「欲」を押し出している人には、ワイルドさを感じる側面があります。

人生に目的を見出し、それに沿って進んでいくことで、行動にも価値観にも一貫性が出てきます。

他人の考えや意見に頼ったり、流されることない生き方には、誰もが憧れるはずです。

5.武勇伝がある

誰かに誇れること、自慢できることがある人は強くみえます。

具体的なエピソードとして他人に話せると、やはり盛り上がること間違いなしでしょう。

日本人は自分自身に自信がない人が多い、という統計データがありますが、その分周りにもアピールしやすい訳です。

ましてや人がしないことやできないこと、あまり巡り合わない境遇などを経験しているのなら、どんな人生を送ってきたのだろうととても興味が湧きます。

マンガや映画のヒーローのように感じられると、かっこいいなという印象に近づきますよね。

謙遜の姿勢がよしとされてきた日本文化ですが、自尊心がしっかりとあり、自らのことも大切にすることができることが昨今では重要視されてきています。

日本人らしくない一面が垣間見える人に対しても、ワイルドさを感じるかもしれませんね。

過去の栄光話をするのが好き

学生時代に神童と呼ばれていた、実は元ヤンで地域一帯を牛耳っていた…など、自分のなかで輝かしかった過去や誇らしいエピソードをよく話せる人には、エネルギーを感じます。

人が集まった場でそんな話をすれば、大抵誰かが盛り上げたり、称賛してくれます。

盛り上がりの中心にいる人って、かっこよく見えますよね!

ただ一方的に話をし続けるのではなく、それとなく話すのも大切なポイントです。

俺が俺が、と前のめりになるのではなく、聞き手が「その後どうなったの!」と聞きたくなるような話題として提供できるとベストです。

それも、相手の気持ちを考えて話してくれているなというプラスな印象をもたらします。

6.女性をリードしてくれる


野生的であったり力強さを感じる反面には優しさがある、というお話を先にしたかと思います。

女性や子どもなど、守るべきものは守ってくれるところに惹かれますよね。

単純にああしろ、こうしろと指示したり、ここに行って、次はここ、というように決めつけたりすることがリードすることではありません。

例えば、プロジェクトのなかで行き詰った時に、サッと資料を渡して誘導してくれる。

デートで行ったレストランの敷居がちょっと高かったけど、テーブルマナーをサポートしてくれる、など。

相手にとってちょっと無理な局面や慣れない場などでも、自分が先に立って相手に手を差し伸べられると、相手の胸をときめかせられるかもしれません。

常に相手のことを考え、尊重する気持ちがないと、なかなか行動としては表れにくいものです。

女性は、スマートに導いてくれる男性に頼もしさを感じます。