自分に甘い人は、自分に自信が持てない弱さを隠そうとする人です。

自分の弱さを周りの人に見せないための『隠れミノ』として、自分を甘くするのです。

また、自分に甘い人の中には、幼児期に親の厳しい躾を受けてきて、親からの愛情に満たされない日々を過ごしてきた人がいます。

愛情に満たされない心が自分を甘くしてしまうのです。

自分に甘い人は、人生の中で大きな壁に直面したとき乗り越える自信が持てないために、真摯に向き合うことなく逃げ道を探します。

自分の人生を将来に向けてステージアップさせたいという前向きな意欲を抱けずに、現状維持に終始してしまいます。

人生を真剣に考えずに『何とかなるさ』という安易な逃げの人生を送る傾向の持ち主は、自分に甘い態度を見せます。

自分の人生を変えるためのキッカケを見つける試みをすることなく、安易な惰性に流された日々を送ることになります。

自分に甘い人は、職場で繰り広げられる様々な人間関係の中で、仕事が思うように進まないとき、責任が他の人にあることを強調し、責任逃れをすることに終始します。

自分には甘い態度を見せる一方で、他の人には厳しい態度を見せるのです。

周りの人に厳しい態度を見せることで、自分の弱さを気づかれない『隠れミノ』にしているのです。

あなたが周りの人から「自分に甘い人だ」と言われることがあるなら、自分を信頼してあげることが大切です。

自分を信頼することで『自信』が育まれてきます。

自信が育まれてくると、自分を甘くする必要がなくなります。

あなたが自分を厳しくし、周りの人の考えを理解するようになると、『自分に甘い人』を払しょくすることができます。

あなたが『自分に甘い人』から『脱皮』できたなら、周りの人からの信頼を得ることができるようになります。

「自分に甘い」から卒業!

あなたが人格面の成長を経て、周りの人から信頼される人間になりたいなら、安易に自分を甘やかす『ぬるま湯』から脱して卒業する必要があります。

「自分に甘い」生活は、難しい物事から逃げて、楽な『逃げ道』を探す生活に陥ることになりますので、日々の流れとともに次第に自分自身を『堕落のドロ沼』に深く沈めていくことになります。

