CoCoSiA(ココシア)

彼氏に可愛いと思わせる14個のコツ!伝授します!


「彼氏に“かわいい彼女”と思われたい!」と考える女性は多いのではないでしょうか?

でも、具体的にどんな彼女が男性の目にかわいく映るのか?

いまいち分かっていない人も少なくないと思います。

もし大好きな彼氏に「俺の彼女、すごくかわいいんだけど!!」と思わせる簡単な方法があるのなら、知りたいと思いませんか?

「そんなうまい話、本当にあるの?」と疑っているそこのあなた!…本当にちょっとしたポイントで、彼氏に“かわいい彼女”と思わせる事が出来るのです!

…という事で、“かわいい彼女と思わせる14個のコツ”をご紹介しちゃいます。

これであなたも、彼氏からもっと愛される事間違いなしです!

️かわいい彼女は一生愛される?!

彼氏から一生愛される為には、どうすれば良いと思いますか?

答えは簡単!…あなたが彼氏にとって“かわいい彼女”になれば良いのです!

かわいい彼女になれば、彼もあなたを手放したくなくなりますし、他の男に取られない様に全力で愛してくれる様になります。

「大好きな彼氏とずっとラブラブでいたい!」とか「飽きられる事なく、大切にされたい!」という想いがある人も、まずは彼氏に「かわいい」と思われる彼女を目指しましょう!

ちなみに、ここで言う“かわいい”とは、外見だけでなく仕草の事も指します。

実は、“かわいらしい彼女を演出する仕草”はパターンが決まっているのです。

つまり、その仕草を覚えて実践すれば、彼氏のハートを掴み続ける事が出来る訳ですね。(もちろん外見を磨く努力も必要ですよ。)

という事で続いては、“彼氏に「かわいい彼女」と思わせるコツ”をみなさんにお教えしちゃいます!

彼氏に「かわいい彼女」と思わせるコツ14個

突然ですが、男性が思う“かわいい”と女性が思う“かわいい”は違います。

なので、彼氏の前であなたが思う“かわいい態度”を取ったところで、彼氏にはイマイチ刺さらない…なんて事も起こり得るのです。

確実に彼氏に「かわいい彼女」と思わせる為にも、次で紹介する“コツ”を覚えておかなくてはなりません。

それから、彼氏心を効果的にくすぐるには、彼の“優越感”と“独占欲”を満たす振る舞いがポイントになります。

そこら辺の詳しい事も次で説明するので、気になる人は是非チェックしてみて下さいね。

それでは、みなさんお待ちかねの、“彼氏に「かわいい彼女」と思わせるコツ14個”をご紹介していきます。

次のコツを意識しながら彼氏に接すれば、誰でも“かわいい彼女”になれるはずです!

1:程よいヤキモチをかく


程良いヤキモチをやくのも、彼氏にかわいい彼女と思わせるポイントです。

中には、「彼氏に迷惑かけたくない」とか「面倒な彼女だと思われたくない」という理由で、あえてヤキモチをやかない様に、我慢している人もいると思います。

しかしそれだと、彼氏の方は「少しくらいはヤキモチをやいて欲しい!」と不満に感じてしまうでしょう。

何をしても笑って許してくれる彼女も、男性にとってはある意味、理想なのだと思います。

しかし、彼氏が他の女の子と仲良くしているのを見ても全く妬かない…それどころか、「私以外の女の子と仲良くしても全然良いよ!」といった感じの彼女の態度は、彼氏に物足りなさを感じさせるのではないでしょうか?

それだと、“理解ある彼女”を通り越して、“彼氏に無関心な彼女”になってしまいます!
これでは彼氏の方も、「彼女は本当に俺の事を愛してくれているのだろうか…」と不安になってしまうはずです。

だから、彼の前では適度に程良いヤキモチをやく必要があるのです!

彼氏が他の女の子と仲良くしているのを見たら、「今の友達?ふーん…仲良いんだね?」と少しだけ拗ねてみたり、「楽しそうでなんか妬けちゃった…」とちょっと寂しそうな表情で訴えてみましょう。

すると、彼氏は「ヤキモチやいちゃうくらい俺の事が好きなのか…。

本当にかわいいな〜!」と、デレデレになる事間違いなし!

ヤキモチは「もっと愛されたい!」「他の人ではなく自分を見て欲しい!」という気持ちの表れでもあります。

そういう愛情が感じられる行動は時に、素直に出すべきなのです。

彼の前でそういう態度を取った事がない人は、ちょっとだけヤキモチをやいてみると良いかもしれませんね!

やりすぎ注意!しっかり駆け引きすること

恋人から“かわいいヤキモチ”をやかれるのは、誰だって嬉しく感じるもの。

しかし、“程良いヤキモチ”であっても、あまりに頻繁にしてしまえば、彼に「またか…」「ウザい…」と思われてしまう事も!?

ヤキモチは、ここぞ!という場面で焼くのが効果的です。

やり過ぎない様に、どのタイミングが良いかしっかり見極め、上手く駆け引きしましょう!

それから、頻度だけでなくヤキモチの度合いにも気を付けなければなりません。

“かわいいヤキモチ”も、やり過ぎてしまえばただの“醜い嫉妬”に変わってしまいます。

そして男性は重い嫉妬が苦手な人が多いです。

他の女性と話す度に、「今の誰?どういう関係?」「私と一緒にいるのに、どうして他の女と話すの!?」などと、いちいち彼女が嫉妬してきたら、彼だってウンザリしてしまうでしょう。

また、嫉妬は“束縛”にも繋がります。