CoCoSiA(ココシア)

職場で嫌がらせをされた時の7個の対処法


人間関係の悩みは深刻です。

特に毎日顔を合わせる職場の人間関係での悩みは、人によってはうつ病などにつながるほど辛いといえます。

中には嫌がらせをされて辛い目に合っている人もいます。

今回は、職場での嫌がらせの特徴や、その対策についてお伝えします。

職場は中々変えられない人も多いと思います。

辛い嫌がらせに悩むのではなく、積極的に解決をして明るい生活を取り戻しましょう。

嫌がらせをする人と同じレベルになって仕返しをするよりも、正しい対処法を知り安全に解決してゆきましょう。

それではご覧ください。

職場での嫌がらせに悩んでいませんか?


あなたは職場での嫌がらせに悩んではいませんか?

上司や同僚からに嫌がらせは、中々人に相談できない場合もあり深刻な悩みになるケースもあります。

また、あなたの友人が密かに嫌がらせを受けて悩んでいるかも知れません。

嫌がらせは受け身になっていては解決しません。

しっかりと向き合い解決していく姿勢が大切です。

今回の記事から、嫌がらせを受けた際の対策を見つけてもらえれば幸いです。

職場での嫌がらせの特徴


職場での嫌がらせにはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは実際に職場で発生した嫌がらせの特徴をお伝えします。

1.無視する


日本人の嫌がらせでありがちなものが、無視をするというものです。

無視をするということは、周りからバレにくい嫌がらせです。

また、一見暴力的ではないため、酷いことだと分かりにくいのですが、無視をされた本人はとても傷つきます。

精神的に深いダメージを受けてしまいます。

無視を平気でする人はとても冷たい人といえます。

中には精神的に障害があり、他人に共感して他人の苦しみを感じることができない人が無視をしているケースも存在します。

どちらにせよ酷い嫌がらせには違いないので、被害を受けている人は信頼できる人に相談すべきです。

独りでは悩まずに、問題を意識して表面化させて協力を得るようにしましょう。

2.悪口を言う


悪口を言われてしまう人も多くいます。

無視も傷つきますが、悪口を言われることも当然人を傷つけます。

また、その悪口を聴いた人が、悪口を言われた人を誤解してしまう恐れもあります。

しかし、その悪口の内容が事実無根であったり、あまりに酷い侮辱をされたものであれば、訴えることも可能です。

最近は悪口を録音して証拠として残すことで身を守る人も増えています。

相手が悪い場合は当然の防衛手段といえるでしょう。

いわれのない悪口には厳然たる対処をすべきです。

3.皆の前でバカにする


パワハラや威圧的な態度をする人、相手に恥をかかせて喜ぶような人は、皆の前でバカにする言動をとる人もいます。

そのような場合、良識のある人は内心でそのような人を非難しています。

しかし、中々面と向かって批判もしにくいので、バカにされた人は悔しさで心がいっぱいになってしまう場合もあります。

人前で恥をかく悔しさに耐えなくてはいけないので、職場を離れる人もいるでしょう。

可能であれば抗議をするべきですが、難しい場合は法の助けを求めることもひとつの対策です。

4.情報を与えない


職場では協調して仕事をするために、情報の共有が大切です。

しかし、嫌がらせをされて必要な情報が与えられないと、仕事上でミスをしたり遅れが生じてしまいます。

最悪嫌がらせをされた人の責任になり、その人の評価が下がってしまうことも考えられます。

特に上司からそのような仕打ちを受けると、大きなミスに繋がったり、精神的にも苦痛を感じることになります。

嫌がらせを受けている人は、さらに立場が上の人に相談するなどして、早めの解決をする必要があります。

5.見下した発言をする


特に迷惑もかけていないのにも関わらず、明らかに見下された発言をされた場合は嫌がらせの可能性があります。