自分の足を一度『ドロ沼』に入れると容易には抜け出すことが出来なくなります。

「自分に甘い」という名の『ドロ沼』から卒業して、快い充実感を感じることのできる日々の生活へチェンジアップしましよう。

チェンジアップすることで、「自分に甘い」から卒業することができて、人生をステージアップさせることができます。

自分の人生をステージアップできた暁には、周りの人から信頼される姿にイメージチェンジすることができます。

また、自信を取り戻して「自分に甘い」から卒業できたなら、将来の人生を共に有意義に過ごせる伴侶に巡り会えるチャンスが広がっていきます。

あなたが女性で、人生を共にする彼氏を密かに求めているなら、自分自身を信頼して自信を取り戻し、「自分に甘い」から『脱皮』しましょう。

自信を取り戻すことで、周りの人の目には輝いて観えるようになります。

女性としての輝きが増してくることで、あなたの輝く姿を観ている男性が現れて、出会いの『時』を迎えることが出来るようになります。

「自分に甘い」から卒業できたなら、あなたが描いている『夢』に数歩近づけたことになります。

️自分に甘い人に共通する特徴15個

自分に甘い人は、自分の生き方を安易で楽にするための道を探すことに終始します。

しかし、周りの人には厳しい生き方を求めます。

他の人には厳しく接するため、何時も孤独感を抱えた生活を送ることになります。

孤独感を抱えることで、職場やプライベートの人間関係の中で『孤立感』に包まれた日々を送ることになります。

孤立感は劣等感を呼び込んできますので、自信喪失を招き、日々の流れとともに『深み』を増して、ウツになることがあります。

自分を甘くする安易な生き方は一見『楽』に観えますが、日々の流れとともに自分を苦しめる原因になってきます。

「自分に甘い」は「自分を苦しめる」に変貌していくのです。

あなたが孤立感から抜け出すためには、『自分に甘い』生き方を払拭しましょう。

1:他人には厳しい


自分に甘い人は、自己中心的な人生観、価値観をもっていますので、他人には厳しい言動を向けます。

自分を甘くする姿を観られないようにするための『隠れミノ』として、他人に厳しくする姿を見せるのです。

自己保身のために他人には厳しい言動を向けることから、職場の人からの信頼を失い、孤立感に陥ることが少なくありません。

自分に甘い人は、常日頃から職場の人から信頼されていない中で、周りの人に厳しくするため、更に信頼を失うことになりますので孤立感が増すことになります。

あなたが自分に甘い人なら、職場で周りの人からの信頼感を取り戻すためには、自分に厳しくして、他人には優しくすることを心がけるように改める必要があります。

自分に厳しくする振る舞いを見た周りの人は、あなたが自分を変えようとしている決意を感じ取り、あなたを見る目を変えるようになります。

2:目標達成意欲がない

自分に甘い人は、将来に向けた人生をより良いものにしようとするプラス志向の意欲を抱くことは希です。

このため、人生をステージアップさせる意気込みを感じさせてくれることは皆無に等しいといえます。

ですから、人生の目標も将来を見据えることなく、安易な目先の考えで決めていますので、目標達成意欲は湧いてこないのです。

一方、自分の将来の人生を真摯に考える人は、人生をステージアップさせるための前向きな目標を設定し、日々の生活の中で目標達成意欲を発揮しながら着実に目標に向けて歩み続けます。

