CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ラブレターの例文でよくある5個の注意点


今の時代、若い世代の人々は好きな相手ができたらどのようにしてその気持ちを相手に伝えるのでしょうか?

きっとラインでデートに誘い、二人で会うことを重ねていった後に、やはり自分に合うかどうかを確かめてから直接告白、なんて人が多いのではないでしょうか。

これが一昔前になるとメールになり、その前は家の電話、そしてその前の何もなかった頃は、手紙でやり取りをしていたのです。

そして、一通の手紙に込める想いは深く、悩みに悩んだ文章で文字を書いていたのです。

そんな歴史の深いラブレターなのですが、その効力は今の時代でも変わりません。

スマートフォンが当たり前のこのご時世、逆にプレミア感があるものになっていると言えるでしょう。

今回は、そんなラブレターの例文でよくある注意点や、ラブレターの魅力をご紹介したいと思います。

これを読んで、想いを寄せるあの人へラブレターを書いてみましょう!

ラブレターとは?

ラブレターとは、想いを寄せる相手に対して渡す、その気持ちを綴った手紙のことです。

その形は様々で、短い一言程の長さで書く人もいれば、長文で気持ちを全て綴ったような手紙を書く人もいます。

好きな人に思いを伝える手紙

ラブレターとは、気になる相手に対しての気持ちを綴った手紙の事ですが、本当に手紙で気持ちが伝わるの?と思う人も多いのではないでしょうか。

実際、最近はもっぱら呼び出して直接告白するのがステータスのようになっており、メールや電話、ラインなどでは気持ちは伝わらないというのが常識だと思われています。

確かに、相手の目を見て面と向かって想いを伝えた方がより相手にインパクトを与えられるという利点はあります。

しかし、人によってはラブレターの方が想いが伝わりやすいこともあるのです。

面と向かって告白できないならラブレターがおすすめ

面と向かって告白できのでラブレターで告白している
それは、どうしても勇気が出ずに面と向かって直接気持ちを伝えられない人や、遠くの相手で近いうちに会うことができない相手に想いを寄せる人。

これらの人々にとっては、ラブレターという告白の手段は重宝されるのです。

勇気が出ない人にとって、まず呼び出すという行為そのものがとても勇気のいる事で、メールで呼び出すべきか、電話すべきか、なんと言うべきかなど、告白以前に悩む要素が多すぎるため、結局気持ちを伝えるまでに至らない、なんてこともよくあるのです。

告白は時間との戦いでもあるので、直接会う決心が付かない人は、あえてラブレターでしっかり気持ちを打ち明けるという方法の方がおすすめなのです。

そんな時も、ラブレターは効力を発揮するのです。

手紙であれば、相手の時間が空いた時に読むでしょうし、その分じっくりと考えながら内容を確認してくれるはずです。

ラブレターなんて絶体いやだ!と思う人も、もしこのような状況であれば、実はこっちの方が直接話すより勝率が高いのですよ!

ラブレターでの告白にはこんなメリットが

もう使う人もだいぶ減ってしまったラブレターですが、ラブレターで告白することにはたくさんのメリットがあるのです。

直接会って告白するのが当たり前の今、ラブレターの良さは忘れられつつあります。

恋に悩む全ての人々、ここでもう一度ラブレターの良さを理解して、自分に本当に合った告白の仕方を選んでくださいね。

想いを伝えることで大切なのは、方法ではなく成功率です!心のこもったラブレターで、恋愛を成就させちゃいましょう!

1.しっかり気持ちを伝えられる

しっかり気持ちを伝えられるラブレター
ラブレターの醍醐味、それは余すことなく自分の気持ちを伝えられるということです。

直接呼び出して気持ちを伝えるとなると、余程恋愛に慣れているか、相当自分に自信がない限り、普通の人は緊張してがちがちになってしまいますよね。

そんな中では、やはりしっかりと伝えきれないという人も多いのです。

実際、呼び出したはいいものの、全く気持ちを口にすることが出来ず、結局告白しないまま帰宅し、他の人に先を越された人はたくさんいます。

一方、ラブレターで告白する際は、そのような辛い事態に陥らずに済みます。

ラブレターは何度でも書き直しが可能ですし、自分の一番言いたいことを紙に記して伝えることが出来るのです。

時間をかけて書ける

そして、ラブレターに制限時間はありません。

ラブレターはいわば普通の手紙と変わりません。

気に入らなければ書き直せますし、ちゃんと言いたいことをまとめて順に沿って分かりやすく伝えることだってできます。

そして、本当の気持ちを時間を気にせず存分に伝えることができるのです。

せっかく温めてきた恋心をいざ伝えるというときに、言い方を間違えて相手を怒らせてしまったり、いつものノリでからかうようなことを言ってしまうと、相手は告白よりもそちらに気を取られてしまいます。

そうなると、ちゃんと気持ちを受け取ることが出来なくなります。

大好きなあの人への気持ち、じっくりと時間をかけて言葉にしたいですよね。

そんな人は、是非ラブレターというぴったりな方法があるという事も頭に入れておいてくださいね!

緊張せず準備できる

また、ラブレターでの告白は、直接会って打ち明けるほどの緊張はありません。

目の前に相手がいるわけでもありませんし、電話で相手の声を聞いているわけでもありません。

緊張しないということは、それだけ落ち着いて文章を考えることができるということです。

ページトップ