最近インターネットの普及や発展が目まぐるしい世の中で、「意味の分からない言葉」が増えたとは思いませんか?

一種の「陰語」のようなものもあり、理解するのに困難なものも中にはあるように思いますが、みなさんはどうでしょうか。

そんな中、今回の記事でご紹介したいのはズバリ、「ぐぐる」です。

みなさんはこの「ぐぐる」の意味はご存知ですか?

「ぐぐる」はどういう意味?

「そんなんお前、自分でぐぐれよ」とか、「ぐぐれば分かるんじゃない?」とかを言われたご経験はないでしょうか?

そういった言葉の意味・出来た経緯など今使われている「ぐぐる」の現状を紐解いていきたいと思います。

では順番に観ていきましょう。

1. 「ぐぐる」の意味

「ぐぐる(または、ググる)」の意味は、「Google検索すること」です。

「Google」は分かりますよね?アメリカの企業Googleが開発・運営している「インターネットの検索エンジン」のことです。

検索エンジンとは他に、「Yahoo!」、「Bing!」などが有名どころとして挙げられますね。

これは簡単に言えばインターネットで、ネット上にある画像や、動画、ニュースなどいろいろな情報を検索する機能やそのプログラムの事を言います。

日本ではほとんど「Google」と、「Yahoo!」の2つが独占してますよね?

2. どうやって生まれた言葉?

「ぐぐる」は、Google検索することとご紹介しましたが、ではどういった経緯でこの言葉が生まれたのでしょうか?

「Google」は、1996年に「バックリンク」を評価・分析する検索プログラムである「BackRub(バックラブ)」を開発しました。

「バックリンク」とは、Webサイトにある「ハイパーリンク」のことで、良いWebサイトに参照されているハイパーリンク先のWebサイトは、

同じく良いサイトであるという観点から、この「BackRub」を開発し、

Web検索において、「検索ワード」と、検索項目に並ぶ実際のWebサイトとの関連性をこれによって高めたと言われています。

これが検索エンジン「Google」の前身で、リンク先に多く設定されているサイトは、

優先的に検索欄の上位に並ぶといった方法をとり、2002年には世界で一番使われる検索エンジンにまで発展していきました。

こういったことから、我が国日本でも、2000年代初期ごろから、Googleが使われる機会が増え、

若者の間で、「分からない事があったら自分でGoogle検索しろっ」という事が言われ出して、「ぐぐる」に至ったということです。

この「ググれ」が、使われ出した時には「そのくらい自分で調べろよ」という、高圧的な意味も含まれていたようですが、

現在ではもう少し、和らいだ意味で使われるようになったようです。

3. どんな人が使っている言葉?

前述でもありましたが、言葉が出来た当初は主に、「若者」が率先的に使っていました。

「ググレカス」なんてことも言われていたみたいですね?

では今ではどうでしょうか?皆さんも会社で雑談しているような時に使っているのを耳にした事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに年配の方はまだ使われていないのかも知れませんが、30代~40代前半くらいの人なら使っている人もいるのではないかと思います。

元々は一種の「ネット用語」だったので、抵抗があって使っていない人もいらっしゃるかも知れません。

知っておいても良い言葉ではあると思います。

4. メディアでも「ぐぐる」が使われている

今や「ぐぐる」はテレビ番組などのメディアでも使われています。

テレビ番組で地図が出る際は多くが「Googleマップ」が使われます。

テレビ画面の右下くらいに小さく「※」がついて書いてあると思います。

テレビの出演者でも、「それくらいググれや」とか芸人さんが言っているもの聞くと思います。

ネットニュースとかになると、「コラム」等の記事では当り前のように「調べる事=ぐぐる」として書かれていますよ?

意識してみると、結構浸透している言葉なのですね。

5. 英語でも「ぐぐる」がある

日本では度々、「名詞」+「~する・~る」で、名詞を動詞に変えて、短縮した言葉にしますが、海外ではどういった使われ方がされているのでしょうか?