時には難しい場面と向き合うことがあっても、自分に厳しいコトバを向けながら目標達成意欲を維持し続けます。

そもそも目標が低い

自分に甘い人は、将来の人生を自ら積極的に切り拓こうとする意欲を持ち合わせていません。

自分の人生を、時の流れに任せる受け身の考えで日々の生活を送っています。

ですから、安易に取り組みやすい低いレベルの目標を掲げることになります。

自分の人生をより良いものに向上させようとする上昇志向がありませんので、掲げる目標も安易に達成できる低いものになっています。

一方、真摯に人生を考える人は、将来に向けた人生をより良いものにするために、高い目標を掲げて、日々の生活の中で前向きな生き方を貫きます。

掲げる目標が高くなるに伴い、難しい壁に直面することがあっても、自分に厳しく言い聞かせながら、壁を乗り越える意欲を発揮します。

3:リスクを取らない


自分に甘い人は、自分自身を厳しい立場に追い込むことを避けてリスクを取らないように振る舞います。

リスクを取ることで、自分が損をする立場に立たされないように、損得の観点で周りの状況を見極めます。

自分が損をする立場に陥らないように、リスクが伴う物事から距離を置き、関わらないようにします。

時には、難しい課題を乗り越えて解決することを求められても、自分がリスクを負う場面に追い込まれないように逃げ道を探します。

リスクを取らないことで、傍観者的な立場を維持し、自分を甘くする生き方を守ろうとします。

4:口癖がマイナス発言ばかり

人は自分に甘くせずに、目の前の物事を乗り越えて達成感を味わう経験を積み重ねることでプラス志向に変わっていきます。

プラス志向に変わると自分に自信がついてきますので、『自分にも出来る』というヤル気が甦ってきて、マイナス発言の口癖が無くなります。

しかし一方、自分に甘い人は、人生を『後ろ向き』に捉えて消極的な考えをもっていますので、口癖がマイナス発言ばかりになっています。

自分に甘い人は、マイナス志向で物事を判断します。

大切な物事を目の前にしても直ぐに諦めるため、達成感を味わうことがありませんので、口癖がマイナス発言ばかりになってしまうのです。

マイナス発言を口癖として繰り返していると、自信が失せてきます。

自信が失せることで、物事に積極的に取り組む意欲が低下して、職場の周りの人から取り残されたという思い込みに陥ってしまいます。

周りの人に向かってマイナス発言ばかりを繰り返していると、自信が失せてしまいます。

自信が失せると、自信の無さを周りの人に気づかれないようにするために、自分を甘くするのです。

5:決めたことが続かない

自分に甘い人は、物事を決めるときも安易な考えで決めますので、最後までやり通す目的意識が低いです。

このため、決めたことが続かないケースが多々あります。

自分の人生を将来に向けてステージアップさせようとする前向きな考えが無く、楽をすることしか考えません。

このため、目的を達成させる意欲が欠けているため、一度決めたことであっても続かないことが少なくありません。

6:決めた事を実行できない

自分に甘い人は、やるべきことを決めるとき『有言実行』の意識が欠落していますので、単に決めるだけで行動に移し実行する意気込みはありません。

周りの人には『決めた』というポーズを見せるだけで実行に移すことはしません。

物事を決めるときに、実行することまでは考えていません。

人生は、自ら決めたことを実行しながら経験を積み重ねることで、成長をもたらします。

自分に甘い人は、『自分を成長させる』という前向きな人生観を持ち合わせていませんので、楽な道を選択することだけに終始します。

このため、自分が決めたことを実行する意欲が湧いてきません。

自分で決めた事を実行できない姿は、周りの人から観ると信頼できない人として映ります。

自分に甘い人は、行動力に欠けますので、職場の人間関係の中で周りの人から信頼されることは皆無に等しいと言えます。

7:「できたこと」に対して反省点や振り返りをしない

自分では「できた」と思っても、周りの人から見ると、「できていない」ことがあります。

自分に甘い人は、自分が行なった物事の結果や周りの人への影響などを振り返ることをしません。

自分の人生の中で起きる物事について『甘く見てしまう』ので、他の人への影響度合いについても『甘く見て』しまいます。

第三者的な立場で物事を客観的に観るという真摯な態度に欠けていますので、自分が「できたこと」に対して反省や振り返りをしません。

ですから、自分の行なった物事の結果の良否を確認するために、周りの人の意見を聴いて反省材料にすることもありません。

「できたこと」をヤリッ放しにしていますので、周りの人に迷惑を掛けることがあっても気づかずに見過ごしてしまいます。

自分が「できたこと」が周りの人へどのような影響を与えたかを振り返り、第三者の意見を聞いて反省をする謙虚な態度を持ち合わせているなら、周りの人から信頼される存在になります。

