皆さんは彼氏から束縛された経験はありますか?

そんな経験はないと言う人から、激しい束縛の末に解決出来ずに別れてしまった人などいろいろな人がいる事でしょう。

確かに、初めは束縛されるのは愛されているような感じがして、そこまで苦ではない人もいるかもしれないけれど、だんだんと関係性が落ち着いてくるに従ってだんだんと重苦しく感じられてくるものです。

そこで、落ち着いた頃に束縛をされることの嫌なところが目についてくるところがあります。

そんな状態で苦しんでいる人は、どのように対処したらよいのでしょうか?

また束縛するような彼氏がいない方にしても、今後の役に立つかもしれませんのでぜひともそのような人たちの特徴や対策方法を押さえておきましょう。

️彼氏の束縛が怖い…!なんでそんなに束縛するの?

束縛する人は、なぜそのようなことをするのかが不思議に思う人も多いのではないのでしょうか?

特に束縛したい思いが特にない人であれば、その行動は異様に思え、ともすれば怖く思うものです。

ですが、そのような人の心理を押さえておけばどのように対処すれば良いのかが見えてきます。

ですので、その束縛が怖いと思っていてどうしたらいいかわからないと思っている人はもちろんのこと、まだそのようなことは未経験だと言う人も、束縛をするという行動を起こす人の心理を抑えておきましょう。

束縛ってどういう状態?

今までに色々と束縛の事について語ってきましたが、そもそもこの束縛とはどのような状態のことを指すのでしょうか?

皆さんを束縛をする人と言うとどのようなことをするイメージがありますか?

例えば、離れて行動しているときは必ず5分おきに動画や写真を撮影し、今どこにいるのかや、誰に会っているのかを送るように強制するような人でしょうか?

メール等の連絡があれば、5分以内に返信をしないといけないと言ってくるタイプの人でしょうか?

とにかく、そのようにして自分の思うことを強制するような人のことを束縛する人といいます。

もちろん、そこまでではなくても、異性と会うのを禁止するような人、仕事をやめるように強要する人など、自由を奪いその彼の意のままに行動するように要求する人も束縛をする人といいます。

️束縛彼氏の15個の心理

そのように束縛する人はともすれば、こちらを苦しめることを目的にしているのではないかと思ってしまうようなこともあります。

ですが、その束縛をする人も、決して苦しめてやりたいと思ってそうしているわけではないケースが多いです。

もちろん、そのような心理がある人もいるかもしれませんが、たいていはその彼の中にはトラウマや苦しみがあったりもします。

では、その束縛彼氏の心理についての特徴が15個ありますので、それを見ていきましょう。

もしかしたら、その中に当てはまるものがあり、そこを対処することでうまく彼と付き合っていけるかもしれません。

1、彼女のことを好きすぎる

まず1番に挙げられるのが、その彼女のことを好きすぎると言う人です。

彼女のことが好きすぎると言うことで、束縛を強めてしまう方がいるようです。

最近は、共働きが当然と言われる世の中ですが、珍しくも彼女に結婚するとしたら将来働いて欲しくないと言う人がいます。

それは、彼女のことが好きすぎるがあまりに、外に働きに行くことで、他に好きな人ができたらどうしようかと不安になるような心理があるようです。

ですので、好きすぎるがあまりに行動を制限してしまうような人がいるようです。

そこまで極端ではなくても、友達との遊びに行くこともなかなか了承できなかったり、男性が混じっているとそのような集まりに行くの禁止するようなこともあります。

2、彼女が浮気してないか心配

また、そのように束縛をする人は彼女が浮気を心配しているケースがあります。

この浮気をしていないか心配というのは、過去にそのようなトラウマがあった人もそのようになるケースが多く見られます。

そうではなくても、浮気が心配であまりそのように外に積極的に出てほしくないというような心理の人もいるようです。

先ほどもあげたように、共働き今や当然と言えるような状態なのに、外に働きに行って欲しくないと言うような人がそのように心配している人が多いようです。

以前母の知り合いの男性でそのような人がおり、奥さんには基本的にあまり外で働いて欲しくないと言っていました。

結果的に、3時間程度のパートするようになったのですが、カルチャーセンターに行くようなもので気分転換になるならっていうの程度で、基本的に浮気が心配であったりすることから、働かずなるべく家にいて欲しいと言う発言をしていました。

