虚栄心という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

何だか難しい言葉の様に感じますが簡単に言えば見栄を張ることを指しています。

見栄なんて少なからず誰でも張ってしまう気がしますが、ここで問題なのは虚栄心が人より強く出てしまうタイプです。

虚栄心が強いせいでまわりから見ると、とても面倒な人というレッテルを張られてしまうこともあり、なかなか厄介なのが特徴と言えるでしょう。

また、虚栄心の強い人には自分本位な考えをしている人が多く、他人への必要性をほとんど感じていない部分が見られます。

自分の周りに、虚栄心が強い人はいませんか?実は自分が虚栄心は強くどうしたら辞めることが出来るのか分からない人はいませんか?

今日は、そんな虚栄心が強い人について詳しく分析してみたいと思います。

もし、あなたの周りで虚栄心が強い人がいて困っているのならこれを参考にしてみてください。

そして、虚栄を張る癖が辞められず、どうしてもうまく人間関係を作ってこれなかった人にも、ぜひ読んで貰えると嬉しいです!

虚栄心が強いってどういうこと?

人は誰でも憧れている人物がいたり自分の思い描く理想に近づきたいと願ってしまいます。

ですが、実際はそんなことは無理なのも理解していますから夢で終わってしまい、そのままの自分を受け入れて生活しているモノです。

そんな現実とは全く違う自分を作りだし、平気で作り出した偽物の自分を他人に見せるのが虚栄心の強いと言えます。

嘘を付くと言うより、虚像の自分が本当の姿だと思い込むような態度が見られるので、

あまりその人を知らないと素直に話を受け入れ真実とのギャップに驚かされる事になるでしょう。

そんな虚栄心が強い人の特徴について詳しく分析をしていきましょう!

虚栄心が強い人の特徴

最初に虚栄心が強い人の特徴について説明しておきす。

普通の人は人生を通して自分の実力やスキルをちきんと把握しそれを受け入れながら生活をしています。

子供のころの夢は「お姫様」とか「ヒーロー」など大人からしたらそれは無理だな~って思うことでも子供たちは結構本気なんですよね。

でも、成長して行くなかで「お姫様」は限られた人しか成れない、「ヒーロー」は選ばれた人が成れるんだ…って分かっていくんです。

この話は確かに極端ではありますが、等身大の自分を探しそれを認めることを繰り返しながら人の精神は成長していきます。

でも、虚栄心が強い人はそのままの自分を認める事が出来ず、虚像を作り出してしまいます。

例えば周りにこんな人はいませんか?

・自分の能力や実績の自慢話が多いが、現実の「中身」が伴っていない
・普段から大口をたたくのが癖で実際に行動には移さない
・大袈裟な話や嘘を日常的に行う”虚言癖”がる人
・職業や学歴、人脈など「ステータス」にやたら執着している