しかし、自分に甘い人は、周りの人から信頼されることは希と言えます。

8:余裕がない

自分に甘い人は、幼少時の家庭環境において、親からの愛情を注がれることが少ない状況で育ってきた人が少なくありません。

愛情不足から、自分に自信が持てないまま育ってきています。

このため、自信の無さを周りの人から気づかれないようにするために、自分に甘くすることで隠そうとするのです。

自信の無さは、心に余裕をもてない心理状態を招きます。

人生に余裕を持てないことで、自分の人生をステージアップさせたいという前向きな向上心を抱くことができずに現状維持に終始し、安易な日々を送ることになります。

安易な日々の生活を送ることで、余裕がない心を周りの人に露呈することになります。

9:お金にだらしない

自分に甘い人は、日々の生活の中で直面する物事にも真摯に向き合わずに『楽な』道を選択します。

楽な道を選択する人生観が根付いてくると、職場などで周りの人との人間関係にも相手の立場に配慮する心遣いに欠ける言動をするようになります。

相手への心遣いに欠ける態度は、お金の面にも表れてきて、安易にお金を借りる行為に走ることがあります。

お金を借りることができても、借りた人に返す配慮が足りずに、お金にだらしない態度を見せます。

お金にだらしない態度を見せるため、他の人から信頼されることはありません。

自分に甘い人は、お金の扱いにも『甘く』なって、だらしなくなるのです。

10:現状維持で満足する

自分に甘い人は、将来に向けて人生を向上させたいという、向上心を抱くことはありません。

自分に甘い人の人生観は、物事に向き合うときも『楽な』道を探すことに終始します。

前向きな考えを抱くことなく、安易な『ぬるま湯』的な生き方を選択しますので、現状維持で満足しています。

自分の人生を将来に向けてステージアップさせたいという、前向きな意気込みを抱くことはありません。

現状維持の生活に明け暮れる日々を送ることに満足しますので、人生をより良い方向に変えるという向上心を抱くことはありません。

今の世の中は、様々な変化を繰り返しながら流れていますので、現状維持で満足することは、『後退』を意味することになります。

自分に甘い人は、人生の『後退』にも甘んじる人生観を抱いていますので、人生を向上させる姿からは、程遠い日々の生活を送ることになります。

11:我慢することができない

自分に甘い人は、人生を向上させる前向きな生き方を続けることに我慢することができません。

安易な現状維持の日々を繰り返す人生を望んでいますので、変化のある生活には我慢することができないのです。

自分に甘い人は、自尊心が強いため、自分の弱点を周りの人から気づかれることを極端に避けようとします。

自分の弱点を周りの人から気づかれることには、我慢することができないのです。

12:ルールやマナーが守れない

自分に甘い人は、自己中心的な考え方をする人が少なくありません。

このため、人生観や物事の判断も自分中心に考えますので、ルールやマナーは『自分を縛るモノ』と捉えて守ることをしません。

ルールやマナーは、社会の中で織りなされる様々な人間関係をスムーズに快いものにするための『潤滑油』的効果をもたらします。

ルールやマナーは、他の人の立場も配慮する心遣いがベースにあってこそ成り立つものです。

自分に甘い人は、他の人には厳しい態度を見せることがありますので、周りの人への心遣いをすることは殆どありません。

一方、自分への甘さを慎むことのできる人は、社会人としてのルールやマナーを無理なく自然に受け入れることができます。

あなたが周りの人から、「自分に甘い人」と言われることがあるなら、『自分改造』し、自分に厳しくすることで、周りの人から信頼されるようになります。

13:他人を貶めるような行為をする

自分に甘い人は、他の人には厳しい言動を向けることが多々あります。

厳しい言動を繰り返すうちに度が過ぎて、他の人を貶める行為を見せることがあります。

他の人を貶めるような行為をする人は、職場などでも周りの人からの信頼を失い、孤立した立場に追い込まれるようになります。

職場の人間関係の中で自ら招いた孤立した姿は、容易には信頼回復することが出来ません。

他の人を貶めるような行為は、結果として自分が周りの人から貶められることになります。

他の人を貶めるような行為をすると、『因果応報』のサイクルが働いて自分自身に降りかかってきます。

他人を貶める行為は、慎むべきことです。

14:感情をコントロールできない

自分に甘い人は、自己中心的で自尊心が強いため、周りの人から自尊心を刺激される言葉を向けられると動揺し、感情のコントロールが難しくなります。