男女平等になりつつあるけれど、現代においてもそのような人もいるのです。

3、独占欲が強い


またそのような人は独占欲が強いと言う特徴もあります。

彼女は自分だけに独占したいと言う思いから、色々と行動制限するようなところがあります。

そのような人は、遊びに行くのも禁止するようなことも多く、恋愛感情が落ち着いてくるとだんだんと息苦しく感じられるところがあるかもしれませんね。

基本的に独占欲が強いタイプだと、色々と異性のことが絡まなくても行動制限されることがあり、だんだんと窮屈に感じられることケースが多々見られます。

またそのような人は、自分の言うことを聞いてほしいと言う願いがあり、事細かに口出しをするところがあります。

例えば、先ほども触れ、異性のことに関することではなくても、服装に口出しをするといったことなども挙げられます。

彼女を支配したい

束縛を強めてしまう人の理由の一つとして、彼女を支配したい気持ちがあるからというものがあります。

基本的に男性はそのような要求を秘めているところがあります。

ですが、この独占欲が特に強い人が束縛をするような人になるのでしょう。

そのように支配したい思いがある人は、連絡をまめに返すことや、行動のチェック、さらには彼女の服装に対する口出しなど、異性とは全く関係のないことまで口を出してくるのが特徴です。

4、過去のトラウマ

やはり、過去に色々と失敗があると次はそうならないように色々と回避しようと思うのが人間の当然の真理です。

例えば、遊園地のジェットコースターなので骨折などの怪我をすれば、ジェットコースターに恐怖心を覚えるのは当然の真理です。

このように人間は痛い思いをしたら、次は痛い思いをしないように痛い思いさせられたものを避けることがあるのです。

ですので、人間は良いことよりも嫌なことの方が鮮明によく覚えています。

束縛が強い彼氏も、この浮気などのトラウマから傷つき、その彼女を浮気させないために色々と束縛をしているところがあります。

それは、痛い思いを避けるための当然の真理なのです。

後の対処法に詳しく触れますが、その痛い思いがあるからこその厳しい束縛なのだと理解をし、それを解くような対応をすると態度を軟化させることがあります。

5、彼女がモテるから嫉妬する


時に他の異性のことをちらつかせることで、「取られたくない!」と男性の心に火が付くなんてことがよく恋愛攻略の本やサイトでも言われています。

ですので、他の異性の存在は、彼を燃え上がらせる動機になります。

ですが、それが彼女がモテるがゆえに頻繁だったらどうでしょう。

時にスパイス的にそのような嫉妬があるのならまだしも、常にその状態だと心が落ち着かず、いつ彼女が他の男性に取られてしまうのではないかと冷や冷やすることになります。

ですので、その焦りを彼女を束縛することで落ち着けてしまう人もいるのです。

確かにモテるのは彼女の意思ではないのでどうしようもないところがあります。

ですが、やはり相手の男性にとっては束縛して自分以外の人を見ないようにしたいと思うのも非常によくわかりますね。

6、自分の思い通りにしたい

基本的に男性は女性を意のままにしたいという気持ちを隠し持っていることが多いようです。

もちろんフェミニストで女性に優しい方もいますが、その気持ちをうまくくすぐることで恋愛がうまくいくようになると解説している恋愛攻略サイトもあるくらいですので、やはり男性にはそのような優位に立ちたい気持ちが大なり小なりあるのです。

ですが、その気持ちが大きすぎる人が自分の思い通りにしたいがために束縛をするような人になります。

決して恋人という間柄ではなくただの母の友人だったのですが、どういうわけか著者自身を思い通りにさせたいと思うような男性がいました。

奥さんがいる人でしたが、基本的に女性に対してそのような気持ちを持っている人のようでしたね。

その人の結婚生活はよく知らないけれど、基本的に奥さんも「かわいそうだから働かなくてもいい。」と家庭に入らせるような人でしたので、そのような束縛する気持ちがある人のようでしたね。