こんな人は虚栄心が強い人と言えるでしょう。

精神的に未熟で尚且つそれを未熟なままにしてきた結果と言えるでしょう。

では、そんな虚栄心の強い人に見られる特徴をいくつか紹介してみましょう。

虚栄心を持っていると自覚している人はきちんと確認してみましょう。

もし、周りに虚栄心が強い人がいて困っている人はその心理を理解出来るかもしれないので、参考までに読んでみてください。

1.等身大の自分を認識できない

先ほど上記しましたが、普通の人は人生の中で色々な経験を通して自分の地位や実力を分かってくるものです。

そしてそれが「自分」なんだと認めることで、誰に対しても素直にそのままの自分を見せコミュニケーションをとりながら人間関係を築き上げていきますが、

虚栄心の強い人と言うのは等身大の「自分」を認識出来ずに生きてきてしまった場合があります。

普通に考えれば無理な事でも”それが出来てしまうのが自分”なんだと根拠のない発言をしてしまったりします。

等身大の自分を理解するは、当たり前のように思えますが自己評価をきちんと出来る人は少ないのかもしれません。

自分自分を見つめる時間を作らなければもしかしたら、案外気づかないうちに自分を過剰評価をしている事もあるかもしれません。

2.実は常に危機感を抱いている

虚栄心が強い人はいつの間にか自分を巨大化させ、他人に移る姿は尊敬や羨ましがられるような人物を装っており

その言動が強く表れている人のことを言いますが、その反面で自分は嘘を付き見栄を張ってしまう癖があると自覚している人が殆どだと言われているそうです。

本当は自分がそれほど出来る人間ではない事やごく普通の人間だと感じていて、

いつかそのうちそのメッキが剥がれてしまうのではないかと不安に感じそれが危機感へと変わっていきます。

虚栄心の強い人=自信家と思われがちですが、実は真の意味での自信家ではなく内心は他の人より自信がないことが殆どの虚栄心が強い人に当てはまるそうです。

3.自己否定の要素を持っている

また、虚栄心が強い人にはこんな自分ではダメだという自己否定の要素が強いのが特徴です。

いつでも見栄を張り、こんな事をしてはダメだ…という思いに反省を覚えるのですが、

結局罪悪感を感じながら虚栄を張ることを辞められず、また新たな虚栄を張りその繰り返しで辞めることが出来なくなってしまうのです。

「人は人、自分は自分」という意識が少なく、常に人と比較する癖があり、

人より劣っているは嫌だと言う気持ちと実際の自分は出来がいい方ではないという自信の無さとの葛藤で自分を苦しめてしまうのです。

自己否定、いわばコンプレックスな部分を隠そうとするあまり見栄を張ることに繋がってしまうのは理解出来ない事でもないのですが、

それでは足踏み状態を続けているだけで何も成長していけなのではないでしょうか?

コンプレックスを抱えるのではなくそれをバネにして、いろいろなことにチャレンジしていける強さを持つことが大切と言えるでしょう!

虚栄をはることにうしろめたい

実は虚栄心の強い人はきちんと自覚があり、罪悪感を感じている人も多いのです。

ですが虚栄を張れば優越感を感じることができ、それはとても快感や高揚感を感じることが出来ると知っているので辞めることが出来ません。

うしろめたさは十分あるのですが、もう癖となり身についてしまったものは簡単には正すことが出来ず悪い事の自覚を持ちながらもさらに虚栄を繰り返してしまう、悪循環に陥ります。