英語で「ググれ」は、「Google it.」でいいそうです。

これで「調べてみたら?」となるようですね。

英語では度々、その名詞がそのまま「動詞になる」ことが多く、「フェイスブックに友達申請しておくよ」も、「I’ll facebook you.」で伝わるそう。

どこの国も名詞を動詞に変えて言葉にしてしまうと言うのが当たり前になっているようですね?

6. 辞書にも載っている?

実は英語の辞書にはすでに「英単語」として載っているそうです。

確かに全ての辞書では無いとは思いますが、「Google(ぐぐる)」は列記とした他動詞として辞書に記載されているんです。

凄い話ですね。

7. 「ぐぐる」を英語翻訳ソフトで検索すると?

ですので、翻訳ソフトに「ぐぐる」と入れると?みなさんは、もうどうなるか分かりますよね?

そうなんですちゃんと「Google」と出るんです。

嘘だと思ったらやってみて下さい。

インターネットの環境さえあれば簡単に調べられます。

8. Googleを使わなくても「ぐぐる」?

前述のように始めは「Googleの検索エンジンを使用して、インターネット上の情報を集める行為」を「ぐぐる」と言っていました。

それに付随し、「何でもかんでも下調べもしないで、人様にばっかり質問するな」という意味で「ググレカス」という言葉もいわゆる「ネット用語」で派生してきました。

そして、現在では「自分で何かを調べ物をする」ときも、この「ぐぐる」を広義的に使う事があるようで、より生活で使いやすいように意味合いが変わってきています。

これには、「独自に何かを調べる」、「一番手っ取り早い方法は?」、「インターネットを使おう」、「いつも使っているGoogleで調べよう」

と、現代人の多くがこういった思考回路に成っていることが理由になっているからではないでしょうか?

これだけ「Google」は私たちの生活に密着したコンテンツなんですね。

Googleのすごさ


つづいて、この「Google」について、もう少しばかり情報をまとめていきたいと思います。

今やインターネットでは国内でも当り前に使われるようになった「Google」。

一体どんな経緯でここまで発展してきたのでしょうか?気になるところを順番にまとめていきます。

1. ネットの世界でのグーグルの強さ

前述でも少し触れましたが、インターネット検索エンジンとしての「Google」の強さはまず、何と言っても「SEO」が挙げられます。

「SEO」とは、「S=Search(検索)」、「E=engine(エンジン)」、「O=Optimization(最適化)」のそれぞれの頭文字をとった、「検索エンジン最適化」のことを指します。

あまりピンとこない言葉かも知れませんが、簡単に言うとこの「SEO」とは、

言葉を入れて、検索したときに並ぶ「各Webサイト」の並び方を、より関連性の高い順に並び変えるシステムのことです。

簡単に言っても少々難しくなってしまいましたが、例えば「○○テレビのドラマの××について調べたいこと」があった時、検索エンジンの入力フォームに「ドラマ ××」と入れて検索したとします。