このような男性も一定数いるようです。

7、精神年齢が低い

束縛と精神年齢と何が関係あるのかと思ってしまうかもしれませんが、精神年齢もまた束縛の原因の一つになりえます。

精神年齢が低いというとよく言えば純粋なところがあるのかもしれません。

ですが、自分のことしか頭にない状態ですので、彼女のことをうまく信頼することができないのです。

やはり大人の恋愛においては信頼があるかもこそお互いに自由にできるところがあります。

ですが、その信頼という土台がないので嫉妬をし束縛に走るのです。

いろいろなケースがあるので一概には言えませんが、もしまだ精神年齢が追い付いていないような若い方なら年齢を重ねるごとに落ち着きを身に着けることがあります。

ですが、幼少期からの母親との関係性があまり良くなかったがために精神年齢が低い場合は、その束縛する癖がなくなるのはしばらくかかるか、もしかしたらずっとそのままかもしれません。

いろいろな場面で精神年齢が低く見られる人や、男性で人間関係の悩みを抱えている人は多くの場合、母親との関係性がうまくいっていないことが多いです。

完全に自立していない

「自立」というと、突き放されることによって自分の足で立てるようになると思われがちですが、意外にも心理学的には幼少期にしっかりと親御さんに甘えて依存と自立(しようとする動き)を繰り返し、最終的に自立できるというプロセスがあることが分かってきたようですね。

ですので、よく小さい子が人見知りで悩んでいるという相談事には、安心して自分で歩きだすまで安心して甘えさせてあげましょう。

という回答が多いです。

ですので、その彼は何らかの事情でうまく甘えることができず、自立がうまくいかなかったと考えられます。

8、自己中

また、たいていの人は束縛をされるとあまりうれしくはありません。

多くの人は自分が決めたことを納得がいくようにしたいですよね。

ですが、その行動を制限する人というのはあまり好ましいものではありません。

うちの子の同級生にやけに自分の行動に強引に合わせるように迫ってくる子がいます。

やはりそのように強引に自由に行動しようとするのを押さえつけようとする人は、子どもの母親である自分が見ても気持ちいいものではありません。

ですが、そんな人の気持ちをあまり考えないタイプだからこそそのようなことができるところがあるのです。

束縛する人も、まさかそうされる側が非常に嫌な気持ちになるという事に気づけていないのです。

9、捨てられたくない

そして、やけに束縛をしてしまう人に多い心理として捨てられたくないという恐怖心があるのです。

現にそのような理由で振られてしまったような人もいるでしょう。

先ほども触れたように痛い思いをしたら次はどうしたらそのような思いをせずに済むのかを考えるのが人間です。

ですので、そうされたトラウマから束縛をするという結論に至ったのかもしれません。

そのような恐怖心に支配されているタイプの人であれば、束縛なんてしなくても彼女は去っていかないとわかれば、安心して束縛をやめるかもしれません。

10、自分に自信がない

自分に自信がないタイプの人もまた束縛しやすいところがあります。

自分に自信がないので、もしかしたら自分の元から彼女が去ってしまうのではないかという不安が常日頃あるのです。

こちらも育ち方の影響である可能性が高いのですぐには治らないかもしれません。

かなり長い年月が必要かもしれませんし、何か生死を分かつような経験をして生きながらえたような経験がないと変わらない可能性もあります。

ですので、このタイプの方でしたら彼に寄り添いつつ、長い目で見ていく必要があります。

もちろん、どうしても精神的に辛くお付き合いを継続するのがしんどいのであれば別々の道を歩むことになってもそれは責められることではありません。

11、依存しすぎている

束縛の原因の一つに依存があります。

最近、依存に関してはいろいろと取り上げられていますね。

某元アイドルの方がアルコール依存症なのではないかという事でアルコール依存のことが取り上げられています。

著者はお酒に弱く依存しようにもできないので完全なる理解は難しいですが、どうやら食欲や睡眠欲とほぼ同列くらいにお酒を求めてしまうようですね。

薬物依存などの問題もありますが、アルコールに関してはお店で簡単に手に入るので簡単に断ち切るのは難しいのだとか。

それくらいに依存は強烈なことを物語っていますが、束縛が厳しい方の中にはそれと同列に恋人に依存してしまう人もいるようですね。

どちらかというと人に興味を示す傾向にある女性に多いのですが、男性でもそのような傾向を示す方がいます。

12、彼女のことは全部知りたい!