また、日々の生活中で自分の思い通りに物事が進まないと不満が募り、感情をコントロールできなくなります。

自分に甘い人は、難しく感じる物事に直面すると、いつも逃げ道を探す生き方をして、物事に正面から向き合ってきた経験が無きに等しいです。

経験が無きに等しいため、物事への対処の仕方が分からずに不安に陥ることがあります。

不安に包まれると心を冷静に保てず、感情のコントロールを乱して、周りの人に責任を転嫁させようとします。

直面する物事を乗り越えてきた成功体験に乏しいため、自信の無さが露呈して不安な感情を露わにし、感情の冷静さを保つコントロールができなくなります。

15:自分の非を認めない

自分を甘くする人は、自分の弱点を隠す『隠れミノ』として、自分に甘い態度をとります。

物事がスムーズに進まずに周りの人に迷惑をかけるとき、自分の非を認めることは、自分の弱点をサラケ出すことになると考えています。

自分の弱点を認めたくないため、自分の非を認めることはしません。

️「自分に甘い」を克服する方法

「自分に甘い」を克服するためには、自分の弱点を隠すことを止めることが必要です。

自分の弱点を隠すことに奔走せずに、周りの人への心遣いができるように自分に甘くする姿から『脱皮』することが大切です。

自分を甘やかすことは止めて、難しい物事に直面した時も逃げ道を探すことなく立ち向かう意気込みを持つことができるように『自分改造』が必要です。

日々起きる物事に直面しても、逃げ道を探すことなく、安易な妥協をせずに真摯に向き合い乗り越えるように自分に厳しくすることが必要です。

「自分に甘い」行為は心が『幼い』ことを意味します。

「自分に甘い」行為を『卒業』して、自分に厳しくする自立した『大人』になることで、「自分に甘い」を克服することができます。

自分が甘いという自覚を持つ

自分に甘い人は、甘さに馴れてしまい、自分に甘いことが当たり前になっていて、「自分に甘い」という自覚を持つことができません。

あなたが周りの人から、自分に甘い人と言われているなら、第三者の目で見てもらうために、相談に乗ってくれる人を見つけて、率直な感想を述べてもらう方法があります。

第三者の視点で振り返ることで、自分の甘さを認識することができます。

自分が甘いという自覚を持つことで、世間の常識に一歩近づくことができます。

また、自分が甘いという自覚を持つことで、他の人に厳しくする言動を改めるキッカケになります。

高い目標を設定し、超える

自分に甘い人は、安易な低い目標を設定して、楽に達成することしか考えません。

自分を変えるためには、高い目標を設定し、達成した時の充実感を味わう経験をもつことが大切です。

日々の生活の中で難しい物事に直面した際には、逃げずに真正面から対峙して乗り越える意気込みで臨みましょう。

真正面から対峙して、乗り越える成功体験を積み重ねていきましょう。

成功体験を積み重ねていくことで、自信の無さを払拭することができます。

自信を回復することで、自分に甘くする『隠れミノ』の必要がなくなります。

自分の人生を将来に向けてステージアップさせるためには、高い目標設定が必要です。

高い目標を越える経験をすることで得た自信が大きなエネルギーとなって、ヤル気とプラス志向が備わってきます。

プラス志向に変わることで、自分を甘くする必要がなくなります。

人から刺激を受ける

自分を甘くする人は、自分の世界に閉じこもる傾向があります。

自己中心的で自分の価値観は絶対という自分の『殻』に閉じこもることが多々あります。

自分の『殻』から抜け出すためには、職場などで様々な価値観を持つ人の言動に注目して、色々な人の価値観に耳を傾けて『人間勉強』をする必要があります。

様々な価値観や人生観を見聞きすることで、自分の価値観を揺るがすほどの刺激を受けることがあります。

様々な人から刺激を受けることで、自分を甘くしてきた『ぬるま湯』的な日々の生活の安易さを反省するキッカケを掴むことができます。

色々な人の生き方から刺激を受けることで、自分の『甘さ』は『逃げ道』であることに気づくことができます。

自分を甘くしてきた人生に、恥ずかしさを覚えるようになります。

今まで歩んできた『甘さの人生』に恥ずかしさを覚えたとき、「自分に甘い」を克服できる手がかりを掴むことが出来たと言えるのです。

自分ルールを決める

自分を甘くしてきた生活習慣から抜け出すためには、『自分改造のルール』を決めることが大切です。

安易な逃げ道ばかりを追い求める日々の生活から『オサラバ』するために、自分の人生観を見直しするキッカケとして、新たな自分ルールを決めることで、自分に甘い姿から『脱皮』することができます。