うしろめたさがありながらも嘘を付くというとても可哀想な人間でもあります。

4.弱い自分が愛おしい

今まで説明した通り、虚栄心の強いタイプはありのままの自分を受け入れることが出来ず

虚像の自分をあたかも実際のことのように語ってしまうという悪い癖があり、それを辞められない心の弱い人間に多いのが特徴です。

ですが、もっと問題なのはその弱い自分を愛おしいとさえ思っている事が殆どの虚栄心の強い人に多い特徴です。

とても「自己愛」が強く、ダメな自分でも愛おしいと思うのは人間誰しもが持っている性質ですが、

この場合の「弱い自分が愛おしい」というのは、虚像を語ってしまうダメな自分を指していますので悪行をしている自分を認めることになってしまうのです。

これでは、人として未熟すぎます。

5.危機意識に欠ける

虚栄心の強いタイプはあまり危機意識がなく、その場だけで行動しがちです。

もしその場でトラブルになっても適当に誤魔化せるだろうと言う自信があり、リスクを見落とします。

見栄を張ることばかりに意識が行ってしまい、危機意識より相手より優位になれれば満足してしまうのです。

この場合もし、何か問題が発生してもそれまでの過程に意識を向けてこなかったので相手に非を押し付け自分は関係ないとまで主張してしまう事があります。

本人は至って本気で、自分自身には問題はないと思っているので、それに巻き込まれた人はとても迷惑を被ることになります。

6.誰かが助けてくれるだろうと思っている

何を勘違いしているのか、虚栄心の強い人は自分に何かあっても周りにいる誰かが必ず助けてくれると思い込んでいる人が多いです。

作り上げた自分は完璧な人間であり、そんな自分の周りにいる存在は自分に惹かれている人が集まったと勘違いしているのです。

嘘付くことで信頼を失うことになるとは考えず、嘘によって人が集まってくるというメリットがあると考えてしまっています。

虚栄を張った状態の自分に、何か問題が発生した時手助けされた経験があると、尚更その過ちに気づくことが出来なままになってしまいます。

虚栄を張った結果、お金を失って始めて正気になる場合や、人が離れていく事を経験して自覚する事もあります。

7.みんな同じような嘘を付いていると思っている

もはや嘘では済まされないほどの虚像を語っているのに、それはカワイイ嘘のレベルだと思っているのが虚栄を張ることを辞められない人の特徴でもあります。

確かに、人は嘘を付く事が多々あるのですが、虚栄心がとても強いのに他の人間と自分は大差がないとも思っています。

例えば、最初しか関わっていないような仕事が成功や成果を出した場合「このプロジェクトは私が担当しました!」など

完全に自分の成果に変えてしまう発言は余ほど虚栄心が強い人や虚言癖がある人の発言なのですが、これくらい話を少し盛っただけと思ってしまうのです。

この様な虚栄心を張る人には「すごいね」と褒めてもらう事を求めている人が多く、それによって自分の価値を見出す事しか出来ないタイプでしょう。

8.虚栄を自覚していてもやめられない

虚栄心の強い人は自分が見栄を張った嘘を付くことを自覚している人が殆どなのですが、それを辞めることがなかなか出来ないでいます。

それはなぜか…もし、嘘でなく事実でも人から羨ましがられる話をすれば周りの人は思った通り「すごーい!!」「いいなぁ~」と羨望の眼差しが注がれ気分は高揚するのが本能でしょう。

そんな場面に虚栄心の人がいたとしたらどうでしょう。

気分が高揚するどころでは済まないくらいテンションが上がり気分も良くなってしまうのは当然のことですね。

その快感が癖になってしまいうしろめたさはありながらも、やはり虚栄を張ってしまうのです。

虚栄心をなくしたい!その対処法とは?


虚栄心によって自分の首を絞めている人はいませんか?

自分に虚栄心があることを自覚しながらも、それを直せずに悩んでいる人も頑張り次第では余計な虚栄心を取り除けるかもしれません!

とは言えど、どうやってそんなことが出来るのか、わからないから今まで繰り返してきてしまったのでしょう。

せっかくこのブログを読んでもらったのなら、これを機会に本来の自分を取り戻す努力をしてみませんか?

虚栄心強い人は、人から注目されることを好み、知名度や賞賛を求め自分の要望が叶うことだけを好みます。

そんな虚栄心は、ある意味自己防衛の1つにもなっています。

そのような状態では、人間関係を築いていく上でとてもリスクになると言えるでしょう。

では、これから虚栄心をなくしたいと考えている人の為に、大切な事や虚栄心に対する対処法を書き出しますので参考にしてみましょう。

劣等感を刺激しない

なぜ、虚栄心の話なのに劣等感というワードが出てくるのか不思議に思う人もいると思います。

虚栄心の根底には”人より優れていたい”・”優位に立ちたい”・”私ってすごいでしょう?”と様々な他人との比較してしまう気持ちかが隠れています。

人と自分を比較して、本来の自分はその人よりも優れていないのかもしれないと言う不安や、とてもつもない劣等感が膨張した結果が虚栄心となってしまうのです。

ですから、劣等感を刺激しないことが重要になってきます。

相手が虚栄心を張ってきたら適当に相槌などを打って話を流すようにし相手を刺激しないほうがイイでしょう。

虚栄を張るのが癖のようになってる人は無意識のうちに、相手と自分を比べてしまうので、

まずは「相手は相手」「自分は自分」としっかり線引きをするように心掛けてみましょう!