こちらは恋人にぞっこんになりやすい人に多い傾向にありますね。

彼女のことを全部知りたいからこそ束縛をし、すべてを知ろうとしてしまうのです。

スマホなどを勝手に見てしまう人はそのような傾向にありますね。

例え恋人同士でもあまりそのようなものを黙って見るのはよくありません。

ですが、それを抑えきれないほどに気になってしまうところがあるようなのです。

ですので、そのような人はスマホもちろんのこと日記なども色々と勝手に見てしまうところがあり、それが原因で喧嘩になることがよくあるようです。

それは、彼女のことをすべて知っておき、感心したい心理が隠れているのですね。

13、自分が一番じゃなきゃ嫌

また、なぜ彼女を束縛してしまうのかと言うアンケートがとあるサイトに載っていたのですが、自分が1番出なきゃ嫌だと言うような回答を寄せている人が多くいました。

男性も、そのような傾向もところがあるのだなと驚きましたね。

女性は、特に細やかな連絡を求めたりするところがあり、そのような傾向が見受けられるのですが、男性にも一定数います。

ですので、このようなタイプの男性は自分が優遇されているという事が感じられると喜ぶ傾向にあります。

また、友達と旅行に行くと言った時に、友達より俺を優先しろと言ってくるのもこのタイプの方です。

14、趣味など他に没頭できるものがない

束縛をする人は、基本的にその対象になるものしか楽しみがない傾向にあります。

例えば、インターネットをするのはやめられない方だと、インターネットにハマってしまい、それ以外のことができない状態になります。

以前、テレビ番組で依存症について特集が取り上げられていた時に、どのようにして依存の対象のものを絶てばいいのかというのを特集されているのを見たことがあります。

その依存症の質切り方の1つとして、複数の趣味を持つというのが挙げられていました。

興味の対象は分散しれば、それだけに傾倒することがなくなるのです。

ですので、もし彼氏さんに束縛されて困っているのであれば、一緒に彼氏さんも夢中になりそうなものを探してみるのはいかがでしょうか?