新たな自分ルールを決める際には、信頼できる身近な人のアドバイスをいただきながら進めることで、安易なルールになることを防ぐことができます。

信頼できる人からのアドバイスが詰まった自分ルールは絶対に守るという決意を抱くことが必要です。

自分ルールを絶対に守る決意をすることで、信頼できる人からの期待を裏切らずに、甘い自分から脱皮する貴重な機会になると言えます。

言い訳をやめる

自分を甘くする人は、責任逃れに終始することが少なくありません。

言い訳は、責任逃れの手段ですので、言い訳を止めることは、責任逃れを止めることにつながります。

責任逃れを止めることは、自己中心的な考えを改めるキッカケになります。

日々の生活の中で直面する様々な課題から逃げずに立ち向かうことで、乗り越えた際の成功体験が自信の無さを払拭します。

言い訳をやめることは、他の人への責任転嫁を止めることにつながりますので、自分が責任を持つという決意が芽生えてきます。

言い訳をやめる決意は、自分を甘くする姿から決別することを意味します。

他の人に監視してもらう

自分を甘くする姿から抜け出すキッカケを掴むことができないときは、身近な人の『手を借りる』ことも必要です。

職場などで、周りの人の中から信頼できる人にサポートをお願いし、自分の甘い行為を監視してもらう方法があります。

自分に甘い人は、自己中心的で自尊心の強い傾向があるため、他の人に監視してもらう方法には抵抗感を抱くことがあります。

しかし、他の人の手を借りることに抵抗感を抱くことがあっても自分の存在を周りの人から認めてもらうためには謙虚になり、他の人に監視してもらうことも必要です。

自分を甘くする姿から『脱皮』して、周りの人から信頼を得るためには、他の人にチェックマンになってもらい、自分を甘くする癖を改めることが大切です。

他の人に監視してもらう際には、他の人からの忠告にも素直に耳を傾ける謙虚さが必要です。

謙虚な気持ちを持てるようになると、自己保身のために自分を甘くする安易な考えから抜け出すことができて、他の人に厳しい言葉を浴びせることが無くなります。

毎日続けることを決める

自分を甘くする生活が長く続いていると、一朝一夕では抜け出せなくなります。

自分を甘くすることが生活習慣になっていて潜在意識に『染み付いている』と、時間を掛けながら染み付いた癖から抜け出さなければなりません。

癖を改めるためには、『自分改造』する取り組みを毎日続けることで効果が期待できます。

また、自分を甘くしてきた人は、自尊心が強く自己中心的な考えを抱いていますので、短い期間で自分を改造することは難しいと言えます。

自分を甘くする人生観が染み付いていますので、長い時間を掛けて毎日続ける決意が必要です。

このためには、日々の生活の中で、課題に直面した時には逃げずに真正面から向き合うことを続ける必要があります。

自分にとってベストな価値観を『自分を甘やかさない』価値観に変えるためには、毎日続けることを決める必要があります。

価値観を見直すための自分改造を毎日続けることで、『急がば回れ』で着実に自己変革をすることができます。

ある程度のことは我慢する

自分に甘い人は、我慢が苦手です。

自分の思い通りに物事が進まないと気持ちが晴れずに、自分の思い通りに物事を運ぼうとする我欲が湧いてきて抑えられなくなります。

自己中心的に物事を考えるため我慢をすることが苦手で、自分の思い通りに物事を運ぼうとします。

しかし、周りの人の立場にも気遣いが出来るように自分を変えなければなりません。

周りの人との人間関係を築くためには、ある程度のことは我慢することです。

我慢をすることで自制心が身についてきます。

自制心が身に付くことで、自分に甘くして我を通そうとする自己中心的な考えが影を潜めてきます。

ある程度のことは我慢をして、自分を甘くする考えを捨てることができたなら、周りの人からの信頼を得ることが出来るようになります。

敵は自分自身だと知る

自分に甘い人にとって、逃げる先は『自分』です。

自信を失くした自分の逃げ道の先には『自分という名の隠れミノ』が待っています。

自分を甘くする姿から抜け出すことにブレーキをかけている本当の『敵』は、自分自身であることに気づく必要があります。