そうしたとき、大体は「番組の公式ホームページ」が一番上に検索結果として出てくると思います。

2番目はどんなサイトか?3番目はどうか?と、その検索ワードの「結果の並び順」のことを言っているのです。

このSEOは、本来出資者が儲かるような目線、つまり「生産者側」に立って物が売れやすいように検索結果が並び変えられるのですが、

「Google」のSEOは「消費者側」に立ってプログラムが組まれています。

いかに物が売れやすいように「スポンサー」が有利になるようなSEOを取っても、

「消費者及びユーザー」が使いにくいもの、押し売りに近いものになってしまったら、「消費は伸びず」、誰も使いたがらなくなります。

こうなっては元も子もないので、Googleではより「ユーザー目線」に立ったシステム作りを心掛けているのです。

その証拠に「Google」では「SEO」を、変わり易い時代の流れにすばやく合わせられるように頻繁にシステムを更新しています。

また通常、検索エンジンを使用する為には何かしらの「会員登録」を強いられる場合があります。

しかし、Googleの場合は「完全無料」で、特に会員登録も必要ありません。

全て、外部の企業からの「広告収入」で利益を出しているのです。

こうしておく事によって、人気が出ないもの、またユーザーが望まないようなやり方を進めていくことで、

この「広告収入の減少」が顕著に出てきてしまうため、Googleとしても利益が下がります。

そういった「ユーザーからの支持を第一」に考え日々検索エンジンのシステム作りに励んでいるのが「Google」なんです。

2. Googleの会社概要

「Google」は1998年に創業されたアメリカの多国籍企業で、創業者は大学時代の友人同士であったラリー・ペイジと、サーゲイ・ブリンの2人です。

創業者の2人は、「検索エンジンGoogle」の前身である「BackRub」を開発し、

このシステムは開発された1995年当時では珍しい、コンピューターに自動で情報を収集させる「ロボット型検索エンジン」に分類されるものでした。

「BackRub」についての説明は前述の通りですが、それから爆発的にユーザーを増やし、その後「Google」を設立、

アメリカのみならず、私たちの国があるアジアや、ヨーロッパにも拡大していき、今のような世界屈指の大企業になったということです。

純利益は毎年約2兆円弱計上しており、この純利益は日本で言うと「トヨタ」と同じくらいです。

こう考えると「トヨタ」もすごいですね?

ちなみに純利益1位は「アップル」で4兆円くらいだそうです。

話はそれましたが、「Google」は毎年「働きたい企業ランキング」でも国内ベスト3に入ったりと、企業としても「クリーン」で、「良いイメージ」を世間から持たれているようです。

実際に慈善事業も多く行っており、その一例としては、「伝染病流行」や、「自然災害」に対する「予知・予測」のシステム開発の為に、

関連研究機関等への資金提供を行い、他には「新型のエネルギー開発」等にも注力している状況です。

3. 世界での検索シェアはどれくらい?

そんな「ユーザー第一を掲げているGoogle」ですが、次に世界では一体どれだけ使われているのでしょうか?

「検索エンジン」の市場シェア率は、簡単にインターネットで調べる事が出来ますので、みなさんも良ければ調べてみて下さい。

そこで、今回は2016年の「検索エンジンシェア率データ」をご紹介します。

有名な検索エンジンシェア率の解析サイト「StatCounter」によると、2016年の世界での検索エンジンシェア率は「Google」がトップで、およそ89%でした。

つづいて2位は「Bing!」でシェア率は約「4%」、3位は日本でも有名な「Yahoo!」でシェア率は「3%」ほどでした。

この「検索エンジンシェア率」の解析結果は他サイトで見てみると若干の違いはありますが、

大体何処のサイトでも「Google」が全体の80%~90%のシェア率を占有していて間違いなく「世界一」の検索エンジンと言えます。

因みに、我が国日本の「検索エンジンシェア率」はと言うと、

1位がなんと「Google」でシェア率は約60%で、2位が「Yahoo!」で30%、3位が「Bing!」で5%でした。

数年前までは国内では「Yahoo!」が、検索エンジンシェア率を牽引していたみたいですがここ数年で「Google」首位を譲り、今のような結果になったと言います。

こう見ると、「Google」なしではインターネットもままならない状況なのかも知れないですね。

4. Yahoo!より強いの?

正直、世界シェア率を観ても、国内シェア率を観ても、「Yahoo!」よりも「Google」の方が一歩も二歩も先に行っています。

しかし、お互いに「特色」というものがあり、検索エンジンには様々な機能がありますので、その「機能の違い」を愉しむことが、ネットをする上での「ポイント」となると思います。