できれば、テニス等のペアで何かをするものではなく、1人でも出来るようなものがいいですね。

そのようにいろいろな趣味を探し、一緒にしていくことでだんだんと多岐にわたる趣味を持つことができるかもしれません。

15、信用していない

特に浮気などが原因で失恋してしまった経験を持つ彼氏だと、新しい彼女に対してもなかなか信頼できないところがあるかもしれません。

特に皆さんがその彼氏さんの新しい彼女だとして、決してやましいことをしていなくても過去のトラウマがそのようにさせているところがあります。

もしくは、何か皆さんの行動に関して信頼できないと思ってしまっているような出来事があるのかもしれません。

このようなタイプの彼氏さんであれば、なぜ信頼されていないのかというのを探り、その行動を改善していくことで、束縛も改善していくかもしれません。

トラウマに関してはなかなか難しいところがありますが、束縛をしなくても自らいろいろと情報提示をしていくことで落ち着くかもしれませんね。

️効果あるかも!?束縛彼氏への対処法

過度に束縛されるのは非常に困りますね。

ちょっと嫉妬すると言う程度ならかわいいですが、ともすれば仕事にまで影響が及ぶようなことがあると、それは深刻度を増します。

ただ、束縛される原因がわかれば、うまく対処できることもあります。

そして、正しい対処法で対処していけば彼氏の不安も和らぎ、束縛を緩める可能性も十二分にあるのです。

では、束縛彼氏への対処法についていろいろと見ていきましょう。

連絡はできる限り早く返す

束縛をする多くの人が大抵の人は不安を抱えていることが多いです。

ですので、連絡はできるだけ早く返し彼氏が不安になる時間が短ければその分彼氏さんは安心することができ、束縛を緩めることもできるかもしれません。

とは言っても、なかなか仕事などの都合ですぐに返信できないこともあるかもしれません。

そんな時は、普段こんな風に過ごしていると言うことを教えてあげましょう。

この時間は、電話に出ることができないとか、メール返すの難しいということを話して納得してもらえば対処できるかもしれません。

ただ、極力早めに連絡ををするようにし、トイレに行ってる間に少し返信するような感じで歩み寄りを見せましょう。

そうすることでだんだんと安心してくれる可能性が高いです。

信頼関係を築く

そして、束縛する人の中には信頼関係がうまく気づけていないからと言うのもあります。

もちろんそれは皆さんが悪いわけではなく、過去の失恋が痛手になっている可能性もあり、信頼関係を築くのが難しい彼氏側の問題がある可能性もあります。

ですがその状態であっても努力をすることで、彼氏さんに安心してもらうことができます。

たとえ小さな約束でも極力守るようにしましょう。

どうしても守れなかった場合は、きちんと理由を話して誠心誠意謝罪をするようにしましょう。

ただやはり、約束は極力守れるものにし、この人は約束をしたことを必ず守ると思われるような誠実さをアピールすることが必要になります。

そのように、だんだんと信頼を築きあげていくことができれば、特にこちらから連絡をしたりきつく束縛をすることなくでも大丈夫だと思うようになります。

2人のルールを作る

ただ束縛をしたい人は彼女を苦しめることを目的としているのではなく、自分の不安感などが大きいところがあります。

ですので、束縛自体をきつく止めると、彼氏さん側の不満が大きく溜まっていき不満が爆発する可能性があります。

ですので、あらかじめルールを作ってあげると安心します。

著者宅にも、子供ではあるものの急な予定の変更が苦手と言うような特性を持った子がいます。

そのような子は、明確な理由があると非常に安心するのは体験談上知っています。

束縛がきつい人が必ずそうとは限りませんが、やはり不安感が大きい人であるということが言えるのではないのでしょうか。

ですので、明確なルールを作ることによって、そのルールに則っていけば大丈夫だと言う安心感を得ることができます。

具体的なルールですが、電話連絡は夜6時以降から10時までと言うような感じに連絡がつくようにするなどのルールを明確に決めるのです。

自分のペースを彼氏に伝える

確かに、なるべく返信を早くしてあげたりとこちら側が歩み寄ることによって解決することもあるでしょう。

ですが、そればかりだと今度は自分が潰れてしまいます。

ですので、自分のペースを彼氏に伝えることも同時に大切になってきます。

どちらかが一方が譲歩ばかりということになると、その無理な譲歩をした方がつぶれてしまいます。

ですので、自分のペースを彼氏に伝えて、彼氏さんにもある程度譲歩してもらいましょう。

束縛する彼氏に自信を持たせる

自信のなさもまた束縛をする原因になります。

ですので、その自信のなさはどのようにカバーしていくのかと言うと、その彼に自信を持たせてあげることです。

たとえどんな小さな事でもいいので、何かをしてもらったら必ずお礼を言い、何かいいところがあればすかさず褒めてあげるようにしましょう。

そのように自信がない人は、褒められると言うような経験があまりなかったり、認めてもらえるような経験があまりないことが多いです。

ですのでそうしてもらうことでだんだんと自信を持つことができるようになります。

自信が持てるようになると、彼女が自分の元から去ってしまうのではないかと言う不安が和らいできますので、そこまで束縛する必要性を感じられなくなり、束縛がなくなっていく可能性があります。