相手を認めること

先ほどもふれましたが、虚栄心が強い人は劣等感に捕らわれているせいでいつまで経っても相手と張り合おうと競争意識が強くなってしまう事があります。

もういい大人なのを自覚、認識して相手を認め尊重出来るようにならなければいけません。

虚栄心の強い人に見られるのが承認欲求の強さです。

相手に認められたいと常に思っているので、こういった場合には「すごいね」「さすがだね!!」と褒めるようにしてあげることで相手の承認欲求を満たしてあげましょう。

こうしてあげると、相手の欲求を満たしてあげることができ、良い人間関係を築くことが出来ます。

虚栄心の強いタイプは人に甘えたい、認められたいという思いが強くとても寂しい心を常に持っている人間ですので、

そういった心を満たしていげることがピッタリの対処法になります。

ありのままの自分を認めること

さらに虚栄心の強い人は、自分の弱点などを人に見せることをとてお恐れていたり悲観的に捉えていて自分に自信が全く持てずにいる人が多いです。

でも、どんな人にも苦手なジャンルや弱点は存在することを学びましょう。

傍から見れば、気がきく素敵な人でももしかしたら人と話すのがとても苦手と感じている人もいるのです。

「自分はこうなるなずだった…」「もっと自分は出来る人間なんだ…」「自分はこうあるべきなんだ…」と課過大評価ばかりが先行してしまいます。

まずは悩む事を辞めて、そのままの自分を認めるようにしましょう!自分を認めると言うのは簡単そうで意外と難しい問題でもあります。

例えば、ティーンのメイクはコンプレックスをカバーする為に濃い目して魅力的に見せようとしますね。

すっぴんとのギャップに驚いた経験は多いはず…笑

これは自信のない部分を隠そうとした結果、違和感が残るような目元になったり、口元になったりします。

ですが、ある程度大人になり自分の顔に対して受け入れることや可愛いと思えるパーツを発見していく事で、徐々に薄いメイクに変化していきます。

これは単純な話ですが、本当の自分は意外と良い素質を持っている可能性があることを、忘れてはいけません!

必要のないプライドは捨てる


私は全くプライドないよーって言う人はいますか?私が思うにプライドが全くないなんて人はいないでしょうし、

少なからずこれだけは譲れないと言うモノがある人の方がカッコ良くも見えるのが事実ですよね。

ですが、手当たり次第にプライドを掲げられては一緒にいる人間は疲れてしまうと思いませんか?

プライドと言うのは時にとても邪魔なモノにもなります。

そして人から見たら、そんな事…って思うわれる様な事すらありますよね。

もし、そのプライドだらけで素直になれずに自分みずからをらがんじがらめにしているようなら、ひとまず深呼吸してそのプライドを客観視してみましょう。

客観的に考える、見ることで今までこだわっていた事がちっぽけに思えてくかもしれません!

例えば「友人が現在良い車に乗っている、自分には到底買えないけれど素直に認めたくないから以前乗っていたけど、すぐ飽きたから辞めた。」など、

これは羨ましいと言う妬みや負けたくないと思う劣等感、さらに自分には買えない車を友達は買えるというプライドが傷ついた結果に出る発言ですが、

これでは逆に器の小ささを語ってしまうようにも思えますね…

必要のないプライドを捨てるだけで、見栄を張る回数が愕然と減っていくでしょうし自分もラクに人と関わっていけるはずです!

素直になる

虚栄心は自分を守るために行うモノで、ある虚栄を張ることで周りから防御している状態になります。

「自分を良く見せなければ…」とか「強い自分でいなければ…」と思ってしまう虚栄心を張る人には、自分のコンプレックスや弱さを認めることが出来ずにいます。

必要以上に自分を大きく見せ、自信家をアピールし、自分の出来ない事から目を逸らしてばかりしるのは辞めにしましょう!

でも、それでは真剣に人と関わっていく事やコミュニケーションを取ることが出来なくなってしまうとお思いませんか?

虚栄を張らなようにするには、兎に角相手に対して”素直になる”ことです。

素直に自分の苦手な部分を話したり、素直な感情を話す事で身の丈に合ったリアルな話が出来るようになれるのです。

本当の自分はきっと自分が思ってるより、とても優しい人間かもしれませんし、とても気のきく人間かもしれません。

今まで虚栄を張ってしまう事で隠れてしまっていたあなたのすばらしさが見えてくるはずです^^

虚栄心が強いせいで、大切な人を傷つけて失ってしまう事すらあります。

今まで虚栄ばかり張っていた人はいきなり素直になるのはとても恐怖を感じることかもしれませんが、きちんと人と向き合うチャンスでもあります。

そして自分と向き合うきっかけにもなります!