日々の生活の中で直面する物事に真正面から向き合うことを避ける安易な気持ちを受けとめてくれるのは自分自身です。

自分を甘やかしている姿から『卒業』することを邪魔しているのが自分自身なのです。

自分自身が本当の『敵』なのです。

職場やプライベートの生活の中で周りの人からアドバイスを向けられても、耳を傾けない『甘い自分』から抜け出さなければなりません。

周りの人からの真摯な忠告の言葉には、厳しいコトバも含まれることがありますので、聞き流して逃げたい心境に陥るものです。

しかし、忠告をしてくれる周りの人は、本当の『味方』です。

周りの人は、あなたが自分を甘くする姿から抜け出してもらいたい気持ちを込めて厳しいコトバを向けてきますので、謙虚に受けとめなければなりません。

自分を甘くする姿から抜け出すことを難しくしている『敵』は、自分自身であることをシッカリと認識しましょう。

️甘さを捨てれば成長できる

『甘さ』は『誘惑』です。

人生を真摯に考えない人にとって、難しい物事に直面したとき、自分に甘くして安易な逃げ道へ退散する『誘惑』には勝てません。

一度、自分に甘くする『蜜』を味わうと、安易さの誘惑には勝てずに、自分を甘くする日々の生活を繰り返すことになります。

自分を甘くすることに慣れてしまうと、人生の『退路』を下り続けることになります。

自分を甘くすることは一見、楽に観えますが、自分の人生を振り返るとき、寂しさが込み上げてきます。

あなたが周りの人から「自分に甘い人」と言われているなら、周りの人の目には、『逃げの人生を送る人』として映っているのです。

目の前の『壁』から逃げる日々の生活を送ると、達成感や充実感を味わう経験をしないまま惰性に包まれた人生が流れていきます。

惰性に包まれた人生には虚しさを感じるものです。

しかし一方、目の前に難しい物事が現れたなら、自分を成長させるチャンスと観ることのできる人は、躊躇せずに正面から立ち向かいます。

立ち向かい乗り越えることで、達成感や人生のステージアップを実感することができます。

ステージアップする実感は、人生の充実感を呼び起こします。

人生の充実感に包まれることで、身近な人や周りの人へも快い気持ちで包んでくれます。

人を成長させてくれるのは、難しい物事に観える『上り坂』です。

上り坂を歩み続けることはツライ場面もありますが、上り切ったときの達成感や充実感は大きいです。

達成感や充実感は快い刺激として、新たな向上心を生み出しますので自信が甦り、日々の生活の流れに沿って人生がスパイラルアップしていきます。

しかし一方、下り坂は楽に歩みを進めることが出来ますので、達成感も充実感も味わうことはありません。

単なる惰性と無気力の日々が繰り返されるだけですので、人生に『明るさ』を見出すことが出来ずに、時の流れと共に虚しさと寂しさが募る人生に陥っていきます。

しかし、向上心を抱いている人は、自分の人生をステージアップさせることを意識しながら日々の生活を送ります。

ですから、目の前の物事が難しい事であっても真摯に向き合い最善の結果を創り出そうとし、自身の持つチカラを最大限出すことを自然な振る舞いとします。

一方、自分の人生をより良くしようという前向きな考えを抱かない人は、自分を甘くする『誘惑』に負けてしまい、目の前の難しい物事には立ち向かわずに逃げ道を探すことに奔走します。

人の価値観や人生観は幼少時の家庭環境や生活環境の中で『自分が大切にされてきたか』または、『自分の存在はナイガシロにされてきたか』によって、人生観や価値観が異なってきます。

『自分は大切にされてきた』と感じている人には、子供の時期から自信が備わってきます。

しかし、『自分の存在はナイガシロにされてきた』と感じている人は、自信が持てずに歳を重ねていきます。

『ないがしろ』にされてきた自分の姿を慰めるために、自分に甘くなるのです。

愛情不足の代替手段が自分を甘くする振る舞いとして表われてくるのです。

自分に甘くする『逃げ道』を捨てることができると自信が甦ってきます。

甘い自分から『独り立ち』した暁には、自信に包まれた人生を着実に歩み出す姿として映ります。

『甘い自分』を捨てる勇気が、あなたの人生に自信とステージアップを呼び込みます。