いいなりにならない

確かに、こちら側も譲歩できるところは譲歩した方が良いのは言うまでもありません。

ですが、何でもかんでも言いなりになるとだんだんと自分がしんどくなってきます。

ですので、彼氏が言うからこのようにするしかないと考えないようにしてください。

無理な事は無理と言ってもいいのです。

例えば、仕事中に電話連絡がないことに対して怒っているということであれば、それはできないと正直に行ってもいいのです。

なかなか仕事中に私用の電話をするというの難しいことです。

ですので、それをきちんと言い、無理な事は無理だと言えるようにしましょう。

その上で他の何か譲歩できるのところがあれば、譲歩できるところを提案し、お互いにとってちょうど良い妥協点を見つけるようにするということも大切です。

意思をあいまいにしない

そして、そのようなことを話し合うときは意思をあいまいにしないようにしてください。

束縛をする人は不安感であったり、支配したい気持ちがあるところがあります。

ですので意思をあいまいにすると、そこを漬け込むという言い方は良くないですがそのようなところが見受けられることがあります。

ですので、何かを主張するときははっきりと主張しましょう。

そして、何かルールを決める時も、色々と例外を設けていくとそこからだんだんとなし崩しになっていくところがあります。

ですので、例えば平日の月曜日から金曜日は、昼の連絡はしないでほしいというルールを設けるとしたら、そこはもうきっちりとしましょう。

例えば代休の時はいいよと言うようなことでルールを決めることもあるかもしれません。

それでルールを貫くのであれば良いのですが、例えば風邪で欠勤をした時も連絡してもオッケーと言うことになると、そこからだんだんと崩れていき、例えば連絡を取り合いたいからといって、この日に代休を取るように強要したり、会社をずる休みするように言ってくる方も時にはいますので、しっかりとルールを決めるときには明確にするようにしましょう。

愛情をたくさん捧げる

束縛をするタイプの人はいろいろな人タイプがいるものの、基本的に彼女などの恋人からの愛情を欲しがっているところがあります。

それは自分のことを去ってしまうのではないかと不安がっている人も、彼女を支配したいと思っている人であっても同じです。

確かに言わないといけないところでしっかりと言ったほうがいいですが、普段は愛情しっかりと捧げ、彼氏に安心してもらったり、支配したいと思っている心を満たしてあげることも大切です。

束縛をするとのタイプの人も、愛情たくさん捧げてもらって悪い気がする人はいません。

いろいろと、言葉や態度で愛情示してあげましょう。

そうすることで自分が愛されているという安心感を得ることができ、束縛も和らぐ可能性があります。

交友関係をさらけ出す

こちらも束縛するどのタイプの人も、交友関係など自分が間に入らない所での彼女のについて気にしている人がいます。

例えば本当に同性の友達と会いに行くと聞かされていても、隠れて合コンに行くのではないかっていうの不安がある可能性もあります。

やましくないとは言っても、そのように色々と交友関係を探られるな気持ちの良いものでありません。

ですので、そのようにこういう関係を探られる前にこちらからオープンにしてしまうのも有効です。

お友達がどのような人かにもよりますが、もし協力的なのであれば彼氏さんを紹介してしまいましょう。

ただこちらは、そんなに友達の彼氏と会いたいわけではないのであれば難しいかもしれませんが、その場合は写真を見せたりして、この子と仲良くしているんだと教えてあげるだけでも随分違うのではないでしょうか?

️彼氏の束縛に疲れたら早めの対処を

付き合い始めた当初は、たとえどんなにきつい束縛でもとても新鮮味があり、自分が彼氏に愛されていると幸せに思うところがあります。

ですがだんだんとそれが落ち着いてくる頃にきつい束縛が疲れてしまうものです。

やはり人間は自由に行動したいと思うものなのに、それを制限され続けるとなるとたとえ大好きな彼氏やってもだんだんと嫌になってきたりします。

ですが、そこでうまく対応することによって束縛が緩まる可能性もありますので、いろいろな方法を試していきましょう。

彼氏さんの深層心理を知り、それに適した対処することで束縛が和らぐことで普通の日常生活を支障なく送れるようになる可能性もあります。

ただ、昔ながらの母親との関係性からそのようになっている可能性だとその束縛のことも解決には至らない可能性があります。

色々と努力した上でどうしてもなければ別々の道を歩むのもありです。

どのような原因での束縛にせよ、やはりその束縛される関係性に疲れてきたら早めの対処こそが決め手になります。