そもそも虚栄心とは?

ここまでいろいろ書かせて頂きましたが、そもそも虚栄心を客観視すると以下のようになります。

肉体的、知識的な部分では成長しているのに、精神部分が未熟な人に多く他者との比較で自分の地位を確認し存在意義を満たしている心と言えるでしょう。

虚栄心が強いタイプは常に人より上であることに執着し、他人の能力やそれ以外の面において、自分より下と見なした人を馬鹿にしたり蔑むような行動をしてしまいがちです。

さらに自分にとって有益だと思う人物には過剰に賞賛をしたりするもの特徴として挙げられます。

もしかしたら自分も気づかないうちに虚栄を張っていたのかもしれませんし、自覚があるけれど辞めることが出来ずに繰り返していたりしませんか?

虚栄心についてマイナスなイメージが多く出回っていますが、実はマイナスな事だらけではない事も知っておきましょう!

虚栄心が強いと悩んでいるひとは、考え方を変えてみるのも1つの手です!

誰しもが心の中に「恥ずかしい部分は隠しておきたい、もっとよく見られたい」と思っているはずです。

虚栄心が強い人は特に失敗を恐れてしまう傾向にありますが、

失敗を恥ずかしいことと考えると、何に足してもチャレンジ出来なくなりステップアップの邪魔になってしまいます。

でも、それでは自分の幸せは遠のいて行ってしまいます。

ですから、虚栄心=かっこ悪い自分を見せたくないと言う思いを起爆剤にして、自分をどんどん高めていけるようなマインドを持てれば良いのです♪

虚栄心も見方よっては、自分を奮起させることにつながりコンプレックスを解消してくれ可能性すら持っているのです!

意味

まず、虚栄心の正しい意味を理解しておきましょう!

虚栄心=自分を実質以上に見せようと、見栄を張りたがる心。

誰しもが持っている心ではありますが、それを日常的にさらに辞めることが出来ない癖となり、

人間関係にまで悪影響を及ぼすことにすら成りかねない重症な言動のことを言います。

使い方

・あの人は虚栄心のかたまりだ
・虚栄心を満足させる
・虚栄心が強い 

例文

「彼女は自分の虚栄心を満たすために医者や弁護士などのエリートな人としか付き合わない」

「わが子を一流大学に入学させたいと思うのは母親の虚栄心なのかもしれない」

「人間が持って生まれた感情の中で虚栄心が1番抑えが効かない感情なのかもしれない」など

類義語

類義語とは意味がほぼ一緒ですが異なる言い回しのことを類義語と言います。

普段の日常会話で”虚栄心”という言葉を使うことはあまりないでしょう。

ですが、もう少し砕けた言い方なら案外使っているかもしれません!!

虚栄心の類義語としてよく使われているのが、以下の2つの言葉になります。

自尊心

まずは、自尊心です。

自尊心とは、虚栄心のように虚像を誰かに見せることはないのですが、自分に対して一般化された肯定的な態度のことを言います。

己を尊ぶ心そのままの意味を指し、その自尊心が強すぎるゆえにプライドが先行し虚栄を張ってしまう事になるのです。

また、自分の思想や言動などに自信を持ち、他人からの干渉を排除してしまう態度を指しています。

弱い自分を愛おしと思ってしまう自己愛に関連しており、自分を必要以上に肯定するさまを表した言葉です。

自分を客観視出来ていない場合自尊心の塊で何を言っても聞き入れてくれない人もいます。

それでは、信頼出来る人間関係を築き上げるのは難しく、虚栄心が強い人同様に周りにあまり人がいない孤独を味わうことになってしまいます。

例文として「自尊心が強い為にそれが言えない」などの使い方があります。

見栄

虚栄心について見栄と言い換えて説明している部分があるほど見栄とは、日常的にもよく使われているワードではないでしょうか?

