最近インターネットの普及や発展が目まぐるしい世の中で、「意味の分からない言葉」が増えたとは思いませんか?

一種の「陰語」のようなものもあり、理解するのに困難なものも中にはあるように思いますが、みなさんはどうでしょうか。

そんな中、今回の記事でご紹介したいのはズバリ、「ぐぐる」です。

みなさんはこの「ぐぐる」の意味はご存知ですか?

「ぐぐる」はどういう意味?

「そんなんお前、自分でぐぐれよ」とか、「ぐぐれば分かるんじゃない?」とかを言われたご経験はないでしょうか?

そういった言葉の意味・出来た経緯など今使われている「ぐぐる」の現状を紐解いていきたいと思います。

では順番に観ていきましょう。

1. 「ぐぐる」の意味

「ぐぐる(または、ググる)」の意味は、「Google検索すること」です。

「Google」は分かりますよね?アメリカの企業Googleが開発・運営している「インターネットの検索エンジン」のことです。

検索エンジンとは他に、「Yahoo!」、「Bing!」などが有名どころとして挙げられますね。

これは簡単に言えばインターネットで、ネット上にある画像や、動画、ニュースなどいろいろな情報を検索する機能やそのプログラムの事を言います。

日本ではほとんど「Google」と、「Yahoo!」の2つが独占してますよね?

2. どうやって生まれた言葉?

「ぐぐる」は、Google検索することとご紹介しましたが、ではどういった経緯でこの言葉が生まれたのでしょうか?

「Google」は、1996年に「バックリンク」を評価・分析する検索プログラムである「BackRub(バックラブ)」を開発しました。

「バックリンク」とは、Webサイトにある「ハイパーリンク」のことで、良いWebサイトに参照されているハイパーリンク先のWebサイトは、

同じく良いサイトであるという観点から、この「BackRub」を開発し、

Web検索において、「検索ワード」と、検索項目に並ぶ実際のWebサイトとの関連性をこれによって高めたと言われています。

これが検索エンジン「Google」の前身で、リンク先に多く設定されているサイトは、

優先的に検索欄の上位に並ぶといった方法をとり、2002年には世界で一番使われる検索エンジンにまで発展していきました。

こういったことから、我が国日本でも、2000年代初期ごろから、Googleが使われる機会が増え、

若者の間で、「分からない事があったら自分でGoogle検索しろっ」という事が言われ出して、「ぐぐる」に至ったということです。

この「ググれ」が、使われ出した時には「そのくらい自分で調べろよ」という、高圧的な意味も含まれていたようですが、

現在ではもう少し、和らいだ意味で使われるようになったようです。

3. どんな人が使っている言葉?

前述でもありましたが、言葉が出来た当初は主に、「若者」が率先的に使っていました。

「ググレカス」なんてことも言われていたみたいですね?

では今ではどうでしょうか?皆さんも会社で雑談しているような時に使っているのを耳にした事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに年配の方はまだ使われていないのかも知れませんが、30代~40代前半くらいの人なら使っている人もいるのではないかと思います。

元々は一種の「ネット用語」だったので、抵抗があって使っていない人もいらっしゃるかも知れません。

知っておいても良い言葉ではあると思います。

4. メディアでも「ぐぐる」が使われている

今や「ぐぐる」はテレビ番組などのメディアでも使われています。

テレビ番組で地図が出る際は多くが「Googleマップ」が使われます。

テレビ画面の右下くらいに小さく「※」がついて書いてあると思います。

テレビの出演者でも、「それくらいググれや」とか芸人さんが言っているもの聞くと思います。

ネットニュースとかになると、「コラム」等の記事では当り前のように「調べる事=ぐぐる」として書かれていますよ?

意識してみると、結構浸透している言葉なのですね。

5. 英語でも「ぐぐる」がある

日本では度々、「名詞」+「~する・~る」で、名詞を動詞に変えて、短縮した言葉にしますが、海外ではどういった使われ方がされているのでしょうか?

英語で「ググれ」は、「Google it.」でいいそうです。

これで「調べてみたら?」となるようですね。

英語では度々、その名詞がそのまま「動詞になる」ことが多く、「フェイスブックに友達申請しておくよ」も、「I’ll facebook you.」で伝わるそう。

どこの国も名詞を動詞に変えて言葉にしてしまうと言うのが当たり前になっているようですね?

6. 辞書にも載っている?

実は英語の辞書にはすでに「英単語」として載っているそうです。

確かに全ての辞書では無いとは思いますが、「Google(ぐぐる)」は列記とした他動詞として辞書に記載されているんです。

凄い話ですね。

7. 「ぐぐる」を英語翻訳ソフトで検索すると?

ですので、翻訳ソフトに「ぐぐる」と入れると?みなさんは、もうどうなるか分かりますよね?

そうなんですちゃんと「Google」と出るんです。

嘘だと思ったらやってみて下さい。

インターネットの環境さえあれば簡単に調べられます。

8. Googleを使わなくても「ぐぐる」?

前述のように始めは「Googleの検索エンジンを使用して、インターネット上の情報を集める行為」を「ぐぐる」と言っていました。

それに付随し、「何でもかんでも下調べもしないで、人様にばっかり質問するな」という意味で「ググレカス」という言葉もいわゆる「ネット用語」で派生してきました。

そして、現在では「自分で何かを調べ物をする」ときも、この「ぐぐる」を広義的に使う事があるようで、より生活で使いやすいように意味合いが変わってきています。

これには、「独自に何かを調べる」、「一番手っ取り早い方法は?」、「インターネットを使おう」、「いつも使っているGoogleで調べよう」

と、現代人の多くがこういった思考回路に成っていることが理由になっているからではないでしょうか?