ではここで、「Google」、「Yahoo!」2つの検索エンジンの機能の違いを簡単にご紹介していきます。

まず「Yahoo!」は、通常、例えば検索時に「デジカメ」と入力すると、検索結果にデジカメのメーカーHPや、家電量販店のサイトなどが表示されると思いますが、

「Yahoo!」の場合はそこに「デジカメの商品ページ」が並び、すぐに買い物が出来るようになっています。

また「Yahoo!」は、「Q&Aの知恵袋」や、「電子書籍」、「辞書」、「オークション」などのサービスも充実しているのが特徴です。

つづいて「Google」の特徴ですが、「Google」は、前述でもありましたが、とにかく「つかいやすさ」に重点を置いてシステムが組まれているのが特徴です。

そのひとつは「パーソナライズ検索」です。

通常、ネットで検索をした場合、キーワードが同じ場合ならば、検索結果は「誰でも同じ結果」が表示されるのですが、

この「パーソナライズ検索」だと、その人のよく検索するような物を記録していき、「その人に合った検索結果が表示される」というのが特徴です。

これは、ネットに繋ぐと、いわゆる「住所のようなもの」である「IPアドレス」というものが必ず割り当てられます。

これにより大体の住んでいる地域もわかり、日頃の検索履歴等を考慮に入れて、検索結果をその人に合ったものに並び変えているというものです。

つまり、使えば使う程「自分好みの検索エンジンに成る」ということです。

その他にもWebサイトの中身を数行表示する「リッチスニペット」、コラムやネット上の記事や、論文等の横に著作者の顔写真が載る「オーサーシップ」、

その他「音声検索」など、今では「Yahoo!」でも同じ様な機能はありますが、ここで挙げた機能の全ては「Google」が先に技術開発しているんですね。

「検索」をするときには、何に重きを置いて検索するかで、2つの検索エンジンを使い分けていくのが良さそうです。

5. 「ヤフる」もあるの?


ここで、「ヤフる」もあるの?という質問があるかも知れませんが、実は「あります」。

「ぐぐる」よりも、大分後になってからでしたが、「ぐぐる」の意味と同じ様に、「Yahoo!」で検索することを「ヤフる」として今では巷で広まっています。

6. 「ぐぐる」で商標権の問題も

1998年創業の「Google」。

その躍進は凄まじいもので、創業から8年経って検索エンジンシェア率は世界で50%を記録したこの年、

ジェニファー・ロペスさん主演のハリウッド映画「Maid in Manhattan」のセリフで、この「ぐぐる」が使われたんだそうです。

もちろん英語ですけどね?そしてこのセリフ騒動があった3年前には、アメリカの流行語大賞で、「ぐぐる」が入賞しており、まさに「社会現象」にまで発展していたのです。

この事態を重く見た「Google」は、ぐぐるを勝手にメディアで使われると、「商標権もなしに誰でも勝手にGoogleを語たり、商売が出来てしまう」として、ワシントンポストに抗議文を送ったそうです。

たしかに「日本語ではぐぐる」ですが、「英語ではgoogle」ですので、思いっきり会社名が使われてしまうのでこれは行き過ぎると商売あがったりになってしまいますよね?

この騒動は一体この後どうなったんでしょうか?気になる結末はぜひ皆さんで「ぐぐって」みて下さい。

ヤフー派さんもぐぐってみたら?

こういったように「Google」は、世界で最も使われている検索エンジンです。

ですので、普段「Yahoo!」を愛用しているそこのあなたも一度は「Google」を使って、世界で認められている「使用感」を体感してみてはいかがでしょうか?