「見栄を張る」とよく聞きますが、自分を良く見せようとする言動の1つを言います。

虚栄心を張ることまではなくても、誰しも1度は見栄を張ってしまった経験はあるでしょう。

実際私も幼少期時代にはよく見栄を張り、今では考えられないほどバレバレな嘘を付いていた事を思い出しました。

嘘を付いた後に「あ~変な事言っちゃった…」と子供ながらに思っていましたが、

これを繰り返しながら大人になった時自身の理想と現実のギャップが広がらないように埋めていくのかもしれません。

見栄とは大口を叩き、本来持っている財力や権力、能力を実力よりも他人に大きく見せようとする事ですが、

虚栄心のように自己愛や自己否定などではなく人間が本来持っている欲に近い部分と言えるでしょう。

関連語

上記では類義語についてふれましたが、続いては虚栄心の関連語を紹介します。

虚栄心に関連したキーワードは日常会話でも結構使っている可能性もあり、聞きなれない虚栄心とは逆で身近な言葉なので覚えておくと良いでしょう。

これを知っておけば警戒心の強い虚栄を張る人を諭すときにも使えるかもしれません!

メッキ

悪い中身を隠す為に表面を飾り立てて良く見せることを言います。

「メッキが剥げる」「メッキ仕立て」などの使い方があり”別のモノで本来の姿を隠してしまう様”を指します。

化けの皮が剥がれると言う言葉がありますが、これは言い換えればメッキが剝がれるになります。

正体を現すや本当の姿を現すとも言い、表面上を覆う事に繋がります。

洒落っ気

服装などを派手にして外見を良く見せようとする気持ちのことを言います。

「あの人はしゃれっ気のある人だ」「洒落っ気がない人などいない」など。

洒落っ気とは色気を出すという意味でも使われます。

オシャレをすることは、周囲の視線を気にしていることにも関連してきます。

最近、洒落っ気づいたと言われたらいい意味で魅力的になったことを指すでしょう♪

飾り気

自分を実際よりも良く見せようとする気持ちのことを言います。

「飾り気のない人柄」「飾り気のない態度」など。

気持ちの部分で飾るので、外見と言うよりは話し方や態度のことを指して使う言葉になります。

気取り


気取った様子を指します。

「気取った性格」「気取った話し方」など。

気取った態度の人と聞くとなんだかナルシストを連想させますね…

自分がいかに魅力的かを強くアピールしたい心からついつい気取ってしまうのかもしれません。

また、恥ずかしさを隠そうとして気取ってしまう事もありますが、自然体でいる方が親しみを持たれるのは言うまでもないでしょう。

虚栄心を克服しよう!

いかがでしたか?

虚栄心が強く、自分を少しでも良く見せようとしてしまう人はありのままの自分を許し、認めてあげることが大切なのではないでしょうか?

自己否定は精神衛生上よくありませんし、周りにいる人からは寂しい人と同情されてしまう事にもなります。

確かに、虚栄心とまで言わないにせよ人は誰でも他人からの評価を気にしますし、少しでも良く見せられるものなら見せていきたいですよね。

ですか、虚栄心の強さによって満たされているのは、他人を自分を比較し優位になるというプライドだけであり、

またそれも虚像でしかなく本来の自分ではないので、

事実とはかけ離れている部分に満足や充実が成り立ち幸せだと勘違いしてしまっているのが大きな間違いです。

他人との比較で幸せを感じるのは、本来の自分の幸せにはなり得ません。

まずは、幸せは自分だけの価値観の中で感じることが出来るモノと気づくことが大切です。

些細な幸せでも、自分が満足することを信じて優先してみませんか?

そうすることで、自分の物差しが確率していくのではずです。

自分の中にこれだけは自信が持てると言える真実を1つ1つ見つけて、それを積み上げていく事で人として重みや厚みがプラスされていきますね。

そうした経験を続けていく事で、虚栄心を取り除き人間として成長していけるのではないでしょうか。

自分が自分自身を大切に思い、愛してあげる事が虚栄心克服の第1歩になってくれるでしょう!