これだけ「Google」は私たちの生活に密着したコンテンツなんですね。

Googleのすごさ


つづいて、この「Google」について、もう少しばかり情報をまとめていきたいと思います。

今やインターネットでは国内でも当り前に使われるようになった「Google」。

一体どんな経緯でここまで発展してきたのでしょうか?気になるところを順番にまとめていきます。

1. ネットの世界でのグーグルの強さ

前述でも少し触れましたが、インターネット検索エンジンとしての「Google」の強さはまず、何と言っても「SEO」が挙げられます。

「SEO」とは、「S=Search(検索)」、「E=engine(エンジン)」、「O=Optimization(最適化)」のそれぞれの頭文字をとった、「検索エンジン最適化」のことを指します。

あまりピンとこない言葉かも知れませんが、簡単に言うとこの「SEO」とは、

言葉を入れて、検索したときに並ぶ「各Webサイト」の並び方を、より関連性の高い順に並び変えるシステムのことです。

簡単に言っても少々難しくなってしまいましたが、例えば「○○テレビのドラマの××について調べたいこと」があった時、検索エンジンの入力フォームに「ドラマ ××」と入れて検索したとします。

そうしたとき、大体は「番組の公式ホームページ」が一番上に検索結果として出てくると思います。

2番目はどんなサイトか?3番目はどうか?と、その検索ワードの「結果の並び順」のことを言っているのです。

このSEOは、本来出資者が儲かるような目線、つまり「生産者側」に立って物が売れやすいように検索結果が並び変えられるのですが、

「Google」のSEOは「消費者側」に立ってプログラムが組まれています。

いかに物が売れやすいように「スポンサー」が有利になるようなSEOを取っても、

「消費者及びユーザー」が使いにくいもの、押し売りに近いものになってしまったら、「消費は伸びず」、誰も使いたがらなくなります。

こうなっては元も子もないので、Googleではより「ユーザー目線」に立ったシステム作りを心掛けているのです。

その証拠に「Google」では「SEO」を、変わり易い時代の流れにすばやく合わせられるように頻繁にシステムを更新しています。

また通常、検索エンジンを使用する為には何かしらの「会員登録」を強いられる場合があります。

しかし、Googleの場合は「完全無料」で、特に会員登録も必要ありません。

全て、外部の企業からの「広告収入」で利益を出しているのです。

こうしておく事によって、人気が出ないもの、またユーザーが望まないようなやり方を進めていくことで、

この「広告収入の減少」が顕著に出てきてしまうため、Googleとしても利益が下がります。

そういった「ユーザーからの支持を第一」に考え日々検索エンジンのシステム作りに励んでいるのが「Google」なんです。

2. Googleの会社概要

「Google」は1998年に創業されたアメリカの多国籍企業で、創業者は大学時代の友人同士であったラリー・ペイジと、サーゲイ・ブリンの2人です。

創業者の2人は、「検索エンジンGoogle」の前身である「BackRub」を開発し、

このシステムは開発された1995年当時では珍しい、コンピューターに自動で情報を収集させる「ロボット型検索エンジン」に分類されるものでした。

「BackRub」についての説明は前述の通りですが、それから爆発的にユーザーを増やし、その後「Google」を設立、

アメリカのみならず、私たちの国があるアジアや、ヨーロッパにも拡大していき、今のような世界屈指の大企業になったということです。

純利益は毎年約2兆円弱計上しており、この純利益は日本で言うと「トヨタ」と同じくらいです。

こう考えると「トヨタ」もすごいですね?

ちなみに純利益1位は「アップル」で4兆円くらいだそうです。

話はそれましたが、「Google」は毎年「働きたい企業ランキング」でも国内ベスト3に入ったりと、企業としても「クリーン」で、「良いイメージ」を世間から持たれているようです。

実際に慈善事業も多く行っており、その一例としては、「伝染病流行」や、「自然災害」に対する「予知・予測」のシステム開発の為に、

関連研究機関等への資金提供を行い、他には「新型のエネルギー開発」等にも注力している状況です。

3. 世界での検索シェアはどれくらい?

そんな「ユーザー第一を掲げているGoogle」ですが、次に世界では一体どれだけ使われているのでしょうか?

「検索エンジン」の市場シェア率は、簡単にインターネットで調べる事が出来ますので、みなさんも良ければ調べてみて下さい。

そこで、今回は2016年の「検索エンジンシェア率データ」をご紹介します。

有名な検索エンジンシェア率の解析サイト「StatCounter」によると、2016年の世界での検索エンジンシェア率は「Google」がトップで、およそ89%でした。

つづいて2位は「Bing!」でシェア率は約「4%」、3位は日本でも有名な「Yahoo!」でシェア率は「3%」ほどでした。

この「検索エンジンシェア率」の解析結果は他サイトで見てみると若干の違いはありますが、