飽くまで、「Yahoo!」には「Yahoo!」の良いところがあります。

それと同じで「Google」にも良いところがあるんです。

お互いに使うシーンを変えて、2つの検索エンジンを使いこなせれば、仕事やプライベートでも「無駄な時間」を過ごすことなく、快適なインターネットライフが楽しめるかも知れません。

「ぐぐる」を使った会話の例

みなさん、ここまで検索エンジン「Google」についてたくさん勉強してきましたが、ここで一息。

「ぐぐる」を使ったごくごく自然な会話に挑戦してみましょう。

1. 「知らない言葉はすぐにぐぐる」

まず、ある日の昼下がり。

外回りを終えて、一足遅い昼食を職場で摂っていたあなたに、後輩が近寄り、

「あっ先輩、お疲れ様です。お食事中、大変申し訳ないんですが、この会議資料の”コレ”、なんて読むんスかね?」、「ちょっと俺、漢字苦手で…。」と、言ってきました。

しかしあなたは今メシを喰っています。

さぁ、どうしますか?あの言葉ですよ。
 
「えっと、”ぐぐって”みたら?」

これでOKです。ではこの調子でもうひとシーンいってみましょう。

2. 「ネットでぐぐってお店を決めよう」

今日は大好きな彼女と久しぶりのデート。

先日出来たばかりの「お店」もバッチリ予約して、意気揚々とお店へ向かう2人。

と、店員に話を聞くと、店側の手違いで予約が取れていない事になっていまいた。

さぁ、大変。

至急代わりの席はないか?と問うも、生憎この日は週末で満席。

不手際に頭を下げ続ける店員のお兄ちゃん。

困惑する彼女、焦るあなた。

こんな時、店員に怒っても良いのですが、無い物ねだりしても仕方ありません。

しかも折角の大好きな彼女とのデート、時間が惜しい。

そんな時あなたは、「じゃあ、仕方ないね?また予約するから、その時は頼むね?」と店員に優しく声を掛け、

不安そうな彼女を前に、「大丈夫」と懐から華麗に「スマホ」を出し、ここで一言…。

「ごめんね、確かこの先、君の大好きなイタリアンのお店があるはずだから、すぐに”ぐぐる”から、ちょっと待っててね?」

彼女も、「ステキッ」って目がハートになってますよ。

Googleでぐぐる利点

茶番はどうでしたか?あれだけ出来ればもうあなたは、「Googleマイスター」ですよ。

冗談はさておき、本題に戻りますが、次からは「Google」の機能をより詳しく何個かご紹介したいと思います。

これを覚えておけば、「Google」を使って「ぐぐる」際、さらに効率よく「自分の知りたい情報」を入手する事が出来ると思います。

では順番に観ていきましょう。

1. 自分に最適な検索結果が見られる

先ほどもご紹介した「パーソナライズ検索」です。

やはり「Google」と言えばこれです。

使えば使う程、「自分に合った」、「自分だけの」検索エンジンに近づき、どんどんどんどん使いやすく、しかも自動にカスタマイズされていきます。

「Google」を使われた事が無い方は是非とも一度使ってみて、その使い心地を体感してみて下さい。

本当に恐いくらいです。

痒い所に手が届き過ぎて、「ちょっとだけ」と言って始めたネットサーフィンが、永遠に終わらなくなるかも知れません。

私も気付いたら1時間過ぎているということもザラです。

2. Googleマップに連動するので便利

これは便利、検索エンジン「Google」は、地図アプリ「Googleマップ」に連動いたします。

皆さん、「Googleマップ」は使ってますか?

今や、「カーナビ」のような使い方も出来るし、「ストリートビュー」を使えば、実際にその街に居るかのように地図だけでなく、その地の風景や街並みを実写で確認する事が出来ます。

また、この「ナビゲーション機能」は、電車や地下鉄を降りた後、駅から目的地までどう行ったらよいか?と言う時にも非常に有効です。

徒歩での所要時間、分かりやすい大通りを通るといった細かい「目的地までの道の設定」も手動で簡単にでき、

目的地の詳細な情報も「Google」のWebサイトと連携をして瞬時に検索できます。

目的地が商業施設であれば、住所や電話番号はもちろんのこと、店舗の混み合う時間帯や、関連施設、口コミ情報までも一気に一覧で表示されます。

これで「方向音痴」のあなたも「Googleマップ」さえあれば安心ですね?しかし気を付けてほしいのが「歩きスマホ」です。

どうしても移動中に場所が分からなくなったら、人通りの少ないところへ避難し立ち止り、周囲を警戒しながら再度場所を確認して下さい。

3. Youtubeにも連動する

「Google」を使うと検索結果の上の段に「すべて」とか、「画像」、「動画」などの文字が表示されると思います。

何も特別な操作をしていない場合は、「すべて」になっており、これは検索ワードに対して、Webページ全体を検索結果に反映しています。

それを例えば「画像」にした場合、検索ワードに関連する「画像」が表示されます。

またそれを「動画」にすれば、「動画投稿サイトYoutube」での検索結果とマッチングした動画が検索一覧に表示され、

クリック及びタップをすれば、誰でも簡単に関連動画を視聴する事が出来ます。

今や検索は、単なる「文章」の検索だけでなく、画像や動画、音声などを使っても検索できます。

またその検索結果も同じです。

「あー、あれあれなんだっけ?」となった時、「Google」を開いて自分の分かるキーワードや、所有している画像、動画、音声などがあれば、「すぐに欲しい情報が、欲しい形で手に入る」のです。

皆さんもこの快適な検索ツール「Google」で、悠々自適に調べ物、「ぐぐる」をしてみてはいかがでしょうか?

4. Google chromeでの検索も便利


つづいてウェブブラウザの「Google chrome(グーグル・クローム)」のご紹介です。

ウェブブラウザとは、ホームページ、Webサイトを観覧するためのアプリケーションのことで、

検索エンジンを「検索結果を表示するためのシステム」と言うならば、

ウェブブラウザは「表示された検索結果の中の情報を保存できる」といった具合に成ると思います。

このウェブブラウザ「Google chrome」は通常の検索エンジンとはどう違うのでしょうか?

簡単に機能の違いをご紹介いたしますので、最後までお付き合いください。

1. 動作が軽く、サクサクぐぐれる

動作が軽い、これが通常の「ぐぐる」とは違うところです。

これは実際に使用してみないとわからない事ですが、Googleで普通に検索するよりも、Google chromeをインストールして「ぐぐった」方が動作が軽くなります。

動作が軽くなれば、ハードに掛かる負担も軽減される事になりますので、何かこだわりがある訳ではない場合は、「Google chrome」をお使いになった方が良いと思います。

使ってみればその違いはすぐに分かると思いますよ?

2. アカウント登録しなくても使える

「Google chrome」はアプリケーションソフトなので、ファイルをダウンロードして、ハード内に「インストール」する必要があります。

通常はアプリケーションをインストールする際、何かしらの個人情報の登録をせがまれることが多いですが、この「Google chrome」では、一切個人情報の登録は必要ありません。

Googleではアカウントを作ることで、メール機能や、ブログの機能などが使えたりもしますので、アカウントは持っていても損では無いとは思います。

しかし特別、登録も必要ないので、「気軽に使える」のも評価できる点ですよね?

3. プラグイン機能も充実している

「プラグイン」が充実しているのもGoogle chromeの特徴です。

「プラグイン」とは機能を追加するソフトウェアの事で、今見ているサイトを「後で見る」とワンクリックで指定したり、

サイトの表示を指定の読みやすい形式に自動で再表示してくれるものや、ワンクリックで海外のサイトを自動翻訳してくれたりと、その機能はさまざまです。

プラグインを入れれば入れる程、さまざまな機能が増え使いやすくなりますが、調子に乗って入れ過ぎると、動作が重くなってしまいますので、使用感が少し悪くなる場合があります。

プラグインを導入する際は、きちんと吟味して行いたいですね?

いかがでしたか?今回は「Google検索」、通称「ぐぐる」をご紹介いたしました。

今回の記事ではまだまだご紹介しきれない情報もまだまだありますので、また機会があればその時きご紹介できればと思っています。

皆さんも日常生活で何か「分からない事」があったら、お気軽に「ぐぐる」をしてみて下さい。

思いもしなかった、「新たな発見」がるかも知れません。